Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

貧困家庭を救う「こども宅食」と日本の「米作り」を同時に応援しよう

キャンプファイヤー ふるさと納税のバッヂ

現在の支援総額
30,000円
支援者数
1人
募集終了まで残り
64日

現在1%/ 目標金額2,000,000円

1%
このプロジェクトはふるさと納税ポータルサイト「さとふる」に掲載されている、CAMPFIREがサポートしたプロジェクトです

※このプロジェクトの決済は、さとふるへ移動します。

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2021/09/30 23:59:00までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクト本文

実施理由/背景

おいしいお米を食べて、貧困家庭の子どもも日本の米作りも同時に元気に

お金がなくて生活が苦しい。加えて新型コロナ感染症で、食べることすらままならない…。そんな親子におなかいっぱいご飯を食べてほしい、手を差し伸べたいと、定期的にお米やお菓子など食料を自宅に配送する「こども宅食」。
文京区で力を入れているこのプロジェクトに、島根県津和野町が、おいしいお米を届け、必要な支援を行うための仕組みです。
またそれだけではなく、米作り農家を圧迫している土づくりにかかる膨大なコストを津和野町がサポートし、安心してお米を作り続けていく環境をサポートします。

プロジェクト内容説明

あなたの寄付が、#つらいが言えない 親子を助けます

知っていますか? こども宅食。生活に困っている親子に、おなかいっぱいご飯を食べてほしい。そんな親子を助けたいとスタートしたのが、こども宅食。定期的にお米やお菓子など食料を自宅に届けながら見守り、必要な支援を行う事業で、2017年から文京区は民間団体と共同で運営し、多くの家庭を支えています。
しかし、新型コロナ感染症が拡大し、一人親の仕事さえも奪われるような環境に陥り、困窮する子どもたちがますます増加。
文京区と文化振興や災害支援に関する協定を結んでいる津和野町では、この取り組みに共感し、2020年度より町で育てられた安心で安全なお米をこども宅食事業へ寄付し、支援を行っています。

子ども宅食へ寄附する特別栽培米として認められた減農薬でできたお米、その名も「ヘルシー元氣米」

清流高津川沿いにある、米づくりが盛んな津和野町畑迫、木部地域
美味しいお米をつくりたいと、牛糞の堆肥を毎年大量に仕入れ、収穫が終わった田んぼに混ぜ、根気よく土壌改良を続け、微生物の多い土と環境にやさしい米づくりを行っています。
その結果、化学肥料と農薬を半分以上へらすことに成功。
こうして生まれたのが「ヘルシー元氣米」です。
除草剤の使用も抑えていますので、手間がかかりますが、一等比率約90%、食味計値Aランクの、大粒で食味の高い(食味値80以上)お米です。

寄附者のみなさまには返礼品として令和3年度産のヘルシー元氣米の他、町内農家が栽培した野菜、わさび、柿をお選び頂けます。

目指すところ

都市と地方の問題解決に向けて

現在全国的に地方の中山間地域の人口減少が課題となっておりますが、当町においても例外ではありません。移住や定住など、都市部から人を呼ぶ活動も推進していますが問題解決とまでは至っておりません。今後移住者を増やす取り組みだけでなく、津和野町を知ってくださる人を増やしていきたいです。旅行で訪れていただいたり、お米を買っていただいたり、ふるさと納税なども含め繋がりを持てるような取り組みが必要だと考えています。
一方で、都心部では核家族や孤立した家庭も多く、見えない貧困問題もあります。都心には都心の、地方には地方の課題があると思います。今回のプロジェクトのようにお互い作用しあって、それぞれの地域の問題ではなく日本の問題という意識で行動する必要があります。そのためにも、今回取り組む子どもたちの交流事業が互いを見つめ直すきっかけへと発展させていきたいと考えています。

寄付の使い道

津和野町と文京区のこども宅食を通じた交流事業の費用に。
・津和野町のお米づくり農家応援にかかる費用 
・文京区こども宅食へのお米の提供にかかる費用

※目標金額に達しなかった場合でも、今年度のプロジェクトは実施します。寄附金は、その際の費用の一部として活用させていただきます。また、目標金額以上の寄附を頂いた場合は、寄附金を積み立て、本プロジェクトを継続して実施するとともに、必要な費用を取り崩し活用させていただきます。

自治体からのメッセージ 「昨年度子ども宅食でお米が届いたご家庭からのお言葉」

2020年10月より4回にわたり毎回約600~700世帯にお米をお届けしました。これまでお米をお届けした家庭よりメッセージを頂きました。(※子ども宅食ではお米だけでなく、他の食材や日用品と共にお届けしています。)
・近所では買えない、島根のお米、産地がわかる商品、嬉しいです。
・お米、大変助かります。ありがとうございました。
・毎回、お米など必需品ばかり届けてくださるので本当に助かっています!
・必要なお米や食材などいつもクリスマスプレゼントが届くかのように娘と楽しみにしています。本当にありがとうございます。スタッフの方々もどうぞお身体に気を付けて頑張って下さい。
・荷物受け取りました。新米楽しみです。多岐にわたる商品が入っていて、様々な方々のサポートを受けているのだと感じております。コロナの影響もあり、運営も大変ですよね。本当にありがとうございます。

事業スケジュール

2021年10~11月:関係団体とお米配送に係る協議
2021年12月以降:文京区子ども宅食へお米発送
2022年3月:津和野町米作り農家に対して土づくりに関する補助

【寄付に関する注意事項】
目標金額に到達しなかった場合の寄付金の返還はございません。
目標金額に到達しなかった場合、お預かりした寄付金は自治体内で使い道を検討し、自治体が取り組む各種の事業に活用させていただきます。
目標金額を超過した寄付金の取扱いについては、各自治体の判断となります。
また、クラウドファンディングの目標金額到達前に、自治体またはさとふるの判断により、寄付の受付を停止する場合があります。あらかじめご了承ください。
お礼品をお受け取りいただける金額以上の寄付であり、且つ、お受け取り辞退のご希望がない場合は、目標金額到達の如何を問わずお礼品をお受け取りいただけます。
サイト上で表示される寄付金額の数値は、入金が確認できた寄付金の合計となりますため、即時反映されるものではないことをご了承ください。
受付終了後に入金が確認できたものについては、受付終了後に数字を更新いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください

ふるさと納税を通じて地域に火を灯していきます

CAMPFIREは、「好きな地域を応援する」という
ふるさと納税の本質に立ち返ります。
事業の取組や背景、関わる職員たちの想いを形にし、集まった支援金の使いみち、まちのビジョンやミッションを
明確にして、地域の魅力や地場産業を掘り起こして健全なふるさと納税を再構築していきます。
ふるさとを応援したい、あなたの思いに応えるための
クラウドファンディングプラットフォームがここにあります。