はじめに

初めまして。株式会社エアロ、営業企画を担当している小川(おがわ)と申します。
この度は我々のプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

弊社は航空機部品組立事業を原点に、創業以来22年あまり航空機組立一筋の製造業を営む中小企業です。

私たちは期せずして、創業100年以上の伝統を継承するルクセンブルクのワイナリーCaves Gales(カーヴ・ガレス)が造る大変希少なルクセンブルク産スパークリングワインの輸入販売ができるという段階まで辿り着けました。

『希少なルクセンブルク スパークリングワインの美味しさを味わってほしい!』
『日本に上陸していない、創業100年以上の伝統を持つ Caves Gales のワインを輸入したい!』

そうした想いから当プロジェクトを立ち上げました。

画像:当プロジェクト担当の小川です。


ルクセンブルクのワインに出会ったきっかけ

航空機の組立に一筋で携わってきた我々が、どうして製造とは全く畑違いの「ワイン」を輸入販売するの? ―― そう疑問に持たれる方が多いと思います。

そのきっかけは2年前... フランスで開催された航空イベント "パリエアショー2019" へ商談に訪れた時に出会ったところから始まります。

予定していた商談も無事終わり、パリでの滞在最終日。ホテルへ戻り翌日の帰国準備を済ませ、パリの夜の街を少し見てみようと思い散策に出ました。せっかくフランスに来たのだから美味しいワインでも飲んでみたいと思っていたところ通りかかったBARへ入り、何となく目に付いたスパークリングワインを注文しました。

「やっぱりフランスのワインは美味しいな」と思いふとラベルを見ると、"Luxembourg" の文字が。恥ずかしながらヨーロッパのことをあまり知らなかった私は、「どこの国...いや、フランスの地方かな...?」と思いました。

気になってルクセンブルクについてインターネットで調べてみると、「ドイツ、ベルギー、フランスに挟まれた小さな国」だと知りました。そして「国民のワイン消費量がとても多いため自国で作られたワインはEU圏外への流通が少なく、ルクセンブルク産のワインは希少」だとか...

ほぉ~!!それまで全く知らなかった国の、しかも希少と言われるワインに初めて出会い、ワクワクする感覚を覚えました。またその味はスッキリとしていながら味わい深い美味しさで、ほっと疲れを忘れさせてくれたひと時でした。

「パリに出張に行けていいな!」と言っていた会社の同僚にも飲んでもらいたいと、帰りにお土産ショップでルクセンブルクのワインがあれば買ってみようと思い探してみましたが、結局見つからず...

この時はまだ、ルクセンブルクのワインを日本へ輸入しようなんていう考えは全くなく、「また次のパリエアショーでの楽しみが一つ増えた!」なんて思っていました。

画像:パリエアショー2019会場の様子


パリでの出会いから、その後...

2020年に入り、新型コロナウイルスの影響で多くの人が集まるイベントは軒並み中止となり、今年のパリエアショーも延期に。それから世界的な環境変化もあり、ワインのことはすっかり忘れていました。

そんな中、我々のメイン事業である航空関係の仕事で、とある取引先に伺った際にフランス人の方とお話をしていた時です。

雑談の中でフランスワインの話題が上がり、 「フランスで飲んだスパークリングワインが美味しかった記憶がありますけど、やっぱり人気のスパークリングはシャンパーニュですか?」と何となく聞いたところ、「クレマンですね」と意外な一言。

(曰く、もちろんシャンパーニュが一番有名ではありますが、フランスの人たちが誕生日などといったお祝い事のシーンで飲むのはクレマンが多いそうで、シャンパーニュを飲むのは本当に特別な時にしかない為クレマンの方が好きという人も多いのだそうです。)

クレマン!?!?

その名前を聞いて2年前のパリでの記憶がフラッシュバックし、あの時に飲んだルクセンブルクの希少ワインを思い出しました。

確か、「Crémant de Luxembourg(クレマン・ド・ルクセンブルク)」の文字。

もともと航空の関連で出会ったワイン、なにやら運命的な思いもあり、こうして私の所属する営業企画室でワイン輸入事業の企画が始まりました。


リターンの紹介

あなたは「ルクセンブルク大公国」という国をご存じですか?

画像:ルクセンブルクの街 (画像引用元:Photo by Polina Sushko on Unsplash

フランス以外の国でクレマンの生産が認められている数少ない国であるルクセンブルク。実は国民一人当たりの年間ワイン消費量が一位だったこともある程ワイン好きが多い国ですが、国土は日本の神奈川県ほどの大きさでワインの生産量も多くないことから、ルクセンブルク産のワインはほとんど国外不出なんです。そんなルクセンブルクで作られるワインのうち約25%しか作られないという希少なスパークリングワインが、【クレマン・ド・ルクセンブルク】です。

このクレマンというスパークリングワインは、あのきめ細やかな泡と雅やかな味が特徴のシャンパーニュと同じ製法で作られており、シャンパーニュに次いで評価が高いとも言われているスパークリングワインなんです。

そんな希少ワインを生産しているワイナリーの中から、創業100年以上の老舗 Caves Gales(カーブ・ガレス)が取り扱うスパークリングワイン3商品を合計「450本限定」でリターン品としてご用意いたしました。

画像:岸壁を掘って作られた洞窟の様な空間に並ぶ発酵中のワイン (画像提供:Caves Gales)

Caves Gales のクレマンは日本では流通していない為、国内では当プロジェクトを通してでしか手に入りません。是非この機会に【クレマン・ド・ルクセンブルク】の美味しさを新しく知ってください!

画像:Caves Gales の4代目 Isabelleさん(右)(画像提供:Caves Gales)


リターン品 ①

【Caves Gales Heritage Brut Crémant de Luxembourg】
ー カーブ・ガレス・エリタージュ・ブリュット クレマン・ド・ルクセンブルク ー
《 ブドウ品種: リースリング 48%、ピノ・ブラン 49%、オーセロワ 3% 》
《 アルコール度数: 12.5% 》

・2021年クレマン国際コンクール 金メダル受賞
・モンドセレクション2021 優秀品質金賞受賞
・ガイドアシェット 3つ星獲得

Caves Gales の Cuvée(キュヴェ)の代表であるエリタージュ・ブリュットは、100年以上に渡り培われた Caves Gales のノウハウが凝縮されています。
厳選された Cuvée のみから製造され、24ヵ月以上熟成されたエリタージュはもはやクレマンの代表と言って過言ではありません。
その上質な輝きとフレッシュでエレガントかつ柑橘系果実のフルーティーな味わいは、特別な1日を演出し、このクレマンが素晴らしい瞬間の記憶に残ることでしょう。

Caves Gales の歴史を感じられる味わいを是非お楽しみください。

参考イメージ:料理と共に
魚介との相性は抜群!どんな料理とも合うワインです。


リターン品 ②

【Caves Gales Heritage Brut Rosé Crémant de Luxembourg】
ー カーブ・ガレス・エリタージュ・ブリュット・ロゼ クレマン・ド・ルクセンブルク ー
《 ブドウ品種: ピノ・ノワール 100% 》
《 アルコール度数: 12.5% 》

・2021年クレマン国際コンクール 金メダル受賞

繊細な真珠の様なフォルムで活気付けられ、上質な泡で飾られた美しい淡いピンクのエリタージュ・ブリュット・ロゼは一目見ただけであなたを魅了します。
香りはグレープフルーツと柑橘系とアロマの香りがし、素晴らしいフィネスの味わいがワインの鮮度によって増幅され、フルーティーな口当たりでそのエレガンスを全て表しています。

ピノ・ノワール 100% ガレス・エリタージュのエレガントなバリエーションを是非お楽しみください。

参考イメージ:料理と共に
魚介、パスタ、デザートに良く合います。


リターン品 ③

【Cave Gales Jubilee Riesling Brut Cremant de Luxembourg】
ー カーブ・ガレス・ジュビリー・リースリング・ブリュット クレマン・ド・ルクセンブルク ー
《 ブドウ品種: リースリング 100% 》
《 アルコール度数: 12.5% 》

・リースリングらしい辛口でスッキリとした味わい

活気と刺激的な側面を備えたジュビリー・リースリング・ブリュットは、モーゼル地域を代表する高質なテロワールの複雑さと豊かさを反映しています。大地のミネラルの香りと柑橘類と青リンゴの香り、レモンバームのほのかな香りが、このクレマンを素晴らしいワインにしています。

ドイツに面したモーゼル地域ならではのリースリング100%クレマンを是非お楽しみください。

参考イメージ:料理と共に
特にオイスターとの相性は最高です。


プロジェクトで実現したいこと

私がたまたまパリで出合い、一目惚れしたクレマン。まさかそのクレマンを自分が勤める会社で輸入販売するなんて想像もしていませんでしたが、ひょんな事をきっかけにチャンスが訪れ輸入販売の担当まで任せてもらえ、やっと輸入ができるところまで漕ぎ着けました。

あなたにもクレマンを飲んで欲しい。
何より「クレマン・ド・ルクセンブルク」の美味しさを味わって欲しい。
そして、、、以前の私のように「ルクセンブルク」すら知らなかった人にも「クレマン・ド・ルクセンブルク」を好きになって欲しい。

ただそんな思いです。

しかし皆さまのご支援が無ければこのプロジェクトの実現ができません。。。

是非、ご支援ください。宜しくお願いします!


資金の使い道

ご支援いただきました支援金は、商品の仕入れ・輸入及び国内発送等の諸費用に使用させていただきます

<内訳>
・商品代金および輸入に係る諸費用
・リターン送付用の梱包材等費及び配送料
・CAMPFIRE様に支払う手数料


スケジュール

プロジェクト終了後にルクセンブルクから輸入となります。
リターンのお届けは2021年11月を予定しております(準備が出来次第、予定より早めの発送となる場合がございます)。


最後に

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

今回のプロジェクトは弊社にとって新しい取り組みで、きっかけは航空のイベントでの出会いからでしたが、ルクセンブルクワインの魅力を是非皆様へお届けしたいです。

「Galesワイン」を毎年楽しみにしていただけるような商品にしていきたいと思っております。
当プロジェクトの成功に向けて、是非ご支援のほどよろしくお願いいたします。

【企業情報】
◇株式会社エアロ
 http://aeross.jp/
 愛知県弥富市楠二丁目65番地27

 営業時間 8:00~17:00 月曜~金曜日(土日、祝日休み)

【使用画像について】
※ 当プロジェクトページに掲載の画像は製品の参考イメージです。撮影時の照明等の環境条件により、実際の製品の色合い等とは異なることをご了承ください。


【酒類免許】
◇通信販売酒類小売業免許


募集方式について

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


  • 2021/11/22 21:38

    本日、夕方に投稿した活動報告につきまして、下記の通り追記事項を改めて再投稿させていただきます。【以下、追記内容です。】皆様のリターン品の発送の際にはリターン品の入れ間違い等のミスがないように万全を期し努めておりましたが、万一、ご支援いただいた内容と異なるリターン品が届いた場合や破損していた等の...

  • 2021/11/22 16:58

    皆様こんばんは。エアロの小川です。本日22日で、皆様のリターン品の発送が全て完了しましたことを報告いたします。実際に皆様のお手元に届くまでは少し時差がありますが、まだ届いていない方々にも数日中には届くはずです。なお本日の出荷分は最短で明後日24日以降にお届け予定です(離島などを除く)。 また、...

  • 2021/11/17 09:58

    皆様こんにちは。小川です。昨日 11月16日より、皆様のリターン品の発送を開始しました!ヤマト運輸のクール宅急便でのお届けとなります。発送するリターン品の本数(箱のサイズ)によって一日に発送できる数量に制限があり、一日に何名分発送できるかは日によって前後する為どなたの分がいつ発送になるかという...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください