はじめに・ご挨拶

画像:昭和当時のアマンド六本木店(改装前)


このプロジェクトをご覧になって頂き、誠にありがとうございます。

私たちは、株式会社アマンドと申します。1946年の創業以来、洋菓子喫茶を運営しております。1964年には、六本木の交差点にて 「アマンド六本木店」を開店し、少し懐かしい言葉ですが、「待ち合わせと言えばアマンド」 と、これまで沢山のお客様にご利用いただいてまいりました。

画像:1964年開店当時の店内ポスター


画像:昭和より続く喫茶店の代表メニュー「プリンアラモード」


しかし、コロナ禍が続き、六本木の街もかつての活気には程遠く、日中夜問わず歩行者の方々の笑顔も心なしか減っているように感じております。このような状況のなか、私たちに何かできることは無いかと考え、「甘い洋菓子のチカラで、お客様の笑顔をつくりたい」という想いと、またいつか、皆様が気兼ねなく「六本木の街に遊びに来ていただける」ことを願い、クラウドファンディング にチャレンジすることに致しました。


プロジェクトの背景と実現したいこと

1946年東京に、洋菓子と甘味のお店として「アマンド(甘人)」は誕生しました。

戦後の復興の中、「明るい気持ちになってもらいたい」と願い、当時では斬新なピンクを基調としたお店づくりと、甘い洋菓子でお客様の笑顔をつくりだすという想いを大切に、これまで店舗を運営してまいりました。しかし、コロナ禍が続き、2020年には52年間続いていた「アマンド銀座店」が閉店となり、直営店は「アマンド六本木店」のみとなりました。

※画像:昭和から令和をすごした想い出の「アマンド銀座店」


そのような中、2021年にはコロナ禍の収束を願いながら、新たなチャレンジとして、アマンド六本木店に菓子製造スペース「アマンドラボ」を増設(2021年3月より稼働)。これまで以上に美味しく甘い洋菓子で、お客様に笑顔をお届けする準備を行ってきました。しかし、緊急事態宣言の発令(2021年7月に4回目が発令されました)等の影響もあり、コロナ禍以前と比べ、お客様のご来店が日によっては「50%以下」まで減少してしまい、増設した「アマンドラボ」にて研究・製造した洋菓子たちを、いまだ想うようにお客様にお届けできていない状況です。

※画像:「アマンドラボ」にてケーキをつくるパティシエ


そこで、戦後の創業時と同じく、コロナ禍からの復興を願い、少しでも多くの方に当社の洋菓子で「甘い笑顔」をお届けするため、またあのころのように気兼ねなく「六本木のアマンドで待ち合わせ」頂けることを信じて、このプロジェクトを立ち上げることにしました。

※画像:あのころのアマンド六本木店の店内風景


リターンのご紹介

このプロジェクトの為に、想いを込めて開発した商品を、ご支援者様への先行発売という形で、リターンメニューにしました。また、いつか「六本木のアマンドで待ち合わせ」をして頂きたく、店内及びテイクアウトでもご利用頂ける特別な「リングシュー引換券」や、店内に気軽にお越し頂く為の「コーヒー引換券」、ご支援者様と開発する「リングシュー開発券(権)」など、私たちが出来る限り、ご支援者様に還元できるようラインナップしましたので、是非ご覧になってください。尚、本プロジェクトの主旨のもと、リターンメニューはすべて「ご来店引換」を中心としたメニューとなります。何卒ご理解の程、よろしくお願い致します。

※画像:長きにわたりアマンドを支えてくれているスタッフ♪


※画像:「六本木リングシュー」イメージ画像

★六本木リングシュー引換券

1952年より「口を汚さないようにフォーク&ナイフで召し上がって欲しい」という想いから誕生した、リング型のシュークリーム。 そのアマンドの看板商品「リングシュー」を、アマンドラボの開設を記念につくられた新しいリングシュー。伝統の自家製カスタードと、こだわりの生クリームとのダブルクリームをたっぷりとサンドした、ちょっと贅沢なリングシュー。


※画像:「六本木リングシュー~モンブラン~」イメージ画像

★六本木リングシュー ~モンブラン~ 引換券

(本プロジェクト先行発売)

このプロジェクトの為に開発をした六本木リングシューです。洋菓子店や喫茶店で人気の「モンブラン」をイメージしたリングシュー。口あたりの良い、フランス産のマロンペーストを使用し、リングシューと同じこだわりの生クリームと、味のアクセントとして自家製カスタードの「トリプルクリーム」を香ばしいシュー生地にサンドしました。尚、この商品はご支援者様限定の先行発売(2021年は通常販売致しません)品です♪♪


※画像:アマンドスタッフ画像です♪

★オリジナルリングシュー開発券(権)

(本プロジェクト限定)

私たちと一緒に六本木の銘菓を開発してみませんか?洋菓子づくりの経験はもちろん不要です。ご支援者様とアマンドの開発チームで、数回のお打合せをさせて頂き、ご要望を可能な限り商品に反映致します。また、開発した商品は「アマンド六本木店」にて販売もさせて頂きます。是非、私たちとご一緒に、甘い洋菓子で六本木の街を笑顔にしていきましょう♪


※画像:「アマンドショートケーキ 3号」イメージ画像

★アマンドショートケーキ 3号 引換券

「特別な日はホールケーキでお祝い」最近このような言葉を耳にする機会が減ってきたように感じます。あのとき(昭和の話です)は、今のように「どこでもケーキが買える」「好きなカットケーキを1人ずつ」というよりは、特別な日にホールケーキを家族や友人で囲み、お決まりの歌を皆で歌い、ロウソクを「ふ~っ」と消す。ホールケーキはそんな、なんとも言えない一体感と、特別な想い出を演出していました。

わたしたちアマンドは、コロナ禍により大切な方々と会うことのできない皆様へ、とっても大切な「ハレの日」を囲む、特別な「ホールケーキ」で、六本木の街から応援しています。1~2名様で召し上がれる、手ごろなサイズのオリジナルショートケーキ。すっきりとした口どけを求め、国産ブランドの生クリームに、口どけ食感を大切にしたスポンジ、そしてリングシュ―に使用している自家製カスタードクリームをサンドした、アマンドでしか味わえないオリジナルショートケーキ です。もちろん「ふ~っ」と一息で消せるロウソクと、メッセージプレートをお付けしてご提供いたします♪


※画像:お客様との会話を大切にするスタッフ(コーヒーとともに)♪

★店内コーヒー引換券 

喫茶店と言えばやっぱり「コーヒー」ですよね♪ これからも六本木の「待ち合わせの味」として召上って頂きたい自慢のコーヒーを、お好きな時にご利用いただける「店内コーヒー引換券」としてご提供いたします。コロナ禍が少しでも緩和され、多くの方にまた六本木の街に遊びに来ていただけることを、スタッフ一同、楽しみにお待ちしております。


店内の感染拡大防止対策について

当店は東京感染拡大防止ガイドラインをもとに、お客様のご来店時の検温、消毒の徹底や店内換気はもとより、感染防止徹底宣言ステッカー の取得や、コロナ対策リーダーの設置など、ガイドラインを厳守し運営を行っております。


資金の使い道・スケジュール

・CAMPFIRE様手数料

・プロジェクトの宣伝費

・洋菓子の原材料費及び、人件費

に使用させて頂きます。


最後に

このプロジェクトを最後までご覧になって頂き、誠にありがとうございました。

このプロジェクトを通じ少しでも多くの方に、また「六本木に行きたいな」と感じて頂ければ幸いです。また、ご支援頂いた方々には、私たちが想いを込めてつくる洋菓子で「笑顔」になって頂けることを願っております。そして、あのころの元気な街、六本木で皆様にお会いできることを楽しみにしております。


お問い合わせ先

本プロジェクトに関してご不明点がある場合は下記のお問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

■CAMPFIREご利用による支援に関するお問い合わせ

ご支援に関するお問い合わせはCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。


■取材等のCAMPFIRE以外のお問い合わせ先

株式会社アマンド

クラウドファンディング担当:御園(ミソノ)

info@roppongi-almond.jp


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



  • 2021/09/01 10:46

    2021年8月31日をもちまして、プロジェクトの募集期間が終了致しました。まずは、このプロジェクトをご覧になっていただいたすべての方に、深く御礼申し上げます。初めてのクラウドファンディングへのチャレンジは、皆さんに見つけていただけるのか、また興味をお持ちいただけるのか、期待よりも不安の方が大き...

  • 2021/08/30 11:20

    2021年8月28日時点で、プロジェクトの「目標金額を達成」することができました。これまでたくさんのご支援いただき、またこのプロジェクトをご覧になっていただいた皆様を含め、改めまして御礼申し上げます。はやいもので、このプロジェクトの募集期間は「残り1日」となりましたが、私たちはこれからが本番で...

  • 2021/08/24 10:51

    このプロジェクトも残すところ、あと7日となりました。東京オリンピックやアマンドの創業祭などもあり、時間がたつのがあっという間です。。。本日は、プロジェクトが終了する前に本文には書ききれなかった、「六本木リングシュー」と「六本木リングシュー(モンブラン)」についての想いを、お話をさせてください‼...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください