はじめに・ご挨拶

 私たちは、大阪・茨木の青年会議所メンバーを中心に、アジア最貧国といわれるネパールを応援するための有志が集ったチームです。

ネパールの魅力的な商品を多くの方に知っていただき、販路を拡大することで、継続的にネパールの商品が購入されていくようになるために、クラウドファンディングを立ち上げました。

ネパールの青年会議所のメンバーとは2017年にKIMONOプロジェクトで交流を始めて以来、毎年の交流を続けておりますが、継続的な活動応援をするためには、ネパールの特産品を日本の方に広めていきながら、彼らの活動資金を継続的に生み出していく必要があると考えました。

プロジェクトメンバー

今回のプロジェクトは茨木青年会議所とネパールのキルティプル青年会議所のメンバーから2名ずつのプロジェクトリーダーが集まってプロジェクトを推進しています!

2017年よりこれまでに何度もネパールと茨木市をお互いに行き来しながら、友情を育んでネパールの課題解決へ向けての議論やネパールの子どもたちへのワークショップなどを行なってきました。

左から 

占部走馬(大阪府議会議員・茨木青年会議所副理事長)

北村真一(弁護士・茨木青年会議所監事)

Niroj Maharjan(建設エンジニア・キルティプル青年会議所)

 Aman Rajak(建設エンジニア・ネパールのインフラ整備支援を目指すPaluwaメンバー)


ネパールの地域のご紹介

ネパールは、お釈迦様の生誕の地であるルンビニがあり古来から豊かな歴史文化が育まれてきた地です。

また国土の中に世界最高峰のエベレストを抱える自然豊かな国でもあります。

イギリスの植民地から独立した後、部族間の対立などから経済発展が立ち遅れてきましたが、民主化後、内陸国であるものの中国とインドに挟まれた地政学的に重要な土地であることから、ネパールの青年達の本来の力が発揮されれば、今後着実な経済発展が見込まれる国でもあります。

また、ネパールは親日国としても有名で、町中に日本語学校があり多くの研修生が日本に働きにきています。日本国内にあるカレー料理店もよくみるとインドの国旗と一緒にネパールの国旗が掲げられていることが多いです。


プロジェクトを立ち上げた背景

4年前、手探りの中、ネパールの子ども達に日本文化を伝える事業をネパールの地で行いました。たくさんのネパールの青年達に助けてもらい事業自体は成功しましたが、私たちが目にしたのは、衛生環境、住宅問題、経済問題などアジア最貧国といわれるネパールが抱えるたくさんの社会課題でした。

その後も、何度もネパールを訪問する中で、ネパールの国を応援するためには、ネパールが抱える社会課題を解決しようと奮闘するネパールの青年達とネパールの商品の販路を拡大することで、継続的な取り組みを行う仕組みができると考え、このクラウドファンディングを立ち上げるに至りました。

これまでの活動

1964年のに立ち上げられたネパール青年会議所は、ネパールを明るく豊かな国にしようと集った20歳から40歳までの青年の団体です。

職業や部族、カーストは様々ですが、ネパールの社会課題解決のために日々様々な活動を行っています。例えば、子どものためのリーダーシップ教育プログラムをネパール各地で行ったり、新型コロナウィルスのワクチン接種事業など、そのときどきでネパールの国づくりにとって真に必要な事業が何かを模索しながら、活動を続けています。

特に、今はこのコロナ禍で収入がなくなって食事を確保することもできない家庭が増えているようで、そんな家庭に栄養のある食べ物を配る事業などを積極的に行っているそうです。

資金の使い道・実施スケジュール

今回の目標金額は50万円です!

50万円の使い道

BOOSTERへの手数料20%     10万円

商品仕入れなどにかかる費用    30万円

商品の加工代金等         5万円

商品の発送や梱包         5万円

*農園や工場で働く人へ還元できるよう価格で買取をしています。

今後、この取り組みで作られる商品を日本で継続的に販売していき、彼らとの活動を持続的に行っていきたいと思います!!

リターンのご紹介

歴史と自然豊かで、勤勉な国民性をもつネパールには、まだまだ日本に知られていない素敵な特産品がたくさんあります。

今回はそんな中からいくつかのネパール特産品をご協力いただきました皆様にお返ししたいと考えております。

まずは、ネパールで作られている高品質な紅茶です。

ネパールのお隣であるインドのダージリンは有名ですが、実はネパールのイラム地域はこのダージリンとは国境境で、とても美味しい高品質なお茶がとられています。


そして、次に皆様に紹介したいのはネパールコーヒーです。

エベレストを抱えるネパールはとても標高が高く、珈琲豆の生育にとって最高の条件が揃っています。

その品質の高さにもかかわらずネパールのコーヒーの知名度はまだまだ低く、今はまだマニアの中でだけ楽しまれていますが、近々ブームが来ることは間違いないと思っています。

世界最強の戦士と呼び声高い、ネパールのゴルカ族を思い起こさせる深い味わいを是非ご堪能ください。

さらに、そんな紅茶やコーヒーにぴったり合うのが、ネパールの女性が手作りで作ってくれている羊毛の可愛いコースターです。

ネパール織物独特のこの質感、このデザイン、最近街中でもちらほら見かけるようになってきたと思います。

実は密かにネパール織物の人気が高まってきているのです。

ネパールでは男性の多くは出稼ぎに海外へ出ている家庭が多く、女性はこうした手作りの仕事で生活費を稼いでいる方が多くいます。

こうした商品が多く売れることで彼女たちの雇用が維持されます。

<リターン商品の高いクオリティ>

大阪府茨木市で営業をしている珈琲業界では知らない人はいないといわれる名店「たたらば珈琲」さんがネパールの珈琲の焙煎や紅茶をティーバックに加工してくれています。

職人気質の店主がこだわり抜いた焙煎によって生まれる深い味わいを是非堪能してください。

是非、皆様も、釈迦が愛し、最強戦士ゴルカ族を生んだネパールの大地が育んだ美味しい珈琲や紅茶を心ゆくまで召し上がってみてください!

このプロジェクトに興味をもっていただいたのをきっかけに、ネパールの魅力をほんの少しでも知っていただければこんなに嬉しいことはありません。






<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


■特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名

  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」 

 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名

  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●事業者の住所/所在地

  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●事業者の電話番号

  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●送料:送料込み(離島価格などは別途費用がかかる場合がありますのでお問い合わせください。)

 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし 

 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください