"高崎だるまを世界へ"を掲げた大衆酒場を都内にオープンしたい!!

本ページをご覧になって頂きまして、誠にありがとうございます。
群馬県高崎市出身、林 龍男と申します。


群馬県高崎市出身のだるまが大好きな27歳です。
毎年だるまを購入してだるまに願掛けをしていました。受験や部活など重要な年に願掛けしただるまは当時の成功体験の思い出として、今でも家に飾っているくらいだるまを愛しているんです。

高校を卒業する18歳まで群馬県高崎市で育った私は大学卒業後に船舶系の専門商社に就職しましたが、"将来は自分の飲食店をオープンしたい"という夢を追いかけ、海外の日本食レストランに転職をしました。

そんな中2020年の夏頃、アラブ首長国連邦で働いていた私は、突然上司からコロナによるレストランの一時閉店を理由に、再開の目処がたつまで無給で日本に帰国するよう通達を受けてしまったのです。



地元群馬県高崎市で過ごしている時に、高崎だるまの文化が衰退に向かっているという噂を耳にしました。

毎年だるま市に行き新しいだるまに願掛けをしていた私は、高崎だるまの衰退の噂を聞き流す事が出来ず、様々な事を聞いて回りました。

そして実際に耳にした"売上の低下"や"だるま産業の衰退"という言葉。現代の洋風な部屋の作りがだるまと合わなくなったのか。そもそも若い世代にだるま文化が継承されてないのではないか。

原因は様々だが、私はこの事実に直面し

そう思うようになりました。


特に、コロナの影響で来場者数の減少に陥った高崎だるま市。例年30万人以上の集客ができるこの高崎だるま市も、2021年は6万人という結果に。
それほど、高崎だるまも飲食業もコロナの影響を大きく受けております。



7年前から私の夢は居酒屋の開業でした。

私には学生時代、夢がありました。


ただ就活の時期になると
『飲食業はブラックだ』
『他の業種も経験した方が良い』
など様々な否定的な意見に流されました。

その結果、自分のお店を持つという夢を諦め、船舶関係の専門商社に就職しました。

船舶系の商社でサービスをしていた軍艦

新卒の会社で3年働いた頃に、将来について考える時が来ました。
そして、私の将来の夢は3年経っても変わらず自分の飲食店を持つ事でした。

当時英語もままならなかった状況で、SNSで見つけたおしゃれな日本食レストランの予約フォームから

『英語も料理もダメだけど、情熱と笑顔には自信があるから雇って欲しい』

奇跡的に、UAEを代表する大きなレストランから雇って頂けることになりました。
そうして翌月、VISAを取得してUAEのZUMAというレストランに英語と料理を学ぶために飛んでいきました。

当時働いていたUAEのレストラン

2021年10月に日本に帰国し、外国人が好むインバウンド向けの居酒屋をオープンするという想いを胸に学び続けました。その後アメリカ支店で本場の英語や、オーストリア支店の立ち上げを行うなど、飲食店経営を学びました。



突然のコロナ帰国

そんな充実した日々の中、突如流行したコロナウイルス。私の働いていたレストランも一時休業となりました。上司からはコロナが終息するまで日本に無給で帰国して待機していて欲しいと言われ、日本に帰国しました。

転職活動をしてサラリーマンの道に戻るべきか。それとも夢を追いかけ続け、掲げていた2021年10月に居酒屋開業の準備をするか。その2択に私は悩み続けていました。そんな中直面しただるま産業の衰退。



そう思ったその日から、一度学生時代に諦めた夢を"必ず叶える"と決心し、日本で居酒屋開業のために動き出しました。

私はこの1年間、飲食店開業に必要な免許取得から資金の調達、物件の決定をはじめ様々な事を準備してきました。

また、だるま屋さんを10社以上まわり高崎だるまが直面している問題や、飲食店を通じてだるま産業に貢献できる事について考え続けました。

そして2021年10月1日。ようやく私は学生時代からの夢であった飲食店開業をする事が決まりました。

大衆酒場"だるま酒場"のこだわり

私はこの大衆居酒屋"だるま酒場"で2つの事を大切にしていきます。
・地元群馬県の農家に少しでも貢献したい
・夢を言語化して"だるま"に書く事が出来る居酒屋

店舗決定時の写真

【やっぱりグンマーが好きだ】
皆さんも地元を離れたとき、地元の物を見るとなんだか嬉しい気持ちになりませんか??
国内外様々なところで働く中で、私も群馬県のものを見ると嬉しい気持ちがこみ上げてきました。

知っていますか?? 群馬の食材、本当に美味しいんです。

私はこの美味しい群馬の食材を、美味しく味わえる調理方法で多くのお客様に堪能してもらいたい。
そんな想いから大衆酒場という形で飲食店を始める事にしました。

【お客様の夢、未来を応援したい】
私は"2021年10月に居酒屋をオープンする"と2年前から常に発言していました。

『コロナ禍で愚かだ』
『今やっても成功するはずがない』

このような発言を受ける事もありましたが、一部応援してくれる友人やSNSで知り合った仲間からは

『緊急事態宣言中でも食べに行くよ』
『毎日でも遊びに行く』
『出来る事は何でも手伝うよ』

という夢を後押しする言葉を頂く事も多くありました。
そして学生時代に周りの意見に流され夢を一度諦めた後悔もあり、私はコロナ禍でも2021年10月の居酒屋の開業という夢に向かって頑張る事にしました。


だるま酒場に来るお客様には、逆境でも夢を諦めないで欲しい。七転び八起のだるまが起き上がるように、失敗しても立ち上がって欲しい。
そして、夢は文章にして書いたり口に出すことで近づくとも言われています。


リターンのご紹介

【個人様向け】
用意しているリターンは以下のものとなります。
・お礼のメール・動画
・高崎だるまの提供
・お店で使うだるまのお皿の提供
・オープニングイベント参加券
・飲み放題チケット

様々な価格帯で様々なリターンをご準備しています。是非一度リターンページをご覧いただけますと幸甚です。


【企業向け】

・オリジナルだるまの製作

・店内に飾る企業広告


企業として私のプロジェクトに参加して下さった方には全力で広告させて頂きます。個人のSNSでの発信も含め何か力になれる事は積極的に行わせて頂きます!!



プロジェクトで実現したいこと

このクラウドファンディングを通じて、少しでもだるま産業に貢献が出来ればと思っております。
私の学生時代からの夢への熱い思いに共感し、ご支援頂けたら嬉しく思います。

そして、夢の後押しをできる場を必ず提供します。
叶えたい夢があるけれど挫折しそうな人が、その夢を言語化して応援される空間をだるまと共にお届けします。

資金の使い道・スケジュール

集まった資金の内訳は以下の通りです。


最後に

本クラウドファンディングページを最後までご覧頂きまして誠にありがとうございます。
『このコロナの時期に飲食店は開業するべきでは無い』という意見を非常に多く聞きます。まさにその通り、こんな状況の中新規で挑戦する事は愚かな事かもしれません。

日本に帰国してから1年間、コロナの中でも収益を生み出せる仕組みを考え続けておりました。高崎だるまとコラボできる商品を考えて作成/販売をしたり、クラフトだるまビールの商品開発をしたりと様々な事に挑戦しました。

そして、実店舗に関しましてもようやく緊急事態宣言下でもやっていけると思える家賃の物件が見つかりました。私の挑戦に少しでも協力して頂けたら非常に嬉しいです。

皆さんの温かい支援に、心より感謝申し上げます。

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:だるま酒場
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●事業者の住所/所在地:〒101-0047
  東京都千代田区内神田1-11-10 コハラビル地下一階A
 ●事業者の電話番号:Tel:080-6606-0638
 ●送料:送料込み(沖縄への送料は別途費用が発生します)
(Overseas shipping fee will be charged as additional)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/09/05 09:00

    実は...Youtube版のマネーの虎。令和の虎に出演してきました。令和の虎 林龍男第一回動画を改めてみると、ガチガチで...緊張して思ったように話す事は出来なかったですが、投資家達の意見を聞く貴重な経験となりました。様々な意見をコメントで頂いておりますが、頂いているコメントを真摯に受け止めて...

  • 2021/09/05 08:00

    先日、目標金額の100万円を達成する事が出来ました。支援して下さった方、本当にありがとうございます。学生時代、私は監督に怒られたく無いという気持ちでサッカーをしていました。そして、学校や塾の先生に怒られたくないという気持ちで勉強していました。(高校/大学ではそもそも勉強をあまりしませんでしたが...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください