はじめに・ご挨拶

はじめまして!当プロジェクトを閲覧頂きありがとうございます。 この度『小麦の奴隷 河内長野店』で店長を務めさせていただく“ととろん”と申します。

 簡単に自己紹介をさせて頂きます! 山口県の下関市にある病院が、メディカルアドバイザーを務めている“フィットネススクール ロコモK.O”という運動施設でトレーナーをしておりました。

 鍼灸師としての知識も活かし運動に経絡(気の流れ)を使ってみたり、身体の不調に対して自宅で行えるツボ押し等をお伝えしてきました。

 弊社新事業として今話題のエンタメパン屋“小麦の奴隷”のFC加盟をすることになり、トレーナーからパン屋の店長になるべく名乗りをあげました。 

小麦の奴隷とは

今回大阪府河内長野市にオープン予定の小麦の奴隷ですが、まだご存知でない方のために簡単にではございますが、ご紹介させていただきます!

発案者は堀江貴文さん。

五島列島を訪れた際に田舎のお洒落なパン屋にチャンスがあると発案しました。 それを受け、現代表の橋本玄樹さんがロケット事業で関わりのあった北海道大樹町にて小麦の奴隷をオープン。

「ザックザクカレーパン」がカレーパングランプリ2020・2021で金賞を取り、以降、小麦の奴隷の代名詞となりました!

小麦の奴隷のこだわりは厳選した小麦粉を使用した冷凍生地。

これにより小麦粉から生地を練り上げる作業や一次発酵をなくし職人のイメージを一掃しました。

パン屋の労働時間の改善やパン作りのハードルが下がるため地方の雇用創出に繋がっています。

またエンタメパン屋というコンセプトをかかげ、面白い商品名や、購入金額ランキングを打ち出すなど、お客様に楽しんでもらうことを重視しています!

~小麦の奴隷の由来~

とある昔、わたしたちは小麦の出現により狩猟採取民族から農耕民族となった。 そして現代、おいしいパンをはじめとする小麦の奴隷となっている。

焼きたてのあの香りが忘れられない。

今日食べても、また明日食べたい。

引用:小麦の奴隷HP

プロジェクトで実現したいこと

【小麦の奴隷】で我々が実現したいこととして、地域コミュニティの活性化・健康増進がございます。


現代社会の問題で挙げられるものの1つに「フレイル」があります。

※フレイル=加齢により心身が老い衰えた状態

フレイルの原因には、

①筋力低下

②加齢に伴う活動量の低下と社会交流機会の減少

③低栄養

などがあります。

しかしフレイルは、早く介入して対策を行えば元の健常な状態に戻る可能性があります。高齢者のフレイルは、生活の質を落とすだけでなく、さまざまな合併症も引き起こす危険があります。

そこでそれらを解消するためにパンの移動販売を活用しようと考えました。

現代の社会問題として「フレイルの出現と進行」「地域での孤立」が挙げられ、河内長野も例外ではないと思います。

私たちが移動販売で巡回することで、地域の方々同士の交流、生活リズム、社会への関心・好奇心を提供することが出来ます。

弊社事業はフィットネスジムや医療機関と連携しているため、運動指導や健康に対する悩み相談の窓口になるお手伝いもできます。


資金の使い道

集めた資金は開店準備、新商品開発費用に使わせていただきます。

最後に

エンタメパン屋として、小麦の奴隷では移動販売にも力を入れております。 

交通手段を持たない方の近くにも今話題のパンをお届けできることに魅力を感じました。

河内長野に活気が出る1つのきっかけになりたい!

この想いで新たな挑戦をいたします。

 成功のためには皆様のお力添えが必要です。何卒宜しくお願いいたします!!

【小麦の奴隷 河内長野店】

1/26(水)オープン予定

・住所:大阪府河内長野店小塩町97-4

・電話番号:0721-55-3113

・営業時間:10時~16時

・定休日:水曜日


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社トック
 ●代表者:中東 直子
 ●事業者の住所/所在地:〒750-1114 山口県下関市王喜本町4-3-25
 ●事業者の電話番号:Tel:083(282)8688
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご覧ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください