ネクストゴール【50万円】を目指します(2021年7月27日追記)

7月12日に開始した本クラウドファンディングも、おかげ様で9日目にして目標金額を達成できました。

これもひとえに、皆様方のご理解とご協力の賜物だと心から感謝しております。


子どもたちからの感謝の声が届きました。Brey Boeng Primary School日本語教室のイチ君の挨拶をご覧ください。

先生方も短期間での達成に驚きながらも、念願のトイレ増設が目の前に現実化されつつあることを大変喜んでいます。


でも、これで終わりにはしません。私たちには、残りの期間がある以上、もう一段高みを目指すことを決意いたしました。

それは、更なる教育環境の改善につながる取り組みでもあります。

新設・改修併せて5つのトイレを増設との目標でスタートしましたが、もう一つ上乗せしようと思います。6基のトイレが増築されれば、既存の4つと合わせて合計10基のトイレを使えることになります。

700人に10基のトイレが十分かどうかはわかりませんが、少なくともこれまでのように子どもたちが我慢を強いられることは少なくなるはずです。

また、コロナで手を洗う習慣が定着しつつある子どもたちに、手洗い場がトイレ横にできることで衛生教育を推進できるメリットも生まれます。

下のトイレは、USA支援で造られた他州のトイレです。男女別に区分けされていて、Hygiene brings good health.(衛生は健康を保障する)の言葉が設備に込められています。

先生方も、手洗い場の設置場所や新しいトイレ設備導入後の施設管理や衛生指導などについて討議し始めています。


さて、もう一段上の目標。

【新設トイレを4基に、そして手洗い場を作りたい】

当然のことながら、材料費と施工費用が上積みされますので、目標金額を50万円と再設定いたしました。

残された期間、一人でも多くの人に取り組みを知っていただき、ご参加いただければと思っております。

皆様方からのシェア・拡散へのご協力を引き続きお願いする次第です。


はじめに・ご挨拶

皆さま、はじめまして。カンボジア教育支援を行う国際協力NGO団体チアフルスマイル代表の松田と申します。

私は、日本で30年間学校教育に携わった後、2017年にカンボジアのスバイリエン教員養成大学に勤務したことをきっかけに、翌年から当NGOを立ち上げ、こちらに滞在しながら読書教育充実のための教育支援活動を続けています。

下は、その教員養成大学の学生たちです。

指導した学生たちも巣立っていき、現場で子どもたちを教えています。

学生たちが身に付けたことは、今後数十年、子どもたちに生かされていくことでしょう。


この間、私は、教育実習指導のために数多くの現地学校を訪問しました。

そこで目にしたものは、日本とはあまりにも違ったひどい教育環境。

電気、水道のインフラがない学校。

教材が全くそろっていない学校。

教科書を持っていない生徒たち。

この状況を見過ごして、日本に帰ることはできないと感じました。


チアフルスマイルの支援活動

そして、カンボジア教育支援のために何かできないかと考えた結果、小学校の読書教育充実のための支援に取り組むことを決意した次第です。

読書は、子どもたちの言語能力を高め、将来への夢を抱かせます。

おかげ様で、これまでに支援した学校は54校。寄贈した本は、5,000冊を超えました。

 

寄贈した本は、多くの子どもたちの心を耕し、言語能力を高めるのに役立っています。

学校を訪問するたびに、子どもたちや先生方の喜ぶ姿に出会えました。

図書の活用方法にまで踏み込んで、幾度となく学校側と協議も重ねました。

本を手にする子どもたちと喜びを共有するこの瞬間に幸せを感じます。

そして、何といっても主役は、ご支援者様。

このプロジェクトには、日本からも、多くの心ある方々にお越し頂き、支援活動にご協力いただきました。


以下が、これまでの支援実績です。

1    2018年12月22日    スバイリエン    Hunsen Mukda Primary School    75冊

2    2019年 3月11日    プレイベン    Kdoeang Reay Primary School    125冊

3    2019年 3月31日    スバイリエン    Chantrea Primary School    125冊

4    2019年 4月29日    スバイリエン    Toulsarla Primary School    125冊、ボール類

5    2019年 5月 1日    スバイリエン    Sang Kae Primary School    125冊

6    2019年 5月 1日    スバイリエン    Phnoum Kroch Primary School    125冊

7    2019年 5月 1日    スバイリエン    Tror Peang Veng Primary School    125冊

8    2019年 5月 1日    スバイリエン    Chhrong Por Pel Primary School    125冊

9    2019年 5月 1日    スバイリエン    Hunsen Mukda Primary School    60冊(教科書)

10    2019年 6月14日    コンポンチャム    Kohea Primary School    125冊、ボール、ネット

11    2019年 8月3日    コンポントム    Ngon Primary School    100冊、教科書48冊、ノートブック、文房具、ボール、ネット

12    2019年 8月3日    コンポントム    O Thnot Primary School    100冊、ボール、ネット

13    2019年 8月3日    コンポントム    Veal Prinh Ler Primary School    100冊、ボール、ネット

14    2019年 8月5日    コンポンチャム    Oun Longrey  Primary School    90冊、ボール、ネット

15    2019年 8月5日    コンポンチャム    Stung Chhreng Primary School    90冊、ボール、ネット

16    2019年 8月6日    プノンペン    Ratanak Primary School    教室設置用ファン4台

17    2019年 8月8日    コンポントム    Phom Kmer Primary School    100冊、ボール、ネット

18    2019年 8月8日    コンポントム    Krang Deam Primary School    100冊、ボール、ネット

19    2019年 8月8日    コンポントム    Tang Krosao Primary School    100冊、ボール、ネット

20    2019年 8月13日    コンポントム    Veal Prinh  Primary School    125冊、ボール、ネット

21    2019年 8月19日    コンポントム    Toul Veang  Primary School    125冊、ボール、ネット

22    2019年 11月5日    コンポントム    Konpong Taben Primary School    100冊、ボール2個

23    2019年 11月5日    コンポントム    Som Reth Primary School    100冊、ボール2個

24    2019年 11月5日    コンポントム    Chher Teal Primary School    100冊、ボール2個

25    2019年 11月14日    コンポントム    Sra Sramr Primary School    100冊、ボール2個、ノート・鉛筆・ボールペン各360

26    2019年 11月23日    スバイリエン    Moeng Samphan Primary School    100冊、ボール、顕微鏡、温度計、方位磁針、壁紙教材、他

27    2019年 11月23日    スバイリエン    Prey Chher Teal Primary School    100冊、ボール、顕微鏡、温度計、方位磁針、壁紙教材、他

28    2019年 11月23日    スバイリエン    Prey Romdoul Primary School    100冊、ボール、顕微鏡、温度計、方位磁針、壁紙教材、他

29    2019年 11月30日    コンポントム    Chhouk Rumduol-Choam Thnanh Primary School    100冊、ボール2、方位磁針他

30    2019年 12月9日    コンポントム    Tbeng Sangkroh Primary School    100冊、ボール他

31    2019年 12月9日    コンポントム    Kbal Bai Primary School    クメールテキストブック45冊、ボール

32    2019年 12月14日    スバイリエン    Pitch Montrey Primary School    100冊、ボール他

33    2019年 12月14日    スバイリエン    Saray Primary School    100冊他

34    2019年 12月21日    コンポントム    Rka Chour Primary School    100冊、ボール他

35    2019年 12月28日    コンポントム    Pong Krapeu Primary School    100冊、ボール、文具類他

36    2019年 12月28日    コンポントム    Prei Chr Primary School    100冊、ボール、三角定規他

37    2019年 12月28日    コンポントム    Kampot Chhouk Primary School    100冊、ボール2個、工作用厚紙、文具類他

38    2020年 1月11日    コンポントム    Brang Samraong Primary School    100冊

39    2020年 1月18日    スバイリエン    Chrung Popel Primary School    100冊、方位磁針、折り鶴

40    2020年 2月1日    コンポントム     Ta am Primary School    100冊、文具類、ボール

41    2020年 2月10日    コンポントム     Phlong Primary School    100冊、理科教材、苗木

42    2020年 2月10日    コンポントム     Boeng Andeng Primary School    100冊、理科教材

43    2020年 2月15日    コンポントム     Phothi Roung Primary School    100冊、理科教材

44    2020年 2月15日    コンポントム     Krang Primary School    100冊、理科教材

45    2020年 2月29日    コンポントム     Angkor Sen Chey Primary School    100冊、文具類、理科教材

46    2020年 2月29日    コンポントム     Sammoki meanchy Primary School    100冊、文具類、理科教材

47    2020年 2月29日    コンポントム     San Kor Primary School    50冊、文具類、理科教材

48    2020年 2月29日    コンポントム     Voir Yeav Primary School    100冊、文具類、理科教材

49    2020年 8月29日    プノンペン     Sgnoun  Pich Primary School    100冊

50    2021年 1月8日    プレイベン    Baprei Primary School    100冊

51    2021年 1月16日    プレイベン    Chrey Khmum Primary School    100冊

52    2021年 1月23日    プレイベン    Thlok Primary School    100冊、文具類

53    2021年 2月20日    プレイベン    Chrey Khmum Primary School    地球儀、天体図、世界地図、理科教材類他

54    2021年 2月22日    スバイリエン    Brasableak Primary School    黒板補修用具


活動詳細については、チアフルスマイルのホームページをご覧ください。


残念ながら、学校支援訪問の活動は2021年2月で止まっています。

それは、2020年3月のプノンペンにおけるコロナウィルスパンデミック発生により、それ以来カンボジアの全学校が閉校されたままだからです。(2021年7月現在) 

でも、閉校期間中でも、施設改善の支援なら進めることが可能です。

そうです。

学校に子どもたちがいないこの状況下において、今できることは、良い教育環境を整えてあげるお手伝いです。

そうすれば、学校が再び始まった時に、きっと希望と共に学びをスタートできると思うのです。


新たな支援の取り組み

以上のような経緯から、この度、新たに英語教育と環境教育の充実を図るためにコンポンスプー州のBrey Boeng Primary Schoolへの支援プロジェクトを開始することを決意しました。

以下、学校側のご了解を得ておりますので、写真やビデオを通して、本プロジェクトの詳細をご理解いただければと思います。

プノンペンから50㎞ほど西側にあるコンポンスプー州トロペインコック村。

都会化する一方のプノンペンとは違って、手つかずの自然が広がる地域です。

この地区にあるのがBrey Boeng Primary Schoolです。

この学校には、700人以上の生徒たちと17名の教師がいます。


未解決のままの問題点

実は、この学校は、長年大きな問題を抱えていました。

それは、施設面の問題です。

日本の学校なら各階にトイレがあるのが当たり前ですが、この大きな学校で使えるトイレがたったの4つだけという状態だったのです。

校舎は、全部で3棟あります。

現在、使用できるトイレは、中央棟の裏にある4つだけ。

2013年に日本の支援団体の善意で作られたものです。

雨水を貯水し、トイレに水を送ります。

700人に4つのトイレだとすると、一つのトイレを175人が使うことになります。

とても、子どもたち全員が満足に使える状況にありません。

休み時間には、長蛇の列になったりしますので、我慢を強いられる子どもたちもいます。


一方、壊れたまま放置されたトイレは傷みが激しく、補修する必要があります。

生徒数から考えれば、最低でも、各棟に一つずつトイレが必要。

3棟の校舎、各所に合計9基のトイレがあることが望ましいのです。

もし、各棟の前にトイレができれば、自宅に帰るまで我慢したり、遠いところまでトイレに行ったりする必要がなくなります。

この子どもたちの衛生上に関わるトイレ問題。

現在、学校が解決すべき最優先課題なのです。


私は、学校の現状・先生方の想いをお聞きした上で、今後の教育支援を校長先生とお約束しました。

具体的には、トイレを一棟(3基)新設し、壊れた一棟(2基)を改修することで、5基のトイレを新たに使えるようにする計画を立てております。


本プロジェクトの基本理念

このプロジェクトは、これまでのように日本側が一方的にお金を供出しておしまいという支援ではなく、地域と一体になってすすめていく支援活動です。

ですから、地域もこのプロジェクトに参加します。

まず、トイレ建設の前提になる話ですが、学校側には、国から与えられる予算がほとんどありません。

そこで、本プロジェクトでは、まず、地域の家庭に『学校のトイレ建設の必要性』を訴えていきます。

そして、例え少額でも、寄付を募る活動から始めます。それにより、地域の人々が学校教育に関心を持ち、学校を大切にしようとする心が芽生え、地域の教育力をも高めることになります。 

しかし、 裕福ではない貧しい村のことです。 

カンボジアの各家庭が出せる額はおそらくわずかで、トイレを新設するための全資金を集めることは不可能でしょう。

でも、それがあるのとないのでは、今後、地域の人々の学校への関わり方が異なってくるはずです。

寄付をした住民たちには、自分も協力したという証が残り、トイレをこれまで以上に大切にし、学校教育にも関心を寄せることが期待できます。

そして、足りないであろう資金については、日本の心ある皆様のお力をお借りする次第です。


実際に、本プロジェクトはすでに動き出しており、Lim校長先生とトイレ建設のための話し合いを進めています。

これまでのような日本が一方的に与える支援と言う形ではなく、一緒に取り組んでいきましょうと訴えかけています。

これからの支援は、「自立を助ける支援」であるべきです。


協議を重ねるほど、相互理解が深まり、カンボジアと日本と力を合わせているという絆を感じます。

トイレ建設が実現した暁には、教育局の関係者や地域の皆様と一部のご支援者をお招きして、完成式を行う予定です。

そして、トイレ完成後には、質的支援に着手していきます。インターンシップによる英語教育支援と学校をきれいに維持する環境教育の充実等を共同作業で取り組む予定でおります。

主体者としてのカンボジア、援助者としての日本、そして、喜びを共有する。

この姿勢を貫いていこうと思います。


活動を支える人々

本プロジェクトは、学校側とチアフルスマイルとの共同での開催です。(校長の署名)

地域の協力を仰ぐことには、ある大きな理由があります。

それは、家庭の教育力が低いことがカンボジア国全体が抱える教育課題の一つだからです。少しでも教育環境向上へのサポートをしていただくことで、学校教育への関心を高めることができます。

それゆえに、学校側にも地域に資金協力を呼び掛けていただくのです。もちろん、強制力はありませんが、心で訴えていくのです。

Lim校長先生から頂いている、本プロジェクトについてのメッセージがこちらです。

そして、本プロジェクト推進におけるカンボジアと日本との懸け橋となるサラットさんです。(後半、日本語でお話しています。)


資金の使い道

さて、実際の工事についてお話いたします。

私たちは、地元の業者さんたちと、すでに施工方法について協議を進めています。

箱ものを造るのに加え、長い配管を埋設するのにも工事費用が掛かります。


増設にかかる費用は、2,700$

既存の改修にかかる費用が、700$


合計で3,400$の見積もりが出ています。

現在の見通しでは、450ほどの家庭数から換算して、地域からの寄付金は500$と見積もっています。

よって、2,900$の建設資金を日本の皆様にご協力いただければと思います。

クラウドファンディングへの手数料の17%を加味して、プロジェクトで集めさせていただく金額を30万円と設定させていただきました。

この資金を集めることができてトイレの新築・改築が実現されれば、子どもたちに快適な教育環境で学ばせてあげることができます。

各先生方からも、日本の皆様へお願いのメッセージを頂いています。

これまでの支援の形は、

日本側がお金を出す、そしてカンボジア側が受け取るだけ

というものでした。


でも、今回の支援活動は、地元住民にも学校教育環境の改善への意識を高め、日本への感謝と共に彼ら自身にも達成感を生み出す支援活動になります。

学校の環境面や教育面が良くなれば、地域の人々も誇りを持つようになります。

そして、将来的には、他州の学校にも良い影響を及ぼすような州の教育実践モデル校になることを目指していきます。

下は、英語教育推進に共に取り組んでくださる先生方です。

先生方も、学校の教育環境を整えた上で、子どもたちにより良い教育を施していく希望に満ち溢れています。

今後、学校をはじめ地域ともじっくりと関わりながら、教育環境の向上をサポートしつつ、地域の教育力をも高める取り組みを展開してまいります。


実施スケジュール

現在、コロナ下で学校は閉校されており、子どもたちが学校に集まることはありませんが、毎週のようにLim校長先生とトイレの増築・改修の進め方について話し合っています。

そして、以下のような具体的な取り決めをしました。


①まず、3基の新設・2基の改修で合計5基のトイレを増設することで合意。

②次に、7月中にトイレの必要性を訴える文書を校長先生が作成し、各村へ通達する。(実施済み)

③各家庭からの募金を開始する。(約500$の資金を調達する予定)

④並行して、クラウドファンディングを開始する。

⑤雨季が終了する11月中に着工予定。

⑥2021年12月中に完成の見込み。


このような流れで、トイレの増設と改修をサポートしていこうと思います。

遠く離れた皆様のお力をお貸しいただけたら幸いです。


このプロジェクトで実現したいこと

まずは、教育環境を整備したい。

・新しいトイレの増設(3基)

・既存トイレの改修(2基)

以上2つの実現により、子どもたちの学習環境が大幅に改善されます。

トイレが完成した後も、きれいに維持する取り組みや継続的な環境教育推進のための質的支援をしていく予定です。


リターンについて

ご支援をいただいた皆様には、その証しとしてのリターンをご用意しています。


1,000円  子どもたちのお礼の言葉が入ったフォトデータ

3,000円  子どもたちからのビデオレター(翻訳字幕付き)

5,000円  カンボジア製のタペストリー

10,000円  学校からの感謝状

30,000円  学校からの感謝状・新設トイレへのお名前の刻印

35,000円  学校からの感謝状・新設トイレへのお名前の刻印・子どもたちの学校生活の写真

*(注1)35,000円のリターン枠は、支援のさらなる充実のために新たに設けさせていただきました。なにとぞご了承ください。 30,000円のリターン内容に加え、子どもたちの活動写真(5枚~10枚セット)をお送りします。(7月19日付)

*(注2)完成式の予定は、12月です。ご支援いただいた方には、金額に関わらず、完成式にご出席いただけます。 現在のコロナウィルスが収束しきっていませんので、12月にこちらに渡航できるかどうかは不明ですが、できる限りのサポートをいたします。

     


最後に

こちら、カンボジアの500リエル札です。

右下の日本の国旗は、カンボジア政府が我が国のODA(政府開発援助)に感謝して記されたものです。

またトヨタ、ホンダ、どれをとっても日本の製品は質が高いと誰もが言います。

それゆえに、カンボジアの人々は、日本人に友好的です。 

そんな大好きな日本の皆様へ寄せられる子どもたちや先生方からの期待には、とても大きなものがあります。

我々の団体には、ODAのような大きな力はありません。

でも、特定の地域の人々に本当に必要とされていることに対して手を差し伸べることはできます。

日本とカンボジアとの絆で築く教育支援。

トイレが日本とカンボジアの友好の懸け橋となる草の根プロジェクトです。

これまでカンボジア教育支援への実績を積み上げてきたチアフルスマイルが、皆様の善意をカンボジアの子どもたちに確実にお届けいたします。

ぜひ、皆様のお力添えをお願する次第です。

最後に、より多くの方々に本プロジェクトを知っていただくために、拡散・シェアへのご協力も併せてお願いいたします。


  • 2021/07/30 15:08

    まず、カンボジアの教員養成システムについてお話します。入学資格は、高等学校を卒業していること。当然のことながら、入学検定試験があります。この競争倍率が、なんと5,000人受験して、合格者が90人程度と言いますので、超難関と言われるのも理解できます。日本でも安定職業であることを理由に公務員は人気...

  • 2021/07/28 10:09

    カンボジアに来られる方は、皆それぞれの思いを胸に秘めていらっしゃいます。こちらの男性は、2019年11月に学校支援のためにお越しになりました。寄贈する図書にタグシールを張り付ける作業です。 この学校の校長先生が素晴らしい方で、交流活動にも積極的に関わってくださいました。日本のじゃんけんを教えま...

  • 2021/07/27 21:00

    こちらの女性。2019年8月にコンポントム州ソンダン地区という過疎地をご訪問されました。コンポントムの中心部から、車で2時間半も走ります。途中には、日本語のプレートの学校があります。1993年国連選挙管理ボランティアとして活動していて、この地で亡くなった中田厚仁さんのお父様が支援して建てた学校...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください