はじめに・ご挨拶

舞踏家の正朔です。

私は1984年舞踏の創始者である土方巽に師事し舞踏の世界に入り、師の作品に出演し、全てのワークショップに参加しました。

師の死後、その団員により結成された「白桃房」に1996年まで在籍し、その後ソロ活動を中心に様々なジャンルの方と共同制作を行いました。

2004年に、舞踏カンパニー「Dance Medium (主宰:長岡ゆり)」に参加してからは、長岡ゆりと共に振り付けと演出を行い、毎週木曜日に定期舞踏ワークショップを続けています。

2013年には、第43回舞踊批評家協会賞を受賞しました。長年に渡り、海外での公演、ワークショップを数多く続け、コロナ禍の現在はオンラインによるワークショップも精力的に行っています。

Photo by Peter Van Heesen

このプロジェクトで実現したいこと

私は長年、師である土方巽の舞踏論や舞踏技法を研究しながら、独自の方法論として発展させてきました。

そして、今このコロナ禍によって世界中の人々が閉塞された心理状態に追い詰められていることを憂いています。

こうした現代にこそ、舞踏の持つ心身の開放性、他者との共有性、命の活性化という力が急速に求められていると感じます。

40年間の舞踏活動の間に、私が様々な国で書き溜めた舞踏文章を今回一冊の本にまとめ出版することによって、世界の皆さんとこの時代を乗り越えていきたいという切なる願いからこのプロジェクトを立ち上げました。

舞踏家玉野黄市との共演 Photo by 那波智彦

プロジェクトをやろうと思った理由

現在、世界に大きく広がり続ける舞踏というジャンルですが、その内容の難解さの故に、その理論を理解する為に創始者である土方巽への関心も世界中で高まっています。

土方巽の最後の弟子である私が、直接側にいて教えられた事、様々な技法や文献から読み解いた土方巽の舞踏への思いや理論、更に土方巽が死の直前に描いていた新しいビジョンを表した文章を書き溜めたものがあります。

それらを更に発展させた私の新たなビジョンを込めた文章を是非多くの方々に読んで頂き、この苦難の時代を共に乗り越えていけたならと切に願っています。

Photo by Peter Van Heesen

これまでの活動

私が土方巽のワークショップで受けた感動はとても強く、衝撃的なものでした。

公演に向かうための稽古は過酷なものでしたが、ワークショップは舞踏の発生現場を味わえるものであり、どちらも大切な経験でした。

私は土方巽の全てのワークショップを受け、師の死後結成された舞踏団では10年間ワークショップを担当し、その舞踏団を辞めた後も様々なジャンルの方にワークショップを行いました。

そして「Dance Medium (主宰:長岡ゆり)」創立に加わって以来、週一回の定期舞踏ワークショップの他に、夏季の集中ワークショップや、海外の多くの国でもワークショップを行い続けています。

その内容は土方巽の方法論を元にしていますが、私独自の方法で発展させてきたものです。私が伝えてきたのは形や動きの方法論よりも(もちろんそれも使いますが)、土方巽のワークショップを受けた時の、

「知らなかった自分との出会い」という衝撃的な身体経験です。

こうした様々な経験を基として、舞踏を文章化する機会が多くあり、その文章はこれまでに「江古田文学」、「テルプシコール通信」(二年間連載)、「ダンスワーク」などに掲載されました

また、公演だけでなく、立教大学、神戸大学、京都大学、慶応義塾大学などにも招かれて講義やワークショップを行ってきました。

今回出版する書籍は、過去に自分が記してきた文章や様々なレクチャーで与えてきた言葉を基にしたものです。

ベルリン近郊ブルーリン城にて「Ex…it!」インターナショナル舞踏フェスティバルで振り付けた作品参加者と
Photo by Peter Van Heesen

資金の使い道

正朔著作「舞踏馬鹿」(仮題)出版のための執筆費、編集費、印刷費に使用させて頂きます。

リターンについて

1. 支援金額:1,000円

リターン:正朔よりメールで御礼

正朔が心をこめて感謝のメールを差し上げます。

2. 支援金額:2,000円

リターン:ポストカード1種類

正朔の直筆サイン入り公演写真ポストカードをお送りします。

3. 支援金額:3,000円

リターン:ポストカード3種類

正朔の直筆サイン入り公演写真ポストカード3種類をお送りします。

4. 支援金額:5,000円

リターン:ポストカード3種類+舞踏短冊

正朔の直筆サイン入り公演写真ポストカード3種類に加えて、書籍に収められた舞踏の言葉を正朔がしたためた短冊をお送りします。

5. 支援金額:7,000円

リターン:正朔ソロ公演映像『夜咲く花』DVD

正朔のソロ舞台作品『夜咲く花』収録DVDを直筆サイン入りでお送りします。

6. 支援金額:10,000円

リターン:完成書籍(2022年2月発送予定)

正朔の直筆サイン入り完成書籍をお送りします。

7. 支援金額:15,000円

リターン:完成書籍(2022年2月発送予定)+正朔ソロ公演映像『夜咲く花』のDVD

正朔の直筆サイン入り完成書籍に加えて、正朔のソロ舞台作品『夜咲く花』DVDをお送りします。

8. 支援金額:20,000円

リターン:完成書籍(2022年2月発送予定)+Dance Medium 定期ワークショップ(木曜日)参加券1枚

正朔の直筆サイン入り完成書籍に加えて、正朔が毎週講師を務めるDance Mediumのワークショップ参加券を1枚お送りします。参加券の有効期限:2022年12月31日


9. 支援金額:50,000円

リターン:正朔直筆サイン入り書籍+正朔による個人レッスン2時間

正朔の直筆サイン入り完成書籍に加えて、正朔によるマンツーマンの舞踏レッスンを行います。初心者の方にも丁寧に教えます。是非ご体験ください。(*レッスンはこちらで用意する都内のスタジオで行います。)レッスンの有効期限:2022年12月31日

※出版社からの販売許可を得て、書籍をリターン品としております。

実施スケジュール

2021年9月1日 クラウドファンド開始
2021年10月31日 クラウドファンド終了 順次リターンを送付(書籍以外)
2021年12月中旬 書籍「舞踏馬鹿」(仮題)出版
2022年2月 寄付してくれた方々へ完成書籍を送付

最後に

舞踏は命を活性化する力をもっています。

現在コロナ禍で世界中の方々が鬱屈した状況に心身ともに追い詰められています。コロナでなくとも歴史を振り返り見れば、天災人災の繰り返しです。人の一生においても生老病死愛別離苦、平坦な生涯の方などありえないでしょう。

人は苦境に追い込められた時、現実に起きた事実よりもそのことによる心理的不安に苛まれ、自らその窓を塞ぎその魂を崩壊させかねません。

これが集団となると、その枝葉は絡まりあい加速度的にその強度、深さを増し、窓を開けようにも開けられず集団で奈落の底に落ちていく事になりかねません。

生命力を何者かに落とされるのでは無く、自ら落としかねないという事です。

そこで我々が気づくべき大切な事は、閉じてしまった心や知覚を開くこと。

そして広い時空間の中の今この一点に自分という存在が立っていること。

そして私達は一人生きているのではなく、多くのものによって生かされているという事。

舞踏を実践することにより、それらを感じさせてくれる力が湧いてくる筈です。

そうしたものを感じることによって命が活性化し、身体が必然性を持ってそれぞれに静かに歩みだすのです。

現在のコロナ禍の状況に限らず、舞踏は生きるということへの重要な問題提示なのです。

舞踏の創始者である土方巽の最後の稽古場での数々の言葉が含まれた「舞踏馬鹿」(仮題)書籍出版の為のご支援を是非ともよろしくお願いいたします。

Photo by Daniel Lagarto fernandez

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください