Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

富士山の独自で豊かな自然を次世代へ~外来植物から富士山を守りたい!~

キャンプファイヤー ふるさと納税のバッヂ

富士山には独自で豊かな自然があります。しかし五合目でも外来植物の侵入が確認されました。もともと富士山の標高の高いところには生育していなかった植物が分布を広げています。富士山の自然を大切にしながら、観光や登山を持続的に楽しむために、私たちは富士山の外来種対策を行います。

現在の支援総額
10,000円
支援者数
1人
募集終了まで残り
64日

現在0%/ 目標金額1,319,000円

0%
このプロジェクトはふるさと納税ポータルサイト「さとふる」に掲載されている、CAMPFIREがサポートしたプロジェクトです

※このプロジェクトの決済は、さとふるへ移動します。

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2021/09/30 23:59:00までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクト本文

実施理由/背景

富士山五合目にタンポポ?

富士山は古来から親しまれ、そして世界の宝として平成25年に世界文化遺産に登録されました。富士山を見てみたい!行ってみたい!と多くの観光客・登山者が世界中から訪れます。そのため、標高2304mの富士山五合目は毎年大変にぎわいます。山麓から五合目までは道路が整備されていて、本格的な登山じゃなくても、ちょっとした散策で長い年月をかけてできてきた富士山の独自で豊かな自然を体感することができます。

しかし、セイヨウタンポポがたくさん咲いています…。あの道端や空き地でよく見るタンポポがなぜこんなところに…?セイヨウタンポポは国外由来の外来種です。富士山の五合目でも外来種が侵入しているのです。そして、もっと観察するとバッコヤナギなど標高の低いところで生活している植物たちがたくさん侵入していることがわかりました!

彼らは悪者ではありません。でも、たくさん増えすぎると、高山で生育しているもともとの植物が少なくなったり、景観が大きく変わってしまったりしてしまいます。私たちは富士山の独自で豊かな自然を次世代に継承すべく、これら外来種の侵入の防止と駆除活動をはじめました。

プロジェクト内容説明

外来植物の侵入防止と駆除活動を推進します!

まず、侵入させないことが大事です。私たちが外来植物を持ち込んでいるかもしれない…そのことを知ってもらい、適切に対処するための看板を設置します。そして、靴や衣類に付着した種子を除去するマットとブラシを登山道に設置して、人による外来植物の持ち込みを抑制します。

次に、拡げないことが大切になります。いま侵入している外来植物は分布が拡大する可能性があります。そのため、分布拡大を抑制する駆除活動を展開すべく、中心となるボランティアを育成します。座学による講習と現地での見分け方、対処の仕方などの指導講習会を行います。場所は富士山の五合目と他山梨県内1箇所で実施します。

外来植物の侵入や繁茂に伴う問題は富士山だけではなく、様々な場所で起こっています。これら活動を通じて各地で外来植物を防除できる体制の整備を進めます。

目指すところ

富士山の独自で豊かな自然を次世代へ継承する

富士山の自然を大切にしながら、持続的な観光や登山が求められています。その一端として、私たちは富士山の外来種対策を進めます。そして富士山の自然を次世代へ継承することを目指します。

外来種に関する様々な問題は日本各地あるいは全世界的に発生しています。増えすぎると多大な費用と時間と労力がかかってしまいます。そのため、できるだけ早い段階から対処することが求められます。この取り組みを通じて、富士山への外来種の持ち込みを抑制していきます。

富士山は独特な自然を有する山です。また周辺にも青木ヶ原樹海に代表されるような溶岩流上に発達した独特な生態系が広がっています。子々孫々までこのような自然を残していきたいという思いを多くの方々と共有しながら、いまできる活動を実践していきたいです。

寄付の使い道

いただいた寄付は、富士山の豊かな自然を保全するために、1.外来植物の種子を除去するための防除マットの設置と普及啓発に向けた看板の設置、2.これらマットや看板の維持管理(台風や強風の際は安全確保のため、一時的に撤去することもある)、3.ボランティアを育成するための指導講習会に活用させていただきます。富士山での外来種に対する取組は、各種関係法令があることから個人での活動が困難な状況になっていますので、関係する自治体とボランティアなどとの協働で行います。

自治体からのメッセージ

ご支援いただく皆様へ

この度は、富士山の外来種防除プロジェクトにご興味を持っていただき、ありがとうございます。
富士山の世界文化遺産登録以降、登山者や観光客によるごみの放置に関する問題は一層注目されるようになりましたが、富士山を取り巻く外来植物の問題はこれまであまり注目されてきませんでした。このプロジェクトを通じて、富士山の独自で豊かな自然と保全するための活動にご理解いただき、暖かい支援をよろしくお願いいたします。

事業スケジュール

2021年4月~5月:外来植物種子を除去するマットの設置箇所及び外来植物除去の中心となるボランティアを育成するための指導講習会の実施場所の検討
2021年6月下旬~9月中旬:外来植物種子を除去するマットの設置
2021年5月上旬~9月上旬:外来植物除去の中心となるボランティアを育成するための指導講習会の実施

【寄付に関する注意事項】
目標金額に到達しなかった場合の寄付金の返還はございません。
目標金額に到達しなかった場合、お預かりした寄付金は自治体内で使い道を検討し、自治体が取り組む各種の事業に活用させていただきます。
目標金額を超過した寄付金の取扱いについては、各自治体の判断となります。
また、クラウドファンディングの目標金額到達前に、自治体またはさとふるの判断により、寄付の受付を停止する場合があります。あらかじめご了承ください。
お礼品をお受け取りいただける金額以上の寄付であり、且つ、お受け取り辞退のご希望がない場合は、目標金額到達の如何を問わずお礼品をお受け取りいただけます。
サイト上で表示される寄付金額の数値は、入金が確認できた寄付金の合計となりますため、即時反映されるものではないことをご了承ください。
受付終了後に入金が確認できたものについては、受付終了後に数字を更新いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください

ふるさと納税を通じて地域に火を灯していきます

CAMPFIREは、「好きな地域を応援する」という
ふるさと納税の本質に立ち返ります。
事業の取組や背景、関わる職員たちの想いを形にし、集まった支援金の使いみち、まちのビジョンやミッションを
明確にして、地域の魅力や地場産業を掘り起こして健全なふるさと納税を再構築していきます。
ふるさとを応援したい、あなたの思いに応えるための
クラウドファンディングプラットフォームがここにあります。