はじめに・ご挨拶

弊社、株式会社辻梅機業店は、京都で西陣織の帯を作り続けて70年あまりの織元です。

証紙番号(西陣織である証明証)は「86番」で、二桁の証紙番号を持つ織元は今や数件となってしまいました。京都の伝統産業といわれる和装業界でありますが、近年の斜陽化は顕著で、西陣織業界も倒産や廃業により製造元がどんどん減少しているのが現状です。そんな中、このままではいけないと公私織り交ぜて様々な取り組みがなされています。帯を織ることしかできない弊社ではありますが、少しでも西陣織のPRになればと過去の資産を将来に活かすべく今回のプロジェクトを企画させていただきました。


このプロジェクトで実現したいこと

西陣織の芸術性を多くの方にアピールしたい。
西陣織の帯を締めて着物で過ごすハロウィンやクリスマスを楽しんでしてほしい♪


プロジェクトをやろうと思った理由

西陣織帯の原画とは

西陣織の帯を制作する際、一番はじめに帯の意匠を絵師に依頼します。 絵師は布や紙に顔料絵具などで帯の柄となるデザインを考え描きます。 その原画(下絵図)は正絵と呼ばれ、織元の大切な意匠となっていました。 出来上がった原画を基に織りの設計図を作成して織機にかけます。

絵師によって描かれた原画は、数万円から数十万円という額で織元が買取り織元独自のデザインとして帯を作成します。 そのため、意匠(デザイン)は織元の生命線であり真似されないよう厳重に保管されてきました。

古典柄を描いたアート作品

時代は変わり、今やそのデザインもデジタル化され絵師が描く意匠は廃れてしまい、 西陣織の原画も織元にとって過去の遺物(資料)として保管され日の目をみることはありませんでした。 数十年前の原画ではありますが、当時の西陣織帯に採用されたデザインでしっかりと描かれた原画は 今でも色褪せることのない美しいアート作品とも言えます。

デザインの原画であることから、変更の指示書きが書かれていたり、古いものであるため一部絵具が剥がれていたり、破れがあったりするものもあります。 しかし、それらのことを含めてもこのような芸術品を埋もれさせておくのはもったいないと、額に入れ手軽に飾れるようにして 多くの方に楽しんでもらえるよう、アートフレームとしてお届けしようと企画しました。

西陣織帯の原画は、一点物です

当社が保有する意匠の帯の原画であるため、同じものはない一点物になります。数十年前に描かれた原画であることから先に記したような劣化した部分もあったりしますが、その点も含めてできる限り見栄えの良い形で額に収めアートフレームとしてお届けさせていただきます。
上記の点を含め、西陣織帯原画のアートフレームとしてお楽しみいただければ幸いです。

クリスマス柄の西陣織名古屋帯&ハロウィン柄手書き半幅帯

数年前からイベントやパーティーでカジュアルに楽しんでもらえる図柄の名古屋帯を企画製造してきました。今年のクリスマスデザインの新柄の図案がちょうど上がってきたので今回はクラウドファンディングで支援を募集することにしました。まだ、デザイン画が上がったばかりでこれからその原画を元に織機にかけるための設計をし、名古屋帯に織り上げていきます。クリスマスデザインですので11月の後半からクリスマスまで締めていただける名古屋帯になります。昨今の状況から盛大なパーティーやイベントは行えないでしょうが、身内での食事会やイベントで和装好きの方がおしゃれしていただける名古屋帯に仕上げています。合わせて今回ハロウィン企画として手書き半幅帯を試作販売させていただきます。各一本限り2本限定です。


これまでの活動

弊社は、創業以来70年あまり西陣織の帯を作り続けて来ました。西陣織の帯を織って問屋に出荷することが弊社の仕事であり、直接消費者に接してフィードバックをいただくことはありませんし、弊社の帯を消費者に向けてPRすることもないのです。とはいえ、売れ筋商品の開発には、どんな商品が消費者に求められているのかを肌で感じる必要があると考え、B反品や試し織りの生地をネットで直接消費者に届けてみることにしました。当然問屋との取引がメインであり、大々的にネット販売を行うことはできないのですが、問屋には販売できない傷物などを安価に販売することで消費屋の嗜好を検証し、商品開発に活かしてきました。ほそぼそながらネット販売により消費者とつながることで商品開発やPRにつながることを経験し、今回の西陣織原画のアートフレームという実店舗では取り扱っていただくことが難しいアイテムを皆様にご紹介できる運びとなりました。

株式会社辻梅機業店の詳細につきましては、下記リンクよりホームページをご参照ください。

株式会社辻梅機業店ホームページ


資金の使い道

CAMPFIRE出品にかかる費用、フレーム仕入れ代金、加工費用、送料など


リターンについて

西陣織デザイン原画のアートフレーム 20cm×20cmサイズ
(額外側25cm×25cm 額内側19cm×19cm)


西陣織デザイン原画のアートフレーム 15cm×15cmサイズ
(額外側20cm×20cm 額内側14cm×14cm)

額に納められる原画は、一点物なので上に表示している画像と同じものではありません。図柄は、各リターンページでご確認の上ご支援願います。

西陣織デザイン原画のアートフレームは、公開後も随時リターンを追加していく予定です。支援者様におかれましては、支援後に新柄のアートフレームが追加されることになりますがご理解・ご了承いただきますようよろしくおねがいします。


クリスマス柄の西陣織名古屋帯

上記写真は、デザイン画です。名古屋帯として織り上げた場合、使用する糸の色合いによりデザインとは若干違う色合いに仕上がりますことご了承ください。リターンは、丸巻きの反物となります。名古屋帯への仕立てをご希望される場合は、オプションでの追加注文で受付させていただきます。


ハロウィン柄の手書き半幅帯


ハロウィン企画として制作した、西陣織の帯地に手書きでハロウィン柄を絵付けした半幅帯です。2点限りのリターンとなります。


実施スケジュール

9月3日開始。
9月29日終了。
西陣織デザイン原画のアートフレームは、2週間〜1ヶ月以内に発送。
クリスマス柄の西陣織名古屋帯は、11月初旬頃までに発送。
ハロウィン柄の手書き半幅帯は、プロジェクト終了後1週間程度で発送。


最後に

和風のインテリアやお祝いに最適♪
西陣織帯に描かれる図柄は、縁起がいいとされる動植物や物品などを描いた吉祥文様です。なので和風のインテリアとして部屋や事務所などに飾るのがおすすめです。お祝いや記念品などの贈り物としても最適です。また、飲食店などショップの壁飾りとして和の雰囲気を演出するアイテムとしても活用いただけるでしょう。

クリスマス柄名古屋帯 & ハロウィン柄半幅帯
プロジェクト終了後には一般販売の予定ですが、今年のクリスマスシーズンに着用していただくには最優先で納品させていただける本プロジェクトで支援いただくのが確実です。ハロウィン柄半幅帯は、試験販売ということで各1点限定の販売となっています。



<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社辻梅機業店
 ●事業者の住所/所在地:〒603-8473 京都府京都市北区大宮南山ノ前町14
 ●事業者の電話番号:Tel: 075-495-3340
 ●送料:送料込み(沖縄・離島につきましては、実費送料が発生します。)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください