前回のCAMPFIREでの第1弾となる「激ウマバターを日本へ」プロジェクトで、延べ963名の支援者さまと当初の目標金額を大きく上回る6,726,600円の支援金を集めた、イタリアの激ウマバター”Burro Superiore Fratelli Brazzale”の有塩タイプのプロジェクトになります。



はじめに・ご挨拶

皆さま、お久しぶりです。 TEIGEN Inc.石川です。
数あるプロジェクトから目を止めていただきありがとうございます。

昨年は多くの方にご支援をいただきましてありがとうございました!

おかげさまで、ささやかながら、4月にはバター好きのためのバター専門サイト”CRAZY BUTTER LOVER(バタラバ)”というサイトもオープンするなど、バター屋さんとしての第1歩を歩むことができました。 

 

本当にありがたいことに、前回のプロジェクトで試していただいたからたくさんの嬉しいコメントをいただいております。。。

――――――――――――――――――――――――――――――――

『待ったかいのある美味しいバターでした。


激うまバターが届きました。大変に美味しかったです。』


『エ〇レも乳製品らしい味が濃くて美味しいと思いましたが、よ〇葉よりも食感がさらに重く感じたのを覚えています。結果的に、このバターが私史上トップのバター、ということに(笑)。
美味しいバターを紹介してくださり、ありがとうございます。』

もう二つ目を頂いてます。とっても美味しいです。
こんな素敵なバターを紹介してくださりありがとうござました。』

『おいしいパンと共にバターを頂きました。全くクセの無いまろやかなバターでした。明日はバターしょうゆご飯を試したいと思います! 』

――――――――――――――――――――――――――――――――

そして同時に多くお問い合わせいただき、私自身も思っていたのが、


「有塩タイプも食べてみたい。。。」


ということで、BRAZZALE社の担当LISAさんにお願いして、有塩タイプをいくつかサンプルで送ってみていただいたところ、、とどいたのがこちら。


パンと一番相性の良いバターとは?という問いに確かな答えをくれる1品。

完全に激ウマでした。。

もはやバターを食べるために、パン食べてる感じになります。

ということで、こちらの有塩タイプの感動も皆様とシェアしたい。
そんな想いで今回プロジェクトに挑戦させていただきます!



”Burro Superiore Fratelli Brazzale mild Cervia salt”について

①創業230年以上、イタリア最古の超老舗乳製品企業がつくる本気バターです。


このバターをつくるのは、1784年創業、8代続くイタリアの乳製品企業 ”BRAZZALE” 。イタリアで6つの工場を有し、上海、ブラジル、チェコにも展開しているグローバルブランドです。
先日、BRAZZLAE社のCEO、Piercristiano氏が60ヵ国からなる乳製品団体FIL-IDFのトップに就任されております。


②サスティナブルな乳製品づくり

同社は、CO2排出量だけでなく、水質や水量まで徹底管理を行っており、イタリア他社に比べて水量は75%まで削減に成功。森林再生にも積極的で、自社のCO2排出量を吸収量が上回り、その量はなんと日本人4,000名分の年間CO2分に相当するんです、、!!


③絞りたてのミルクを閉じ込めたプレミアムバター


本バターは80,000ヘクタール以上もの緑の絨毯のような広大な大草原で、同社のテクニカルスタッフの指導のもと大切に育てられた牛から、更に良質なミルクのみを使用しています。

ちなみにこの草原は一切人工的な手をつけておらず、自然の雨のみで育てられているとのこと。

そんな大自然の恵みと同社のスタッフによって育まれ選ばれたプレミアムミルクを、しぼりたてから24時間以内にバターに製造。乳脂肪分も贅沢に84%(通常のバターは82%前後)。

この24時間以内というのがとってもポイントでして、口に入れたときのミルク感が半端ないです!しつこすぎもなく、絶妙なバランスがエクセレント!


④ローマ法王にも献上されるチェルヴィアの"The Sweet Salt "
※Photo by ARTECIBO

使用されている塩は、ローマ時代から続くイタリア塩の町 チェルヴィア(Cervia)産の天然塩。

一切の添加物を使用せず伝統的な製法を用いて、海水に含まれる苦み成分を取り除き、純粋な塩味のみを残しているのが特徴です。

その雑味のないピュアな味から"The Sweet Salt (甘い塩 )"と呼ばれており、ローマ法王にも献上されているんだとか。


ヨーロッパの有塩バターって日本人からすると塩味が強すぎるものがちょこちょこあるんですが、こちらのバターは塩のバランスもばっちりです。


おすすめのお召し上がり方

①まずはパンにがっつり広げて。


これまでのバタートーストは何だったのか、、、、というくらいの次元で相性が半端ないです。

無塩でもコクのあるミルク感で美味しいですが、ちょうど良い塩味がさらに芳醇な味わいを引き立てています。まだ美味しくなる伸びしろがあったという事実に驚きを隠せませんでした。

パン好きな人には人生1回でも経験いただきたい。

バターやマーガリンが練りこまれているものではなく、シンプルなパンと一緒に食べていただくのがおススメです。


②Not only じゃがバター but also バターフォンデュ



バター買ったらやっちゃいますよね。じゃがバター。

もちろんめちゃくちゃ美味しいんですが、美味し過ぎて、もはや他の野菜で食べてもいけます。
バターフォンデュ状態。

しっかりとしたバターの味わいがあいながらもくどくない、このバターならではの活用方法。


③【Brazzale担当者おすすめ】おさかなを焼くときに。

Brazzaleの担当者がおすすめなのがサーモン。

無塩のときもやっていて相性が良いのは分かっていたのですが、有塩タイプだともはやソース替わりにも使えるレベルでした。焼くときに使うのはもちろん、ぜひ最後バター乗せちゃってください。



リターンのご紹介

 

【Burro Superiore Fratelli Brazzale mild Cervia salt】

①有塩250g×1個

 4,700円で販売予定→特別価格4,000 円(送料込み)


②有塩250g×3個

11,100円で販売予定→特別価格 9,900 円(送料込み)※1個あたり3,300 円


③有塩250g×5個

16,200 円で販売予定→特別価格 15,000 円(送料込み)※1個あたり3,000円


④有塩250g×10個

282,00円で販売予定→特別価格 26,000円(送料込み)※1個あたり2,600円


⑤無塩と有塩の食べ比べセット 1個ずつ

7,700円で販売予定→ 特別価格7,000 円(送料込み)


⑥無塩と有塩の食べ比べセット 2個ずつ

13,400円で販売予定→ 特別価格12,500 円(送料込み)


最後に
最後までお読みいただきありがとうございます。

前回のプロジェクトのご支援のおかげで、こうしてこの激ウマバターを引き続き日本に提供でき、さらには有塩タイプなど違うフレーバーも取り扱わせていただけることになりました。

私はこれまでたくさんの種類のバターを食べてきましたが、個人的にはこのバターがいまだに圧倒的トップです。
(わたしのバターライフはこちらから!→Instagram:crazy_butter_lover)


更には、これまで取引きさせてもらえなかった違うバターメーカーとも会話を進めてきていることができております。


”美味しいバターは正義”


これからもまだ見ぬ世界の素敵バターをご紹介続けていきます。


皆様のご支援どうぞよろしくお願いします!


公式HP:CRAZY BUTTTER LOVER
Instagram:@crazy_butter_lover
twitter:@CRAZYBUTTERLOV1



■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社テイゲン
 ● 事業者の住所/所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂2-16-6BIZMARKS赤坂
 ● 事業者の電話番号:Tel:03-4400-9437
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2022/01/30 20:00

    皆さんこんばんは。昨年はたくさんのご支援いただきましてありがとうございました。激ウマバター、お楽しみいただけましたでしょうか?少し多めに輸入しておかげもあって、イタリアの激ウマバター有塩タイプの一般販売を自社サイトである”Crezy Butter Lover”でスタートしております!あまり在庫...

  • 2022/01/13 15:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2022/01/05 15:07

    大変お待たせしました。1/11~14の間にて順次配送を予定しております。住所変更される方はお手数ですが9日までに対応いただけますと幸いです。上記期間でのお受け取りが難しい方は、個別にご連絡下さいませ。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください