「はじめにご挨拶させて頂きます」

初めまして、京都出町にお店がありましたが

(2020年12月31日)に撤退した

居酒屋九坐笑門 代表 伊ヶ崎高廣

(イガサキタカヒロ)と申します

前テナントのオーナー様とお店を立ち上げにあたりお力を貸して下さる方々とのご縁があり2004年25歳で

居酒屋九坐笑門を立ち上げる事が出来ました 16年間営業した九坐笑門(店内)

京都(河原町今出川の交差点)すぐという

立地なので近くに沢山の大学に囲まれる場所にお店がありました河原町今出川交差点(大文字が見えます)

お店は50席ある居酒屋だったので

さまざまなシーンで沢山のお客様に

ご利用ご来店頂き本当に感謝しかありません

2020年1月末ごろからコロナの話題が出て来たと思ったら2月後半の予約キャンセルに

続いて歓送迎会3月4月の予約がキャンセルになり

気がつけば3月前半の時点で先のご予約

ほぼすべてがキャンセルになりました

なんとか銀行の借り入れで2020年は

マイナス分を補いながら営業してきましたが

コロナの収束が見込めずこの先も(2021年)も飲食店に厳しい年になると考え

借り入れの資金もどんどん減ってきて

この状況では資金もなくなってしまうので

2020年12月に撤退を決めました

2020年は本当に辛い一年でした

京都出町で沢山のお客様に支えて頂き

16年間と長い間営業させてもらってたので

撤退は本当に辛い選択でした

自分自身もこの長いコロナ禍でお店の再開は諦めることも頭の中でよぎりましたが

沢山のお客様に支えて頂いたことは忘れることは出来ませんでした

お店を再開する事で自分自身が

お客様に感謝の言葉を伝える事が出来る

いちばんの方法だと思いこのプロジェクトに参加させて頂きました


お店が作られた背景

19歳の時に和食レストランの

オープニングのアルバイトスタッフとして働いていました 50名ほどのスタッフがいたのでみんなと仕事終わりに

隣の居酒屋でワイワイしてました

この時に居酒屋はなんて楽しいんだろう

いつか居酒屋してみたいなーって軽い気持ちで考えていました

和食レストランで2年目の時に会社から社員になってみないかとお話を頂きそこから2年間 店長まで経験させて頂き

19歳から22歳までお世話になりました

たまたま高校の先輩から自分の働いてる

居酒屋の社員さんが辞めるので来てみないと声を掛けて頂いたので いつか居酒屋をしたいと思っていたので勉強が出来ると思い2年間居酒屋の勉強させて頂きました 

24歳の時いろいろなご縁の中

物件が決まり25歳で居酒屋九坐笑門を

オープンする事が出来ました

あれから16年

年数は長いですが

あっという間の16年でした

コロナでお店は閉店しなくなりましたが

16年間沢山のお客様に支えて

頂いたことや温かいお言葉は

自分の財産になっています

再開に向けて大変な事も

ありますが負けずに走り続けたいと

思います!

(人物像や画像使用許可を頂いています)

「プロジェクトで実現したいこと」

今までは団体予約が取れる店でしたが

これからの飲食の形や考え方が

変化していくと思うので

実現に向けて進めていくのは


●空き家を活用し地域に貢献
●テイクアウトのスペースや資材
(環境への取り組み)
●完全予約制の個室
●京都山科の農家さんと契約し地元京都の
お野菜を使うことで地産地消に取り組む
この4本柱を実現したいと思います!

(個室)換気が万全な4.5名程度の個室を2部屋ほど作りお客様が安心して飲食して頂ける空間を作りたいと思います

(テイクアウト)の需要が今後も伸びていくと思うのでテイクアウトスペースを作り

店内の密を避け安心して持ち帰りが出来る

お店作りをしたいと思います

お持ち帰りにプラスチックを使わない

紙パック・紙袋を使い環境に配慮出来る

店作りを心がけていきます!

玉子チャーハンと唐揚げ弁当、農家さんの特製サラダ、お惣菜盛り合わせ

またお客様自身がお皿やタッパーを

ご持参頂くとその中にお持ち帰りの商品を

入れさせて頂き割引きをすることで

お客様、店と全体で環境への意識を

高めていく取り組みを進めていきます!

お一人用の食べきりサイズ3種盛りやご家族用の満足盛りなど考えています鳥の大判揚げ

九坐笑門リピート率No.1鳥の唐揚げ手作りお惣菜こんにゃくと牛蒡の黒胡麻きんぴら

大根とガンモのたいたん


資金の使い道・スケジュール
・新店舗の改装費
・リターン商品、発送
・CAMP FIREの手数料

「新たなスタートとなりますが

食の楽しさを伝えていける

地域に根ざしていける

沢山のお客様にご利用して頂ける

お店作りを目指して行きます」


スケジュール

2021年11月クラウドファンディング終了

2022年1月中旬HP開設

2022年2月下旬新店舗オープン

2022年1月下旬から

お食事券やクーポン券などリターン発送

を予定致しております

(野菜の発送は5月下旬から6月と12月中旬に

発送を予定しております)

                   

★(2021年9月20日現在空き家の持ち主様(京都河原町丸太町近くの空き家)交渉中!家を借りれる事が決まり次第ご報告させて頂きます。

すぐ近くに鴨川があります
リターンのご紹介

ご支援をして頂いた方へのリターンをいろいろ考えていました現状お店がないので自分が出来る事の最大限をリターンとさせて頂きます。

お食事券や、何回でも使える割引きカード

お店で飲める京都の地酒(大吟醸)

京都山科、うつみ農園さんのお野菜やお米を

ご自宅に送らせて頂きます

5月 トマト・きゅうり・茄子・小松菜・新玉ねぎ・キタアカリ・わさび菜・万願寺唐辛子・伏見唐辛子・京緑ピーマン・ルッコラなど

12月 茄子・白菜・頭芋・青首大根・九条ネギ・こかぶ・赤かぶ・キクナ・水菜・白白菜・チンゲンサイ など

一例ですがこの中から選ばせて頂き詰め合わせさせて頂きます

※天候などの状況により品目が変わる場合があります

うつみ農園 代表 内海あきおさん
京都山科で沢山の野菜、果物を育てておられます
https://www.utsuminouen.kyoto/
最後に

コロナの影響で自分も含め様々な業種の方も

コロナに苦しめられてると思います

小さな事ですが新店舗開店で

新たなお取引や食材 お酒 備品等で

微力ですがお力になれるように頑張りたいと思います 

皆様のご支援なにとぞ宜しくお願い致します


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名: 伊ヶ崎 高廣
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください