プロジェクト継続のお知らせ

皆さまのおかげで、目標金額に達しました。ありがとうございます。

プロジェクト終了まで募集を続けます!

ご協力よろしくお願い致します。

最後まで読んでいただけると、嬉しいです!


はじめに・ご挨拶

ご覧になっていただき、ありがとうございます!

自然が大好きで、子どもも大好きで、将来は離島やへき地の産婦人科医になりたい、

この夢を叶えるために、秋からウクライナのドゥニプロ医科大学に進学します。


このプロジェクトで実現したいこと

ウクライナで医学を学ぶための資金調達!(その先のゴールはこれから説明します)


プロジェクトをやろうと思った理由

月12万×6年間で864万円の奨学金を借りて進学します。

こんな借金を背負っても、バイトをしても、それでもまだまだ足りません。

来年度の進学も保証されていたので、今年一年働いて資金を貯めてから渡航する道もありましたし、真剣に考えました。しかし、この一年を医師になるための時間として使いたくて、どうしても一年でも早く医師になりたくて、どうしてもウクライナで学びたくて、何回反対されても、泣いてお願いして、嘆願書としてお手紙を書いて職場まで歩いて持って行って、担当の方と10時間以上お電話させていただいて、何度も自分と向き合って、親戚に頭を下げに行って、また泣いてお願いして(泣きたいと思っていなくても想いが溢れて勝手に涙が出てくるんです)、やっとやっと応援してくれて、執念で掴んだウクライナ行きです。

働いて資金を調達することができなかった分、何かしなければ!と思い、クラウドファンディングのプロジェクトを始めることにしました。手に入れた一年という時間を将来の誰かのために使えるように学んでまいります。


これまでの活動

ちっちゃな頃から「医師になる〜!!!!!」と言い続けてきて、10年くらい経ちます。

成り行きで英語に力を入れている中高一貫校に通い、英語が大好きになって、その時は考えもしていなかった、英語で医学を学ぶ、という道に進むことになっている自分に誰よりもわたし自身が驚いています。

行動力だけはあって、医学部生の方にコンタクトを取っていろいろな話を聞いたり、学生団体に入ったり、大学生や社会人の方しかいない合宿に混じったり、イベントでプレゼンしたり、ひとりで島に行ったり、、、

無駄だったと思うことはひとつもないし、これらのおかげでわたしの考えがつくられて、今に至ります。


そこからどうやって、ウクライナに進学しよう!という目を疑うような(?)ことになったのかを紹介します。

高1の春、村おこしNPO法人ECOFFの村おこしボランティアに10日間参加。

参加者がなかなか集まらず、結局一人で、フェリーに乗って、遠い小さな離島に行くことになりました。

十島村に位置する中之島では、医者は月に2回しか来ない、レントゲンも救急車も入院施設もない、本土からドクターヘリはなかなか飛んできてくれない、いちばん驚きだったのは、この島でお産ができないこと。そんな島はここだけじゃないこと。

その事実を知って、でも何もできない高校生だから、医学部に入るしかないと思って、ただただ医師になりたくて、がむしゃらに勉強して、国立大を受けて、浪人が決定しました。国立大にいくしか道はないと思い込んでいたけれど、もう一回ちゃんと自分と向き合って考えてみました。

離島の産婦人科医になりたいって簡単に言っていたけれど、施設や器具が十分でないところで、島の人たち全員の命を守る砦にならないといけない、そんな大きな役割を、逃げてばかりの私が果たせるわけがない。こんな豪語している自分を凄いと言ってくれる人たちはいっぱいいるけれど、それしか自信をつける方法がなかったから言っていただけなのかもしれない。このままじゃ、浪人して医学部に入れたとしても、ただ医師という肩書きだけがある人にしかなれないと思いました。

自分を変えたいと思って海外に飛び出る人たちは世界にたーくさんいるけれど、まさか私がそのうちのひとりになるなんて思ってもみませんでした笑

私が変われば医師としての私と関わる患者さんの未来を変えることができるはずです。

島の診療所のお医者さんと看護師さん

島で出会った方からプレゼントをいただきました。島の方たちは優しすぎて感動です。

海外といったらアメリカとかイギリスとかオーストラリアとか、医学部で言うとハンガリーとかチェコとか、そういった国が有名どころですが、私は海外ならどこでもいいという訳ではなくて、ウクライナにしか行きたくありません。どこそれ?とか、危ないんじゃないの?とかとか、私が選んだ国がウクライナだったからこそめちゃくちゃ反対されました。それでも私はどうしても行きたくて、無理やりだったかもしれないけれど、なんとか説得しました。

ドゥニプロ医科大学は、ウクライナで唯一、国家から認可されている私立医大です。2年生から臨床実習が始まり、処置する様子を間近で見られて、救急において対応できる知識や実践力を身につけることができます。また、子ども病院が充実しており、手術件数や分娩数も日本と比べて全く見劣りすることがないそうです。日本みたいに医療器具がほとんど揃った綺麗な施設での実習をすることができるわけではないですが、私は逆にそこに魅力を感じました。離島やへき地には十分な医療施設はありません。その中で住民の方々と関係を築いて、現場に身を浸し、共感しながら寄り添う医師になるには、住民の方々に頼られるだけの力を身につけなければなりません。ドゥニプロ医科大学ではそれを身につける学びを得られるはず!と強く感じました。

さらに学生の9割以上が英語ネイティブで、また現地ではロシア語が普通に使用されているとのことで、ロシア語と英語を使いこなせるトリリンガルな医師になるのも目標の一つです。

菜の花畑 inUkraine

修学旅行でしか飛行機に乗ったことのない、東京にも行ったことがない、もちろん海外なんて行ったことがない、こんな田舎者の私が秋からウクライナに行ってきます。

たくさんの人に応援されて、迷惑をかけていますが、覚悟を決めました。私の想いは本気です。サポートしてもらった以上のことを持って帰ってくることをお約束します。

資金の使い道 

目標額10万円内訳:

①プライベートレッスン代一回約¥1200×20

プライベートレッスン:現地の教授陣がマンツーマンでご指導してくださいます。英語ネイティブではないというハンデがある私たち日本人が授業をよく理解し、より良い医学の知識を身につけるために受けようと考えているレッスンです。

②来年夏休み期間に日本に帰国するための渡航費約¥100000(レートにより変動あり)

足りない分は渡航するまでの間、バイトで補います。

※一部CAMPFIRE手数料に使用されます。

※本プロジェクトは実施することが決定しているため、All-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


Dnipro Medical Institute ドゥニプロ医科大学

リターンについて

こんな私には、本当に小さなことしかできません。

お礼のメッセージや、活動報告、質問対応を通して感謝の気持ちをお伝えします。

6年間、皆さんへの感謝を胸に、医学を学んできます。


実施スケジュール

2021年8月週1回 オンライン夏季講習

9月4日 クラウドファンディングプロジェクト終了

9月8日 ウクライナ渡航予定

9月15日 ドゥニプロ医科大学入学、授業スタート

カリキュラムは、身体システム(循環器系、内分泌系、腎臓系、呼吸器系など)を中心にした科目で構成されています。後期には、専門分野別(プライマリーケア、医学、治療、外科、整形外科、小児科、精神科など)に実習を行います。

入学後6年間、SNSを通じてドゥニプロの街や大学の魅力を発信していく予定です。

2022年8月 リターン送信

大学2年〜 授業+オンライン国家試験対策講座受講

毎年6月〜8月 夏休み帰国

〜2027年7月 ドゥニプロ医科大学 医学英語プログラム

現地の医師国家資格取得後、帰国

書類審査後、日本語診療能力調査受験→医師国家試験受験資格認定

日本の医師国家資格取得

その後2年間臨床研修

産婦人科専門医取得

医師体験

感染症対策について

コロナ保険に加入し、陰性証明書をとり、渡航します。また、渡航先の感染状況や感染防止策、感染した場合の現地の医療体制の確認等をしっかりと行います。現地では手洗いうがい、消毒を徹底し、感染予防に努めてまいります。


最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

わたしはいつも突拍子もないことを言い出して、わがままで、頑固で、特に家族には迷惑をかけてばかりです。それでも応援してくれる方たちがわたしの周りにいて、幸せものだなぁとつくづく感じます。

人生は出会いと想いとご縁で大きく変わると実感しすぎて、あの出会いがなかったら、あの時こうしていなかったら、あの選択をしていなかったら、、、と思うと本当におそろしいです。これまで、私と出会ってくださって、応援してくださった方々には感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。

私は、想いで人の心を動かして、夢を叶えることができると信じています。

自分から言語も文化も異なる大変なところに飛び込んで、これから長い自分自身との闘いになると思います。

悔いのないように、思う存分学んできます!

お気持ちでもご支援頂ければ本当に本当に嬉しいです。

よろしくお願いします。


右です!

2021.08 Shimokado Rieko


応援メッセージをいただきました。



■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ●送料:送料込み

 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし 

 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください