今あなたがお住まいの家、何年前に購入しましたか?
5年なら要注意、10年以上経っているなら、なんと93%何らかの“被害”を受けています。

当社のHPです。

はじめまして。(株)ベストライフ代表の瀧北富明と申します。当社は埼玉県にて、屋根や外壁塗装工事などを行っているリフォーム会社で、今年で創業16年目を迎えました。

今回、電子書籍を出版したいと考え、本クラウドファンディングに挑戦しました!

突然ですが、「被災調査」をご存知でしょうか?
ほとんどの方は、「聞いたことがない」言葉だと思います。
「被災調査」とは、簡単に言えば、建物の「健康診断」。私たち人間も、年に1回は健康診断を受けて健康状態をチェックしますよね。建物も同じように、5年に1回は状態をしっかりと把握し、隠れている不具合などがないかを確認する「検査」が必要なんです。

近年、台風や積雪だけでなく、短時間で大雨が降ったり、突風が吹いたり、自然災害のリスクは高まる一方です。台風は平均で年間3回、近くへの落雷は5年で2回、大雪も5年で1回は経験すると言われています。

こうした自然災害で、あなたの家、特に屋根などは、知らず知らずの間に被害を受けている可能性があります。そして、「被災調査」で何らかの被害を受けていることが判明すると、加入している火災保険から、「給付金」が支給されるんです!

家を購入される時、ほぼ全員が「火災保険」に加入します。住宅ローンの条件として、火災保険への加入が義務付けられているからです。

そして、これもほとんどの方がご存知ないのですが、住宅火災保険は火事だけでなく、台風、雪害、落雷被害にも対応しているんです。ですから、調査で被災していることが判明し、申請すれば、火災保険から「給付金」が支給されます。

調査すると、知らない間に屋根が壊れていた!なんていうことが見つかる場合も。

この給付金は、「お見舞金」にあたりますので、必ずしも被災部分の復旧工事に充てる必要はありません。軽度の被災であれば、次の外装リフォーム(外壁の塗り直し)の際に合わせて修理すれば十分です。
つまり、給付金はあなたの「臨時収入」になるんです!

火災保険は、ご自身が長年支払ってきたものですから、被災調査で支給される給付金は、決して「不当」なものではありません。
にもかかわらず、なぜあまり利用されていないかというと、「家のプロ」でないと判断が難しいからです。

火災保険の給付対象になるのは「自然災害」のみ。経年劣化での不具体などでは、保険金は給付されません。
「経年変化と自然災害、どっちで被災したかなんてわかるの?」と思われるかもしれませんが、当社はリフォームのプロ。調査すれば必ず見分けがつきます。

屋根の上はドローンで撮影します!直接人が登らないため、手を加えることはありません。

もちろん、調査・分析は時間をかけて、しっかりと実施します。お宅に伺い、300枚以上の写真撮影をして、写真から状態の分析、紐付け、被災判断を行います。
こうした綿密な調査・分析で、「自然災害での被災」になった場合、当社が火災保険の申請まで、責任を持って行います。これまで約880件を申請してきましたが、ほぼ100%、給付金が支給されてきた実績があります。


被災調査の様子を動画にしています。

費用は、調査するだけなら代金は発生せず、「無料」です。
成功報酬型の費用体系ですので、被災が判明し保険申請して、給付金が降りた場合のみ、給付金の半額をお支払いいただきます。

本調査は、これまで紹介のみで行ってきましたので、紹介者の方には当社から20%をお礼としてお支払いしています。つまり、当社は支給金全体の3割ほどをいただく、という仕組みです。

十数年前、とある会社から大規模な屋根の現地調査を依頼されたことがありました。屋根に登って写真撮影して記録する、といった内容でしたが、実際に仕事を受けて調査を始めると、こんな指示がありました。「屋根のスレートを叩いて割り、その写真を撮ってこい」

驚くべきことですが、「わざと屋根を『被災』させた状態にして写真を撮る」、という仕事だったのです。すぐに断り、その後はこうした仕事は一切受けないようにしました。
この一見で、当社は「被災調査」の存在を知ることになったのです。

ここまで壊れていても、調査しないと気がつない場合もあります。

その後、保険会社の役員の友人に聞いたところ、そうしたブローカーの存在は保険業界では有名であり、手を焼いている、とのことでした。ただ、その友人は、こうも言っていたのです。
「正当な被災で申請する分には問題ない」

気になって保険会社の約款をよく読んでみたところ、確かに台風、雪害なども保険の給付対象である、としっかり明記されていました。

当社がリフォームした事例です。先ほども触れましたが、当社は屋根のプロフェッショナルですから、自然災害と経年劣化の違いはよくわかります。「正当な被災」を見抜いて、申請することが可能だと思い至ったのです。
この一件をきっかけに、当社は「被災調査」を本格的に始めることにしました。

火災保険は、加入している限り毎年保険金を支払います。「もしも」の時のためにお金を払っているので、被災して給付金をもらうのは当然の権利。ただ、「知らない」から活用されていないだけなのです。これはとても「もったいない」ことではないでしょうか。

火災保険は、家の購入時に加入しているため、きちんと保証内容を読んでいない方がほとんどです。

被災調査は、申請・給付となれば大きなお金が動きます。これまでは信頼できる人に限定するため、「紹介制」で被災調査を行ってきました。
しかし、「被災調査」は、誰も損をしない、みんなにメリットがある仕組み。より多くの人にその存在を知ってもらい、役立てていただきたいと考え、電子書籍を出版することにしました。

戸建て住宅を購入してお住まいの方は、是非知っていただき、活用いただきたい情報です!!

ご協力いただいた資金は、すべて電子書籍の制作に充てさせていただきます。

スケジュールは、以下を予定しています。
・9月〜  クラウドファンディング開始
      電子書籍制作開始(自費出版)
・10月末  クラウドファンディング終了
・11月末〜 リターンのお届け

以下のような、魅力的なリターンを用意しています。・電子書籍・企業/個人スポンサー・ドローンで上空から写真を撮ります

詳しくは、リターン一覧をご覧ください。

住宅購入時に加入する火災保険。「家」のことに気を取られて、保険の内容を確認していない方がたくさんいます。でも、毎年少なくない金額を支払っているのですから、一度よく契約内容を読んでみてください。そして、築10年以上経過している場合は、是非電子書籍を読んで、「被災調査」をご検討してみてください。

給付金が支給されればもちろん、生活の足しになるでしょう。そして、一度しっかり調査・把握することは、家を良い状態で長く維持することにもつながります。

ご支援、どうぞよろしくお願いいたします。


■ 特定商取引法に関する記載  
●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。  
● 事業者の電話番号:Tel:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。  
●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)  
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし  
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください