◆はじめに・ご挨拶

初めまして、北海道砂川市から発信する地域ブランド
「安心やすらぎ共和国 OASIS REPUBLIC -SUNAGAWA BASE-(略してオアリパ)です。

地域の魅力を知ってもらうために、会社も組織も違うメンバーが手を取り合ってプロジェクトを進めています。

私たちの地域では当たり前と思っていた「自然・風景」や「四季の暮らし」や「食文化」などが、実は日本各地や世界の方々にもたくさん共感を頂いていることをメンバーと共に知ることができました。
そして、そのどれもが、私たちの安心感のある暮らし、安らぎのある暮らし、癒やしのある暮らしに結びついていることに気がつきました。
私たちの「実は良かったんだ」と思える「ご当地スタイル」を発信していきます。

そのプロジェクトが「オアリパ」です。

オアリパのロゴです。


◆このプロジェクトで実現したいこと

大雪山から注がれる母なる川「石狩川」と「空知川」、数多くの洪水のおかげで大雪山から土が運ばれ、肥沃な大地が生まれました。
実は米作りも盛んで、第1回ゆめぴりかコンテストで最高金賞を受賞したくらいです。

そんな肥沃な大地で作られるミニトマトにはもう一つの美味しさの秘密があります。石狩川・空知川(左)日本一長い直線道路の国道12号(中央)それは厄介者の「雪」です。
1年の半分以上が雪で覆われる砂川は北海道でも有数の豪雪地帯。
しかし、雪にはもの凄い効果があったんです。
雪はもともと水です。大量の水で覆われた畑にゆっくりゆっくりと水が染みこみます。染みこんだ雪は畑にとって不要なものを浄化してくれるのです。そして雪で覆われた大地にとって雪は大地に布団をかぶせたようなもの。雪解けまでの半年以上もゆっくり静かに大地を休ませてくれるのです。

そんな大地で育ったミニトマトは、美味しさも秀逸。

この地域のミニトマトは『サカタCS-008』という品種、ミニトマトの苗を100本作るのに140本植えなければならないほど栽培にリスクのあるミニトマトで、北海道砂川市が主な産地となっています。
甘みと酸味のバランスが良いことから、「品種を変えないで!」っと道外のファンからの要望が多く、「信じられないほど美味しい」と料理の鉄人も唸らせたそんなミニトマトを使って、スープを作りたいとプロジェクトがスタートしました。


◆プロジェクトを立ち上げた背景

もともとが肥沃な大地であることに加え、土づくりに徹底的にこだわり、冷涼で土が浄化されている砂川市民が誇る「ミニトマト」は、今では日本全国へ出荷されています。

その一方で、こだわって作られたミニトマトですが、食べるにはなんの遜色もないのにちょっと見た目が悪かったり、ヘタがないというだけで出荷することができません。今まではハネ品として直売所で安く売られるか、廃棄せざるを得ませんでした。1日に100㎏以上捨てられる日もあるくらいです。

こだわって栽培したのに、どこにも負けないくらい甘くて美味しいのに、もったいない。
見た目はほとんど変わりません。大量に捨てられるミニトマト…もったいない
そんなちょっと見た目の悪いミニトマトを、『ココロとカラダ』を癒やすミニトマトスープにして生産者さんにも消費者の皆さんにも喜んでもらおうとプロジェクトがスタート。
トマトの美味しさを引き出すように、食べて「ココロとカラダ」を癒やすように、添加物や化学調味料を使わずに作ります。
また保存方法を気にしないで、温かくしても美味しい、冷たくしても美味しいそんなトマトスープを2種類開発したいと思っています。

そして、ミニトマトスープをきっかけに、こんな素敵な地域である北海道砂川市が中心となって地域を盛り上げていこうという「オアリパ」プロジェクトを知っていただきたいと願っています。


◆これまでの活動

地域ブランド「オアリパ」プロジェクトの目的
『私たちが愛する砂川と地域、より良い形で次世代にバトンタッチすること』

・STEP1 「どこそれ?」を、「知ってる!」という街になりたい。
・STEP2 「行ってみたい!」という街になりたい。
・STEP3 「仕事したい!」「暮らしてみたい!」「自慢したい!」という街になりたい。

そのためには

・ACT1 「まずは  ”食”! おいしいものを知ってもらう。」

オアリパ第4弾連携商品「カカオピンネシリ -レモン-」

・ACT2 街のイベントに来てもらい、素敵なコトや素敵なヒトに触れてもらう。

定期的に行っています「オアリパミニマルシェ」

・ACT3 ご当地スタイルの暮らしやすさや、安心感を感じてもらう街になる!

私たちは「ここに暮らしてて良かったと思ってもらえるまちに」なるために、

3つのSTEP と 3つのACT で「オアリパ」プロジェクトを進めています。


◆資金の使い道・実施スケジュール

皆様からご支援頂いた資金は、関わる全ての人々が豊かになるように、ハネ品のミニトマトを使い2種類のスープを開発します。

スケジュールは、以下を予定しています。

8月24日〜10月22日:クラウドファンディング実施
10月下旬~11月下旬:支援者へのリターン準備
11月下旬:支援者へのリターン順次配送


◆リターンについて

支援いただく金額に応じて以下のリターンをさせていただきます。

・心を込めたお礼のメッセージ

・「心まで澄むような、ミニトマト本来のピュアテイスト」
ミニトマトのおいしいところを抽出した透明なスープ

・「いろいろ野菜をコラボした、コクと旨みの冷製スープ」
ミニトマトたっぷりの酸味のあるガスパチョ
(ガスパチョとはスペイン料理の冷製スープです)

・奥山農園25種類ミニトマトもぎ取り体験1回券
(高校生以上1人1回分または中学生以下2人1回分、令和4年7月中旬~9月実施、所要時間40分、
 もぎ取ったミニトマトの持ち帰り可能、日時は終了後メールにてご連絡いたします。)

・心を込めた感謝状


◆最後に

非日常ではなく日常の延長にあるトキメキ。
「日常をちょっとステキに」
「上質な1日の始まりのスープ」
「こころ温まる1日の終わりのスープ」
私たちが愛する北海道砂川が誇るミニトマトを優しいスープにしつらえてお届けします。

最後までお読みいただいてありがとうございました。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:スポーツバーくぼっち
 ●事業者の住所/所在地:〒073-0141 砂川市西1条南1丁目1-11
 ●事業者の電話番号:Tel: 080-1864-3318
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください