ゾン噛ま、マモノノを制作してきたケンビルの最新作は、軽めのプレイ感で何度でも繰り返し遊べるカードゲーム「ByeByeレミング」です。カードの8つの属性により強弱だけではない不思議な経験を味わえます。2017秋のゲームマーケットで発売予定ですが、支援していただければ発売前にお手元にお届けいたします。

プロジェクト本文

こんにちは!ケンビルの丸田です。
この度、ゾン噛ま、マモノノに継ぐ第三作目を発売することになりました!

約数を取り入れることで1枚のカードに複数の属性をもたせることが出来ました。
ゲーム終盤にはカードが出されるたびにテーブルが盛り上がること間違いなし!

プレイ感としてはトランプゲームの「大富豪」が近いのですが、沢山の属性と、その属性を1枚のカードに複数持たせることで、より緊迫感のある最後まで気の抜けない楽しいゲームとなりました。

とても面白いゲームです。初心者の方から熟練の方々まで短時間でしっかりと遊んで頂けるゲームに仕上げました。

繰り返し遊びたくなる本当に素敵なゲームです。
是非ともご支援よろしくお願いいたします。

2017年秋のゲームマーケットで発売予定の新作「ByeByeレミング」を制作します!

「ByeByeレミング」


ゲームマーケット予定価格:1,500円(税込)
通常販売価格は、現在、希望小売価格1,800円(税抜き、送料別)を予定しています。

「ByeByeレミング 専用プレイマット」

【サイズ】450mm×300mm(予定) 【材質】3mmゴムマット(裏面滑り止め付き)

▲質感 ▼デザイン

ゲームマーケット予定価格:1,500円(税込)
通常販売価格は、現在、希望小売価格1,800円(税抜き、送料別)を予定しています。

 

 【ストーリー】

この土地はレミングたちが生きていくには快適すぎました。

美味しいごはんをたくさん食べたのでレミングたちは少し増えすぎてしまったのです。

この土地にはもうごはんがありません。

レミングたちは住みにくくなったこの土地を離れ、新しい土地を探す旅に出ることにしました。

 【内容物】

ベースタイル:1枚 レミングカード:64枚

【概要】

レミングたちの旅立ちはタイミングが大事です。1匹のレミングが飛び出すと同じ特徴を持つ仲間が追いかけます。

最初に配られたレミングたちを全て旅立たせてあげたプレイヤーから順に勝者となります。

 

▼「ByeByeレミング」マニュアル

 

このゲームはすでにデザインまで完了していますが、より満足していただけるゲームにするために皆様のご支援をお願い致します。

ご支援いただければ、カードの質感の向上などに活かさせていただきます。

2015年秋:ゾン噛ま発売

2016年秋:マモノノ発売(CampFireにて目標417%達成)

2017年春:ゾン噛まパーティー発売(CampFireにて目標316%達成)

「ByeByeレミング」の制作費に充てさせていただきます。
また、支援総額が一定金額を達成できれば、カードへのエンボス加工や箱裏、仕切りなどへのデザイン印刷など、より満足して頂ける仕様アップのストレッチゴールを設定しました。

 

目標達成!

 

プレイカードエンボス加工
レミングカード64枚を全てエンボス加工します。

限定カード「0」制作
素敵な限定カードを制作いたします。

 

仕切りへのイラスト追加
キュートなキャラクターと作品ロゴを箱の仕切りに印刷します。

 

箱フタの内側へのイラスト追加
箱のフタの内側にキュートなキャラクターを印刷いたします。

※全てのプランの発送は11月中を予定しています。全プラン税送料込みです。

 

2Bye(倍)レミングプラン

「ByeByeレミング」本体 2本セット

3000円

 

プレイ環境こだわりプラン

「ByeByeレミング」+「専用プレイマット」

3000円

 

ゾン噛まパーティーセットプラン

「ByeByeレミング」「ゾン噛まパーティー」「ゾン噛まパーティープラス」セット

4000円

 

マモノノセットプラン

「ByeByeレミング」「ゾン噛まパーティー」「マモノノ通常版」セット

4000円

 

ケンビルコンプリートプラン

「ByeByeレミング」「ゾン噛まパーティー」「ゾン噛まパーティープラス」「マモノノ通常版」セット

6000円

 

6Bye(倍)レミングプラン

「ByeByeレミング」本体 6本セット

8000円

 

小売店プラン

「ByeByeレミング」12本セット

12000円

 

このゲームはケンビルが自信を持ってリリースする3作目です。

何もわからずに突っ走った1作目のゾン噛ま。
手探りで色々な冒険をした2作目のマモノノ。

幸いなことに、我々の作ったゲームを沢山の方々に遊んでいただいています。

そして、この3作目では、いま持っている力を全て出し切り、本当に納得の行くゲームを作ることができました。

今回、ゲームマーケット2017の秋に向けて新作を開発するにあたり、1日1つのゲームアイデアを考える期間を設けました。
そうしてできた沢山のタネを社内で揉み込みました。
沢山の試作をボツにし、ボツにされ、ようやくこのシステムに出会えたとき、荒削りながらも感じることのできる「傑作」の気配に本当に興奮しました。

出来上がった試作品をプレイスペースやオープン会に何度も持ち込み様々な方にテストプレイしていただきました。
テストプレイ中にプレイヤーの皆様からの「このゲーム出たら絶対に買う!」という心強いコメントを沢山頂き、確かな手応えを感じました。

何度も何度も本当に納得の行くものができるまでデザインの打ち合わせを行いました。
我々にデザインする力はありません。今回もタンサン様にご協力をいただき素敵な素敵なデザインを仕上げていただきました。本当に細かいところまで、我々が想像できない素敵なイメージを形にしていただけました。
テストプレイをしていない方からも「この箱絵なら、絶対に買う!」という心強いコメントもいただきました。

このゲームは必ず皆さんに幅広く受け入れて頂ける。そう信じています。

皆様に遊んでいただいてこそ、このゲームは羽ばたいていけます。暖かいご支援をよろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください