はじめに・ご挨拶

株式会社留河 留河 昇

小学生の頃から桐たんす屋である家業を手伝っていました。

昭和48年生まれ現在48歳ですが職人歴は38年です

25歳で後を継いで(4代目)から現在まで桐たんすを作る技術と経験を活かし色々な製品をつくってきました。

近年開発した製品は岸和田ブランドや大阪製ブランドにも認定されております。


岸和田ブランドはこちらをクリック

大阪製ブランドはこちらをクリック

桐たんすや米びつを作り小さくなった桐材をパウダー化し

桐の壁紙や桐糸へ製品開発し今回の桐糸バスタオルのプロジェクトを始めることが

できました。

大阪製ブランドの桐糸紹介ページ



プロダクトのご紹介
  1. 1.創業100年以上の桐たんす屋が構想から10年がかりで開発した桐糸!
  2. 2.愛媛県の創業100年以上の老舗タオルメーカーに協力していただき臭いにくい部屋干しバスタオルを開発
  3. 3.桐糸の吸水効果+消臭機能で洗濯するたび消臭効果がアップするので部屋干しが臭くなりにくい

こだわり・特徴

創業100年以上のメーカー【桐たんす職人+タオル職人】の製作

大正元年創業の株式会社留河(とめかわ)桐たんすが10年がかりで作った【桐糸】を

創業100年以上のタオルメーカーの株式会社藤高で織りあげた

洗濯するたび消臭力がアップするバスタオル!

しっかり吸水+部屋干ししても臭いにくいなのに手触り柔らかバスタオル登場!


プロダクト誕生までのお話

当社は大阪泉州地域で大正元年から桐たんすを作っているメーカーの

留河(とめかわ)です。

昔ながらの桐たんすと桐の素材の特徴と職人の技術を活かし現在の生活に合った

製品作りをしています。

桐の木を当社は丸太のまま仕入れ、製材した桐材を約1年天日干しを行い雨にあてて灰汁(あく)抜きと乾燥させた材料を桐たんすや米びつなどに使います。

桐は昔からたんすによく使われている材料で、中に入れる着物を虫に食べられにくくしたり、多孔質の桐は梅雨時期の湿気や冬の乾燥から守るという特徴があります。 

たんすや米びつなど製品を作る際にカットした桐材を焼却処分をしています。

しかし、焼却処分している桐材も短くなっているだけで桐たんすに使われる上質な桐材でした。それを何か使えないかと考え、桐をパウダー状にし、桐の壁紙や桐糸を使った製品を作ることができました。

桐糸からバスタオルへ 

そこでどれくらい綿のタオルと桐糸タオルの吸水スピードが

違うかテストしてみました

桐糸タオルと日本製タオルとの吸水テストで約4倍もの吸水スピードに違いが出ました

桐糸はメディアでも多く取り上げられています!

※一般的なタオルは綿で出来た日本製のタオルです。

10年がかりでようやく開発した桐糸を四国愛媛県の老舗タオルメーカー(株式会社藤高)に協力していただき出来た桐糸バスタオル。高級な綿は経糸(たていと)と肌に触れるパイル糸に使用しやわらかさはそのままで桐糸は縁の下の力持ち的に緯糸(よこいと)に使用し消臭と吸水力をささえます。

消臭検査

洗濯後の方が消臭効果が上がっています。


桐自体の吸水力は

自重の約1.5倍の吸水力があります。その桐をパウダー状にして糸の中に配合されている為、毛細管現象により吸収スピードが通常のタオルより早くなります。

桐糸バスタオルを作っていただく会社も色々探しました。

そもそも今治でタオル産業が盛んになったきっかけの一つ水の良さが有ります。

タオルの作成には糸から製品まで多くの水を必要とします。

今の様に上水道が整備されていない時代は河川の水を用いて晒や染色を行っておりました。

今治は高縄山系からの湧き水を古くから利用しておりこの水が軟水でタオルの加工に適しておりました。

現在はさすがに川の水は使いませんが同じ高縄山系のダムから水を引いております。



また今回使用した桐糸は番手も太く伸度が余り無いため通常に綿糸に比べると織りにくく縫製もしにくいのですが、弊社は糸から製品まで一貫して生産をしておりますので前後の工程とも連携を取りスムーズに加工を行うことが出来ております。

桐糸の太さや硬さなどで機械によっては織れないことや創業102年のこちらのタオルメーカー(株式会社藤高)のパイルがすごく柔らかく肌ざわりの良さを残したい

との思いから桐糸は緯糸(よこいと)のみに使用することにしました。

そうすることにより柔らかさと吸水+桐糸の消臭効果が発揮します! 

熟練の職人の手によるていねいな縫製が行われます 


今回のプロジェクトでわかったことがあります。

AI化や機械化がどれだけ進んでも物づくりの根底は人であると。

特に今回のような今までに無い素材を使った製品開発において職人の今までの経験や勘や思いが無いと作ることが出来なかったと思います。

桐和紙の開発、桐糸の製作、タオル作り、縫製に携わっていただいたすべての人に感謝します。

そしてすべての素材を余すことなく作る作り方こそが

サスティナブル(持続可能)な製品だと思い、目指しています


桐糸の概要

リターンのご紹介

洗濯するたび消臭効果がアップするのでバスタオルとして最適な製品です。

手触りが大変柔らかく吸水スピードも素早いので出産のお祝いなどにも最適です

ご自宅用にはバスタオルのみ桐箱無しや

当社オリジナル桐たんすメーカー製作の桐箱に入ったギフト用がございます









製品情報・仕様

カラー ホワイト、ネイビー、ベージュの3色

大きさ 長さ約130cm×約68cm

重さ 約440g


会社・チームの紹介

創業100年以上の会社同士のコラボ企画 

留河(とめかわ)と藤高(ふじたか)の桐糸バスタオルの開発


株式会社留河

勲六等瑞宝章受章、通産大臣賞、大阪府知事賞、地域創造ファンド認定、大阪製ブランド認定など。


株式会社藤高

今治でもっとも歴史の長いタオルメーカーです。

染色から製造までの一貫生産なので桐糸を使った新しい取り組みでも完成することができました。

後洗いの工程は今治で一番きれいな水で加工している自負があるというように

仕上がりがとてもきれいでやわらかく出来あがります。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

 ●販売事業者名: 株式会社留河
  ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の住所/所在地:〒596-0812 大阪府岸和田市大町1-8-27
  ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の電話番号:Tel: 072-445-0775
  ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし /
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください