皆様、初めまして。OESインターナショナルアカデミー学院長、小澤朝子と申します。
OESインターナショナルアカデミーは、キャビンアテンダント(CA)の養成スクールです。スクールを設立して今年で30年目を迎えました。

まずは前回行った、初めてのプロジェクト『CAの能力・スキルを活かしてフライト減で飛べないCAを救いたい!』の御礼を。おかげさまで目標金額を上回るご支援を頂き、大変感謝しております。飛べないCAの雇用創出のため、たくさんのご支援、本当にありがとうございました。

 


 今回私が立ち上げたのは、『CAという応急看護及びリスク管理のプロを大いに利用して頂くための「CA健康サロン立ち上げ」というプロジェクトです。

※CA健康サロンでは診察・治療行為は行いません。健康管理のサポートを行うサロンです。

 

皆様もご存じの通り、パンデミックはエアライン業界に大打撃を与えています。フライトの数は激減したままどのエアラインも危機的状況が継続し、退職や転職を決断した方も少なくありません。OESインターナショナルアカデミー卒業生のCAの皆さんも、CAを続けていても生活を守るためにアルバイトを掛け持ちしたり、出向によって得意分野からかけ離れた仕事をせざるを得ない状況になっています。

そのような中、元教え子の1人から連絡をもらいました。彼女は現在、CAをしつつ海外の医療機器メーカーでコーディネーターとしても活動を行っているとのこと。日本の状況を心配している彼女から、、日本に足りないことは「自己管理ノウハウ」と「身近な健康サポート」であると言われました。 


シンガポールでフライトをしていた彼女は、シンガポール保健省の新型コロナにおける国民へのメッセージや迅速な対応がとても信頼できると言っています。ワクチンの完全摂取80%をはもとより、政府は各家庭に無料でパルスオキシメーターを配布し、市中感染のモニタリングも理想的に行っているとのことです。 


経済活動を再出発させるための出口戦略に最も重要な「ロードマップ」が完璧にできているので、国民へのメッセージが大変明確で、殆どの国民が政府を信じてコロナと共存していると言っても過言ではありません。 その点、残念ながら日本はシンガポールに全く追いつけないストラテジーを展開しています。 このような日本政府の後手後手な対応に痺れを切らして、民間からコロナ感染予防にフォーカスしていこうと考えたのが今回のプロジェクトの始まりです。

 

皆さんもご存知の通り、CAは長く厳しい訓練生活で、救急看護を徹底的に習得します。フライトの年によってはマラリアやコレラ、黄熱病などの感染症にかからない為のワクチンも打ちながら世界中を往来してきました。 CAにとっては、今回のような感染症危機は今に始まったことではありません。 私達の知識や経験を持って社会貢献をしたい‼️これが私達の本望です。


お預かりした資金につきましては、大切に使わせていただきます。
CAMPFIREの手数料を差し引いた全額、「CA健康サロン立ち上げ」のための費用に充当いたします。

2021年9月下旬より クラウドファンディング開始
2021年10月30日   クラウドファンディング終了
2021年11月1日より 順次発送開始


CA健康カウンセリングルームのオープンに先立ち、そのメンバーとなる『CA又は元CAによるカウンセリングが受けられる権利』はいかがでしょうか。長引くステイホームやリモートワークによる疲れやストレスが溜まっている方にお勧めです。自分を守るために一番大事なのは、自分が健康であること。お忙しい皆様の健康管理の手助けに、ぜひこのリターンをご利用ください。


12月16日(木)には、OESインターナショナルアカデミー主催のクリスマスパーティを開催いたします。このような状況ですので大々的に行うことはできませんが、可能な限りの対策を行ったうえで、卒業生のCAたちも交えて開催する予定です。是非ご参加くださいませ。


その他様々なリターンをご用意しています。上記以外のリターンおよびリターンの詳細につきましては、リターン一覧にてご確認ください。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


私たちの生活は、この1年で大きく変化しています。「具合が悪くなったら病院にかかればいい」と思っていたのは今は昔。救急車を呼んでも受け入れ先の病院が見つからない、という状況が日常化している今、「具合が悪くならないように予防する」ことがとても重要な時代になりました。

自分を守るために一番大事なのは、自分が健康であること。

ご自身そしてご家族の、さらに周りの方々の、ニューノーマル時代の健康管理に活用していただけることを願ってやみません。このプロジェクトへの想いにご賛同いただき、一人でも多くの皆様よりご支援を賜りますこと、切に願っております。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。



■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください