はじめに・ご挨拶

はじめまして!私たちは銚子商工会議所青年部(銚子YEG)と申します。銚子YEGは千葉県銚子市がもっと盛り上がっていけるように、銚子みなとまつりをはじめとするお祭りの運営や銚子駅前イルミネーション事業を行って参りました。例年このような事業は地域の企業様から集められたご厚意で運営されておりましたが、昨年、コロナ禍と言う事もあり初めてクラウドファンディングに挑戦し資金調達を行いました。様々な方々からの支援を頂戴し、当時開催をあきらめかけていた私たちの意識をポジティブなものに変えてくれました。今後はこれまでの企業様からのご支援と当事業を支えてくださる個人の皆様とハイブリッドの資金調達を確立して持続可能な取組にしていきたいと思っております。


このプロジェクトで実現したいこと

約10万球のイルミネーションとオブジェを使い、銚子駅前周辺を飾り付けてまいります。


私たちの地域のご紹介

かつての銚子市は千葉県内三大産業都市として栄え、数多くの方が銚子市に住み、また数多くの方が銚子市へと来訪していました。学生たちはファッションブランドを求めて銚子駅前に繰り出し、週末には銚子市内やその周辺地域の家族が娯楽と団欒を求めて市内に集まっていました。人とすれ違うたびに肩が触れ合うほどの盛況ぶりは遠い昔の思い出です。1965年には9万人超を誇った銚子市人口は今や6万人を割っています。


プロジェクトを立ち上げた背景

このような銚子市の将来を憂いて20年前より始まったのが「銚子駅前イルミネーション事業」です。
銚子駅前をイルミネーションで照らすことには、銚子市の活性化と、そして何よりも銚子に永らく住んでいる市民の心にホッと暖かい明りを灯したい・・という当時の銚子商工会議所青年部の先輩たちの願いが込められています。

 

その純粋無垢な「銚子LOVER」の願いの灯を今、絶やすわけにはいきません。

 

昔も今もそしてこの先も、変わらず大好きな銚子であり続けるためにも、イルミネーション事業の継続は銚子市民全体の切なる願いであると信じています。

その最中、新型コロナウイルスの影響で20回以上続いたイルミネーションが中断してしまうのは、とても悔しいです。イルミネーション事業が、災害やコロナウイルスに負けないという気持ちを込めた、銚子市を照らす希望の光になり、市民の皆様の支えになれればと思っています。


これまでの活動

平成11年度より銚子世紀越え事業の一環としてスタートしたイルミネーション事業。銚子の玄関口である銚子駅前を明るくすることで、街に活気を与えたいという想いのもと、本年度で第22回目を迎えることになりました。約10万球の電球を飾り付け、11月下旬から翌年1月末までの65日間、イルミネーションを点灯します。点灯式では、子供たちを招いた『100人de点灯式』や『コスプレグランプリ』を開催するなど、イルミネーションは子供たちの笑顔を照らし続けてきました。


資金の使い道・実施スケジュール

今年のイルミネーションを設置するには130万円ほどの費用がかかりますが、

過去のイルミネーションやオブジェを活用するなど、経費を切り詰め、目標金額達成で開催致します。
本事業におけるご支援金は、飾り付けのLEDの交換する費用や、工事費用及び新しいオブジェの制作費用に活用させて頂きます。

□実施スケジュール

2021年11月13日 飾り付け

2021年12月04日 点灯開始

2022年01月30日 点灯終了/撤去



リターンのご紹介

銚子にまつわる返礼品を主にお金では買えない体験などもございます。


最後に

私たちは今回のイルミネーション事業のテーマを「希望-ANY TIME READY-」としました。現在多くの人々が我慢を強いられている状況です。そのよう中で一瞬でも人々に癒しを感じてもらえる空間をつくり、未来への希望を持ってもらえるような事業にしていきたいと思っております。是非たくさんのご支援お願いいたします。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:銚子商工会議所 青年部 会長 椎名 亮太
 ● 事業者の住所/所在地:〒288-0045 千葉県銚子市三軒町19-4
 ● 事業者の電話番号:Tel: 0479-25-3111
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください