イラストレーターやデザイナー、Youtuberとして活動する私ユーリャブリンチクが、新たにオリジナルクレープの移動販売を企画しています。ロシアには【ブリーニ】というクレープに似た料理がありますが、日本の皆様のお口に合う美味しいクレープを販売していけたらと思っています。

プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶

はじめましてユーリャブリンチクと申します。

ロシアのウラジオストクから来ました。

成田空港から飛行機で二時間程の場所にあります。

ウラジオストクは歴史的にも、日本と関わりが深い港町なんです。

 

幼少の頃から日本が大好きで、いつか日本に住んでみたいと思っていました。

大学ではデザインを専攻し、プライベートで日本語を学びました。

現在は日本で様々なパートナーと共にお仕事をしながら生活をしています。

▼現在はイラストレーター/ デザイナーとして日本で活動しています。

私は【グジェリ】というロシアの伝統美を用いたアート作品を日本市場で展開しています。

また企業様向けにデザインプロパティの提供も行っています。

現状でロシアのイメージはウォッカやマトリョーシカのイメージが多く

素晴らしい文化や芸術が残念ながら日本の皆様に伝わっていません。

私はこのような現状を変えていきたいと思っています。

▼新たにクレープの移動販売をやってみたいと思ったきっかけ

普段の私のお仕事はデザインが専門ですが、プライベートでは料理も得意です。

元々食に対する興味があり、美味しいものが揃う日本でたくさんのレストランに行き、舌のセンスを向上させてきました。笑

特にデザートに関しては色々と勉強しました。日本では甘さも繊細さも違います。ライフスタイルの中で学んだセンスを友人や知人とパーティーをする際に活かし、料理として提供することで日本人の皆さんに喜んでいただきました。

ロシアには【ブリーニ】というクレープに似た料理があります。

日本のクレープとは違い、写真のようにそのまま食べたり、イクラやバターと一緒に食べたりします。

でもその調理方法はクレープにとても良く似ています。

友人や知人だけでなく、私の企画する調理を皆さんにご提供したいと思うようになりました。

私の強みは現在、ヨーロッパと日本の2つの味覚センスを持っていることです。

今までになかったクレープを作ることができると思います。

▼どのようなお店にしていきたいか

私は【ブリーニ】を日本の皆様のお口に合うオリジナルクレープとして改良しご提供していきたいと

考えました。また移動販売方式なら出店費用も通常出店と比べ抑えられると思いました。

お店の名前はMalinka(ロシア語でラズベリーを意味します)です。

今回の企画ではシンプルなクレープを単に販売するだけではなく知人の佐藤光氏に監修をしていただくことになりました。

 

佐藤光氏のプロフィール

「リストランテ・ヒロ」「イルマーレ」「ダルマット」等で修業後に

東京六本木でイタリアンレストランSaluceをオープンさせる。

 

佐藤光氏は有名人も通う六本木イタリアンの名店サルーチェのオーナーシェフです。

今回の企画では彼のアドバイスを受けながら

『移動販売=普通に美味しい』という概念を『最高に美味しい!』に変えていけたらと思っています。

もちろんクレープに使用する食材などにもこだわっていきたいです。

最高に美味しいだけではなく健康志向のメニューも検討しています。

六本木サルーチェ サルーチェのホームページはこちらから

▼プロジェクトをやろうと思ったきっかけ

友人が経営するカフェを訪れた際に、大好きなクレープのお店を自分もオープンしたいと思うようになりました。

日本人の皆さんに私ユーリャのオリジナルクレープを是非食べてほしいと思っています。

初めてのお仕事になりますが、メニュー開発や調理、POPデザインなどのすべての工程に関わることができる点が興味深いと感じました。私の内に秘めた情熱をすべて活かせるのが今回の企画だと思いました。

▼資金の使い道

開業にかかる資金

#移動販売車両 #研修&機材備品

 

日露友好の架け橋となる夢を忘れず

皆さんに美味しいクレープを提供していけたらと思っています!

皆さん応援宜しくお願いします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください