毎日のご飯を美味しく頂く。
そんな思いから「究極のご飯鍋 極」は生まれました。

火加減いらず、吹きこぼれなく、美味しいご飯が炊ける[究極のごはん鍋 極]

====================================

プロダクトのご紹介

遠赤外線効果を利用した電子レンジ・オーブン調理器兼食器の「UTSUWA美(うつわび)」、大ヒットの「オンリー碗」に続く、画期的なごはん専用の有田焼炊飯器です。
遠赤外線効果をさらに向上させるために、特殊耐熱陶土と特殊釉薬を開発すると共に、米粒が立って宝石のように輝く美味しいごはんが簡単に炊けるように3つの革新的なヒミツ(仕組み)を開発しました。
※(特許)実用新案取得済
さらに、蓋部分に伝統的な有田焼きの絵付けを施すことで、機能性と実用性に加え美しさもプラスして、より使いやすい商品になっております。

◇伝統的な有田焼の絵付けを施したデザイン

◇各部紹介

◇究極のごはん鍋が美味しく炊ける仕組み


====================================

こだわり・特徴

「究極のごはん鍋」は、新しい3つのこだわり(技術)で今までにないごはん鍋を実現しました。
遠赤外線効果を向上させるために、
①特殊耐熱陶土に新開発の釉薬を施釉し、
②圧力調整のための「小蓋」、
③裏側に螺旋状の突起を加工した「蓋」の3つのこだわりです。


そのことにより、米の芯まで熱がとおり、水分を含んだふっくらしたごはんが出来上がります。

【こだわり1】

 「究極のごはん鍋」は、従来の陶磁器製の土鍋とは異なり、現代のライフスタイルに合ったモダンでシックなデザインであるだけでなく、遠赤外線効果をさらに向上させるために、特殊耐熱陶土に新開発の釉薬を施釉しています。
これにより、お米の芯まで熱が通り、ふっくらしたごはんが炊き上がります。
また、保温性が高いので、火を消すだけで、途中で火加減を気にする必要がありません。
特殊耐熱陶土と特殊釉薬施秞 

【こだわり2】

蓋の上部にある小蓋によって蒸気を閉じ込めるだけでなく、適度な圧力がかかり、蒸気の吹きこぼれや飛び跳ね防止にもなり、美味しいごはんを炊くことが出来ます。
それだけではありません! この小蓋が、吹き上がりの合図を音で知らせてくれるので、「カタカタ」と音が鳴ったら火を止めるだけで、手間なく、火加減なく、吹きこぼれなく、蒸らして美味しく炊くことができます。※(特許)実用新案取得済
圧力調整の仕組み
沸騰すると小蓋が「カタカタ」と音を立てますので、この音がなったら火を消してOK!

【こだわり3】

蓋の裏には螺旋状の突起が施されています。このことにより、蒸気を逃がさず、蒸気の水滴がまんべんなくごはんに落ち、美味しく炊くことができます。※(特許)実用新案取得済
蓋の螺旋状突起効果

【製造工程】

「究極のごはん鍋」は、有田焼のさまざまな工程を経て完成します。次の写真は製造工程の一部です。一つ一つ丁寧に手作業で製造しています。


■職人が1つ1つ丁寧に絵付けしております。


■1つ1つ丁寧に手作業で絵付けしております。



利用シーン / 利用方法・操作方法

究極のごはん鍋は、電気を使わず、簡単に、美味しく炊くために開発しました。普通のお米でも新米のように、ふっくら美味しく炊くことができます。その手順は次のように簡単です。(2合炊き・家庭用カセットコンロの場合)

米粒が立って宝石のように輝く美味しいごはんが簡単に炊けます。

電子レンジで炊く場合は、最初に設定(2合炊きの場合、600ワットで約9分、蒸らし約15~20分)するだけで美味しいごはんが炊けます。

モダンでシックなデザインで、適度な重さで、使いやすく、美味しいごはんをさらに楽しくしてくれます。

食卓においてスタイリッシュなお食事タイムが待っています。


====================================

プロダクト誕生までのお話

◆有田焼きをもっと身近に感じてもらいたい。美術的な価値だけでは無く、実用的な価値も知ってもらいたい。という願いの元、有田焼製造販売の八右衛門窯 大慶が長年培って来た遠赤外線効果をさらに向上させて「究極のごはん鍋」を開発スタート

◆3つのこだわり(①新開発の陶土と釉薬、②蓋の蒸気圧力調整小蓋。③蓋裏の螺旋状突起)で実現
究極のごはん鍋専用の陶土と釉薬の開発に始まり、ご飯が美味しく炊けるために研究開発した、蒸気圧力調整小蓋や蓋の裏面にある螺旋状の突起で少ない水分でも最高の状態でご飯が炊けるように研究開発を進めました。

◆直火・電子レンジの両方に対応、モダンでシックな美しいデザインで新しいライフスタイルを満喫
毎日でも使いたくなる、使いやすい商品を目指して開発を進め、蓋面に伝統的な有田焼の絵付けデザインを施し、機能性だけで無く見た目にも美しいデザインを実現しました。
直火・電子レンジ両方で調理が可能なため、家庭での調理は勿論ですが、キャンプなどの野外でも、直火を使って美味しい白米が食べられます。
また、昨今大きく報道されている、自然災害などの緊急時にもガスや電気が必要なく、直火でご飯が美味しく炊ける調理器具としてもご利用いただけます。



====================================

リターンのご紹介

リターンは下記の写真のように、3個パーツで構成された「究極のごはん鍋 極」1セットとレシピ本が付きます。
■詳しい使い方や、アレンジレシピなどもご紹介しておりますので、初めての方でも簡単にお使いいただけます。


====================================

製品情報・仕様


====================================

会社・チームの紹介

創業1879年(明治12年)、私たちは受け継がれてきた技術と美を駆使し、日々その時代にあった商品を開発してきました。
今回の「究極のごはん鍋 極」は、これまでの遠赤外線効果商品の集大成でもあり、お客様によりよい商品をお届けするために日夜努力しております。是非、ご支援・ご声援を何卒、宜しくお願い致します。
株式会社大慶は、家族全員で仲良く頑張っております。


    


店舗(有田町アリタセラ内)




====================================

Q&A
Q:電子レンジでの調理法を詳しく教えてください。
A:以下のご確認ください。


【電子レンジでご飯を炊く場合】をご紹介します。

米・・・1合=150g、2合=300g

~お米を炊く前に~
お米を手早く洗い、炊く前に別のボウルで米を研いで、
水を浸水させてください。
(浸水時間の目安は、夏場は約30分、冬場は約1時間です。)

浸水後米を鍋に移して水を入れてください。

 1合炊き 水 約200ml
 2合炊き 水 約400ml

 W数:600W
 1合炊きの場合 約7~8分
 2合炊きの場合 約9~10分
 ※沸騰するまで加熱してください。(電子レンジが曇ってきたら沸騰の合図で
す。)
 電源を切ってから、蒸らし約15~20分で出来上がりです。

 ※お米の種類や、季節、水の温度などにより、沸騰までの時間や、
 ご飯の仕上がりが変わる可能性がありますので、加熱時間を調節してください。
 ※お好みにより水加減を調節してください。

■電子レンジのW数別の加熱時間の目安
【500W】 【600W】 【700W】  【900W】
1分10秒   1分    50秒    40秒
2分20秒   2分  1分40秒  1分20秒
------------------------------------------------------

====================================

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社大慶
 ●事業者の住所/所在地:〒849-4143 佐賀県西松浦郡有田町下山谷乙1162-12
 ●事業者の電話番号:Tel: 0955-46-2323
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


<ご注意事項>

※使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。
※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。

以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください