ご挨拶と実施背景

『視覚から元気に!』

そんな想いでこのプロジェクトは立ち上がりました。

その名も【One Love フェスタ2021】

instagram

Facebook

はじめまして!江刺大好き 3児のパパ 及川武晴です。

COVID-19の影響で旅行や思い出作りが少なくなっている昨今…この夏も何も思い出は作れないのか??


いや!こんな時代だからこそ「繋がり」や「体験」に対するリアルの価値が上がっている。”


子供たちの笑顔のため

夢や希望を持って成長するため

そして、江刺を好きになってもらうため


一生の思い出になるような、プロジェクトを共に創り上げる感動を共有していきます。


このプロジェクトで実現したいこと

「One Loveフェスタ2021」でメインコンテンツとして用意しているものは3つ


・小学生1200人と作る【ペットボトルイルミネーション】

奥州 江刺には12の小学校が点在します。全校生徒が9人という学校もあり、来年には多くの小学校が統合される計画も進んでおります。各小学校で作る最後の思い出の一つとして、ゴミとして捨てられるペットボトルを小学生にペイントしてもらい、当日綺麗なイルミネーションのモニュメントを設置します。



・竹を用いた江刺独特の【竹あかり】

全国各地で竹あかり・竹灯篭イベントは数あれど、地場産の竹を用いまた東北の地でのこの企画は少ないと感じます。それはこの地、奥州地区が自生する竹林の北限と言われていたことにあります。その竹林を有効活用し、地域の人と共に北限の竹あかりを提供します!


・20時からクラウドファンディング支援者様による【スカイランタン100基の打ち上げ】

江刺初となるスカイランタン企画、思いおもいの願いや絵を描いたスカイランタンをリリース。今回のクラウドファンディング支援者様に江刺の夜空を彩ってもらいます。子供や大切な人と壮観な景色を楽しんでください!



またサブコンテンツとして、地元高校生のfood出店や伝統芸能披露、吹奏楽部による演奏も用意しています‼︎

観ても、食べても飽きない空間設営で来場者の方たちには1日を通して楽しんでいただくコンテンツを用意しております!




私たちの地域のご紹介

岩手県奥州市は岩手県の県南地区に位置する地域です。

江刺地区は自然豊かな土地柄から艶やかな江刺金札米や蜜が入った江刺りんごが特産品としてあります。

また、えさし藤原の郷は歴史公園として岩手県で最大級のテーマパークです。NHK大河のロケ地や映画やドラマの撮影現場としても有名です。

そんなロケーション最高のえさし藤原の郷を視察し、今回のプロジェクトの成功を想起しました。


「ここなら、岩手で最高の空間が作れる」と、



これまでの活動

僕たちJCI江刺は1970年9月に設立され、半世紀以上に渡り江刺をより明るく、市民が豊かに笑顔溢れるまちため活動してきました。JCI江刺の歴史は江刺地域の歴史の一部となってきています。


事業一覧(1990年代~2016年)

1993年人文字だぢゃい!!を実施(えさし藤原の郷オープン)


2009年第1回 One Love フェスタ開催

2012年第1回 One Love タウン開催2014年公益社団法人認可


2019年JCI江刺 創立50周年

・50周年記念事業「人文字だぢゃい!リターンズ~あなたの夢を大空に~」開催

One Love フェスタ2021実施スケジュール

●開催日:2021年8月7日(土曜日)


●場所:えさし藤原の郷


●時間: 12時~20時30分(途中17時〜18時クローズ)


※新型コロナウイルス感染症防止対策について:本イベントの開催については、新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインを遵守し実行します。受付時に検温を実施します。また、参加者・観覧者ともにマスク着用、手指の消毒にご協力ください。


スカイランタン打ち上げ時は、ソーシャルディスタンスをとり、密にならないように行います。


計画・実施スケジュール

2021年

2月上旬 第1回One Love フェスタ2021 会議

3月下旬 第2回One Love フェスタ2021 会議

4月下旬 第3回One Love フェスタ2021 会議

5月中旬 One Love フェスタ2021 実行委員会組織

5月下旬 第1回One Love フェスタ2021 実行委員会会議

6月初旬 「えさし藤原の郷」会場確保

6月中旬 江刺管内小学校へ『光』空間作成協力依頼

6月下旬 第2回One Love フェスタ2021実行委員会会議

7月上旬 ペットボトルイルミネーション回収

     クラウドファンディング開始

7月中旬 灯り・光コンテンツ動作テスト

7月26日   クラウドファンディング終了

     順次、リターン・感謝状の作成・配送作業へ

7月下旬 最終実行委員会会議

     メインコンテンツ作成

8月6日 前日準備、設営

8月7日 One Love フェスタ2021開催

(クラウドファンディング支援の有無に関わらず開催致します。)

8月8日 片付け、返却、会場現状復帰


資金の使い道

スカイランタン購入費(ヘリウム込み) 100基 230,000円

竹あかり1000個+モニュメント 193,000円

竹あかり用光源ロウソク 1000個(1個22円) 22,000円

モニュメント用光源イルミネーションLED 22,000円

広報・ポスター撮影・動画撮影・SNS告知資料作成   386,000円

出演者・カメラマン・書家謝礼  140,000円

ステージ関連・出店仕入れ  360,000円

ゴミコンテナ 30,000円

ボランティアスタッフ・演者会場入場費 48,000円

ボランティアスタッフ・高校生弁当代(当メンバー外) 103人×600   61,800円

消耗品費 5,000円  

クラウドファンディング手数料(17%)+リターン原価・送料 85,000+162,000(新聞掲載料含む)

計 1,744,800円をご支援頂いた中で使用させていただきます。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

例え今回資金が集まらなくても、このプロジェクトを実施する!ということは、不足分実行委員会で負担することとなります。岩手でこれほどの規模のイベントを実施できる団体は数少ないです。これがコケれば来年以降こんな企画は2度と見れないかもしれません。少額でも構いません。江刺の子供たちの思い出のため皆さんの支援が必要です。

リターンのご紹介

リターンには江刺の魅力を詰め込んだものを用意しております。また、一人でも多くの方から支援いただけるよう500円からの支援を募集しています。また3000円からのリターンとしてお一人おひとりに手書きの感謝の手紙を送付いたします。


3000 【100名限定】

スカイランタンリリース権 有効期限2021年8月7日のみ
当日、クラウドファンディング支援者100名様にてスカイランタンリリースを行います。(入場料はご負担ください)
◎オリジナル焼き菓子1個提供(当日参加者のみ配布)


《とにかく応援したい!プラン》

500  【100名限定】
◎お礼メール

3000 【50名限定】
◎手書きの御礼状

5000  【5名】

とにかく応援したいプラン
◎当日ボランティアスタッフ権
◎スタッフTシャツ1枚(サイズを備考欄に教えてください)
◎お弁当1個
◎飲み物1本
◎えさし藤原の郷当日有効入場券(有効期限2021年8月7日)


10000 【15名限定】

◎江刺青年会議所専用SNSにて支援者様のお名前もしくは企業名を記載、また胆江地区新聞社にてご紹介させていただきます。(任意:備考欄に表記名や掲載有無をお書きください。)
◎手書きの御礼状

20000 【5名限定】
◎ 江刺青年会議所SNS、胆江地区新聞社にて
スポンサー企業として掲載をさせて頂きます。(任意)
当日スタッフTシャツにスポンサー企業としてプリントさせて頂きます。(任意:備考欄に表記名や掲載有無をお書きください。)
◎手書きの御礼状

50000 【5名限定】

◎ 江刺青年会議所SNS、胆江地区新聞社にて
スポンサー企業として掲載をさせて頂きます。(任意)
当日スタッフTシャツにスポンサー企業としてプリントさせて頂きます。(任意:備考欄に表記名や掲載有無をお書きください。)
◎手書きの御礼状

最後に僕の正直な気持ちを


僕はこのJCI江刺に入会して3年目になります。

ほんの数年前までは、まさか今こうやって自分が

今年のOne Loveのクラウドファンディングの

挨拶を書くことになるなんて思ってもいませんでした。(笑)


One Loveフェスタ。

「繋がり」と「感動」をキーワードに「自分達のまちは自分達でつくる」の理念のもと2009年にスタートした事業。


これは僕自身まだ青年会議所に入る前から、

つまりはいち市民として、毎年とても楽しみにしていたイベントでした。自分もステージでダンス踊らせてもらったりなんかして


そのスタートから数年たって、

なんやかんやで2017年に僕も初めて

準備段階から一般サポーターとして参加しました。

この時に始めて、こうやって事業が作られていたのかという驚きと発見がありました。


そして、みんなで一つのことを作りあげることの難しさや、それを乗り越えたあとの感動。

まさに「繋がり」の力みたいなもんを感じたんですね。


その後、2019年に僕は江刺青年会議所に入会。

ワンラブフェスタは勿論、他にも人文字だじゃいリターンズとか色々ね、

とにかく色んな経験をさせてもらって。


・・・気づいたら江刺のことが好きになっていた。


自分の住んでいる地が、誇りに思えるようになっていました。

人よりもずっと地元愛なんてもんは無かったはずだし、

自分の住んでいる地域に対して全く興味すらなかった僕が、である(笑)


僕は今年、まちづくり委員会の委員長になりました。

僕はまちってのはやっぱり「人」だと思ってるんですね。もっと言うと「人と人の繋がり」。

それがまちをつくってる。


去年はね、新型ウイルスの影響でOne Loveフェスタは中止だった。そりゃあ仕方ない。

今年もまだ新型ウイルスの影響はある。

多くの人達と集まって何かを創り上げるのは

まだまだめちゃくちゃ難しいです。


だけれども、だからこそ今‼︎

人の繋がりを活かした何かを、皆さんとやりたい。

だからこそ今年はもう一度、

One Loveフェスタを復活させようと思いました。


1200人の小学生とのペットボトルイルミネーション。

当日に1200人はさすがに集まれないけれども、いま小学生にはペットボトルを思い思いに工作してもらってて、それを僕らが当日に飾りつけるという形で、光の空間を一緒に創り上げたいと考えています。


そしてこのクラウドファンディングも、

一緒に創り上げるための一つの形と思っています。

皆さんの支援の一つ一つが、この事業を創りあげてくれます。本当に沢山の人達とともに創り上げたい。


One Love(ひとつの愛)がこの地域を笑顔に出来たら、一人でも多くの人をワクワクさせられたら。

それが必ず未来へ繋がっていくと確信してる。

ぜひ皆さんの力をかしてください。

よろしくお願い致します。


公益社団法人江刺青年会議所


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください