お寺の住職が「人工知能」になったら...?自力で思考が出来るのか、法話は出来るのか、人の悩みに答えられるのか。科学技術の発展で脳が培養出来るようになった未来。人々の前には人形のロボットではなく、人形というガワさえもない 脳が表れた。ロボットが織りなす世界をどうぞご覧あれ。

プロジェクト本文

目次
____________________
____________________

・ご挨拶

・十夜フェスって?

・宝蔵寺って?

・場所はどこ?

・スケジュール

・最後に
_______________________

_______________________

ご挨拶

 こんにちは!十夜フェスの企画のひとつである宝蔵寺の企画ーAUロボ覚醒計画ーのクラウドファンディングページです。

 昨年は、人形の住職ロボットを制作し、ロボットの役割と人の役割について問いかけを行いました。昨年もたくさんのご支援をいただきありがとうございました。

 今年も「仏教×テクノロジー」の可能性を探求するために、企画を行うための資金としてクラウドファンディングを実施します。

 

 多忙な現代。本来10日間の十夜法要は、1日のみに短縮されたり、実施しないお寺も増え、伝統として衰退傾向にあります。また、近年では、仏教離れが進み、特に若い世代にとって仏教やお寺は、馴染みのないものになりつつあります。

「もっと気軽に仏教に触れる場を創りたい」
「もっと素敵な仏教との出会いを創りたい」
そんな想いも持って、私たちは、仏教を遊びながらフェスを創ります。

今年は、メイン会場となる3ヶ寺それぞれにテーマを持って開催。
「仏教×アイドル」「仏教×テクノロジー」「仏教×ファッション」

一人一人の様々な感性と表現が織りなす、京都ならではのフェスを目指します。
十夜フェスの今年の目玉は何と言っても十夜法要とテクノロジーとのコラボレーション

 

ー十夜法要ー

10日10夜にわたり絶えずお念仏を称え、阿弥陀さまのお慈悲に感謝する法要。10月から11月にかけて、全国の浄土宗寺院で行われます。

 

宝蔵寺ー『STARBORZ-ボーズの覚醒-』ー


このクラウドファンディングでは開催会場のひとつである宝蔵寺の企画を紹介していきます。

 

昨年人形の住職ロボットを制作し、ロボットの役割と人の役割について問いかけを行いました。

本年度はそこから人とロボットの間にある境界線を曖昧にし、人が何をもって人と機械を認識しているのかという問いかけを行います。


人工知能つまり自律で思考できるか。

法話が出来るか、人の悩みに答えられるか。

 

しかし悩みを聞くタイプのヒューマノイドは様々な研究室で既に研究されています。


アートの役割はまだ見たことのないものを作り出すこと。


そこで、ips細胞に着目し脳が培養できるようになった未来を先取りし現代で展示することで、人工的な生命はいったい人なのか?

それが最早人形というガワを外れて設置されたとき人は何を思うのか。


ビジュアル化して問いかけるのが今回の狙いです。

 

〜具体的にどんなことするの?〜

ips細胞によって培養された脳から伸びている一つのヘッドセット。そのヘッドセットを宝蔵寺のご住職英裕さんが装着することによって人工の脳と英裕さんが接続される。人工の脳と住職による法要とは?テクノロジーにハッキングされた法要の姿やいかに?!

また今回は、展示と同時開催でLittlebitsを使用してのワークショップを開催します。
複雑な知識や技術が無くても、各パーツを繋ぐことによって電子回路を作ることが出来るLittleBits!宝蔵寺とミラキョートのコラボレーションで送る楽しい電子工作の世界を是非ご体験あれ!


▽脳の作成過程はこちら!

□場所はどこ?

そんな世界を表現するのは今年の会場となるお寺の一つ、宝蔵寺。このお寺は、京都河原町三条のボウリング場の真裏の裏寺町通りに佇んでいます。毎日お経を唱えていると、スコーーーーンとボウリングのピンが飛ぶ音が本堂に響くのだとか。まさに現在と過去の狭間で引き継がれてきたこのお寺に、テクノロジーとのコラボレーションはよく似合います。

また、若冲ゆかりのお寺。伊藤若冲は江戸時代を代表する画家のひとりです。そんな場所で「仏教×アート」のイベントが行われることに、”縁”を感じます。
宝蔵寺と伊藤若冲の関連についてはこちらの動画から確認できます。


宝蔵寺 http://www.houzou-ji.jp/

所在地:〒604-8041 京都府京都市中京区裏寺町通蛸薬師上ル裏寺町587番地

 

● お参りになるには...

 【交通機関をご利用の場合】

阪急電車、河原町駅下車 徒歩約5分。京阪電車、四条駅、もしくは三条駅下車 どちらも徒歩約7分。各社バス、四条河原町、もしくは河原町三条下車、徒歩約3分。

 

【お車でお越しの場合】

ご参拝用駐車場の用意はございませんので、恐れ入りますが近隣(御幸町通りより西に何カ所かございます。)のコインパーキング等をご利用下さい。また、付近の道路の多くは歩行者専用道路(蛸薬師通り、新京極通り、寺町通り)となっておりますので、予めのご確認をお願いいたします。


□三条駅からお越しの場合

□河原町駅よりお越しの場合

 

 □スケジュール

 2017年4月

・キックオフ
・企画コンセプト設計
2017年6月
・上海の学会(「Woodenfish Forum : Buddhism and New Technology Shanghai」)で昨年の企画について発表。
発表会の映像はこちら→

・帰国のち報告会@宝蔵寺
・宝蔵寺アイデアソン
・「シャッカソン@宝蔵寺」の開催
2017年7月~10月
・実験や素材リサーチ
・実製作
2017年11月17 〜19日 本番!

イベント情報
⑴英裕さんの法要SHOW-STARBOZU-ボーズの覚醒-
日時:11月17日 17時〜18時、19時〜20時
   11月18日 14時〜15時、16時〜17時、18時〜19時
   11月19日 14時〜15時、16時〜17時

ーーーーーーーー

⑵KORGのlittleBitsで電子工作ワークショップ 
日時:11月18日、19日 両日とも13時30分〜17時30分
詳細:複雑な知識や技術が無くても、各パーツを繋ぐことによって電子回路を作ることが出来るLittleBits!宝蔵寺とミラキョートのコラボレーションで送る楽しい電子工作の世界を是非ご体験あれ! 

ーーーーーーーー

⑴のみ参加 500円

⑴+⑵での参加 2000円

 
□資金の使い道

今回のイベント『STARBORZ-ボーズの覚醒-』の演出の製作費用に使わせていただく予定です。
主に、
脳の型の3D印刷費用、
お寺の本堂に映像を映し出すための装飾、
本堂の脳の設置台、

などに使用します


□リターンについて

宝蔵寺は、伊藤若冲ゆかりのお寺!ということで、伊藤若冲関連グッズもリターンに加えさせていただきました。

ご協力お願いいたします。

 

【STAR-BORZ参加セット】 ¥3,000 制限なし

1)スタッフからのお礼メール

2)イベント当日チケット(※英裕さんの法要SHOWの参加権になります)

3)十夜フェスオリジナルブローチ

※当日の英裕さんの法要SHOWの参加引き換えコードをメールにて送信します。

 

【宝蔵寺満喫セット】 ¥3,000 10セット

 

1)スタッフからのお礼メール

2)御朱印(※赤かピンク片方のみ、ランダムで送らせていただきます)

3)一筆箋(※写真の片方のみ、ランダムで送らせていただきます)

4)クリアファイル(※どちらか片方のみ、ランダムで送らせていただきます)

写真(一筆箋)

写真(御朱印)

写真(クリアファイル)

 

【身につける!宝蔵寺セット】¥4,000 5セット

 

1)スタッフからのお礼メール

2)若冲作『髑髏図』の書かれたトートバック ※こちらの商品は黒色のみになります。

 

 若冲作『髑髏図』の書かれたトートバックになります。

【十夜フェススペシャルセット】 ¥10,000  限定5セット

1)スタッフからのお礼メール
2)イベント当日チケット
3)十夜フェスオリジナルブローチ
4)宝蔵寺の御朱印
5)『髑髏図』の一筆箋
6)『髑髏図』のクリアファイル
7)『髑髏図』のトートバック
8)ミニチュア脳(シリコン素材となります)
9)十夜フェスアートブック(2015〜2016年の活動が記録されたものになります)
10)十夜フェス実行委員会作成お寺の詣り方ブック

 

十夜フェスの活動が詰まったアートブック

お寺の詣り方小冊子

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください