皆様初めまして影山篤生と申します。

バツイチの49歳になります。息子夫婦と孫2人と同居。息子とタイ人スタッフの3人で自営として内装業をしております。そんな中ひょんな事からタイ人女性と縁があり去年の暮れに籍を入れた次第です。

プロダクトのご紹介

○[タイの貧困層が暮らす田舎町の大家族にコオロギの養殖場を作り普通の生活をさせてあげたい!]妻の実家はコオロギの養殖場を営んでいます。でも養殖場としては規模が小さくて1度に全てのコオロギが売れても(スーパーのカゴ1杯分)日本円で38,000円程です。そして売れたら新たに卵から孵化させたコオロギが大きく育つまで2~3ヶ月かかります。つまり1度売れた後は3ヶ月無収入確定で、次にいつ売れるか未定の状態で暮らし続けるのです。でも妻の両親が育てるコオロギは大きく太って美味しいと口コミで広まり注文は入っています。しかしながら養殖場が小さいが故に上手くローテーション出来ないので注文を断ざる得ない状況がとても不敏で仕方ありません。ローテーションが出来る規模の養殖場を作る事で安定した暮らしが出来て雇用もうまれ大家族の生活が安定します!

○[ドリアン]ファームを新設!コオロギ養殖場の横でドリアン博士の妻が苗から育てます!

こだわり・特徴

○タイスタイルと呼ばれるタイ独特の文化は様々ですが、その中でタイならではの[食]文化として[コオロギ]を食べるという食文化があります。タイ在住のアメリカ人、中国人にも需要があり、特に大きくて太った[コオロギ]はとても人気があります。その大きく太ったコオロギを育てるノウハウを妻の家族は持っています。コオロギもどき(形は似てるが種類が違う)は多用に出回っていますが小さかったり痩せていたり色も違ったり似てはいるけどコオロギほど美味しくないです。しかし妻の実家では本当のコオロギを取り扱っていてしかも大きくて太ったコオロギなので口コミで広まっています。コオロギが育って売れる状態になったら教えてくれと注文が入る程です!

○10品種程あるドリアンの中でもタイで最も好まれる[黄金の枕]と言われる品種、[モントーン]を[ドリアンオタク]の私の妻が観衆のもと苗から育てます!日本で売られているドリアンが臭いがキツいのはほぼ[チャニー]という品種か食べ頃を過ぎている[モントーン]だと妻は豪語しています。[チャニー]はベトナムで多く生産されていて臭いがキツく美味しくない事からタイではジャムやチップスに使用される事が多く安価で取引されています。見た目はタイ人でも見分けがつかないほど[モントーン]と似ていて違いは臭いと味と種の大きさです。日本人はドリアンに馴染みが薄いので品種の違いなど分からず一くくりに[ドリアン]という認識しかありません。私がそうでした。[ドリアン]イコール[臭い]という概念が吹っ飛んだ衝撃を日本の人達にも体感して頂きたいという私の想いと[ドリアンオタク]の妻が本当の[モントーン]を日本人に食べてもらいたいという想いが合致しました。身が成るまで5年ほどかかりますがご支援頂いた皆様に近い将来私共のファームに遊びに来て頂き見て食べてもらえる様に頑張ります!

プロジェクトをやろうと思った経緯

世界一の格差社会でありながら貧困で暮らす街の人々は手を合わせて笑顔で挨拶を交わしてくれます。そんな穏やかな笑顔の裏には文字通り仕事が無い、国の援助も無くとても不敏な生活を強いられています。小さな子供も道路に出て車の窓越しに花を売りに来ますし街では老人が地べたに座り物乞いをしています。そんな苦境の国で大家族を養うには19、20歳の若者であろうと新婚の夫婦であろうと他国で出稼ぎに行くしか術が無いのです。私の妻も同様で8人の家族を支える為、生後5ヶ月の子供をタイに残して出稼ぎで日本へ訪れておりました。日本でしか見たことのない彼女とタイの生まれ故郷で家族や町の人々と接する彼女の姿は当然ですが生き生きとして輝いていて…ここが彼女の生きる環境なんだと、ここで生活させてあげたい、という感情が強く芽生えた次第です。そしてその子供と2年半ぶりに再開したのですが子供は妻を母親と認識していません。タイでは彼女の家の様に大家族で暮らす事が多い為に誰もがベビーシッターなので子供は妻をベビーシッターの1人位の認識でしかありませんでした。そんな環境を普通な環境にしてあげたいと強く想い今回のプロジェクトを思い立った次第です。できる限り早くこのプロジェクトを成功させて妻共々タイで暮らせればと腹をくくっております。まだ子供が小さなうちに実現できれば何より幸いだと思っております。しかし私の力量ではとても早期実現は果たせません。

[コオロギ]の養殖と[ドリアン]ファームの両立で家族に収入の安定と仕事を与える事が出来ます。是非とも皆様のご協力をお願い致します!

【目標額の内訳】

○土地の購入費用600万円(約2400坪)

○養殖場建設費用80万円

○宅配車両及び設備費用100万円

○ドリアンの苗10本5,000円

○掲載手数料 約120万円

【プロジェクトスケジュール】

○2021年11月中旬クラウドファンディング募集終了

○11月末日にバンパイにて土地購入(土地の所有者は近所に住んでいる方で妻の家族の友人です。今回プロジェクトを話、快く良心的に売買に応じて頂いています)

○12月初旬より養殖場の建設。広大な土地ですが草木のある荒れた土地なのでまずは妻の家族、親族が総出で整地にします。

○2022年1月から少量だったコオロギを大きくなった養殖場に移して埋め尽くせる様に育てて増やします。

ドリアンも同時進行で苗植えをして根付けします。

○リターンの開始は11月末日に土地購入後、メールにて画像アップからご報告を始めさせて頂きます。施設見学は私共2022年4月にタイへ行きますのでご都合合う方でメールでのお問い合わせにて先着順となりますがご対応出来ます。滞在日数等詳細はメールにてご報告致します。


リターンのご紹介

【コオロギ養殖場とドリアンファームに見学&試食をご提供!】

渡航の規制緩和されてからの事となりますが自粛ストレス解放に是非タイにいらして下さい!私と妻がタイに滞在中に限りますがご案内させて頂きます!ドリアンは収穫まで3年~5年かかりますのでご希望ならバンパイの街にご同行して屋台のドリアンを試して頂くのも有りです!ドリアンに限らず安くて美味しい食事や道路1面屋台で活気や熱気で賑わう街をご案内させて頂きます!

是非とも観光地では味わえないタイスタイルを少しでも体感して頂きたいです!

Q&A

ご案内の場所はタイのコーンケン、バンパイです。

旅費交通費は実費でお願い致します。

コーンケン空港まで実費で来て頂きそこから私共が送迎致します。送迎、街へのご案内はご提供致します。

私達がタイに滞在する期日は前もってサイト内もしくはメールにてご報告致します。

1回のご案内人数は5名まで(一家族5名以上の場合応相談)

ご支援謝様限定でのご提供ですがお子様をお連れの場合中学生までは支援をされてなくても同内容をご提供致します。




 ●事業者の住所/所在地
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●事業者の電話番号
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください