はじめまして!「ココ吉野」です。

奈良県吉野に暮らす仲間3人で立ち上げました。

メンバーは、代表者の宮谷アクシアク尉久子(51)、亀田榮子(73)、木下茉実(31)です。私たちは年齢も経歴もバラバラの凸凹トリオですが、3人で2021年6月に起業しました。

私たちはこれから、サクラの香りの天然香料「吉野さくら水」を生産していきます。食料品や化粧品の原材料として使用できる製品です。

▶︎このプロジェクトで実現したいこと

「吉野さくら水」は、サクラそのものから香り成分を抽出したお水で、サクラの香りがふわっと香り、すーっと消えていく香料水です。天然由来だから実現できた風味です。現在、地域の飲食関係者のみなさんにご使用いただいています。この吉野さくら水をより多くのみなさんにお届けするために、衛生的で安心安全な製造場所をつくります。


▶︎プロジェクトをやろうと思った理由

製品がすばらしい!用途もたくさん、アイディアはいっぱいある!
私たち3人それぞれの夢もある。製造場所の物件も見つかった! 

〈〈〈 でも、資金がない!!!〉〉〉

■吉野さくら水は、天然のサクラの香り水です
「吉野さくら水」は、天然のサクラの香りを水にとじこめた製品です。
吉野に滞在していた宮谷精二博士(東京大学医学博士)がその製法を発明しました。
サクラの香りは「クマリン」という成分に由来し、サクラの葉にたくさん含まれています。“和のバニラ”とも言われ、いわゆる“さくら餅の香り”です。これまで、サクラの葉を半乾きにしたり塩漬けにしたりすることによって葉の細胞が壊れ、葉の中のクマリン酸配糖体と葉の中の酵素が反応して、クマリン酸からクマリンが生成され、甘みのある芳香になっているのです。これまで、食品加工ではサクラの葉を細かくしたものが使用されてきました。化学合成のクマリンの食品への使用は禁止されているからです。実は、これまで市場に出回っているサクラの香りの合成香料はクマリンではない成分なのです。科学者のあいだでは、クマリンはほとんど水に溶けないことがわかっています。
この天然の芳香を水にとじこめることに成功したのが、「吉野さくら水」なのです。

「吉野さくら水」
 内容量:120ml、原材料名:桜葉、保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存してください。
 100g当たり・エネルギー2kcal、タンパク質0.1g、脂質0g、炭水化物0.3g、食塩相当量0g
 食品衛生責任者 宮谷アクシアク尉久子 許可番号第211-30041奈良県食品衛生協会(R3.4.28取得)


■吉野さくら水と3人
ココ吉野の凸凹トリオは、それぞれこのプロジェクトへの思い入れが少しずつちがいます。
51歳、72歳、31歳、それぞれが希望をもっているプロジェクトなのです。
◎宮谷アクシアク尉久子(51歳)
奈良県吉野出身、好きなことはスポーツ観戦。写真撮影や絵を描いたりもします。最近は、泳ぐメダカをながめたりして癒されています。
コロナ禍で世の中が停滞する中、吉野さくら水の試作を重ねているときに、私は「コツコツとものづくりをすること」の大切さをじんわり感じました。目に見えるカタチで、良い製品を作り、良い仕事をする。慌ただしく急かされ、妥協する仕事をする暮らしをリセットしたい。四季のうつろいを感じながら、顔の見えるお付き合いを大切に、思う存分働いて良い仕事をしたいと思うようになったのです。眉間に皺をよせて、何かに追われて働くのではなく、明るく、楽しく、働ける場所を、これから自分たちで作る!という意気込みでいます。今までは裏方仕事が多かったので、はじめて表舞台に立ちます!

◎亀田榮子(73歳)

吉野に暮らして12年になります。それまで海外(スイス・フランス)、国内(滋賀・京都・大阪・東京・埼玉・奈良)など20回ほど引っ越し、現在は夫の実家に定住。
ここ数年、尺八を習っているのですが、最近はお教室ではなく、歯医者通いの日々です。前歯が7本ぬけて全く歯がなく、尺八を吹けないことが悩みです・・!
「吉野さくら水」の開発に携わり、2年前に「吉野さくら水」の登録商標を申請し、今年7月に取得。「吉野さくら水」を製造販売することにより、次の世代の人たちが吉野で生計手段のモデルをつくりたいです。材料の桜の植樹も進めています。今まで自力で頑張ってきましたが、若い二人の提案で、クラウドファンディングの力をお借りすることになりました。一人でも多くの方に「吉野さくら水」を知っていただきたいです。そして、応援していただきたいです。


◎木下茉実(31歳)

私は吉野の自然を科学して、自然のなかで人間がうまく生きていく方法を探りたい!と漠然と思っています。それを形にする一歩目が「吉野さくら水」の製造だと私は位置付けています。シダ植物が好きで吉野へ移住して3年目になり、シダ植物をたのしく観察するガイドをしたりしています。吉野に定住して生きていくためには、シダ植物に関連する事業以外に、何足も草鞋を履く必要があります。その一つが、ココ吉野です。「吉野さくら水」を製造・販売して生計の足しにしつつ、もっといろんな種類(主にシダ植物)の植物を研究して、製品開発につなげるなど、発展させていきたいです。吉野の大きな自然の中でサバイバルするぞ!という意気込みです。

こんな私たち3人をおもしろがってくださる方に、ぜひ応援していただきたいです!


■ココ吉野の製造工場
製造工場の物件は、とにかく景色が抜群! 吉野川を眺められ、山風と川風がふきぬける空気の綺麗な古民家です。2階建ての長屋の空き家で、1階を製造工場に、2階を事務所にします。

建物全体の上下水道の整備から始まり、床・壁・天井、シンク、コンロ、換気、トイレ整備など大工事!
はじめは自己資金だけで改装費用を賄うつもりでしたが、思った以上に費用がかさみ、最初の勢いはどこへ消えたのか、実際の必要経費の見積もりを目にしたとき、タジタジになってしまいました。

私たちには、サポーターが必要なのです!


▶︎これまでの活動【本気の製品化と、起業。】

●2019年に「吉野さくら水」の発明し、2021年、6月に商標登録を取得。
 第6397287号出願番号商願 2019-139236 登録日令和3年6月3日(特許庁より)
●一社)日本食品分析センターの分析試験の結果、清涼飲料水の成分規格です。体へ摂取しても安心安全な食品であることを証明できました。
●安定的な製造を実現するため、原材料になるサクラを吉野に植樹(4本)しており、今後も吉野町内に植樹していく予定をしています。
●製造機器や実験機器も購入し、製品生産に向けて着々と準備をしています。
●物件も契約済みです。場所は、吉野町立野です。ご縁をいただき、吉野川を見下ろし、空の広い物件です。(隣には商売繁盛の「おいなりさん」がお祀りされています)
●ついに、2021年6月29日、開業届も提出し、起業しました!
●販路開拓に取り組んでいます。実際に、いくつかの事業者さんに吉野さくら水をご紹介し、試作商品を開発していただいています。とても好評で、新しいオリジナル商品づくりに役立ててくださっています。ありがたいかぎりです。


▶︎資金の使い道【衛生的で安心安全な製造工場をつくります】

★目的はひとつ!衛生的で安心安全な工場を作ります。改装の資金にします!★
空き家を活用し、建物全体の上下水道の整備から始まり、床・壁・天井、シンク、コンロ、換気、トイレ整備など、保健所指導による製造工場の整備をします。

設備費:約350万円
CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:約59万5000円

  • 玄関入ってすぐの様子。小窓の向こうに製造場所、右にトイレを整備します。
  • 上下水道を整備するところからスタートです。
  •  シンクはステンレス製のものに取り替え、床・天井・壁、出入口のドアなど、修繕が必要です。

一部のコンクリートを解体して、トイレを新設します。

  • ちなみに、はしごの上には ”yes”が…!
  • とにかく、この物件は景色が抜群!吉野川を一望でき、山風・川風がふきぬける空気の綺麗な高台にあり、2階建ての長屋の古民家です。吉野川の美しい夕焼け、鉄橋を走る近鉄吉野線の電車、夏には吉野川の花火見物もできます。人が集い、にぎわいのある工場になりますように、気持ちの良い場づくりをします。

  • さらに、集中して良いものを作る“製造工場”でもあり、自然を科学する“研究所”としても活用します。新しいひらめきを得るために、遠くを眺められる広い空と、人々の営みを眺められるこの場所は、最高の環境だと思います。
    ※なお、ご支援の一部はCAMPFIRE手数料に使用します。


▶︎リターンについて【私たちのとっておきをお届けします!】

・お礼のメール
・オリジナルポストカード
・オリジナルTシャツ
・吉野杉材使用の文様コースター
・吉野さくら水使用の「さくらパン」1斤
・吉野さくら水 製造工場でのファーストロット!120ml
・ココ吉野商品開発会議にご招待!

※ 期間中に随時、リターンの選択肢を追加してまいります!おたのしみに♩
※ 新型コロナウィルス感染症対策をとり、リターンをご用意いたします。

写真はサンプルです


▶︎実施スケジュール

8月初旬 改装工事着工

9月末 工事終了、完成

10月1日 こけらおとしオープニング!工場稼働開始予定


▶︎最後まで読んでくださった みなさまへ

正直、ここまでやってきて引き下がれない、ということが私たちの本音です。当然のことですが、これまで自己資金を投資し、製品開発、商標登録、原材料の確保、販路開拓、物件契約、起業登録など、少しずつ確実に進めてきました。いま、大きな壁は資金です。

まったく性格のちがう凸凹トリオの3人ですが、ひとつだけ意見が合うものがあります。

それは、「吉野さくら水は、絶対良いものだ。」という確信です。

そして、「これは良いものだ!」と思ってくださる人に既に出逢っていますし、さらに多くの人に出逢えると確信しています。ココ吉野から世界に広がっていくかもしれません。もっと応援してくださるご縁が広がれば・・・!


吉野の四季のうつろいに合わせ、良い仕事をしたい。

吉野さくら水で、これまでにない製品が世に生まれ、

吉野さくら水が、みなさんの仕事に、笑顔につながってほしい。

私たちの挑戦をどうか応援してください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名、所在地、事業者の電話番号は、請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください