日本では、7人にひとりの子どもが「貧困」です。 

 初めまして。特定非営利活動法人「わたしと僕の夢」の佐藤有里子です。皆さんは、日本に貧困と呼ばれている子どもたちがどれくらいいるかご存知ですか?実は、現在日本では7人にひとりが貧困の状態にあると言われているのです。そして、私たちが拠点を置く久留米ではその子どもたちの割合は4人にひとり。(参考 厚生労働省国民生活基礎調査、久留米市子どもの貧困対策推進計画より)

 一見すると、綺麗な格好をしていて、まさかこの子が??と疑問をいだくレベルなのですが、自宅を訪問したり、生活状況をヒアリングするとその実態は本当にショックを受けるものがあります。

ある時、母子家庭のスタッフさんから「お金がないから子どもの運動会のお弁当を作ってあげることができなかった」という相談を受けたことがあって。それを助けてあげられなかったことがとても悔しかったんです。

 そんなお母さんたちにもっと寄り添った事業をしたくて、当時家族旅行を夢見て積み立てていたお金を資本金に女性の就職支援に特化した「有限会社 キャリア・リード」を設立しました。


女性支援を目的に、現在では九州を中心に6000人以上の登録があります。

会社を運営していく中で、スタッフのお母さんたちと会話をしていると、「子どもを塾に通わせてあげることができなくて。。。」という悩みを本当に多く耳にしたんです。だけど、スタッフみんなのお給料をあげてあげることは難しく。。

 そこで、お給料を上げてあげることができない代わりに、社員の子どもたちを会社に呼んで、みんなで交代で宿題を見てあげていたのが無料塾の始まりでした。

 だんだんと子どもたちの数が増えていき特定非営利活動法人「わたしと僕の夢」を設立するに至るのですが、多い年には100名ほどの子どもたちがここで放課後の時間を過ごしています。

無料塾で学ぶ子どもたち

そうすると、今度は、無料塾に来ている子どもたちの中に「学校給食以外、ごはんを食べていない子どもたち」が何人もいることがわかったんです。

 これじゃいけない、と思って、食材をかき集めて子どもたちに夜の食事を提供し始めました。現在は地元企業様のご厚意での食材の提供や、市の支援を受けながら、やっと毎日の子どもたちの食事の準備をすることができるようになってきました。


無料塾「わたしと僕の夢」に子どもたちのためのキッチンスペースを!

 わたしたちが運営する「わたしと僕の夢」には整ったキッチン設備がありません。

 子どもたちに提供する食事については、簡易的なキッチンスペースと建物内他階にあるサポート企業のキッチンを借りながら準備し、上の階まで運んでいる状態。

現在のキッチンスペース。コンロがなく、電子ヒーターで加熱調理をしています。

子どもたちに、少しでも自立支援をということで、洗い物やお食事の準備は年長の子どもを筆頭にみんなで協力して行うという取り組みもしてるのですが、

施設では作業しづらく、食事を運ぶのも一苦労。メニューも必然的に簡易的なものが中心に。なかなか思うような食事環境を整えられてあげられていません。換気設備も整っておらず、油をたくさん使うようなメニューなどはもっての他といった状態です。

そんなある時、子どもがふと

「先生、コロッケってどうやったらあったかくなるの」

と言ったんです。

現在、企業様からのご厚意で有難いことに揚げ物がメニューに並ぶ時もあるのですが、もちろん、現状のキッチンで何十名もの子どもたちの揚げ物を温め直すことはほぼ不可能。どうしても全てのお料理を温かい状態で提供することは難しい現状です。

きっと、その子は何の気なしに口にした一言だったのだろうと思います。

だけど、それがもうとても胸に突き刺さり・・・

 揚げたてのコロッケや唐揚げを、あちちって顔を綻ばせながら食べさせてあげたい。

 出来立て熱々の感覚を子どもたちに味わわせてあげたい。

 ゆげがほわほわたつ、温かいおかずを食べさせてあげたい。

 もっとたくさんのメニューを子どもたちに食べさせたい。

 そして、食の喜びを感じさせてあげたい。

 食事を準備するところから、しっかり子どもたちに体験させ、生きる力をつけさせたい。


そんな思いで施設内にキッチンを作ることを決心しました。

 

こんなキッチンを設置します!

子どもたちに夕食を提供するための、システムキッチンを施設内に作ります。

イメージ画像 ACより引用

現在、わたしと僕の夢で夕方以降の時間を過ごす子どもたちは、年々増え、多い時には約100名にのぼる子どもたちが立ち代わり施設に出入りしています。

そんな子どもたちが、みんなで協力して作業をしやすい、システムキッチンを設置します。

「わたしと僕の夢」に来ている子どもたちの中には、家で誰かがご飯を作ってくれるという環境にない子どももたくさんいます。自分の食べるものを自分で用意できるように支援することも私たちの使命の一つだと思っています。 

 

キッチン設備を整えることで、施設内で食にまつわる体験もさせることも可能になります。子どもたちに食に関する豊かな体験を積ませることは、生涯にわたって財産となる生きる力に必ずつながると信じています。

 

換気設備もきちんと整備して、揚げ物などの調理も可能に。たくさんのメニューを子どもたちが楽しめるようになります。

 

子どもたちが過ごすスペース内にキッチンコーナーを。整った設備で格段に作業がスムーズに!みんなでワイワイ食事の準備や後片付けが可能となります。

設置場所イメージ

食べることは生きること

人間の肉体を形成する元となるのは、まさに、食べ物。私たちは食べないと生きることができず、生きることとは、まさに、食べることなのです。

 そんな「食」から得られるものは、物質的な満腹感だけではありません。


鍋からコトコト野菜が煮える音がする。

 

出来上がった食べ物を、誰かと一緒に器によそう。

 

一汁二菜の献立を、バランスよく配膳する。

 

一口、口にした瞬間に口に広がる、料理の温度や旨味にをじんわり味わう。

 

そして、

 

誰かと一緒に、今日あった出来事を語らいながら、箸を進める。


会話だって、食事の御馳走。

あたたかな食卓の確保は、必ずや子どもたちの生きる力となり、

そして、あたたかな食卓を囲んだ経験が、

将来に渡ってもずっと、子どもたちの心を支え続けてくれるものと

確信しております。

  

全ての子どもたちに、

あたたかな食事と、あたたかな食卓を。


皆様のご支援、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

特定非営利活動法人 わたしと僕の夢

福岡県久留米市東和町4−4 ウィングコート久留米2F

0942−36−2626

 

リターンを履行するためには、食品衛生責任者、営業の届出が必要となります。 現在、既に食品衛生責任者、営業の届出の手続きを進めており、本プロジェクト実施である2021年11月1日までには、食品衛生責任者、営業の届出の見込みが立っています。(2021年7月現在)


資金の使い道

設備費:約100万円
人件費:約10万円
広報費:約10万円
手数料:約20万円

子どもたちのための食体験費等:約10万円

うち100万円をクラウドファンディングで募集いたします


リターンについて

支援金額に応じて、活動報告書、感謝状、子どもたちからのメッセージカード、わたしと僕の夢でオリジナルに販売しております佐賀県産「夢しずく」新米などをお送りさせていただきます。


2,000円 感謝のメール 

5,000円 感謝カード(郵送でお送りいたします)

10,000円 活動報告書 感謝状

30,000円 活動報告書、子どもたちからのThankYouカード

50,000円 活動報告書、Thank Youカード、わたしと僕の夢新米5kg

100,000円 活動報告書、子どもたちからのクリスマスカード 、わたしと僕の夢新米10kg


実施スケジュール


2021年10 月 キッチンデザイン決定

2021年11月 キッチン施工開始

2021年12月 キッチン完成


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:特定非営利活動法人「わたしと僕の夢」
 ●事業者の住所/所在地:福岡県久留米市東和町4−4 ウィングコート久留米2F
 ●事業者の電話番号:Tel: 0942−36−2626
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/08/26 17:00

    ご支援者 ご支援をご検討の皆様この度は特定非営利活動法人「わたしと僕の夢」のプロジェクトへご賛同いただき、心より感謝申し上げます。さて、先の久留米豪雨におきましては、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。わたしどもの施設も久留米市中心にございますため、施設及び、子どもたちの被害の状況を大...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください