皆様、初めまして。BCS出版代表、土山 誠(つちやままこと)と申します。
BCS出版は、電子書籍を専門に取り扱っている出版社です。2020年2月に事業を始めてから2021年8月までの1年半で既に300冊を超える電子書籍を出版しています。以下の表紙は、出版した電子書籍のほんの一部です。

私がお伝えしたいのはなにより、

紙の本では難しかった書籍の出版が、
電子書籍なら簡単にできる!

ということ。これだけの数の電子書籍を出せたのは、電子書籍の出版が紙の本と比べて簡単だからに他なりません。

✅売り上げがなかなか上がらない…
✅他の事務所と差別化できない…
✅なかなか顧問先を増やせない…
✅自分の本を出版してみたいけれど、ハードルが高い…

一つでも当てはまる項目があるあなた、私と一緒に電子書籍を出版してみませんか?


これまでは書籍と言えば紙の本。自費出版するには600万円から1000万円、最低でも300万円はかかるといわれてきました。金額もさることながら原稿として12万文字以上、400字詰めの原稿用紙なら約300枚を準備する必要があることや、企画から発刊まで平均して1年ほどかかることもあり、泣く泣くあきらめた方が大半かと思います。


しかし近年、電子書籍の登場により、自費出版は飛躍的に簡単にできるようになりました。
紙の本と比較した場合、3つの大きなメリットがあります。

①原稿が少なくても出版できる!

紙の本で約12万文字、原稿用紙約300枚必要だと言われる原稿ですが、電子書籍であれば1万文字、原稿用紙約25枚以上準備すれば出版が可能です。また、修正や差し替えなども容易ですので、出版後も修正が可能です。

②出版されるまでの時間が短い!

紙の本では企画から出版まで1年以上かかるのが普通です。特に商業出版は出版社の意向が強くなり、時に意にそぐわないタイトルや表紙や内容になることも少なくありません。しかし、電子書籍なら原稿が仕上がってから最短で1週間ほどで出版できます。より世の中の状況に沿った内容の出版が可能です。

③コストがかからない!

電子書籍出版にかかる費用は紙の本のおよそ1/10。電子書籍は非常に安価に出版できるのです。しかも紙の本の場合、売れなければ在庫の山。保管場所や劣化なども気になりますし、売れても在庫がなくなれば終わりです。しかし電子書籍なら、廃版ということがありません。つまり一度作ってしまえば少なくとも10年は、「書籍を出版しました」というご案内ができる!これは電子書籍ならではの大きな強みです。


デメリットがあるとすれば、『本屋に並ばない』というところかと思いますが、少しずつ電子書籍の利用者もプラットフォームも増えている今、電子書籍はこれからのメディア。これからを見据えて電子書籍で出版する、という考え方もできるのではないでしょうか。


加えて、私がいま強力にお勧めしているのは、費用をクラウドファンディングで捻出すること。
いくら安いとはいえ、それなりの額をぱぱっと準備するのは難しいですよね。でも、クラウドファンディングでお金を集めることができれば、クラウドファンディングの設計により実現可能な実質無料の電子書籍を出版できるのです!


クラウドファンディングを成功させるため、いま日本で一番クラウドファンディングを実施・成功させている集団『スバキリ一味』と提携して、クラウドファンディングを実施いたします。『スバキリ一味』 代表の小西さんは、1年半で200件以上のクラウドファンディングを成功させてきた、クラウドファンディングのプロ。この4月の提携開始からすでに10件以上、クラウドファンディングを利用した電子書籍出版のご依頼をいただいています。


「でも、もしクラウドファンディングでお金が思うほど集まらなかったら…??」

ご安心ください。BCS出版で電子書籍を出版していただけるなら、そのリスクは弊社が負担いたします。クラウドファンディングの準備段階からその成功を支援させていただくとともに、集まった金額の範囲内で出版させていただきます。

私はこの、「クラウドファンディングを利用して電子書籍を無料で出版する仕組み」をより多くの人に伝える方法として、電子書籍を出版することを思い立ちました。電子書籍出版をプロデュースする私自身がクラウドファンディングを使って電子書籍を出版する、これこそまたとない題材だと思い、このプロジェクトを立ち上げたのです。


電子書籍を作るうえで一番大事なのは、何よりも原稿を書いていただくこと。でも、長文を書くのは初めてで、なかなか筆の進まない方もいらっしゃるかと思います。BCS出版では、書籍の企画打ち合わせに始まり執筆のアドバイス、タイトル・表紙の提案など、できる限りのサポートをさせていただきます。
電子書籍は、原稿さえあればおよそ1週間で書籍化が可能です。


1)完成した原稿を、電子書籍用に編集します。

2)タイトルやイラストを配置して、表紙を作成します。

ご自身のお好みのテイストやイラストで、表紙を作成していただけます。

3)出版手続きをします。

必要な情報を入力し、原稿と表紙をアップデートしたら、完成です!



私はずっと会社員として、広報の仕事を主に行っていました。その間、独立を考えて税理士に挑戦するも、あと1科目というところで断念せざるを得なくなりました。それでも独立したい気持ちは消えず、何か方法はないかと思っていた時に出会ったのが、電子書籍出版だったのです。

できるところまでやってみよう、と多数の電子書籍を出版するうちに、電子書籍の特性が分かってきました。電子書籍は出版のしやすさ、自由度の高さもさることながら、真の魅力は別にあります。


その一つは、圧倒的な社会的信用を獲得できること。
電子書籍は出しやすいにもかかわらず、「書籍を出した」という社会的信用は紙の本とほぼ変わりません。特に士業の方は、出版するだけでも「書籍を出している先生」という、強力な権威付けがなされます。更に本を読んでファンになってもらえれば、書籍を出していない同業者より確実に格上としてみてもらえるようになり、全国からお仕事の依頼が舞い込むようになるのも夢ではありません。

二つめは、アンリミテッドでファンが作りやすいこと。
私は電子書籍の出版先に、アマゾンのKindleをお勧めしています。Kindleには購入して読む方法と、Kindleアンリミテッドで読む方法がありますが、書籍を購入して読む方の20倍、アンリミテッドで読まれることが、300冊超の出版経験からわかりました。「買うほどでもないけど読んでみたい」という方にも読んでいただける、つまりご自分のことを知っていただけるチャンスがそれだけ広がります。

三つめは、サイトのURLをあちこちに埋め込めること。
Kindleの電子書籍には、URLを埋め込むことができます。ご自身のHPやLPをお持ちなら、書籍の中にURLを埋め込んでおけば、ワンクリックで開けます。電子書籍を読んで興味を持っていただいた方に、ご自身のHPやLPに来ていただくきっかけになります。電子書籍はプロモーションにとても有効な手段なのです。

私自身、税理士として独立を考えていたころ、開業後のプロモーションに悩みました。この電子書籍のプロデュース事業を始めたのは、その経験があるからこそ。

・税理士・社労士・弁護士・司法書士・行政書士
・中小企業診断士・ファイナンシャルプランナー・経営コンサルタント
・整体師・ネイルサロン・アロマサロン
・エステサロン(痩身サロン、鍼灸サロン)・占い師
・恋愛カウンセラー・起業コーチ・育児カウンセラー・幼児教育カウンセラー
・ボイストレーニング教室・ヨガ教室・ペン字教室・柔道教室・学習塾等の事務所、店舗を経営されている方。

上記のような方々をはじめ、多くの人にぜひ電子書籍を有効活用していただきたい!と思っています。 


おすすめは何より、電子書籍『クラウドファンディングを利用して電子書籍の出版を支援する仕組み 』です。士業の方、コンサルタントの方、教室を経営されている方を始め、書籍出版を夢見る方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。


変わり種としては、『子供をテニスの世界ランカーにする方法』はいかがでしょうか。次男はあの錦織圭選手のアメリカ時代のコーチについて、テニスの世界ランカーとして活動していた実績があります。子どもを世界ランカーに育てるにはどんな練習をするべきなのか、親としてどのようにサポートしていけばいいのか、具体的なやり方やスケジュールをレポートにまとめてお渡しします。


もう一つ、『男性が一人デュエットができるようになるオンラインレッスン』は、男性の方に女性並みの高音を出す方法を指導するリターンです。これができれば、カラオケでデュエットソングを一人で歌えます!私がこの発声を身に付けたのは、50歳を過ぎてから。カラオケに行けない今のうちに練習しておいて、晴れて行けるようになったらお友達の皆さんにお披露目すれば、驚かれること間違いなしです。ご興味があればぜひ!


その他のリターンおよびリターンの詳細については、リターン一覧をご覧ください。
※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


皆様からお預かりした資金、大切に使わせていただきます。

・電子書籍の出版費用(約300,000円)
・CAMPFIRE手数料(17%)

に全額充当させていただきます。
万が一想定以上にご支援を頂けた場合は、電子書籍の広告宣伝費に充当させていただきます。

8月下旬:クラウドファンディング開始
9月末日:クラウドファンディング終了
10月~ :リターンの実施についての打ち合わせ開始


本業をお持ちで、そのことについて本を出したい方に声を大にしてお伝えしたいのは、「資金がないから」と出版をあきらめる必要はない、ということです。電子書籍なら、書籍出版のハードルはとても下がります。そして、クラウドファンディングを使えば、実質無料で書籍を出すことが可能なのです。

電子書籍『クラウドファンディングを利用して電子書籍の出版を支援する仕組み』を一人でも多くの方に読んでいただき、この支援の仕組みを利用して出版した電子書籍が事業のプロモーションの助けになれば、何よりも嬉しく思います。
このプロジェクトにご賛同いただき、温かいご支援を頂けますよう、どうぞよろしくお願いします。


※クラウドファンディングの実施には、リターンのご用意などご負担が発生する場合がございます。実質無料とはクラウドファンディングの設計により実現が可能です。


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:Tel:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください