はじめに・ご挨拶

プロジェクトページをご覧頂きありがとうございます!

New Family Cafe Buddy paX(バディパークス)では

『Happiness for all living creatures』  『 全ての生き物が幸せになる為に 』を活動理念として、動物愛護を犬猫愛護のみで終わらせる事がない様、環境保全にも取り組みお店に来て頂いた命あるもの全てが暖かく平和な気持ちになり、心から応援し、また来たくなるドッグカフェを目指します。


「相棒・仲間・家族・絆」地球上すべての生き物を意味する「Buddy」と

ラテン語で「平和」を意味し、公園(パーク)と掛けた「pax」を合わせて

『Buddy paX』と名付けました。

しかし、何故最後のXが大文字なのか?それはBuddy paXで新しい家族が見つかった動物達は家族が見つかった事がゴールでは無く、素敵な一生の始まりになる事を願い、英文の始めを意味する大文字にその想いを込めています。


このプロジェクトで実現したいこと

今現在日本での殺処分数は右肩下がりの減少傾向にあります。近い将来殺処分はこれまでの携わった方達の努力のおかげでゼロになる事が予想されます。


※環境省HPより引用 https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html



しかし、このままでは殺処分こそ無くなったものの、生まれて間もなく親元を離され兄姉バラバラになってしまう子達や卑劣な環境下で一生を終える子達がいなくなることはないでしょう。

コロナ禍でペットブームなどと騒がれている世の中では尚のことです。

やがて「可哀想な子達が生まれるならペットを飼うのはよくないよね。」となり動物と一緒に暮らす文化、産業が下火になるのでは無いかと私は考えます。


でも私はそうはならないで欲しいです。今まで自分自身多くの動物達と暮らし、動物達から沢山の幸せと素晴らしい体験を与えてもらいました。

この体験を今度は犠牲の上で成り立つのではなく、全ての生き物が幸せに暮らせる社会で子供達に残したい!そしてそれをお手伝いする職業を世の中に増やしていく事をミッションとしています。

具体的には

「ペットショップで生体販売をしなくても良くなるシステム開発」

「もっと動物と一緒に遊びに行ける場所を増やそうプロジェクト」

「動物と暮らせる住居を世の中に増やす不動産プロジェクト」

「保護シェルターがもっと身近になる複合施設」

等の案で、動物が好きが暮らしやすいは当たり前で、嫌いな人にも暮らしやすい、迷惑をかけない社会を実現させます。

今回のカフェは、その第一歩を成功事例で飾る為のプロジェクトになりますのでご是非賛同下さい!






BuddypaXでは

◆保護動物の譲渡活動

◆野良猫のTNR(野良猫に避妊手術を行いこれ以上お外で暮らす猫達を増やさない)活動

◆環境問題を多くの方に正しく知ってもらう為の啓発活動

◆ヴィーガン料理を動物達と一緒に楽しんで頂く活動

この4点を活動の軸に運営していきます。




お店の概要

住所:沖縄県糸満市米須138

営業時間:日の出〜日の入り

○ご利用料金○

ふれあいスペース 30分500円ワンオーダー制(ペット同伴飲食スペースのみのご利用は無料)

ヴィーガン和蕎麦   880円

ヴィーガンラップサンド 770円

ハンドドリップコーヒー 550円

オリジナルソフトドリンク450円


※最終調整により価格設定の見直しはご了承下さい。


なぜプロジェクトをやろうと思ったの?

カチャカチャと爪で音を立てながらガラスケースを引っ掻く小さい犬。その横には当時、小学生だった私には逆立ちしたって手が届かない何十万円と書かれた値札が貼ってある。


小さい頃から生き物が大好きだった私はゲームセンターに行くかのようにペットショップに通っていました。

犬や猫、亀やインコにフクロモモンガまで、その可愛さに吸い込まれるように何時間も眺めていた記憶があります。


しかし何故、命にお菓子やおもちゃと同じ様に値札が貼られているのか疑問に思ったまま大人になった頃。「あぁ、なんて身勝手なんや人間は。」そう思わざるを得ない殺処分の現状を知ります。


とにかく行動がしたかった私は色々な保護施設にボランティアとして足を運ぶようになりました。

そこには人間の事が大好きで甘えて来てくれる綺麗な目をした動物達、朝から晩まで沢山の動物達のお世話に明け暮れるスタッフ方達。

そうかと思えば、別の施設では飼うことが出来なくなった子を引き取り料と言った名目でお金を貰って引き取っては臭くて狭いゲージの中で最低限のお世話をしているだけのいわゆる「引き取り屋」と呼ばれる保護団体が存在する事も目の当たりにしました。

しかし、良い団体、悪い団体も現場で頑張っているスタッフの方達は目の前の子達をどうにか幸せにしてあげたい気持ちで働かれている事に変わりはありません。

そして、ボランティア活動と寄付はもちろん素晴らしく、これからの日本にもっと普及していくべき文化ですが、それに頼り切るのは限界があり、仕事として成り立てば保護活動がもっと加速するし救える命も増える事も感じました。それを解決する為には保護活動自体が自走できる持続可能なビジネスモデルが必要だと考えております。



そして、BuddypaXで提供するモノ全ては動物性不使用のヴィーガンとなっております。

犬が好きな人・嫌いな人

トカゲが嫌いな人・好きな人

牛を食べる人・食べない人

人それぞれ選択、趣味趣向は自由です。犬が嫌いな人に犬好きを強要することがないのと同じで、ヴィーガ二ズムを強要する気は毛頭ありません。

ただ、小さな頃から人間以外のの生き物を動物と呼ぶのも違和感を覚えていた事と、動物愛護を仕事にする以上は同じ動物達、「犬猫は可愛い!牛豚鶏は食べ物だよね。」とは言いたくありません。


守ろうとしている動物達(人間も含め)は地球の恩恵無しには生きて行けません。ですから環境問題、全ての命にも目を向けて動物愛護活動を行っていきたい想いから辿り着いた結果です。



まだまだ綴り切れませんが以上がこのプロジェクトを始めたい理由と想いになります。



資金の使い道

ご支援いただいた資金はカフェ運営の為以下の通りに使用させて頂きます。

内装工事費  3,000,000円

※こちら物件取得当初の2019年の見積書になり、消費税率が異なっております。

※記載価格から現在まで進行している工事費用を差し引いた金額がこちらになります。

厨房機器  500,000円

車両   300,000円

家具類  250,000円

食器、消耗品類 100,000円

HP作成、広告宣伝費  100,000円

運転資金 595,000円×4ヶ月=2,380,000円

CAMPFIRE手数料  1,127,100円

合計 6,603,000円

目標金額をまずは内装費に設定していますが、ネクストゴールで上記の合計金額を最終目標としていますのでご支援よろしくお願い致します!




リターンについて

1,000円

◆BuddypaX利用券1,000円◆

カフェでの全てのメニューにお使い頂けるご利用券となります!電子にて発行しメールにて送付致します。

※お釣りはご用意致しかねますが、次回ご利用時に残高もご使用頂けます。

※利用期限はお店が営業する限り有効とさせて頂きます。

保護した動物達のお写真に手書きのお礼のメッセージを添えた画像をメールにてお送り致します!



3,000円

◆ポストカードサイズ似顔絵アート◆

ご家族の動物をモチーフにした似顔絵アートをお送り致します。プレゼントにも喜ばれています!

このアートは動物達も地球の一部で植物の様に相互関係にあることから、動物達を通して環境問題にも目を向けて欲しいと言う想いが込められています。

枚数 1枚
プロジェクトオーナー作画
※MailもしくはSNSのDM等で似顔絵のお写真を頂戴しますので備考欄にご希望の連絡方法の記載をお願い致します。



4,000円

◆BuddypaX利用券4,000円◆

カフェでの全てのメニューにお使い頂けるご利用券となります!電子にて発行しメールにて送付致します。

※お釣りはご用意致しかねますが、次回ご利用時に残高もご使用頂けます。

※利用期限はお店が営業する限り有効とさせて頂きます。

保護した動物達のお写真に手書きのお礼のメッセージを添えた画像をメールにてお送り致します!


5,000円

◆B5サイズ似顔絵アート◆

ご家族の動物をモチーフにした似顔絵アートをお送り致します。プレゼントにも喜ばれています!

このアートは動物達も地球の一部で植物の様に相互関係にあることから、動物達を通して環境問題にも目を向けて欲しいと言う想いが込められています。

枚数 1枚
プロジェクトオーナー作画
※MailもしくはSNSのDM等で似顔絵のお写真を頂戴しますので備考欄にご希望の連絡方法の記載をお願い致します。



10,000円

◆BuddypaX利用券10,000円◆

カフェでの全てのメニューにお使い頂けるご利用券となります!電子にて発行しメールにて送付致します。

※お釣りはご用意致しかねますが、次回ご利用時に残高もご使用頂けます。

※利用期限はお店が営業する限り有効とさせて頂きます。

保護した動物達のお写真に手書きのお礼のメッセージを添えた画像をメールにてお送り致します!



40,000円

◆キャンバスf20サイズ似顔絵アート◆

ご家族の動物をモチーフにした似顔絵アートをお送り致します。プレゼントにも喜ばれています!


このアートは動物達も地球の一部で植物の様に相互関係にあることから、動物達を通して環境問題にも目を向けて欲しいと言う想いが込められています。

枚数 1枚
プロジェクトオーナー作画
※MailもしくはSNSのDM等で似顔絵のお写真を頂戴しますので備考欄にご希望の連絡方法の記載をお願い致します。



10,0000円

ここまでのご支援下さったあなたは動物達と私の恩師です。全身全霊全力で感謝申し上げます!出来ることなら直接お会いして面と向かってお礼をさせて下さい!

※お会いする際は公共の場で面会します。

保護した動物達のお写真に手書きのお礼のメッセージを添えた画像をメールにてお送り致します!



30,0000円

ここまでのご支援下さったあなたは動物達と私の恩師です。保護動物に着ける首輪のプレートにお名前を刻ませて下さい!

全身全霊全力で感謝申し上げます!出来ることなら直接お会いして面と向かってお礼をさせて下さい!

※お会いする際は公共の場で面会します。

※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をごローマ字でご記入ください。

保護した動物達のお写真に手書きのお礼のメッセージを添えた画像をメールにてお送り致します!

全てのリターンの活動報告はCAMPFIREの活動報告機能にてご報告致します。




実施スケジュール
2021年6月内装工事開始

2021年9月内装工事完了

2021年9月保護動物の迎え入れ

2021年10月行政手続き完了

2021年11月 グランドオープン

※リターンに関しては可能であれば是非ご来店した際、感謝の言葉と共に手渡しさせて頂けると幸いです。ご希望の場合は備考欄にてお知らせ下さい。



最後に

最後にこの子猫『Switch』の話をします。

2021年5月25日の夕方。その日の沖縄は特有のスコールに似た雨でした。友人と車を走らせていると、カラスが白い何かを突っついています。

車を停めて見てみると両目から血を流しずぶ濡れの子猫です。拾いあげると微かに鳴きました。お店の準備中で資金の無かった私はSNSでこの子の為の寄付を募りました。

すると、親、友人、会ったことも無い方達まで沢山の方から寄付が集まりました。そのお金でスグに病院に連れて行き治療を行いましたが2日後、病院から亡くなったとの一報が入りました。


全力は尽くしたけどもっと早くお店をオープンさせれていたら。と考えると不甲斐なさに悔しくて悲しくて仕方ありませんでした。

でも、たまたま目の前に現れた子ですら苦しい思いをしている。自分が見えてないだけで世の中には今も苦しんでいる動物が沢山いる事を改めて思い出させてくれた気がしました。


この日から一日でも早く、一頭でも多くの動物を助ける環境を作りたいと思っています。この気持ちにもう一度スイッチを押してくれたこの子猫を「Switch」と名付けてお店に樹木葬しています。


このクラウドファンディングが一日でも早く達成出来るとオープン日も11月とは言わず早める事が出来ます。

それには皆様の御力が必要です。

どうかお願いです

力を貸して下さい。

ご支援下さいましたら是非SNS等でシェア下さい。


私自身、厚かましいと思われても、何を思われても構いません。このプロジェクトに本気です!


それではBuddypaXで皆様にお会いしてお礼申し上げれる日を楽しみにしています。

ご精読ありがとうございました。








~特定商取引法に関する記載〜

   ●販売事業者名:New family cafe Buddy paX

   ●事業者の住所/所在地:〒901-0335沖縄県糸満市米須138

 ●事業者の電話番号:「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください