はじめまして
Tsuda Festival 62 です
  • 東京都 / 
初めてのプロジェクト

第62回津田塾祭実行委員会です。
10月に開催される津田塾祭に向けて、1年間を通して活動しております。
どうぞご支援のほど、よろしくお願いいたします。

ー目標100%達成!ネクストゴール15万円挑戦中!ー

第62回津田塾祭クラウドファンディングへのご支援、誠にありがとうございます。

多くの方々のご支援により、目標100%を達成することができました。心より感謝申し上げます。

さて、私たち第62回津田塾祭実行委員会は、今年度、また来年度以降の津田塾祭をさらに魅力的なものとするため、ネクストゴールとして15万円に挑戦します!

応援よろしくお願いします!




はじめに・ご挨拶

 こんにちは。第62回津田塾祭実行委員会です。私たちのプロジェクトに興味を持っていただき、誠にありがとうございます。

 私たちは、毎年10月に行われる津田塾祭に向け、1年間を通して準備を行い、当日の運営や片付けまで行なっています。今年度は、津田塾生66名で活動しております。1年生〜4年生までが所属しており、主に、1、2年生が中心となりながら、日々活動に励んでおります。委員長、副委員長、会計の三役と、企画部門、渉外部門、広報部門、備品部門、衛生部門、装飾部門それぞれのチーフが中心となり、委員は各部門に分かれて活動しております。

 今年度の津田塾祭のテーマは『Tsuda in Full Bloom!』です。「青春真っ盛りの津田塾生たちが、その才能を盛大に開花させる華々しい学祭に!」という意味が込められています。今年度もオンラインでの開催となりましたが、コロナ禍という厳しい状況の中でも常に動き続ける津田塾生の姿を、津田塾祭を通して多くの方々に見ていただき、何か感じていただければと思っております。


第62回津田塾祭メインポスター



このプロジェクトで実現したいこと

 昨年に引き続き、2回目のオンライン開催となる今年の津田塾祭。「今」だからこそ、進化と変革が必要だと私たちは考えております。徹底的な感染症対策と両立させながら、有名人によるトークショーなどのオンライン企画をさらに充実させ、津田塾生たちが才能を発揮し最大限に輝ける学園祭、学生だけでなくより多くの方々に津田塾大学から笑顔を届けられる学園祭にすることを目指しております。

 さらに、今回クラウドファンディングという初めての試みで吹き込んだ新たな風を来年度以降に繋げ、65回、70回と続いていく津田塾祭がどのような形での開催となっても、皆様の期待に応えられる、さらに進化する学園祭であり続けられるよう、このプロジェクトを成功させたいと考えております。


第61回津田塾祭(2020年度)の様子



プロジェクト実施の理由

 新型コロナウイルスの影響が続く中、今年度の津田塾祭もオンラインでの開催が決まりました。津田塾大学小平キャンパスでの対面開催時のような、参加団体の皆さまによる模擬店の出店、目の前に観客の方がいる中でのステージ披露、津田塾生・地域の方々・受験生など多くの方々で賑わう津田塾祭の実施は、残念ながら今年もできません。しかし、対面開催時に引けを取らないオンライン津田塾祭にしたい!オンラインでも盛り上がる津田塾祭にしたい!その一心で、オンラインでできる企画の増強、対面で行っていた企画のオンラインへの切り替え、多くの方々に楽しんでいただけるよう景品の充実化など、委員一同の知恵を結集しながら、日々取り組んでおります。また、今年度のことだけにとどまらず、来年度以降の津田塾祭をよりパワーアップさせていきたいという思いを胸に、津田塾祭の未来を見据えながら活動しております。

 このような熱い思いを抱えながら一人ひとりの委員が活動しておりますが、実際、対面開催時より企業さまからのご協賛が少なくなっているのが現実です。しかし、私たちはこの逆境を挑戦に変えていきたいと考えております。「対面開催時に引けを取らないような津田塾祭にしたい」、「コロナ禍の困難な中でも挑戦し続けたい」、「オンライン開催だからこそ、より多くの人とともに津田塾祭を創り上げたい」、そして「来年度以降の津田塾祭をもっと魅力的なものにしたい」という強い思いとともに、新たな挑戦として、クラウドファンディングを実施することを決めました。

 数ヶ月先が見通せない状況の中、これからも津田塾祭を、より魅力的で、より多くの津田塾生が輝ける、そしてより多くの方に楽しんでいただけるものにしたいと考えております。私たちの挑戦には、皆さまのご支援が必要不可欠です。ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。


第61回津田塾祭(2020年度) 配信リハーサルの様子

第61回津田塾祭(2020年度) 配信リハーサルの様子


これまでの活動

 津田塾祭は、今年で62回目を迎えます。常に挑戦する気持ちを忘れず、新たな企画を生み出し、津田塾祭は変化し続けてきました。昨年、新型コロナウイルス感染拡大のなか、津田塾祭は初めての試みとなるオンライン開催に踏み切りました。津田塾祭実行委員会は、参加団体の皆さまや大学の職員さん、多くの企業さまなどのお力をお借りしながら、オンラインという新しい形の津田塾祭に挑戦し、成功を収めました。逆境に立ち向かい、津田塾祭実行委員会はじめ、多くの方々のご協力により開催された昨年の津田塾祭は、学長が新聞に寄稿されるなど、大きな反響を呼びました。


第61回津田塾祭(2020年度) 閉祭式配信の様子



今年の津田塾祭について

 今年の津田塾祭は、全ての企画をオンラインで実施することが決定いたしました。オンラインと聞くと、やはり、できることが限られてしまうのではないか、あまり楽しくないのではないかという声が聞こえてきそうですが、今年の津田塾祭はそんな言葉だけでは片付けさせません!私たち実行委員は、参加団体の皆さまや大学、地域の方々や協賛企業さまなど、多くの方々のお力をお借りしながら、コロナ禍で塞ぎがちな気持ちを晴れやかにできるような、希望となるような企画を沢山用意しております!

 具体的には、有名人を招いたトークショーや、本大学の教授によるトーク企画、アーティストさまによるオンラインイベントなど、場所を問わず、どこからでも参加できるものばかりとなっております。また、今年も、逆境の中でも前を向き活動し続ける、多くの参加団体の皆さまにご参加いただきます。ぜひ、この機会に、多くの大学生の活動をご覧いただければと思います。

 思うように動くことができない辛さや、苦しみ、もどかしさを、津田塾祭の時だけでも一旦忘れ、思いっきり楽しんでもらえるよう、実行委員一同、精一杯準備に励んでおります。多くの皆さまのご参加、お持ちしております!


第62回津田塾祭 企画一覧

 今年度、第62回津田塾祭の概要(日時、場所等)につきましては、下記をご覧ください。各企画の詳細については、情報解禁日になり次第、津田塾祭HP、公式Twitterや公式Instagram、公式YouTubeにて発表いたします。ぜひ、HPのチェックや、SNSのフォロー、YouTubeのチャンネル登録をお願いいたします!

--------------------------

1.開催形態

オンライン


2.開催日時

10月23日(土) 12時〜17時

10月24日(日) 12時〜18時(閉祭式込み)


3.使用ツール

公式HP、公式YouTube、zoom、公式Twitter、公式Instagram

<津田塾祭公式HP>

主に、参加団体の皆さまからいただいた画像とPR文を掲載します。その他、各企画やご協賛の紹介、タイムスケジュールや写真展を掲載する予定です。

公式HPはこちら→https://www.tsudajukusai.com/

<公式YouTube>

主に、参加団体の皆さまからいただいた新歓動画や発表動画、学長講義、外部アーティストさまの動画、ラジオトークなどを配信します。その他、豪華景品が当たるキーワードの発表や、津田塾生の一日を撮影した動画や受験生向けの動画、参加団体の皆さまに参加していただく対抗企画の動画などを配信します。

また、当日だけでなく、津田塾祭の企画紹介動画やカウントダウン動画も順次配信予定です。

公式YouTubeチャンネルはこちら→https://www.youtube.com/channel/UCmmhhAwc9K1r7ZUkR10SEaQ

<zoom>

主に、参加団体の皆さまの新歓や、受験生向けの説明会、津田塾生向けの交流会をします。新歓や交流会に関しましては、プライバシーの観点から、津田塾関係者のみ入ることのできる設定にする予定です。

<公式Twitter>

主に、参加団体の皆さまの紹介や、豪華景品が当たるキーワードの発表と当選者の発表をします。また、各企画の詳細についても、解禁日になり次第公開します。

公式Twitterはこちら→https://twitter.com/tsudajukusai

<公式Instagram>

主に、参加団体の皆さまの紹介や、豪華景品が当たるキーワードの発表と当選者の発表をします。また、各企画の詳細についても、解禁日になり次第公開します。

公式Instagramはこちら→https://instagram.com/tsudajukusai


第62回津田塾祭 開催日程・形態について

--------------------------



資金の使い道

 頂いた支援金については、来年度以降の津田塾祭の運営資金、今年度の運用資金、CAMPFIREの手数料に充てさせていただきます。

 具体的な使い道につきましては、今年度の有名人を招いたトークショーやメイク講座などの企画運営、企画を充実させるための景品代、オンラインでの配信代や配信機材、来年度以降の有名人を招いたトークショーやメイク講座などの企画運営、中庭ステージの機材、校内の装飾などに充てさせていただきます。

 なお、頂いた支援金は、津田塾祭運営のためだけに用い、委員の私的な費用(津田塾祭当日に委員が着用するジャンパーなど)には用いません。



リターンについて

 ご支援いただいた全ての方へ、津田塾祭実行委員会からお礼のメールをお送りさせていただきます。その他、ご支援していただいた金額に応じた返礼品として、電子版記念証津田塾祭公式ホームページや津田塾祭公式YouTubeへのお名前の掲載(ご希望の方)、オンラインで開催予定の有名人を招いたトークショーイベントのチケット津田塾祭オリジナルハンカチなどをご用意しております。

 記念証、有名人を招いたトークショーチケットは、メールでの送信となります。チケットは、イベント前日に送らせていただきます。お呼びする有名人の方は9月上旬頃発表予定ですので、津田塾祭のホームページや公式SNSをご確認ください。津田塾祭オリジナルハンカチの発送は10月上旬を予定しております。津田塾祭公式ホームページへのお名前掲載は10月1日〜3月末、津田塾祭公式YouTubeへのお名前の掲載は津田塾祭当日2日間のいずれかの時間帯を予定しております。YouTubeで行う企画の途中で、お名前を流させていただくため、ぜひYouTubeをご覧いただければと思います。


 支援額ごとのリターンの種類につきましては、以下をご確認ください。合計6パターンからお選びいただけます。なお、10,000円の支援額に関しましては、2つのリターンからお選びいただけますが、どちらとも先着5名様限定のリターンとなっておりますので、ご注意ください。

--------------------------

1,000円...お礼のメール


2,000円...お礼のメール、電子版記念証


3,000円...お礼のメール、電子版記念証、津田塾祭公式HPへのお名前の掲載(希望者)


5,000円...お礼のメール、電子版記念証、津田塾祭公式HPへのお名前の掲載(希望者)、YouTubeへのお名前の掲載(希望者)


10,000円(塾祭参加Ver)...お礼のメール、電子版記念証、津田塾祭公式HPへのお名前の掲載(希望者)、YouTubeへのお名前の掲載(希望者)、有名人を招いたオンライントークショーチケット

→5つの制限リターン


10,000円(記念品Ver)...お礼のメール、電子版記念証、津田塾祭公式HPへのお名前の掲載(希望者)、YouTubeへのお名前の掲載(希望者)、津田塾祭オリジナルハンカチ

→5つの制限リターン

--------------------------



最後に

 最後までお目通しいただきありがとうございました。少しでも私たち津田塾生の想いや熱意を感じていただけたら幸いです。

 私たち津田塾祭実行委員会にとって、クラウドファンディングは初の試みとなります。津田塾祭が対面で開催できない中でも、津田塾生の個々の魅力が詰まった津田塾祭を創って参ります。そのような津田塾祭を今後も引き継いでいくためにも、皆さまのお力添えをいただけますと幸いです。

 今年度もご協賛は募ってはおりますが、津田塾大学の卒業生の皆さまや、在校生、卒業生のご家族の皆さま、地域の皆さま、津田塾大学に魅力を感じていただける皆さま、より多くの方々とともに創る津田塾祭にしたいという強い思いから、クラウドファンディングも行い、「皆さまに津田塾祭を共に創っていただく」というリターンをご用意させていただきました。

 どうぞ、津田塾祭実行委員会を、そして、津田塾祭を、よろしくお願いいたします。


津田塾祭公式キャラクター うーめん



<特定商取引法に関する記載>

●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

●送料:送料込み

●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:有名人を招いたオンライントークショーに関して、以下をご確認ください。

・アーカイブ配信の予定はございません。

   配信環境等により配信の停止や不備があった場合のみ翌日23:59までアーカイブ視聴が可能となります。

・通信料はお客様負担となります。

・ライブ配信の視聴には通常の動画視聴よりも高速で安定したインターネット回線、(5Mbps以上が望ましい)が必要です。有線LAN、Wi-Fi、携帯電話(LTE、4G、5G)回線の併用をお奨めいたします。

・推奨環境以外からのご視聴は一切のサポートを致しかねます。詳細はこちらからご確認ください<https://eplus.jp/sf/streamingplus#user-guide>

・複数端末・ブラウザ・タブからの同時視聴はできません。

・自然災害、出演者やその他やむを得ぬ事情により、イベントの全部、または一部を中止、変更させていただく場合がございます。

・本イベントの撮影、録音、録画、無断転載、URLの横流しを固く禁じます。マナー、法律を守ってお楽しみください。

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/10/29 12:30

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/10/29 12:01

    こんにちは。「【第62回津田塾祭】津田塾祭に新たな風を!」プロジェクトオーナーの第62回津田塾祭実行委員会です。この度は、第62回津田塾祭実行委員会のプロジェクトに足を運んでいただき、ありがとうございます。また、ご支援いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。さて、10月23日、24日、第62...

  • 2021/09/28 12:00

    こんにちは。「【第62回津田塾祭】津田塾祭に新たな風を!」プロジェクトオーナーの第62回津田塾祭実行委員会です。この度は、第62回津田塾祭実行委員会のプロジェクトに足を運んでいただき、ありがとうございます。プロジェクトを終了いたしましたので、ご報告させていただきます。皆様のご支援、ご協力により...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください