はじめに・ご挨拶

はじめまして!
津田塾大学英語会(TESS)のスピーチセクションです!

TESSとは、Tsuda English Speaking Society の略のことで、津田塾大学ESSとも呼ばれています。

TESSは、開学から121年続く、学内最大規模の英語サークルです!

TESSのスピーチセクションは、現在23名で構成されており、英語スピーチ原稿作りや大会出場、大会運営などの活動をしています。週に2回のセクション活動では、英語スピーチに関するレクチャーや、英語を用いたアクティビティ(即興スピーチ)なども行っています。


このプロジェクトで実現したいこと


津田塾大学英語会が運営する梅子杯は、今年で19回目を迎えます。

梅子杯では、事前選考で通過した10名のスピーカーが出場することができる、8分間の英語スピーチの全国大会です。

昨年は全面オンライン開催となりましたが、今年はスピーカーの秘めてきた思いをより強く観客に訴え、気持ちを動かせる環境としてステージを用意したいと思っております。

→第17回梅子杯より

プロジェクトをやろうと思った理由

これまで大会の資金は、文化祭で出店した際の売り上げや、大学近隣の店舗からの協賛金で賄っていました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で文化祭がオンラインとなり、経済的な不況から、協賛してくださっていた近隣店舗が減少してしまったことで、開催が危ぶまれておりました。

一昨年前の繰越金のおかげで、昨年はなんとかあまりお金をかけずに全面オンライン開催で大会を実現することができましたが、今年開催する分のお金はもうほとんど残っていない状況です。

また、昨年のオンライン開催の経験から、スピーカーが自分の秘めてきた思いを観客に訴え、人々の気持ちを動かすためにはその場所であるステージが必要であると分かりました。そのため、今年もオンラインでの配信は行いますが、スピーカー達には舞台を用意したいと思っており、会場代として昨年より多くの資金が必要となる予定です。

舞台で思いを伝えるスピーカーのため、皆さんにぜひお力を貸していただきたいと思っております。


→第17回梅子杯より

これまでの活動実績

→第17回梅子杯より

•第58回六大学英語弁論大会 第3位

•EAST JAPAN(東日本大学生英語弁論大会) 準優勝


•第53回谷本杯争奪英語弁論大会 準優勝

•Golden Cup(全日本新入生英語弁論大会) 本戦出場

•金子杯 優勝

•第78回明治大学三上杯 第3位

•第56回大木杯争奪全日本英語弁論大会 出場

•ハーベストカップ 本戦出場

•JUEL CUP(全日本学生英語弁論大会) 準優勝

•第54回聖心女子大学学長杯  出場

•第47回大隈杯争奪全日本学生英語弁論大会 準優勝

•Reindeer Cup (法政・明治・津田塾ジョイント) 優勝

•椿杯 優勝、準優勝 、第3位

•第18回津田塾大学梅子杯 第3位

その他

•第47回新島杯争奪全日本学生英語弁論大会 予選通過

•第16回法政大学総長杯  予選通過


資金の使い道

ご支援いただいた資金は、「第19回津田塾大学梅子杯争奪学生英語弁論大会」の開催に必要な、入賞者へのギフト、会場代、広報活動の費用として大切に使わせていただきます。

宣伝費用(パンフレット、ビラ等):33000円

原稿等郵送費用:17000円

ジャッジフィー、プライズギフト(トロフィー等)、装飾、印刷代:350000円

→梅子杯のステージからの眺めより


リターンについて


〇個人向け

【500円】 : オリジナルバッジ

【1000円】:サンクスメール・バッジ

【3000円】:サンクスメール・バッジ・動画のクレジット記載

【5000円】:サンクスメール・バッジ・動画のクレジット記載・オリジナルパンフレット

【10000円】:サンクスメール・バッジ・クレジット記載・オリジナルパンフレット・オリジナルトートバッグ


〇企業様向け

40000円 公式パンフレットへの広告掲載(全面広告・B5)

20000円 公式パンフレットへの広告掲載(1/2面)

10000円 公式パンフレットへの広告掲載(1/4面)


実施スケジュール

2020年9月上旬 クラウドファンディング開始

2021年10月上旬 クラウドファンディング終了

2021年11月下旬 リターン発送

2021年12月11日 梅子杯開催!!

2021年12月12日 梅子杯開催!!


最後に

梅子杯は私たちにとってサークルの集大成として、毎年最も力を入れて運営をしてきた大会です。

スピーカーにとってもスピーチ人生最後の大会になることが多く、今年も絶対に開催をさせたいという思いで運営一同準備に取り組んでいます!皆様のお力が必要です、ぜひご支援よろしくお願いいたします!

第19回津田塾大学梅子杯争奪学生英語弁論大会

企業及びクラウドファンディング担当 鈴木佳奈子


〇梅子杯プロジェクトチームから


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の住所/所在地
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の電話番号
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


  • 2021/10/12 00:57

    皆様こんにちは!津田塾大学梅子杯です。いつも応援ありがとうございます。先日から活動報告で、ご支援の最終日は昨日いっぱいというようにお伝えさせていただいておりましたが、正しい終了日は本日10月12日23時59分です。原因は、こちらの重大な確認不足です。皆様に混乱をお招きし、支援を急がせることにな...

  • 2021/10/12 00:31

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/10/09 16:39

    こんにちは!津田塾大学梅子杯です!とうとう先月に始めたクラウドファンディングの終了が近づいてまいりました、、。しかし、目標までの道のりはまだ長く、より一層のスピードが求められております。そこで、応援してくださっている皆さまにお願いがございます!・クラウドファンディングでのご支援こちらを読んでく...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください