はじめに・ご挨拶

社団法人スマイルライフは、岐阜県を拠点に1年前に立ち上げました。児童養護施設や貧困の子ども達を対象に勉強や野外の体験を通して生きる楽しさを提供しています。岐阜県で20年以上も野外遊びを提供しているエアロクルーズの代表小林が立ち上げた団体です。


このプロジェクトで実現したいこと

子ども達に、生きる希望と物事を一生懸命に取り組むことの大切さを体感してもらいたいと思っています。そこで、もうすぐ夏休みの迎える子どもたちに、岐阜県の大自然、揖斐川町で川遊びやシャワークライミング、高原でピクニックを提供したいと思っています。


行いたいカリキュラムのご紹介

✔️あゆ掴み

夏の川であゆ掴みを体験します。魚を取るのは大変でも、取れた後の達成感は半端ない!!

✔️高原でピクニック

夏でも気温も低く過ごしやすい高原です。みんなで美味しいおにぎりを食べながら自然の雄大さや心地よさを肌で実感することができます。

✔️シャワークライミング

みんなで協力をしながら、川の中を進みます。ちょっとドキドキしながらも自分と仲間を信じて助け合いの心を育みます。

✔️川遊び

川に足を入れたり、潜ってみたりすることで遊びの楽しさを実感。みんな最後は笑顔でポーズ。普段笑顔になれない子供でも、川遊びを通じて自然と笑みを見せてくれるようになります。

これらが、私が子供たちのために行いたい内容です。


プロジェクトを立ち上げた背景

日本には、悲しい事実があります。2018年の厚生労働省のデーターによると、児童養護施設の子供たちは、全国で27026人います。今、この文章を読んでいる瞬間にも悲しいことに未来への希望が持てずに、辛い気持ちを抱えています。実際に、児童養護施設出身の子がこんなことを言っていました。

そんな子供達に私ができることはただ一つ。20年間本気で取り組んできた野外アクティビティーだけです。だからこそ私は、遊びを通じて子供達に最高の思い出を作ってもらいたい!生きることの楽しさや少しの挑戦が素晴らしい心の成長をもたらしてくれることを肌で感じたい!!と思い今回のプロジェクトを立ち上げました。

クラウドファンディングが成功をしても、しなくてもこの活動は実施する予定です。

<詳細>

シェルター

8月5日 子供10名弱 職員2名

児童養護施設

8月19日 中高生 14名、職員4名

8月26日 小学生 15名、職員6名

8月30日 小学生以下 7名、職員3名

全部で4回の実施で61名を予定しています。

その1:最高の思い出を作りたい

親がいない子や貧困で悩んでいる子ども達からすると、夏休み明けの学校は辛いものがあります。実際にこんな言葉を耳にしました。

なぜなら、クラスメイトは家族の話をしているのに、自分はどこにもいけなかった…友人が家族の話をする中で自分は何も話題がなかった…という悲しい経験談をききました。そこで、野外遊びを開催し最高の思い出を子供たちに提供したいと思っています。

その2:生きる希望を持ってほしい

たとえ今は辛くても、生きる希望をもち、生きる楽しさを体感してほしいと思っています。子ども達の多くは、自己表現が苦手だったり未来への希望が見出せず自暴自棄になる子も多いです。そこで、遊びを通じて何かを体験することのワクワク感や生きる楽しさを知ってほしいと願っています。

その3:挑戦する勇気と乗り越える力をつけてほしい

自分に劣等感を抱えてしまうと、何かに挑戦をする勇気やトラブルを乗り越える力が非常に弱くなります。そこで、アクティビティーを通じて、少し難しそうだけれど挑戦をしてみたら意外とできた!という喜びや、シャワークライミングを通じて、大変だったけれどみんなと支え合いながら乗り越えることができたという成功体験を感じてほしいと思っています。そうすることで、少しずつですが物事に挑戦することが当たり前となり、困難を乗り越えたあとは楽しいことが待っているということを感覚で覚えてほしいと思っています。


スマイルライフとは?

学ぶ、相談、体験、この3つの柱を軸に活動をしています。

✔️学び

学校では教えてくれないけれど、社会で大切なコミュニケーションや感情のコントロールを学びます。
今は、新型コロナウィルスの影響で、オンラインの開催をしています。支援者も、支援を受けている子達も一緒に学ぶことで価値観を広げています。


✔️相談

将来の不安、家族のこと、自身の発達障害についてなど誰にも打ち明けられない話を心理士や経営者が相談にのっています。目の前の不安を乗り越える力を先人達が伝授します。

✔️体験
挑戦する勇気、ワクワク感を感じてもらうために、川遊び、海、高原、レストランなど非日常の体験をすることで自己肯定感を高めています。


これまでの活動


◆オリジナルグラス

◆高原でお遊び

◆ラフティング

◆シャワークライミング

◆ドローン教室

◆レストラン招待

◆オンライン講座


メディア掲載


◆中日新聞掲載

◆岐阜県のラジオ出演

資金の使い道・実施スケジュール

61名

場所の利用費:1人あたり2000円(税込)
合計122000円(税込)

アクティビティー経費:1回1人10000円(税込)
合計 61万円(税込)

子供たちの送迎代金:1回あたり2万円(税込)
合計8万円(税込)

付き添いアシスタントの費用:1回あたり3万円(税込)
合計12万円(税込)

食事/ドリンク代:1人1あたり1500円(税込)
91500円(税込)

毎月のチラシ制作費用:1回10000円(税込)

クラウドファンディング手数料9%

合計1033.500円必要です。

子供たちの安全面の配慮について

安心、安全をモットーに20年間のアクティビティー引率の経験がございます。当日は、アクティビティースタッフを専属で2名ほど補充、ボランティアスタッフ2名も参加をし、私を含めた合計5名が対応をします。

リターンのご紹介

◆お礼のメッセージ 

◆活動報告のメール

◆活動報告チラシに掲載

◆HPに支援をしてくださった方の掲載


最後に

子供は笑ってこそ、素敵な成長をします。

楽しいことに夢中で取り組み、それを周囲の大人が認め、ぶっちぎりで褒めて心から一緒に喜ぶ。

すると子供のモチベーションは更に向上し、さらに誰かに喜んでもらおうと様々な試行錯誤を始めます。


それこそが学びであり、経験であり自分の夢中が誰かの役に立つ。将来社会の役に立つことだと判る日が必ずやってきます。

この喜びと笑顔を知っている子供は生涯の伸び率ハンパありません。


今、家族で一緒に笑うことが出来ない楽しむことが出来ない。学びたくても学べない。夢がない。将来どうしたら良いのか、ましてや今どのように夢中になれば良いのかわからない。

そんな子供が日本には大勢居ます。

そのために様々な経験の積み重ねを子供達に提供してまいります。

皆様の温かいご支援、よろしくお願い申し上げます。


スマイルライフのユーチューブ:https://youtu.be/ojQ0S0quO4M

公式HP:https://smile-l.org

代表の小林のfacebook:https://www.facebook.com/AeroCruise.kobayashi

スマイルライフの公式Facebook:https://www.facebook.com/smeilfe


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:一般社団法人 スマイルライフ
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の住所/所在地:〒451-0046愛知県名古屋市西区牛島町2-26アルテミス701号室
 ● 事業者の電話番号:Tel: 052-766-6041
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/08/11 23:37

    8月5日に開催をした「野外アクティビティー」を実施した施設の子どもたちから嬉しい言葉が沢山集まりました*初めての川上りを楽しめた!巨大ブランコは少し怖かった*川に魚がいたのを見ることができて楽しかった*また川で遊びたい!*今度は鮎つかみをやりたい!など多くの嬉しい声をいただきました。実際に施設...

  • 2021/08/06 15:57

    8月5日DVシェルター受け入れ報告子供たちが夢中でチャレンジする姿を心から大きな声で応援をしてほしいそして褒めて欲しい。もう一つ本当に大切なお願いは、大人たちが本気で取り組み本気で楽しみ笑うこと。そんな素敵な大人の背中を子供たちに見せてあげて欲しい。朝1番、賛同協力者へのこのようなご挨拶から1...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください