1Fカフェスペースでは、「親子でゆったり食事ができる場」を、 2Fシェアオフィスでは、「子連れでの作業も想定した、親と子どもも快適な場」を、 応援してくださる方々のお力のもと、実現していきたいと思っています。 モモの木の白鷺店(大阪府堺市)の立ち上げを、応援してください!

プロジェクト本文

はじめまして。おうちcafeモモ店長・任意団体「モモの木」の代表の横尾と申します。
おうちcafeモモは、親子でゆったりと食事ができるカフェです。

 

▼「モモの木」は、子どもを持つ母親が「自分の時間」を持てる場作りをしています。

具体的には、子どもと一緒に家ではできない体験(農体験や流しそうめんなどの食イベント)、親子のリフレッシュや学びの場となる教室やワークショップの開催をしています。

 大事にしたいことは、「好き」を通じて、人と人とが繋がり合える場つくり。
そして、社会と繋がり、自分の力を発揮できる場つくりです。

 

▼自分の子育てから感じた社会とのつながりの大切さ

私には、11歳.8歳.5歳の息子がいます。子供を持つことはとても幸せなことですが、妊娠、出産、子育てと、ママの生活はガラッと変わり、子供がいるからと我慢すること、思い通りにならず、イライラしてしまうことなど、夫婦だけの生活では起こらなかったことが次々起こりました。

小さい子どもを誰かに預けて”自分だけの時間”を持ちたいなと思っても、親や兄弟が近くに住んでいないとできなかったり、費用がかかったりします。でも、子どもと一緒にいながら”自分を取り戻す時間”を持つことなら、場所と時間があれば実現できるんじゃないか。

家でも学校でも会社でもない、リラックスして子供と一緒に過ごせる場所があれば、ママの心を満たすことができるのでは?そしてママの心が満たされていれば、子供の心を満たすことにも繋がるのではないか?

我慢しなくても大丈夫、罪悪感を持たなくても大丈夫、そう感じられる場所をつくりたい。
そんな思いから大阪府堺市で「おうちcafe モモ」というカフェを立ち上げました。

 

モモの木では、「カフェ」・「ショップ」・「教室スペース」・「放課後学童支援」と様々なプロジェクトを行っています。カフェに来た人同士、また教室へ通う人同士、学校の宿題を持って集まる小学生達それぞれが繋がり、モモの木という場所を囲んで小さなコミュニティが生まれています。

 

[ママやパパ、子供たちが繋がるコミュニティ作り]

”地域の親子でつくる百舌鳥精進おせち料理”

例えば、毎年年末の12月31日には、地域の親子で集まり、”百舌鳥精進おせち料理”を作っています。先生は、代々百舌鳥精進料理を作っている家に嫁いだお嫁さんです。昨年は約10組の親子が集まり、それぞれグループに分かれて1品ずつ作り、最後に自分のお重にみんなで作ったおせち料理を詰めていきました。今では手軽に購入できるおせち料理も、こうして地域に代々伝わるレシピを地域の親子で作ることで、レシピだけでなく、日本の文化や習慣を感じることができます。


”学童の放課後支援 モモの木学校”

また2015年には、学童の放課後支援として”モモの木学校”を始めました。(2016年全労災地域助成事業として受託。)地域の子どもが集い、みんなで遊んだり、地元の住職さんから”いのちの話”を聞けたり、ファイナンシャルプランナーのママさんから”お金の話”が聞けるなど、普段学校では教えてくれないことに触れられるサポートをしてきました。

 

”ママにとってちょっと楽しい ママの時間”

こどもと一緒に参加できるクッキング・映画鑑賞・ヨガ・ピラティスなどの講座を週替わりで行い、ママにとってちょっと楽しい時間作りをしています。こどもを見守りスタッフに預けて、少しだけママが自分を取り戻せる時間です。ママの得意なこと、やってみたいことがあれば、参加者から先生になることも。みんなで教え合い、繋がり、刺激し合える場所つくりを行っています。

こうしたママやパパ、子供たちが繋がるコミュニティ―作りの場を、増やしていきたいとずっと思っていました。

 

この度、ご縁があり、白鷺にモモの木の2号店を作ることが決まりました。
場所は白鷺駅から徒歩1分。すぐ裏にコインパーキングもあります。
すぐ近くには白鷺公園もある子育て世代が多い地域です。

▼モモの木 白鷺店の立ち上げと運営について

モモの木 白鷺店は、1号店である百舌鳥店での経験や、関わってくださった皆さんのお声を反映し、1階がカフェ(土日月はレンタルチッキンスペース)、2階がシェアオフィス+教室・イベントスペース での立ち上げを進めています。


<現在工事中です(1F)>

 
今回チャレンジしたいのは、今までのカフェ・教室スペースに加えて、ママ・パパのための「シェアオフィス」。シェアオフィスは、オープンなスペースを共有します。



日常過ごしていてもつながることがない職種や趣味・関心が異なる人と人が、モモの木という共通の空間と時間を、お互いを少しだけ意識しながら共有する。その中で、新しい人脈やプロジェクトが生まれて、多くの方々の繋がりが広がっていくことを目標としています。

しかし、自己資金だけでは費用が足りず、モモの木の白鷺店の立ち上げを、応援してくださる方をこちらで募集することに致しました。


モモの木は家でも学校でも会社でもない、みんなで過ごせる空間(場所)を引き続き創っていきたい!そう思っています。カフェでは、「安心安全なオーガニックの食材をできるだけ使い、親子でゆったり食事ができる場」をつくります。


<モモの木 百舌鳥店のランチセット例>

 

そして2Fシェアオフィスでは、子連れでの作業も想定した、親と子どもも快適な場にしたいと考えています。具体的には、おむつ替え台やキッズスペースも完備したシェアオフィスにしていく予定です。応援してくださる方々のお力のもと、実現していきたいと思います。

 

==============モモの木 白鷺店 概要==============

2階 オフィススペース・クラウドスペース2つのスペース+教室・会議スペース。
1階 モモの木のキッチン付きレンタルスペースの利用者も募集します。
※事前にご予約いただきますと子どもの見守りスタッフも手配いたします。(1時間1000円)


<オフィススペース・クラウドスペース2つのスペース>

○オフィススペース (1テーブル2m×1.4m)
初期費用 5000円
月額料金 3万円(+管理費4000円)

業種を問わないクリエイターが集まる、シェアオフィスのスペースです。
(無料設備)・光熱費込み・机・椅子・無線LAN(Wi-Fi)・共通冷蔵庫・ポット・住所所有/会社登記可・掃除用具等・シェア棚
(オプション)・コピー機  (モノクロ¥8/カラー¥40)・電話番号提供・プロジェクター

       

○クラウドオフィス
初期費用5000円 
月額料金 1万円

オフィススペースは必要がないけれど、PCを持ち込んで仕事ができるスペースをお探しの方へ。子供連れで手仕事ができるスペースをお探しの方へ。

 

<教室・会議スペース>

約10帖の教室・講座スペースです。
教室・会議スペース
1時間2000円 (以後30分ごとに1000円プラス)

 
 

<モモの木 キッチン付きレンタルスペース>

キッチン付きレンタルスペースでは、堺市産のオーガニックのお米のおにぎりとその米粉と使ったパンケーキのお店として営業します。

カフェの営業は週4日(火・水・木・金) 11:00~15:00。
それ以外の日時、月・土・日の日 10:00~21:00は、キッチン付きレンタルスペースとしての運営を予定しています。料理教室の開催・食事つきの講座やイベント・友達同士の集まりにご活用ください。

○キッチン付きレンタルスペース

(月土日のみ利用)
利用料金:1時間3000円 (2時間~)
1日利用(9:00~17:00):2万円 
半日利用(4時間料金:9:00~13:00/14:00~18:00/17:00~21:00):1万円

  

▼最後に

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
モモの木は、子育てをしながら社会福祉士として働いていた私の経験を経て、立ち上げ、現在も試行錯誤しながら地域とつながるしくみを作っています。

face to faceを大切にしたいと考えているため、シェアオフィス・キッチン付きレンタルスペースのご利用者様とは面談を行う予定です。職種は問いませんが入居をお断りする場合もありますのであらかじめご了承ください。

子育てをがんばる全ての方に安らぎやエネルギーを与えられる場所を目指してがんばります。
応援、何卒どうぞよろしくお願い致します。

 

※寺田さんの「いのちの壱」米のこと

「いのちの壱」は「コシヒカリ」や「ほとめぼれ」などと同じ、お米の品種です。一般のお米と比べ、病気にかかりやすく、栽培が難しいお米です。貴重なお米として、一般にはご進物用のお米として扱われ、私たちの手にはなかなか入りません。味は、もっちりと美味しく、粒も通常のお米の2倍ほどあります。寺田さんの「安心安全なお米を食卓に届けたい!」との熱い思いと手間暇かけた日々の作業で、農薬・化学肥料を全く使わない「いのちの壱」の栽培が堺市南区でおこなわれています。この寺田さんの「いのちの壱」を食べられるのは、百舌鳥の「おうちcafeモモ」「キッチン穂」とこの度オープンする「おうちカフェモモ 白鷺店の3か所だけです。是非、「いのちの壱」ランチ を食べに来てください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください