こんにちは。


プラナシスタ店主の新谷 暢敏と申します。このページをご覧いただきありがとうございます。


地球に良いことって、何から始めて良いかわからない。

なんだか真面目くさった感じがして、周りの人を誘いにくい。

本当はもっと関りたいんだけど…

窮屈な感じがしませんか?


そんな気持ちを吹き飛ばし、地球に良いことをオモシロクするために…

札幌に「量り売り」でつながる、ゼロウェイストなコミュニティストアをつくるべく、クラウドファンディングに挑戦します!


❶ カナダの原野で学んだ「細胞レベルでオモシロイECO」

❷ ないならつくろう!プラナシスタ誕生

❸ つながりでしか解決できない課題がある!

❹ 量り売りでつながるゼロウェイストコミュニティストアをつくろう!

❺ 応援メッセージ

❻ 資金の使い道

❼ リターンについて

❽ 最後に

❾ プラナシスタについて




僕が地球に良いことを始めようと考え始めたきっかけは10年以上前に遡ります。


2008年。

大学4年だった僕は、カナダで行われるNOLSとの提携留学プログラムに参加しました。


海外の文化に触れるとか、語学を学ぶとか

そんな一般的なプログラムとはかけ離れた内容で…

原野でテントを張りながら、自分の足で目的地まで歩き切るというサバイバル感満載のプログラムでした。


この時の経験が、まさか10年後の人生を変えるとは思ってもいませんでした。。

とても面白いプログラムだったので、少し中身を話します。




提携先のNOLSとは、National Outdoor Leadership Schoolという名前の学校で

世界各地で原野でリーダーシップと地球環境について学ぶプログラムを提供しています。


僕が最初に参加したのは、カナダのYukon原野でのハイキングプログラム。

20㎏以上のリュックを背負い、草をかき分け…

テントで寝泊まりしながらゴールを目指すという内容でした。


※カナダでの体験があまりに鮮烈で、2009年には単身メキシコでのプログラムにも参加しました。

左からエレク(野鳥写真家志望)、新谷、マーティン(映画監督志望)

食事はもちろん自炊です。



NOLSには絶対のルールがありました。

それが LNT

LNT=Leave No Trace

つまり、「人間がいた形跡を遺さない」という自然と関わるルールなのです。


LNTに従っていると、当然ゼロウェイスト(※)になります。

(※「ゼロウェイスト」とは無駄・ゴミ・浪費をゼロにする考え方や暮らし方の総称)



例えば食事。

7泊8日のプログラム出発前には、期間中に必要な食料をパッキングします。

量り売りと同じ考えで、必要なものを必要な分だけ袋に詰めるのです。

多すぎると重たくて大変だし、少なすぎると飢えてしまいます。

必要量ピッタリを厳密にパッキングしました。

※大学時代の広報誌より抜粋


原野に出てからは、残りの工程と食料を計算しながら過ごします。

途中にコンビニやロッジなんてあるわけがないので、買い足すことはできない。

お腹が空いても食べ過ぎは厳禁!

たまには野生のブルーベリーで小腹を満たしたこともありました。。


水はと言うと…池を見つけては水を汲んで消毒薬で消毒して飲みます。

ペットボトルなんて絶対に登場しません。


用を足したい時(大の時)は、事前に15㎝以上深い穴を掘り、そこにします。

お尻は「自然にある何か」で拭きました。

草、小枝、小石…最初は抵抗感がありましたが、やがてみんなそれぞれ探求するようになり…

自分なりの推しにたどり着いていました。

(僕は小枝派でした。)


余談ですが、カナダの原野には人間よりも熊の方が多い。

一人で用を足しに行って、グリズリーと遭遇したらアウトです!

※遭遇はしませんでしたが…

 縄張りに迷い込んでしまい、命からがら脱出したことはありました。。


なので、必ず同志を募って大をしに出かけたものです。


I'm gonna Poo!!(う○ち行く人~!)と呼びかけ、ゾロゾロ出かける。

恥ずかしくもオモシロイ体験でした。


プログラムがスタートした当初は窮屈に感じたLNT。

けれど、実践するほどにとても自由だと感じるようになりました。


だってゴミが出なくて気持ちいいから。

原野にいる時に出るゴミって、Poo(う○ち)かPee(おし○こ)だけ。

これらは自然に還ります。

それ以外にゴミはゼロ!

野生動物ほどにしか地球に負荷をかけない生き方が出来ていることになります。


「地球の循環の仲間に入れてもらえている」という充足感を感じ、

不思議と自信が湧いたものです。


自分が地球の一部だという自覚が芽生えると、風景も違って見えました。

原野で見る夕日の鮮やかさ

白夜の何とも言えない明るさ

メキシコで見た数えきれない流れ星…

今でも忘れられません。


NOLSでの経験は、ECOなことを仕事でするうえでの原点になっています。


ECOは自由でオモシロイ!!

だから関わらないともったいない!!

僕は心からそう思っています。




NOLSでの体験の後…

僕はHONDAで社会人生活をスタートしました。

車やバイクで有名な、あのHONDAです。

ECOカンパニーとして有名なので、環境との繋がりをつくるような仕事ができるかなと考えたのです。


実際、

・バイヤー(購買)としてNシリーズの部品の管理

・車体軽量化(燃費アップ)のための部品検討

・部品輸送時のエネルギーを減らすために地元サプライヤーを探す

…等々、仕事を通して、地球環境について考える機会は多かったです。


HONDAで丸5年働いた後は、自然食品・無添加食品専門の商社

ムソー株式会社に転職。

昔ながらの製法にこだわる醤油蔵やかつお節工場を見学したり、

エシカルな製品のプロモーションに携わる等、

「地球に良い仕事」をさせてもらってはいました。



ただ…やるなら徹底的にやりたい!!

NOLSとまではいかなくても、日常でオモシロイECO体験をする場をつくれないか?

そんな想いは常にありました。


キャンプや登山みたいな「イベント」ではなく、

オフグリッド生活みたいな「極端」で、ハードルが高いものでもなく、

お話し会のような「真面目」なスタイルでもなく、


この気持ちを持ちながら、実現の機会をうかがっていました。


NOLSの体験から10年の2019年12月。

北海道初のノンプラスチック専門エコストア・Planasista(プラナシスタ)をスタート。


ガレージを改装したたった4坪のスペースから最初の一歩を踏み出しました。


コンセプトは「ECOを便利で快適に(ついでに家計もお得に!)」

使い捨てプラスチックを減らせるアイディアグッズを並べました。



環境負荷が低い「竹」の繊維を使ったおしゃれタンブラー

(持ち運びに便利でペットボトルを買わなくて良くなる)


3,000回繰り返し使えるジップバッグ

(ポリ袋やジップ○ックを使い捨てなくて良くなる)


水だけで油汚れや菌や毛穴の汚れが落とせるクロス

(洗剤やボディソープを使わなくて良くなる)


サラッと乾いて蒸れないし匂わないサニタリーショーツ

(使い捨てナプキンがいらなくなる)



洗剤、ポリ袋、生理用品…といった様々な「使い捨て」を減らせるアイディアを発信!

ハードル低くECOな暮らしを実現する場として、多くの方々に喜んでもらえています。


地元の方々とのつながりにも支えられ、開店から1年半の間に数百人の方に足を運んでもらっています。

〈地域のイベント:神社マルシェ〉


〈ラジオ出演:FMノースウェーブ「Move on up」〉


たった4坪のお店でも、

最初の一歩としては良い感じ!!


喜んだのも束の間。

次に解決すべきハードルが見えてきました。

プラナシスタ一軒で頑張っていたのではどうしても解決できない課題にぶつかってしまったのです。。



どうしても解決できない課題とは…

「食べ物のプラスチック包装」です。


プラナシスタに来られるお客さんは口をそろえて言います。


「脱プラに挑戦しようと思ったけど、量り売りで買える店が全然なくて…」

「スーパーで売ってるものってプラ包装ばかりだって気づかされた…」


ごもっともで、食べ物の8割はプラスチックで包装されています。



試しに冷蔵庫の中を思い浮かべてください。

納豆、豆腐、ケチャップ、マヨネーズ、卵のパック、肉、魚、野菜

どれもプラ包装ですよね。


もしも「今夜はお好み焼きをつくろう!」と思ったら…


お好み焼き粉

豚肉

干しエビ

青のり

鰹節

おたふくソース

マヨネーズ


100%プラスチック包装なんです。


食べ物は毎日買う物。

自給自足でもしていない限り、どこかで買わなくてはいけません。

そのため、スーパーマーケット等に行くけれど…

多くの商品はプラスチックで包装されている。。


減らそうと思っても、なかなか難しいのです。


洗剤を無くすとか、ナプキンを減らすことよりも

とってもハードルが高いのです。


この課題を、気持ち良く、そしてオモシロク解決するには?

プラナシスタのあり方を含め、真剣に考えました。


プラナシスタがある札幌市は200万人が暮らす大都市です。

それなのに、毎日営業していて、バラエティー豊かに量り売りできるお店はありません。

毎日のように使う食材を、量り売りで必要な分だけ買える場があるべき!と考えました。


それに、ECOなことをオモシロク続けるには、"つながり"が不可欠なんです。


知っているか知らないか。

この差ってとても大きい。



と、一度知ってしまえば、あっさり解決できることがほとんど。

「知らない」のハードルを越えるだけで、自分も地球もハッピーな選択や行動が簡単にできてしまうんです。


ただ、「知らない」のハードルを越えるには"つながり"が不可欠なんです。


インターネットでも情報は探せます。

けれど、断片的だったり、商業的だったり、極端だったり…

自分ごととして取り入れづらい!!


一見、良さそうな取り組みも、

「意識の高い人がやることで、私向きじゃない...」

「やってみたいけど、自分には出来なさそう....」

と思ってしまっては、行動に繋がりません。


けれど、

身近な実践者と"つながる"ことさえできれば、簡単に解決できるはず!


情報を学べる場&エシカルな仲間たちが、それぞれのライフハックを教え合える場があれば、

ECOなことをもっと身近にオモシロクできるのでは?


さらには、地球環境のことだけでなく、

「地域づくり」

「子育て支援」

「伝統を守る」

「働ける場づくり」

といった、エシカルなことに気軽に触れられる場があれば、

もっと札幌のECO&エシカルが盛り上がるのでは!?



そんな発想から、プラナシスタを進化させることを決意しました。





新しいプラナシスタ。


アイディアグッズを売って終わりのお店ではなく、

量り売りができ、人と人がつながれ、ECO&エシカルなムーブメントが生まれる…

そんなコミュニティストアを目指して始動しています。


場所は既に決定。

2フロアにまたがるテナントを契約しました。


所在地はこちら。

札幌市中央区南1条西14丁目1-219


※360°カメラで撮影。

 旧プラナシスタより3倍広いです!


電車通りに面し、

☆札幌市電 西15丁目電停から徒歩2分

☆地下鉄東西線 西11丁目駅から徒歩4~5分

大通公園からも歩ける位置です。


ECOなアイディアグッズだけでなく、

食品の量り売り、自然食品、ノンプラコスメの取り扱いもスタート。


プレオープンは8月8日!!

まずは量り売りと一部商品の販売をスタートします。


この時点では、よくある量り売りのお店と同じ。

ECO、エシカルをオモシロクするために、様々な仕掛けを取り入れていき、

"コミュニティストア"としてグランドオープンを迎えたいのです!!





テナントには、現状、厨房がありません。

厨房をつくって、飲食業の営業許可を取ります。


・無添加おかず、酵素玄米のテイクアウト

・腸活・温活ドリンクの販売

・フードロス削減のサポート

・エシカルに育てられた食材を使ったフード販売


等々を計画中!


気が早い我々…

エシカルな卵を使ったプリン等、メニュー開発もスタートさせています。

※ハコニワファームさんのエシカル卵を使っています!

 卵自体が茜色なので、プリンもこの色になります。



ギフトエコノミーとは、お金での売買ではなくモノやコトを贈り合う経済の回し方。

令和の日本ではイメージしにくいかもしれませんが…


醤油が切れたからお隣さんからちょっと借りるとか

町内会長さんの家に電話を借りに行くとか

昔はギフトエコノミーで社会が回っていました。


輪ゴム、クレヨン、電池、子ども服…といった、

捨てるのは勿体ないもの、ほんの少しで済むので買う必要がないもの等を

利用者同士が無料で交換し合える"ギフトエコノミースペース"を作りたい!

そして、札幌の"ギフエコ"の拠点に育てていきたいのです。


学びをシェアするには?

ためになった本を教え合えたら良いですよね。


そこで、プラナシスタ内にまちライブラリーを開設します!

まちライブラリーとは、利用者が本を寄贈することで成り立つ「市民でつくる図書館」

環境や衣食住、子育て関連の本を中心に、蔵書数1000冊を目指します。



顔が見える野菜を買うのも良いけど、

生産者から直接購入できるのがベストですよね。

安心でコストも下がるし、裸で買えればプラスチック包装を無くせます。


ほぼ日マルシェは、店舗の軒先を農家さんに開放し、野菜や果物を裸で買えるようにする仕掛け!

みんながハッピーな買い物スタイルになるはずです。



日本全国には、地球環境や地域社会に良いものづくりをしている人がたくさんいます。

北海道ではなかなか知る機会が少ない製品を期間限定でご紹介する企画・ソーシャルグッズ。

専用の棚を作り、商品についてはもちろん、

「生産者の想い・開発までの背景」にフォーカスを当てた紹介を行います。

 

※旧プラナシスタ時代の企画より。

 長野県の無農薬ケールを使ったケールチップスです。


エシカルな買い物体験を楽しんでもらいたいです。


新谷(あらさん)と広報担当(すみさん)の2人で始めた、日常の疑問をエシカルに深堀する音声コンテンツ。

【あらさんすみさんのETHICAL STUDIO】

(※「Podcast」「Sportify」で配信中)


まだまだ育成中のコンテンツではありますが、

エシカルに関心のあるコアな人たちに楽しんでもらっています。

今後はもっと「身近な人」に焦点を当てて発信していきたいです。


誰に聞けば良いかわからない暮らしのお困りごと。

気軽に相談できるカウンターを設けます。


衣・食・住はもちろん

家計の節約とか、健康のお悩みとか、子育ての困りごととか…

経験者やその道のプロとつながっている人に相談できたら助かりますよね。


そこで、日替わりでちょっと詳しい人に相談できる場をつくります。

もちろんECOに関わるご相談も大歓迎!

毎日の暮らしが、快適に変わるはずです。

 

新店舗は1階に加え、2階のスペースも使えます。

※360°カメラで撮影


イートインできるのはもちろん、

エシカル・子育て・健康づくりといったテーマのイベント用に開放します。

また、間借りサロンも併設予定です。


お茶をする時やイベントに参加する時…

子連れでも気兼ねなく過ごせるようキッズスペースも併設予定!


せっかくなので、プラスチック玩具ではなく

シュタイナー教育の考えを取り入れた木の遊び場を目指します。



お店を出すほどではないけど、売り場を持ちたい!想いや考えを発信したい!

そんな方のスタートアップの場にピッタリな売り場スペース【1マス商会】を立ち上げます!


売り場やPRの場として使ってもらえるスペースです。


大体30cm×60cmほどの大きさで考えていますが、どんな形で作るのか熟考しながらDIYする予定。

完成をお楽しみに。


 

ECO、エシカル、SDGsといった取り組みをしているお店や会社を3Dでつなぐコンテンツを、

VRの専門家と一緒に企画中です。

自宅にいながら、取り組みを知って応援ができる仕組みです。


来店は難しくても、知ることから始められる。

リアルとバーチャルをうまく組み合わせていきます!



※空間について※

プラナシスタのお客さんの中には、洗剤や柔軟剤の香り(香害)が苦手な方、化学物質過敏症、電磁波過敏の方もおられます。

誰もが安心して足を運べるよう、空気をキレイに保つための健康リフォーム工事も必ず実施します。 



・・・


盛り沢山ですみません...


しかし!!

ECOを身近にするには、楽しく続けるには、世の中の当たり前にするには…

アイディアを、人と人のつながりを、総動員していかなくてはいけません。


そんなプラナシスタを作り上げていきたいのです。



☆平田 瑞穂 さん(The360合同会社)

私には、二人の大切な息子がいます。

正直この子たちに出会う前は、そこまで地球の未来のことを考えたことはありませんでした。

でも、この二人の宝物にであってからは、このままワガママな生活を続けたら、彼らの生きている間に地球はなくなってしまうかもしれない!そんな風に思うようになり、私なりにECOってなんだろうとか、地球にやさしい生活ってなんだろうって考えるようになりました。

“エシカル”ってキーワードは新谷さんに会うまで知らなかったくらいですが・・・新谷さんの話を聞いた時に「この取り組みは本当に素敵だなと・・・」そう思いました。

私にもできる小さな地球の未来のための活動を実現できるそんなゼロウェイストコミュニティストア。

心からたくさんの人々の元に届け!!!応援しています!!! 


☆高橋 颯 さん(EWAM代表 )

大学の専攻は環境工学で、経済発展と健康被害の関係について学んでいた僕。

「よりよい地球にするために、ECOな暮らしを始めよう!!」 

そう思い立って、自分たちの食べ物のことを見直したとします。

そうすると、今度はお洗濯、衣服、住む場所のことなどなど…もっとたくさんの身の回りのことをECOにするにはどう取り組んだらいいんだろう?? と気になってくるはずです。 

そんな時、さまざまな分野のECOな取り組みを気軽に知って、楽しめる仕組みがあるといいな。と思い、新谷さんと一緒に企画を考えることになりました。

今、平田 瑞穂さんも交えて進めているのが、「エシカル3D」という、日頃からECOな取組みを発信しているお店や会社と、ECOな暮らしをしたい人が「3Dコンテンツを通してつながって」、3D空間を通してエシカルな空間・モノ・サステナブルを実現するための取組みや知識を発信、共有することができるコンテンツです。

今後プラナシスタさんと私たちとで仕掛けていきたいと思っています。

どうぞお楽しみに! 新谷さん、素敵なクラファン立ち上げありがとうございます!応援しています!! 





頂いたご支援は、以下の用途に使わせて頂きます。

厨房設置工事+什器費:70万円

ラウンジ工事費   :20万円

※キッズスペース、健康リフォーム材料費含む

手数料       :約13.2万円 (12%+税)





プロジェクトは以下のスケジュールで進めて参ります。


8月8日 プレオープン!!

   ※量り売り&物販コーナーのみ始動

8月31日 プロジェクト終了

~9月1日  厨房&イベントスペース設営

9月3日    グランドオープン

9月中旬   リターン発送

10月10日 イベント開催(予定)


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。




10種類以上のリターンをご用意しています。

詳細はリターン各々の説明をご覧ください。




札幌で生まれ育った僕。

普段は意識していないけど、札幌って200万人が暮らす大都市なんです。

この町にはムーブメントを起こしていけるパワーがあると信じています。


プラナシスタを、ECOな取り組みの拠点に!

エシカルな活動を応援する場に!

人と人がつながれる場に!


グランドオープンはあくまでスタートライン。

関わりがいのあるコミュニティに一緒に育てていきたいです!!

応援よろしくお願いします!!




1987年1月 札幌市生まれ

札幌旭丘高校卒業後、上京。

都内の大学に在学中にNOLSとの提携プログラムに参加。

その後、単身メキシコに渡りNOLSの本プログラム(Baja California Corce)を修了。


本田技研工業株式会社、ムソー株式会社、フリーランスを経て2017年に地元・札幌にUターン。

家業である建設会社・株式会社アラヤ工業を手伝う中で、健康に過ごせる住環境づくりに着目し"家病対策"専門のリフォーム店・ポノリフォームを立ち上げる。

2019年12月からプラナシスタをOPENし、環境配慮型事業を推進中。

2児の父。


著書『考えないプラスチックDietで人生が軽くなる~ノンプラスタイルのはじめ方』



1996年3月 北海道旭川市生まれ

札幌ブライダル専門学校を卒業後すぐに、フィジー・オーストラリア・韓国と3カ国でそれぞれ3ヶ月以上の居住を経験。

帰国後、株式会社アラヤ工業のポノリフォーム事業部に入社。

新谷と共にプラナシスタを立ち上げ、広報を担当する。

現在はフリーランスへと転身し、プラナシスタのクリエイティブマネージャーを務めながら、

「自分よし・地域よし・地球よし」をテーマにイベント企画・サスティナブル事業サポートなど幅広く活動中。

近い未来、“エコ”という言葉が使われなくなるくらい、エシカルな暮らしが当たり前な社会を目指している。


・・・


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名: 株式会社アラヤ工業 新谷 暢敏
 ● 事業者の住所/所在地:〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西15丁目1-25
 ● 事業者の電話番号:011-518-7001
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


※フードドライヤーについて

■PSEマーク取得済■

当商品は日本における電気用品安全法の基準をクリアしております。

  • 2021/08/12 16:36

    たくさんの応援をありがとうございます!!プラナシスタは、8月8日(日)に無事プレオープンを迎えることができました。店づくりも廃棄を最小限に…ということで、閉店されるお店から頂いた木材をフル活用。レジカウンターのオブジェは、流木や割れてしまった陶器をアップサイクルしています。まだまだ「プレオープ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください