はじめに・ご挨拶

こんにちは、私たちは西南学院大学サッカー部です。
少し長い文にはなりますが、以下の私たちの新たなる挑戦を
一読して頂き、一人でも多くの方が応援したいと思ってくだされば幸いです。

まず、西南学院大学とは福岡県福岡市早良区に位置する私立大学であり
「福岡から全国へ、世界へ、はばたく力を。」
というスローガンを掲げている学校であります。

そんな西南学院大学のサッカー部である私たちは創部70年を昨年迎え
今までの先輩方が築いてきた伝統あるクラブをさらに成長させたいと考えています。
クラブを成長させる上での私たちの目標として
「九州一の応援されるクラブになる」「フェアで逞しいフットボーラーになる」
という2つのスローガンがあります。
そのためには、サッカーで九州王者になることはもちろん
社会貢献活動などでも九州一になる必要があると考えています!


このプロジェクトで集めた資金で

「catapult」という試合中に身に着ける高機能GPSを導入したいと考えています。

そもそも「catapult」という高機能GPSがどういうものかというと、
試合中に各選手の走行距離、スプリント回数やタックルの強度など
多くのデータを測定することができる優れものです。
catapultのHPはこちらから

現在、部費と西南学院大学サッカー部宛ての寄付から
30万円ほど捻出することはできましたが、
「catapult」導入にかかる資金は120万円となっていて、
まだまだ資金不足という状況なので、今回のクラウドファンディングで
残りの90万円を集めさせていただき「catapult」を導入したいと考えています。

また、目標金額を超えた場合には、5年以上使って老朽化している
マーカーやビブスなどの備品の新調に充てたいと考えています。

目標金額をなぜ120万円に設定しているかというと
「catapult」購入に90万円がかかるので90万円は手元に残したいと考えていて
リターンの作成、郵送費用、またCAMPFIREの手数料等で
1つのリターンにつき約3割ほどかかるので
90万円に3割上乗せして120万円と設定しています。


「catapult」を購入しようとおもった理由

私たち西南学院大学は、スポーツ推薦による入学というものがなく
サッカーだけをしに西南学院大学に入学した部員は1人もいません。
しかし現在、西南学院大学サッカー部は
マネージャーも含めると70人以上が在籍しています。
なぜそんなに部員が多いのかというと、部員皆が『サッカーを愛している』からです。

そして、愛しているサッカーだからこそ、
私たちは上手くなりたいし、強くなりたい、負けたくない
上手くなる、強くなる、勝つためには、まず己を知ることが必要であると考え、
「catapult」を導入し、自分たちがどのくらい走っているのか、どこを走っているのか
どのくらいの強さで相手とコンタクトしているのかなどを知ることで、
自分たちの課題を見つけ、それを克服するトレーニングを考案・実践し
1つずつ課題をクリアしていって強く、上手くなることによって
勝利を勝ち取ることができると考えています。

他にも理由はあり…

私たち西南学院大学サッカー部は「1%FOOTBALL CLUB」という
サッカー選手や、サッカーコミュニティーが自らの何か1%を寄付し
貧困や社会格差でサッカーをしたくても諦めている子どもたちの「環境」を
変える活動を実施しているプロジェクトに参加しています。
大学サッカー界からは初の試みです。
1%FOOTBALL CLUBのHPはこちらから

現在の日本では、最大で約9万人の子供たちが経済的な貧困下で
サッカーをしている可能性があると言われています。
今年の4月には、子どもがサッカーをするために約31%の世帯が
「借入」をしているという調査結果も明らかになりました。
正直な話、私自身、このような現実には今まで目を向けておらず
想像すらしていなかったので、初めてこの情報を聞いた時には
大きな衝撃がありました。
私たちは今まで多くの人に支えられながら、
不自由なくサッカーをしてきました。
だからこそ、今度は私たちが
子どもたちの夢を支えたいという想いを持つようになりました。

具体的な活動として、私たちが考えているのが、
一試合の選手の走行距離(メートル換算)の1%を寄付しようというもので、
例えば、1試合で1人の選手が10キロ走ったという想定で計算すると
10000m×10人+ゴールキーパー=100000m+ゴールキーパーとなります。
そしてその走行距離の1%を寄付するので、1試合につき
1000円(1000m)+ゴールキーパーという金額を寄付することになります。
(ゴールキーパーは他の選手と比べて大きく走行距離が減少するので
このような形で想定しています。)

もしかしたら、「1試合につき約1000円を寄附したってなにも変わらない」と
思う方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、私たちにできることが今は大きくないかもしれません。
しかし、私たちが動くことで小さな何かが変わると信じ
いつか小さな変化が大きな変化になる時まで
私たちはサッカーのために、サッカーをしたい人のために動き続けたいと考えています。

だからこそ、今回のようなクラウドファンディングを行う決意をしました。


これまでの歩み・軌跡(サッカーでの実績と1%FOOTBALL CLUBについて)

まず、昨今の私たちのサッカーでの実績です。
昨年は九州大学サッカーリーグ二部というリーグで戦っていましたが
そのリーグで2位となり、昇格を決めることができましたので
現在、九州大学サッカーリーグ一部という九州圏の大学における
最高峰のリーグで日々戦っています。
昨年度に引き続き、今年度も新型コロナウイルスが猛威を振るい、リーグ戦の試合日数が
半分になったり、練習をしばらく自粛しなければならなかったりと
思うようにサッカーができているわけではありません。
しかし、このような誰もが未経験のパンデミックの中においても
サッカーをさせていただけている環境に感謝して、日々練習や試合に取り組んでいます。
その結果、昨年の九州リーグ一部の優勝チームには引き分け
昨年の上位チームには勝利するなど、ある意味、
下馬評を覆すような成績を残しています。

今年は、14チーム中、上位6位に入ることを目標としています。
2021年8月現在、西南は8位とあと一歩及ばずという位置にいるので、
「catapult」を購入して、自分たちを見直し
さらなる戦術・技術のレベルアップを図ろうとしています。

続いて、1%FOOTBALL CLUBプロジェクトでのこれまでの活動です。
私たちは今年の5月の初頭から「1%FOOTBALL CLUB」プロジェクトに
参画させていただいています。このようなご時世ですので、直接会うのは難しいですが
ZOOMなどで意見交換会などを開いていただき、充実な活動ができています。
新型コロナウイルスという未知の恐怖が世界を襲うようなことがなければ
地域の子どもたちとサッカーを通じて交流を深めるなど、様々なイベントを
開催しようとしていましたが、現状では実現が難しそうなので
今は、試合の走行距離を寄付するという形で、
子どもたちの夢を繋ぐ活動をしています!

また、1%FOOTBALL CLUBとは違う話で
週に1回1時間程度ではありますが、西南学院大学付近のごみ拾いを行っています。
「日頃お世話になっている、地域に少しでも恩返しができないか」ということで
始めたこの活動は、実際にゴミを拾っている最中に地域の方々から声を掛けられて
「ありがとうね」や「お疲れ様です」などと言ってくださり
多くの部員がやりがいを感じています。

このような、特段大きなことではない活動であっても
少しでも誰かのためになればいいなと思い
1%FOOTBALL CLUBやゴミ拾いだけでなく
今後も様々な活動を行っていこうと思います!


実施スケジュール

9月22日 プロジェクト終了
10月上旬~ Tシャツ等のグッズ生産開始
10月下旬~ 順次入荷
10月下旬~11月中旬 リターン品の出荷を順次開始予定
*出荷詳細につきましては、随時報告いたします。

リターンのご紹介

・選手、マネージャーが手書きで書き、気持ちを込めたお礼状

・西南学院大学サッカー部公式トートバック

・西南学院大学サッカー部公式応援Tシャツ

・西南学院大学サッカー部公式応援ポロシャツ

・応援Tシャツ、ポロシャツの胸部分に入るスポンサーロゴ*要相談

・応援Tシャツ、ポロシャツの背中部分に入るスポンサーロゴ*要相談

・ユニフォームの背中部分に入るスポンサーロゴ*要相談

サイズなどの詳細はリターンに記載しております。


最後に

私たち西南学院大学サッカー部は、今、転換期にあります。

昨シーズンから新しい活動をし始めて、特に1%FOOTBALL CLUBなどは
大学サッカーの枠に捉われないチャレンジだと思っています。

そのような活動は、私たち自身、すごくワクワクすることでもあります。
西南学院大学サッカー部が少しずつ大きくなっている実感もあります。

社会貢献活動だけでなく、サッカー面におきましても
九州の並み居る強豪を相手に互角に戦えていると思います。

私たちはこれからも、
考えることを続け
闘うことを続け
敬うことを続け
想いやることを続け
成長し続けます。

その一環として、今回のプロジェクトの成功は欠かせないものです。
そのうえで、これを読んでくださった皆様に
私たち西南学院大学サッカー部の応援をしていただけたら幸いです。

最後にはなってしまいましたが
日ごろから応援してくださっている方々も
なにとぞ、末長くご支援のほどお願い申し上げます。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名: 請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:・・・請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください