みなさんはじめまして。

竹紫春翔(ちくし はると)と申します。

今回の絵本は、竹紫春翔の実話を元に書いた題名「せかいにひとりだけのぼく」という絵本を絵本作家のHaijiと共に未来に明かりを灯したく、制作した絵本です。

 身体は女性で心は男性として生まれたトランスジェンダーです。

 僕の幼少期はLGBTの言葉がなかった為、誰にも言えず一人で悩んでいました。 

僕と同じように、誰にも相談できず悩み苦しんでいる子供たちを救いたい。

勇気や希望を持って生きてほしい。

そして、LGBTにかかわらず、誰もが性別の枠を超え、あなた自身の個性を大切にして、お互いを尊重できる世の中になるようにと強く願いを込めて、誰もが読みやすい絵本という形にして制作いたしました。

一人でも多くの人に絵本が届き、輝く未来の実現のため、絵本を施設に寄贈したり、講演活動をしていきます。


[絵本 せかいにひとりだけのぼく]


(竹紫春翔)


まず初めに、僕とHaijiの自己紹介をさせていだきます。

( 左 竹紫春翔  右 Haiji 打ち合わせ) 

竹紫春翔(ちくし はると)

沖縄生まれ、沖縄育ち、現在は関西を拠点にオニイタレントとして活動しています。LGBTの講演家としても活動中。


Haiji(ハイジ)
絵本作家・イラストレーター。
「ほっこり優しいイラストを通じて子どもたちを笑顔にしたい」という気持ちで絵本を描いています。絵本「パイクとそら」「ぼくはろく」「シェリーとのんちゃん」「きれいなあめふり」他。山口県下松市出身、兵庫県西宮市在住。



竹紫春翔は、心は男性ですが、身体は女性として生まれてきました。心と身体が一致しないことに違和感を感じながら子供時代を過ごしました。

誰にも相談できず、もがき苦しみ、悩み、自分自身は何者なのか?と葛藤する毎日を過ごしていました。
学生の頃にいじめにも合い、生きてる意味もわからなくなっていました。

そんな時に、TVでオネエの方達がでてきて、「自分だけじゃないんだ」「変じゃないんだ」と思い、生きる希望が持てました。



それでも、周りに打ち明けられない状態が続いていましたが、母にカミングアウトをしたことがきっかけで、「受け入れてくれる人がいる」「もう大丈夫だ」と思うようになりました。


もしも僕に子供の頃から少しでもLGBTに対する知識や情報があったら、「一人ではない」「大丈夫」と安心できたのではないか?もっと生きやすくなっていたのではないか?と思います。

現在はLGBTという言葉やTVでオネエの方達がたくさんでてきて以前よりは生きやすい世の中になってきていますが、まだまだカミングアウトできない人もたくさんいます。

僕はLGBTでも、そうでない方にも「自分自身の個性を大切にして生きてほしい」「僕のように前を向いて歩いていってほしい」と考えています。

この絵本を通して「勇気」や「希望」を伝えられたらという思いで、Haijiと力を合わせて作りました。




竹紫春翔の子供時代から母にカミングアウトするまでの実話を元に描いています。

性別の枠を超えて、あなた自身の個性を大切にして生きてほしいと強く願いを込めた絵本です。

ぜひ、この絵本を広く伝えていくためにご支援をよろしくお願い申し上げます。


(撮影協力:じょーじ)



絵本出版をして、たくさんの方にこの「せかいにひとりだけのぼく」を手に取っていただき、性別の枠を超えて、自分自身の個性を大切にする人を増やしたい。

僕と同じように「身体と心が一致しない」子供たちに絵本を通して伝えることで、「自分だけじゃないんだ」と勇気と希望を届けたい。

[絵本サイズ A5たて 148mm×210mm]



LGBTの方、そうではない方々にも、性別や環境や肩書きに関係なく、「自分自身の個性を大切にして生きてほしい」という思いから、たくさんの人に知ってほしいために今回プロジェクトを立ち上げました。










●中学校でのLGBT講演会(2018年 / 滋賀県)
滋賀県の中学校にて講演をさせていただきました。
「私の息子もコミュニケーションをとるのが苦手で、どう学校で表現したらいいかわからないみたいなのですが、自分の個性を生かすお話は心に響いたみたい」と親御様からも嬉しい感想をいただきました。



●施設での講演会(2020年8月 / 大阪・上本町の国際交流センター)
盲ろうの方に講演をさせていただきました。

 


●自らイベントを開催(大阪市内カフェなどで4〜5回)
「自分自身が何者かわからなかったけど、話を聞いてそのままでいいんだと思った」など嬉しい感想をいただきました。



(講演会での様子)



・出版費用 70万円〜

・絵本発送費 10万円〜

・講演会費 10万円〜

・CAMPFIRE手数料 20万円

・施設に絵本の寄贈代(寄贈先は随時更新) 10万円〜


 ●寄贈先
芦屋あげぱんパイクとそら様、那覇市立小禄中学校様、株式会社クリエイティブユニバース様、某市立図書館、他多数

※寄贈先によって、クラウドファンディングに記載できない施設もあります。ご理解よろしくお願いいたします。


(絵本製作委員会の4人。この4人で絵本づくりをしています)


・リターンは、3,000円~100,000円まであります。

・感謝ポストカードはHaijiの作品となっております。こちらで選んでお送りさせていただきます。

・施設に寄贈するリターンもございます。

○希望する施設がない場合→こちらで施設を選び送らせていただきます。

○希望する施設がある場合→ご支援される前に、寄贈先(本クラウドファンディングで支援し寄贈をすること)について予め許可を取っていただくようお願いいたします。
寄贈先に許可を取っていただいた上で、寄贈先施設の名前、住所、電話番号を備考欄に記載お願いいたします。

○施設先を選んでいただいた方には、寄贈した絵本の施設先を支援者様にて手紙でご報告


・オンライン出版記念講演会のリターンを選んだ方へ

○オンライン出版記念講演会について
日時:2022年6月25日(土)13時00分~15時00分 
開催場所:オンライン(Zoomを予定)
※クラウドファンディング(CAMPFIRE)からのメールから案内をお送りさせていただきます。


・絵本の最終頁に協賛として名前を記載の支援のリターンを選んでいただいた方へ
 ○支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。

(感謝ポストカード)


・Haijiの似顔絵リターンを選んでいただいた方へ

似顔絵はクラファン終了後、Haijiからメールにてご連絡をさせていただきます。10月から2022年5月にかけて、順番にお作りしていきます。


8月8日からクランドファンディングスタート

       ↓

10月11日クランドファンディング終了。


・クラウドファンディング終了と同時に出版社と契約か自費出版か決めます。

・来年の春(5月頃)に皆様の手元に届くように進めていく。

・施設にも随時届けていく。(リターンで施設先を選んでいただいた方には、寄贈した絵本の施設先を支援者様に手紙にてご報告)

・絵本を随時送っていき、6月25日(土)に出版記念オンライン講演会を開催予定。(Zoomを予定)

・絵本を持ち、講演会の幅を広げていく。

※絵本のお届けまでに少しお時間かかります。改めてご了承下さいますよう、よろしくお願いいたします。



Haijiと共に作りあげた最高に素敵な絵本ができました。

未来に明かりを灯す絵本です。

絵本「せかいにひとりだけのぼく」は4名のスタッフで作り上げています。

今僕たちができる最高の作品をお届けしますので、是非応援していただけたら幸いです。

よろしくお願いします!!





<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをします。

  • 2021/08/28 09:11

    8/8から始まったクラウドファンディング。18日目で、50%達成することができました。本当にたくさんのご支援・応援があったからです。感謝でいっぱいです。本当にありがとうございます。感謝の動画を上げましたので、ぜひ見ていただけたら嬉しいです。本当にありがとうございます。引き続き応援よろしくお願い...

  • 2021/08/19 20:23

    本日、8月19日(木)竹紫春翔の出身の沖縄県の新聞社、琉球新報さんにとても素敵に紹介していただきました。熱く、絵本の想いを書いていますのでぜひ読んでいただけたら嬉しいです。竹紫春翔

  • 2021/08/14 19:33

    8月14日(土)、竹紫春翔(ちくし はると)の出身、沖縄県の新聞社、沖縄タイムスさんにクラウドファンディングの想いを掲載していただきました。とても素敵に紹介していただき、僕自身の熱い想いもたくさん書いていますので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。https://www.okinawatime...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください