初めましてのご挨拶

ご覧いただきありがとうございます!

僕たちは今流行りのYouTubeを使って1年以上「生活困窮者」や「路上生活者」にお弁当を配る「炊き出し」の支援を続けてきたYouTubeチャンネル「デンジャラス赤鬼」です!
↓(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCBwZDLH0cRQ2Pi2ZYEY6agg

路上生活者の方達にお弁当を作って配る活動を続ける中で、「食べること」の大切さ、「食事」の重要さを身をもって体感してきました。↓(支援の様子)実際の支援の様子

「食べることは生きること」でもある。そんな思いから路上生活者の方達だけではなく未来ある「子どもたち」や「子育てや育児に励む親御さん」がお腹いっぱいご飯を食べることができて、気軽に悩みや相談をできる空間を提供したい。そういう思いで「子ども食堂」を開店しようと考えました


このプロジェクトで実現したいこと

僕たちはこの子ども食堂で「たった一つの食堂で10年後の笑顔を作る」を実現します。

現在、感染症の影響で貧困が拡大する日本。当然、子どもをもつご家庭の貧困も拡大しています。貧困と言っても、全体の約16%(日本の7人に1人)を占める家庭が「相対的貧困」の状態にあります。そしてそのうちの半数以上が「ひとり親世帯」であることが分かっています。貧困は、家庭内虐待や子どもの学力低下にも繋がるなど、未来ある子どもたちに深刻な問題を引き起こします。

そんな「未来ある子どもたち」「子育てに励む親御さん」が安心して悩みや不安を打ち明けることができる「憩いの場」としてこの子ども食堂を使っていただきたいです。

食堂のおかげで少しずつ貯めたお金で買った「野球ボール」がプロ野球選手に…

誰にも話せなかった子育ての悩み。それが皆んなの悩みだと気づくことができた。今では皆んなに自慢できる我が子に…

来てくれた子どもとその親御さんに「10年後笑顔でいてもらうために」

たった一つの食堂で10年後の笑顔を作ります。

子ども食堂が「金沢区にあるワケ」

子ども食堂が立ち上がる金沢区は海に囲まれ、緑豊かな場所です。鎌倉時代には幕府隣接の港としても栄えた歴史ある街です。現在は都会的な駅周辺もあれば、昔ながらの商店街も立ち並ぶ情緒溢れる街並みが特徴です。

・子ども食堂の最寄り駅(金沢文庫駅)付近にあるすずらん商店街

・都会的な景観の金沢八景駅の風景

・綺麗な街並みに溶け込む枚方湾の景色

まずは僕らの支援活動の拠点でもある金沢区で
現代の多様化した家庭の問題を、地域の方々と協力し解決に導いていきたいと考えています。


プロジェクトを立ち上げた背景

「支援とは、1人にして成らず」
僕たちが路上生活者の方達への支援をする際には、大変ありがたいことに支援者の方達から、路上生活者の方達への支援物資や支援金が集まります。
・写真上(支援者の方からご提供いただいた飲料)
・写真下(ボランティアの様子を配信中、投げ銭による支援金をいただく様子)

皆様の支援の気持ちを形にして困っている方達に届けているのであって、皆さんと僕らで力を合わせて支援をしているのだと実感しております。

この、「それぞれの支援の形」を活かせば「路上生活者」だけでなく、「子どもたち」の未来を明るくすることができるのではないか。子どもたちの笑顔が大好きな全ての大人が持っている「支援の気持ち」を形にできるのではないか。そして、路上生活者の方達にお食事を配ってきた時に見た「お腹いっぱいの笑顔」が子どもたちの笑顔と重なり、純粋に「子どもたちの笑顔が見たい!」一心でこのプロジェクトを実行させていただく運びとなりました。


これまでの活動

2020年3月から毎週、現在に至るまで合計1万食以上のお食事を「路上生活者」や「生活困窮者」の方々にお配りしてきました。

その中で、お会いした路上生活者の方を社会復帰まで完全サポートさせていただく活動や
・動画はこちらから見れます→https://youtu.be/bCOiFgaMQUs

体調不良の路上生活者の方を病院へご案内したり、生活保護申請のサポート、通院の付き添いなどの支援活動
・動画はこちらから→https://youtube.com/playlist?list=PLtg1fzcf5SYd4S9kObsIWPxXiZgpvkMaq

現在、心臓の病と闘病中の少女への寄付活動やそのお手伝い


資金の使い道

家賃…13万円

敷金…26万円

礼金…26万円

改装工事…100万円

テーブル・椅子…25万円

厨房…200万円

食器、その他雑品…20万円

予備時(維持費も含む)

※クラファン成立時に手数料として9%の手数料が発生します。
※プロジェクト成功によって得た超過報酬は、全て子ども食堂の運営、維持費として大切に支援に繋げさせていただきます。

実施スケジュール(予定)

・10月10日…内装工事開始

・12月10日…店舗経営

・1月26日…子ども食堂オープン

子ども食堂の詳細

・住所…神奈川県横浜市金沢区寺前1丁目5−27

・営業時間…毎週水曜日 17時〜20時

リターンのご紹介

※リターン詳細をご覧ください


最後に

僕たちは昨年の三月からなんの知識もなくただ「思い」だけで人助け活動を始めました。

その「人への思い」で始めてみると本当に今まで見ることのなかったたくさんの素晴らしい景色が見えてきました。

その中には人を思いやると言う事は命を繋ぐ事と活動していく中で感じることができました。

僕は大学でも学ぶ事のなかった突然始めた活動でしたが不安よりも胸が踊る気持ちと言う表現が本当に合ってると思いますが、今では本当に人助け活動を始めて良かったと思います。

この今回新たに始めてみたいこども食堂も「思い」から生まれたプロジェクトです。

もちろん大学でも学んでいません。

しかし、今回も不安よりも胸が踊る想いです。

こども食堂でこれから出会う様々な方々とのコミュニケーションによって繋いでいく「命」。

1人1人に耳を傾けて抱えている悩みをみんなの思いでサポートしていけたらと思いますので皆様どうか僕たちの人助け活動を応援してくれたら嬉しいです。

どうかこれからも宜しくお願い申し上げます。


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>
※プロジェクトオーナーとして資金を集めるにあたり、特商法に基づき次の表記をお願いしております(法人、個人を問いません)。以下の雛形をご利用ください。

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社ゴールドシップ
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:舟瀬渚
 ●事業者の住所/所在地:〒236-0044 神奈川県横浜市金沢区高舟台2-39-23-201
 ●事業者の電話番号:Tel: 080-5880-7533
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
All-In 方式
目標金額を達成しなかったとしても、 終了日までの支援金を受け取れます。
※リターンは、支援者1名から発生します

・当プロジェクトに使用する画像は全て許可を得て使用させていただいております

  • 2021/11/10 17:00

    皆様のご支援で完成に近づいている子ども食堂の内装を大公開します!僕達も今日、初めてここまで完成した状態を見たのですが、お空に虹がかかってました!皆さんの期待が込められた子ども食堂!魅力たっぷりのものにしていきます!まだまだご支援お待ちしておりますので、応援よろしくお願いします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください