はじめに・ご挨拶

この度、新たな子ども向けSNSを開発し、たくさんの親子に届けるために創業いたします教育イノベーターの本山勝寛と申します。

親が家にいない貧困家庭で育ち、アルバイトや奨学金で生計を立てながら東大とハーバード大学院に進学、子どもたちにより良い社会を残そうと、日本財団で子どもの支援事業の責任者を務めてきました。そして14年間勤めてきた日本財団を退職し、人生をかけて、子どもたちの未来のために世界的なイノベーションを生み出すための挑戦をしようと、独立起業する決意をしました。

今回のクラウドファンディングのプロジェクトはその挑戦の第一歩となります。


このプロジェクトで実現したいこと

子どもたちの可能性を引き出す、新しい時代にふさわしいプラットフォームとして、12歳以下の子ども向けSNSを開発します。

FacebookやTwitter、Instagram、TikTokなど大手SNSは利用規約上、13歳以上しか使えず、12歳以下の子どもはSNSが利用できない状況です。また、利用規約を違反してTwitter等を利用している12歳以下の子どもも多く、性犯罪等に巻き込まれ、決して安全ではない危険な環境にさらされています。そこで、親子で一緒に管理投稿する親子SNS「4kiz(フォーキッズ)」というコンセプトで、安心・安全で創造性を育むプラットフォームとしての、子ども向けSNSを新たにつくります。

親も承認管理することで、子どもの作品や日常を投稿できる無料SNSサービスです。


安心・安全で創造性を育む子ども向けSNS「4kiz」の主な機能

◉想定する対象年齢は5〜12歳とその親です。

◉絵、ブロック、昆虫植物観察、絵日記、作文、自由研究、折り紙、歌、漫画、演奏など、日常のひとコマから自信作まで写真や動画で投稿し、シェアします。

◉ハッシュタグ、フォロー、レコメンド、テーマ毎のルーム・グループ機能でつながりを促進し、子ども同士のコミュニティプラットフォームを醸成します。

◉氏名はニックネーム、プロフィール写真は子どもの顔写真ではなく、アバター選択機能を搭載することで、子どもたちのプライバシーが保護される安心な設計にします。

◉誹謗中傷やいじめにつながらないようにNGワードを設定し、安心で安全なコミュニティを創出します。

◉親の承認によってはじめて子どもの投稿やコメントが公開にできる設定や、子どもの投稿と同時に親に通知がいき、問題があれば非公開にできる設定、利用時間の制限設定など、ペアレンタルコントロール機能を搭載します。

◉悪意ある大人が年齢を偽って入り、子どもに個別に話しかけることを防ぐために、一対一のメッセージ機能は敢えてつけないことで安全性を担保します。

◉利用規約違反のコメント・投稿があれば、通告機能を通して、事務局により削除対応を行う体制を整えます。

この子ども向けSNS「4kiz」を開発するための創業資金を募ります。


プロジェクトをやろうと思った理由

私自身が5人の子どもの父親として子育てをし、また日本財団でこれまで100箇所近くの子どもの居場所を支援して子どもたちの様子を見てきた経験から感じてきたことがありました。


それは、「インターネットの世界には子ども向けのいいサイトやアウトプットを促すアプリが圧倒的にすくない!」ということ。

そして、子どもたちはみな、ゲームやYouTubeに流れていってしまっているということです。

これから、調べ学習やギガスクール構想などが進み、小学生期の子どもたちがインターネットを利用することは益々当たり前になっていきます。

だからこそ、子どもが楽しく使えて、かつ親も安心して一緒に楽しめるオンライン空間が必要であり、さらに子どもたちがネットの力を使ってより創造性を高められる仕掛けをつくりたいと考えました。

それが、子どもの成長や「できた!」を、子ども中心に親子でシェアし合うオンラインコミュニティとしての子ども向けSNS「4kiz」です。

子ども同士が好きなことやがんばってることでつながり合い、オンラインコミュニティを通して褒め合い、刺激し合う世界をつくりたいです。

たとえば、昆虫好きな子が、身近な周囲にはあまりいないけど、全国の同じような昆虫好きとつながり合い、お互いの自由研究をシェアしたりすることで、好奇心がもっと広がるでしょう。

かつてリンカーンが「人民の、人民による、人民の政治」を掲げて奴隷制の撤廃と民主主義の実践を訴えましたが、今回開発する子どもSNS「4kiz」は、子どもたちにインターネット革命のポジティブな側面を届けたいという想いを土台に、その理念を一言で言い表すと以下になります。

「こどもの、こどもによる、こどものためのSNS」

「SNS of the kids, by the kids, for the kids」

サービス名の「4kiz(フォーキッズ)」は、この「for kids(こどものための)」から生まれた名称です。


そして、ミッションステートメント

「こどもたちの可能性を無限に引き出す、世界中のつながりをつくる」

を掲げ、世界中から仲間を募り事業に取り組んでまいります。


これまでの活動

これまで私は、『そうゾウくんとえほんづくり』(KADOKAWA)という子どもの創造性を高めるための親子ワークブックや、『好奇心を伸ばす子育て』(大和書房)という子育て本を出版してきました。

また、勤務先だった日本財団では子どもたちの非認知能力を育む居場所を全国で推進してきました。

子どもたちは機会が与えられれば、素晴らしい創造性を発揮しますし、それを共有し合うことで、さらに創作意欲が刺激されます。実は、安心な空間さえ整えば、SNSによるオンラインコミュニティは子どもにとって大きな可能性があるということを強く思うようになりました。

子ども向けSNS「4kiz」は、子どもたちにアウトプットの機会と創造性を育む、心強いコミュニティになると確信しています。

資金の使い道

皆さまから寄せられました支援金は、アプリ・ウェブサービス開発費用に充てさせていただきます。

また、本クラウドファンディングのCAMPFIRE手数料にも使用させていただきます。


実施スケジュール

2022年の年始にアプリ・ウェブサービスの開発を開始します。2022年夏には「4kiz」(仮)をリリースし、すべての子どもたちに実際に使っていただけるようにいたします。


最後に

すべての子どもたちが夢を持てる社会をつくりたい。

そんな想いをもって今まで全身全霊をかけて仕事に打ち込んできました。

そんななか、コロナ禍をきっかけとした社会の大きな変化を目の当たりにし、子どもたちの環境もこの大きな変化に対して適応させ、さらにポジティブなイノベーションを起こしていかなければならないと強く感じました。

そのためには、私自身が安定した職を辞し、新たなチャレンジをしようと起業を決意しました。

子どもたちの未来のために、大きな変化をもたらす一歩になると信じています。

皆さまの応援がその力強い後押しとなります。どうぞよろしくお願いいたします!

77万部発行の子ども環境情報紙『エコチル』12月号にも本プロジェクトが紹介されました

朝日新聞デジタル12/18記事に掲載

本プロジェクトを応援いただいている方々

本プロジェクトは、教育や子育て、子ども支援、社会貢献、絵本、マンガ、出版、起業など様々な分野の第一線の多くのフロントランナー・専門家の以下の方々をはじめたくさんの方から、応援・サポートをいただいております。

・石川善樹(予防医学研究者、公益財団法人Wellbeing for Planet Earth代表理事)

・井上英之(一般社団法人 INNO-Lab International 共同代表/慶應義塾大学大学院特別招聘准教授)

・臼井純信(株式会社アドバコム代表取締役、子ども環境情報紙「エコチル」編集長)

・鬼塚忠(株式会社アップルシード・エージェンシー代表取締役)

・税所篤快(e-education創業者)

・島根太郎(株式会社東急キッズベースキャンプ代表取締役社長)

・白井智子(NPO法人新公益連盟代表理事)

・末永恵理(一般社団法人乳児用液体ミルク研究会代表理事)

・冨平準喜(株式会社AIdeaLab代表取締役、起業家・エンジニア)

・中川貴雄(絵描き・絵本作家)

・平岩 国泰(放課後NPOアフタースクール代表理事)

・守屋実(新規事業家) 

現代ビジネスオンラインでの対談記事“「子どもたちをSNSで世界につなげたい!」に起業のプロは何と答えたか?13歳未満でも安心できるSNSを目指す”

・山内康裕(一般社団法人マンガナイト代表理事)

・李炯植(NPO法人Learning for All代表理事)


本クラウドファンディングを通して、さらに多くの皆様からの応援の輪をつなぎ、子どもたちへの想いの輪を広げていきたいです。

ご支援よろしくお願い申し上げます。


*子ども向けSNS開発に向けた想いや目指す世界、自身の子育て経験などについて語った、代表本山勝寛のインタビュー動画もご覧ください。



<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●代表者氏名:本山勝寛
 ●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください