世界でも最高水準のクオリティーといわれる「Made In Japan」のジーンズ。 しかし昨今、「本当に良い物」を作ることができる工場は年々減り続けています。 日本の工場と「神様」と呼ばれる技術を守り、そしてMade In Japanの「究極のデニム」を作る為、何卒皆様の力をお貸し下さい!

プロジェクト本文

プロジェクトをご覧いただきありがとうございます!
Libertad 代表兼デザイナーの西尾と申します。
僕は京都を拠点として、「Made In Japan」にこだわったオリジナルジーンズ、【Libertad】(リベルタ)をプロデュースしています。 

【Made In Japanの最高峰、こだわり抜いたプレミアムジーンズ】

僕がプロデュースするLibertadは、今や世界でも評価の高い日本製のジーンズの中でも世界レベルでの「最高品質」を追求しています。ジーンズの聖地と呼ばれる岡山県を中心に、国内でも最高の技術力を持つと評される工場や職人の方を集めて制作するプレミアムジーンズです。

みなさんの中には、ジーンズといえば「岡山」や「児島」と聞いただけでクオリティーが高いと勘違いしている方も多いのではないでしょうか?

僕は今まで10年以上様々な有名ブランドのジーンズ企画にかかわりながら、その製品と製造現場を見てきました。
「岡山」「児島」「Made In Japan」と謳われるジーンズは数多くありますが、ブランドとして産地の名前ばかりが先行し、実際は本当にハイクオリティーと呼べるものはそう多くありません。

だからこそ、「本物のMade In Japan」の技術とその品質、そして物作りに関わる現場人達のことをを少しでも多くの方に知っていただきたいという想いから、このプロジェクトを公開させていただきました。

【自己紹介】

僕は学生の頃から色んなジーンズを穿き続け、1年365日ジーンズを穿かなかったことはありません。21歳の頃に独学で初めてジーンズをデザインしてから、起業後は様々な有名ブランドからジーンズ制作に関するお仕事をいただき、現在に至るまで多くの経験と勉強をさせていただきました。

そんな中、「本当に良い物を追求して、自分の手でお客様に届けていきたい」という気持ちが強くなり、2014年に自身のオリジナルジーンズブランドとして「Libertad」(リベルタ)をスタートしました。

↓よろしければWebサイトもご覧下さい↓
Libertad Official Website

【ジーンズへの飽くなき追求】 

Libertadのジーンズの素材となるデニム生地は、全て国産で織られる最高級の【セルビッチデニム】を使用し、縫製は日本国内随一の縫製工場にて厳正な品質管理のもと、丁寧に一本一本縫い上げています。


セルビッチデニムを織る旧式の力織機


困難な縫製仕様も難なく縫い上げる熟練した職人

↓詳しくはコチラ↓
Official Website 【Libertad Raw Collection】

①シルエットの追求

ジーンズをデザインする際に僕が一番大切にしているポイント、それは穿いたときのシルエットです。ジーンズも「ファッション」である以上は穿いた時にどれだけ格好良く見えるかが大切だと考えています。

Libertadの定番となるジーンズは「Cigarette」と名付けたスリムテイパードシルエット。「煙草のようにシャープなライン、そして一度穿くとなかなか止められない」という意味が込められています。

いくら良い生地を使っても、どれだけ縫製が良くても、穿いた時に不格好では意味がありません。細身でスタイルの良い人しか似合わないようなジーンズではなく、「穿く人をスタイリッシュに、魅力的に見せる」為に、10年以上かけてパターン(型紙)改良を続けてきました。

画像ではかなり細身に見えますが、ウエストサイズをピッタリ合わせるとスリムでスタイリッシュなシルエットに、ワンサイズ上を選べば少し余裕のあるリラックスしたシルエットで穿くこともできます。
「自分は細身のジーンズは似合わない」と言う方も、一度足を通せば納得の万能シルエットです。


※写真はお客様の着用参考画像です。(共にジャストサイズで着用)

②色落ちの追求

ジーンズの醍醐味である色落ち。
ノンウォッシュ(いわゆる「生」と呼ばれる)状態から穿き込むことで、あなたの体型やライフスタイルによって全く異なる表情に色落ちし、その表情を豊かにしていきます。
そんな色落ちを作り出しているのは、素材となるデニム生地を織る綿の種類や糸の太さ、使われる染料や染め方、縫製の仕様や縫い方に至るまで、たくさんの要素があります。Libertadのジーンズは、穿き込むことでの色落ちを追求し、その全てにこだわって制作しています。

※写真はノンウォッシュの状態と洗濯を繰り返して1年間穿き続けたもの
共にLibertad Raw Collection「Jimbabwe」

③耐久性、穿き心地の追求

僕が考える「ジーンズ」とは、まず一番に「丈夫」であること。
ガンガン穿いて洗濯を繰り返しても、ペラペラにならず生地にしっかりとしたコシが残ることが僕の理想です。

ジーンズに使われるデニム生地は、10oz前後のものから超厚手の20ozのものまで様々な生地がありますが、Libertadでは穿き心地や耐久性などの実用性のバランスを考えて、13.5oz~14ozのセルビッチデニム生地を厳選して使用。
また素材選びだけでなく、長く穿き続ける為にポケット口やバックポケットなどの負荷がかかる部分には、あらかじめ強度を持たせた仕様でデザインするなど、長く穿き続ける為のディテールを盛り込んでいます。

④「究極」のヴィンテージ加工の追求

 ジーンズのヴィンテージ加工には、ジーンズを作り始めてからというもの14年に渡りそのクオリティーを追求してきました。
時には物作りにおいて職人の方と衝突しながらも様々な知識と経験を得て、ついにその境地とも呼べる「究極」のヴィンテージ加工に辿り着きました。

Libertadのジーンズのヴィンテージ加工を担当するのは、数多くの世界のスーパーブランドのコレクションアイテムを手掛ける、世界一の加工技術「神の手」を持つとされる天才職人。

その天才職人が自ら全ての加工作業を担当し、Libertadのヴィンテージ加工を手掛けます。その圧倒的な加工技術はもはやアートと呼ぶにふさわしい、まさに「究極」のヴィンテージ加工ジーンズです。

↓詳しくはコチラ↓
Libertad【Ultimate Vintage Collection】

【作り手とユーザーを繋ぐ、「本物」と呼ばれるジーンズを作る】

「本物」。
本当に価値のあるもの。
それは作り手とユーザーとを「繋ぐ」物なのではないでしょうか。

1本のジーンズが出来上がるまでの物作りに関わる多くの人の想いと情熱。
そしてこだわりを持って作られた物に対してユーザーが「価値」を見出す。

現場で物作りに関わる人達と、ユーザーが「共感」「共鳴」する物。
それこそが僕の求める物であり、「本当の価値がある物」なのだと思っています。 

僕が一番嬉しくて、幸せに思う瞬間。
それはLibertadのジーンズを穿いた人に「心から満足」していただけた時です。

「このジーンズを穿くと自信がつきます!」

「こんなジーンズを探していました!」

「周りからすごく評判がいいです!」

そういったご感想をいただいた時は本当に嬉しくて仕方ありません。
作り手として直接ユーザーと接することで、僕はその声を直接聞くことができる。
そしてその声を現場に届けることで、職人の方々もやりがいと喜びを感じられるはず。
ユーザーと現場を僕を介して一本のジーンズが繋ぎ、みんなが笑顔になる。
それが僕の目指す物作りの理想です。

たかがジーンズかもしれません。
世の中には溢れるほどのジーンズがあります。
だからこそ、僕はその中で【本物】と言っていただける物を作って、一人でも多くの方に届けていきたいのです。

しかし、そんな物作りをしていく為に守っていかなくてはいけないものがあります。

 【Libertadの物作りを支える、その道60年の縫製職人】

Libertadのデニムを縫製いただいているのは、中学校を出て15歳から現在75歳に至るまでその道60年、休みの日以外は毎日ミシンを踏み続け、関係者からはジーンズ縫製の「神様」と崇められる、Libertadのジーンズ達の「お母さん」。

縫製工場の社長も「彼女がいなくなったら工場が成り立たない。」と、社長自ら定年後も永年雇用をさせて欲しいと頭を下げ願い出たほど、熟練した技術の持ち主です。

「この歳になっても仕事をさせていただけるのは本当にありがたいこと。後継者が育つまであと10年は引退できないねぇ。」

そう話すお母さん。

この笑顔と「神様」と呼ばれる至宝の技術を、僕は守っていきたいのです。

【衰退する日本の工場と技術を守る】

「ファストファッション」と呼ばれる海外大量生産による安価な製品の流行により、国内の工場は大きな危機に面しています。
今、海外製品との価格競争に巻き込まれた国内のアパレルメーカーは販売価格を抑える為に、工場、職人の方々の労働力の対価、プライドともいえる工賃さえも「値切る」という行為を当たり前のように考えています。
メーカーが支払う工賃はどんどん下がり、「Made In Japan」の技術とプライドは今も安売りをされ続けています。
その結果、いくら仕事を受けても満足のいく利益を確保できない工場は次第に経営不振に陥り、ついには工場閉鎖に追い込まれてしまう工場も少なくはありません。

このままでは日本の物作りはどんどん衰退してしまいます。
一番大切にしなければいけないのは現場で作業する職人の方たちです。
技術を持つ工場や職人の方がいなくなれば、いくら良い物を作りたくても作ることができなくなってしまいます。

僕がこれからやっていかなければいけないことは、現場と一緒に知恵を出し合って「本当に良い製品」と呼ばれる物を作り、その正当な価値を一人でも多くの方へ伝えていくことで、工場、職人の方が満足して「笑顔」で仕事ができる、そんな環境を作っていくこと。
そうすることが「Made In Japan」の技術と誇りを後世に伝え、日本の物作りをより良いものにしていけると信じています。

僕は小さなメーカーで今はまだ大した力もありませんが、情熱を持ってこの信念を貫いてみせます!

【支援金の用途・リターンについて】 

今回このプロジェクトの為に、Libertadのジーンズの中でも大人気シリーズである【Libertad Raw Collection】に加える新作として、現在新しく3種類を生産中です。

このプロジェクトにて集まった支援金は、お世話になっている工場での新しい製品の開発と、念願のショップオープンの為の一部資金として、大切に使わせていただきます。

ご支援いただいた方へのリターンは、この新作3種を含め、やスペシャルなジーンズやプレミアムなセットもご用意させていだきました。

リターンの詳細は下記の通りです。

◆製品の詳細については、下記それぞれのリンクからWEBサイトでご覧いただけます。

◆【デザイナーからのお礼のメール&展示受注会の招待状】

◆【Campfire 特別価格】
手描き京友禅絵師がハンドメイドでカスタム
カスタムスニーカー「Silver」1足

◆【先着5名  特別価格】
Libertad Raw 定番インディゴデニム「Pure Indigo」1本

◆【Campfire 特別価格】
Libertad Raw 新作インディゴデニム「Tyler」1本

◆【Campfire 特別価格】
Libertad Raw 新作ブラックデニム「Buddy」1本

◆【Campfire 特別価格】
Libertad Raw 新作ホワイトデニム「Lucille」1本

◆【3名様限定 究極のジーンズ 】
・「神の手」と呼ばれる天才職人がオーダーメイドで制作する
「究極」のヴィンテージ加工ジーンズ 「Ultimate-Weiland-」1本

◆【1名様限定!プレミアムセット】
・「神様に出会う旅」Libertadデニム制作現場見学ツアー1泊2日
・「神の手」が作る究極のヴィンテージ加工ジーンズ 【Ultimate-Weiland-】1本
・Libertad Raw Collection新作3種より いずれか 1本

製品は全て、このCampfireのプロジェクトの為に【特別価格】にてご用意しました。このプロジェクトを通して、一人でも多くの方に「本物のMade In Japanジーンズ」をお届けできることを心から願っております。

【リターンについての特記事項】(必ずお読みくださいませ。)

★【ジーンズ】のリターンにてご支援いただいた方には、おひとり様ずつサイズや裾上げについてのヒアリングのメッセージ(メール)を送らせていただきます。
必ずピッタリのサイズをご提案してお届けしますので、ご安心ください。
(サイズが合わなかった場合は交換にもご対応します。)

★【スニーカー】のリターンにてご支援いただいた方には、おひとり様ずつサイズのヒアリングのメッセージ(メール)を送らせていただきますので、返信する形でご希望のサイズをご連絡下さい。また、発送時期は【7月】となっておりますが、プロジェクト終了後すぐに制作に入りますので、完成次第、順次お届けさせていただきます。

★【プレミアムセット】のリターンにてご支援いただいた方は、工場見学のスケジュールをご相談する為、メールまたはお電話にてご連絡させていただきます。(ツアー日時はある程度ご希望に合う様に調整させていただきます。)
※宿泊費用は負担します。
※ツアーは車での移動となります。当日JR京都駅またはJR福山駅での待ち合わせとさせていただきます。

 

【最後に】

本当はもっとお伝えしたいこともたくさんあるのですが、最後にこの場をお借りして少しだけお礼を言わせて下さい。

僕が今こうして物作りが続けられるのも、今まで長い間応援し続けていただいているファンの方や、生産に携わっていただいている工場関係者と職人の方々、そして友人と家族のお陰です。いつも本当に、本当にありがとうございます。

皆様の協力無しでは僕は今までこうして仕事を続けてくることはできませんでした。
いただいたご恩は、文章や言葉でお返しできるようなものではありません。
必ず、恩返しができるように今後より一層努力していきます。
こんな私ではありますが、これからも何卒宜しくお願い致します。

 

このプロジェクトを最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。
真の「Made In Japan」の技術を伝え、日本で世界一のジーンズを作る為、そしてその技術と誇りを守っていく為に、何卒皆様のお力をお貸し下さい!

宜しくお願い致します!

 

「Libertad」代表 兼 デザイナー Yu Nishio 

  • 2016/11/13 12:59

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 2016/05/20 10:56

    みなさんこんにちは。 とうとうプロジェクト終了まで残すところあと【2日】となりました! みなさまのおかげで現在、目標金額の【169%】を達成し、目指す【200%達成】まであと少しというところまでやってきました プロジェクト公開までは不安に思うこともありましたが、多くの方からご支援と応...

  • 2016/05/17 17:18

    みなさんこんにちは! 4月から公開させていただいたこの【Campfire】でのプロジェクトも、終了まで残すところあと【5日】となりました。 目標金額も達成することができ、多くの方にご支援いただけたことを心から感謝しています。   プロジェクト終了間近の大切な時期ではありますが、実は先週...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください