『革命のファンファーレ』刊行記念・西野亮廣1万人の単なる〝飲み会〟を開催したい! 西野さんと読者みんなで、イベントの内容から考え、運営して、打ち上げまで楽しみたい!

プロジェクト本文

 はじめまして、幻冬舎の編集者の箕輪です。

10月4日。

画期的な本が発売になります。

『革命のファンファーレ』西野亮廣です。

この本は現代の「お金」、そして「広告」について書かれています。

いかに物を作り、多くの人に届けるか。その方法が5年前とは、まったく変わっているということが、西野さん自身の経験と共に明かされています。

で、あるならば、僕も出版社の人間として、

この『革命のファンファーレ』を今までになかった発想とやり方で、多くの人に届けたいと考え、このプロジェクトを立ち上げました。

目標販売部数は1万部です。

プロジェクトの内容は、1万人集めて西野亮廣『革命のファンファーレ』トークイベントをやるというものです。

そして、通常の『革命のファンファーレ』とは違う特別な表紙を西野さんと作り、イベント会場の入り口でお渡しします。

つまり特別表紙の『革命のファンファーレ』がイベントチケットになっているということです。

また、このイベントは他のイベントとは違い、徹底的にお客さんと一緒に作り上げようと思っています。

理想は、1万人の観客、全員スタッフ状態です。

西野さんが言うように、これからのコンテンツは、受け手ではなく、作り手として参加できるもののほうが、きっと楽しいはず。

一緒に、どんなイベントにするかを考え、運営し、成功させて、打ち上げに行きましょう。

僕は、この『革命のファンファーレ』がベストセラーになったとき、ワクワクする未来がすこし早くやって来ると思います。

そのために、このプロジェクトを成功させたいと思っています。

力を貸していただけると嬉しいです!

革命のファンファーレを鳴らしましょう。

※追記

10/1放送の『革命のファンファーレ出版記念 3時間拡大スペシャル!』での秋元康さんのアイデアにより、イベントの内容がより楽しい方向に変更になりました。

講演会ではなく、単なる〝飲み会〟となる予定です。

秋元康・小山薫堂・堀江貴文・藤田晋・西野亮廣・前田裕二・大石絵里といった錚錚たるメンバーが何らかのカタチで参加します。

また番組放送中(24:15まで)に支援された方には特別リターンが決定いたしました。

堀江貴文「肉磨き」
藤田晋「abema非売品グッズ」
小山薫堂「悪いようにはしない」
松村厚久「カツオの藁焼き」
近藤太香巳「スマホゲーム『神の手』の何らかの特典」
西野亮廣「『えんとつ町のプペル』試写会」
前田裕二「あの頃の弾き語り&SHOWROOM特製アバター」
大石絵里「癒しのモーニングコール」


詳しい経緯はこちらをご覧ください!

https://abema.tv/channels/special-plus/slots/AY6RhzCoUGBsom
『革命のファンファーレ出版記念 3時間拡大スペシャル!』

今後も、ワクワクするようなリターンを考えていきますので、みんなで一緒に盛り上げましょう!

 2018年2月に都内某所にてイベントを実施します。詳しくは活動報告にて決定次第発表します。

 

【革命のファンファーレとは】

クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、"現代のお金の作り方と使い方"と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。


【著者について】

西野 亮廣

1980年兵庫県生まれ。
芸人。

著書に、絵本『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』、小説『グッド・コマーシャル』、ビジネス書『魔法のコンパス』があり、全作ベストセラーとなっている。

 

プロジェクト代行 森 孝徳

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください