支援者の皆様のおかげで 2週間で目標額に達する事が出来ました。ありがとうございます。また、多くの暖かいコメントを頂きまして重ねてお礼申し上げます。伊豆山港の漁業者も少しずつ元気を取り戻して来ました。


しかしながら伊豆山港の復旧には 漁業者が時化の時や船体整備の為に船を陸揚げするウィンチ(巻上機)の整備 設置等の費用や港内の美化整備 潜水調査で分かった残留物の撤去等の課題が残っています。450万〜600万円に上方修正させて頂きまして、ネクストゴール600万を目指してみます。多くの支援者様からの拡散とシェアをお願いします。もう少しだけお力添え宜しくお願い致します。

必ず皆様に良い報告ができる様に引き続き伊豆山港復旧に頑張ります。




ご挨拶

初めまして伊豆山漁業会に所属する(喜久丸)松本早人です。伊豆山港復旧の為にプロジェクトリーダーとして頑張ります。

令和3年7月3日の熱海伊豆山豪雨土砂災害では多くの犠牲者や地形が変わる程の大惨事になってしまい伊豆山港も壊滅的なダメージを受けてしまいました。災害発生から自衛隊・消防隊・警察官の方々の懸命な捜索活動していただいていますが、未だに行方不明の方々もいます。地元民は一刻も早い発見を祈る事しかできない状態です。

クラウドファンディングは初めての試みなので 説明に至らない事あると思いますが宜しくお願いします。

このプロジェクトで実現したいこと

災害で壊されてしまった伊豆山港を復活させ多くの笑顔が集まる港にしたい!

私たちの伊豆山港のご紹介

熱海 伊豆山は伊豆半島と静岡県の入り口で海や山の自然を感じられる場所です。その中でも伊豆山港は年間海水の透明度も良く小さな港なので隠れ家的な穴場スポットで四季の魚・四季の海中が楽しめる場所!

プロジェクトを立ち上げた背景

今伊豆山港は多くの土砂が流れ込み ダイバー・釣客・観光客の皆様が利用していた港の施設が一瞬にしてボロボロの形に変わり 我々漁業者数名の力では、ほぼ再建は難しい状態で皆が漁業者を諦めかけています。なんとか漁業者が辞めずまた釣客・ダイバー・観光客の皆様が遊びに来てもらいたいんです。

これまでの活動

伊豆山港を復興させる為、静岡県行政に何度も相談を持ちかけて、伊豆山港周辺の伊勢海老漁場の海底調査や伊豆山港内の土砂や泥水の調査、伊豆山港施設の復興計画等を相談してきました。

行方不明の方の捜索協力等


9月末には港内の土砂の撤去がほぼ取り除いてもらえましたが、まだ泥水は港内港外に流れて来る状態です。


伊豆山港周辺伊勢海老漁場は 9月〜10月末の間に何度か海底調査を行なって頂きましたが泥水で水色も悪く 海底には残土がある状態です。 


伊豆山港港内施設の復興計画は国からの支援が大部分受けれそうな形が見えてきました。


資金の使い道・実施スケジュール

今現在被災したシャワー室及びトイレは、少しでも経費がかからない様に来年度の公費解体を予定しています。(令和4年4月以降に解体

シャワー室 トイレ 休憩避難所等の施設設計 正規見積りを作成中で5〜6月から工事に着工を目指しています。

シャワー室及びトイレ 休憩避難所等の再建に、約2000万円予定です。

水道設備約30万程度 電気設備約20万円程度 仮復旧工事に必要です。本復旧にはもう少し費用がかかるとの業者さんの見積りでした。


予算の確保状況

令和3年11月末現在の予定では、国からの支援で1500万円の補助金が予定です。

大熱海漁協から200万円程度予定です。

熱海市にも関節的ですが相談は何度かしてみましたが、解体費以外の支援は難しい様な感じです。

残り350万円は今現在(12月)では伊豆山の漁民の負担になる予定ですが、伊豆山港は今現在の状態では使用ができず、漁業補償的な事も無く数名の漁民では負担が厳しい状況です。

そこで 皆様のお力添えで伊豆山港復興にご協力頂きたく思います。

今回集まった資金はリターン経費(送料等を含む)費用以外の残金全てを伊豆山港復旧と復興事業資金として利用させて頂きます。



リターンのご紹介

伊豆山をモチーフとしたステッカーをお送りします。

その他には 伊豆山港で水揚げされる サザエやイセエビを伊豆山港の漁業者が皆さんに直接発送しますので新鮮です。伊豆山の漁民がサザエや伊勢海老を水揚げます。

多大なる協力者としまして お名前や企業名を伊豆山港内に掲示させてください。

伊豆山港が使用可能になり次第漁業を再開し順次発送しますので お届けまでにお時間がかかる可能性がありますのでご理解の程宜しくお願いします。

最後に

必ず伊豆山はたちなおる!

必ず伊豆山港は復活する!

必ず笑顔が集まる港にする!

伊豆山に来た事ある方 これから伊豆山に来ていただける方の笑顔が大切できる伊豆山港にします。


■ 特定商取引法に関する記載
●販売事業者名:伊豆山漁業会
●通信販売に関する業務の責任者の氏名 松本 早人
● 事業者住所
「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
● 事業者の電話番号
「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/06/14 22:37

    水道業者さんと打ち合わせしてきました。港入り口付近から30mの位置で途切れていました。しかしながら河川の横断をし市道を横断しないと水道はとどかず、先ずは河川の横断は静岡県の許可が必要との事ですが、その許可はかなり難しい許可らしく一難!熱海市道の横断も危険区域内の道路を掘り起こし水道管を埋めて戻...

  • 2022/04/18 07:00

    第一目標、第二目標と達成させて頂きありがとうございます。最終目標の伊豆山港復旧と復興に向けて大きく一歩が進む事が支援者皆さんとできます。感謝です。

  • 2022/04/06 21:20

    600万達成させて頂きありがとうございます。今日は設計士さんと施工業者さんと港の関係者でシャワーとトイレの建設に向けて打ち合わせを行う事ができました。皆さんからの支援で確実な一歩が踏み出せて改めて感謝です。又、この一歩は皆さんと踏み出している一歩一歩だと思い復旧に向けて進んでいます。まだ越えな...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください