漫画とも、アメコミとも違う、新しい価値を作りたい!
日本発のコミック「ジャパコミ」を制作するため、クラウドファンディングに挑戦しています。日本で最初のコミックレーベルを目指します!

日本に「漫画」ではない、「アメリカンコミック」というもう一つの選択肢を! 脚本・線画・彩色・文字。複数のクリエイターが分業制で作る、既存の漫画にはない革新的な表現を詰め込んだ、日本発のフルカラーコミック「インビジブル・レオン:イントリーグ」の制作プロジェクトです!

はじめまして! ドラグティガプロジェクト代表の西村です。
プロジェクトページをご覧いただき、ありがとうございます!

このプロジェクトは、タイトルにある通り「日本発のアメコミ作品を作る」ためのクラウドファンディングになります。

アメコミ原作の映画が大ヒットしている昨今ですが、漫画大国であるここ日本において、アメコミの知名度はまだまだ低いままです。
その原因の一つには、コミックと漫画を混同してしまっている現状があると思っています。詳しくは、noteで記事にまとめているので、よければご覧ください。

"COMIC"を"漫画"と訳すのは、ピラフを炒飯と呼ぶようなものだって話【アメコミと漫画の違いを解説】https://note.com/dragtiga_comic/n/n86ef05d6e74c

日本ではコミック作品が、漫画ほど多く造られていません……。

そこで…


自分たちでアメコミを作ろうと思いました!!


アメコミでも漫画でもない、両方の文法を取り入れた全く新しいコミックジャンル

「ジャパコミ」が爆誕します!!!!!!!!!!


フルカラー、完全分業制、左開き、横読み。

「漫画」とは全く異なる手法で制作する、日本発の読み切りコミック。それが今回制作する

「THE INVISIBLE LEON ∼INTRIGUE∼(インビジブル・レオン ~イントリーグ~) 」

です。作品ティザーページはこちら→https://dragtiga.com/leonintrigue/


「インビジブル・レオン ~イントリーグ~」は、脚本・人物・背景・彩色・文字を全て独立した別のクリエイターたちが、分業によって制作しています。

各分野のアーティストが、自分の得意分野を集中して取り組むことで、一人で描くには実現が困難なクオリティの絵造りが可能になりました。他の漫画では見られない緻密な背景や、挑戦的な構図を使用した、新感覚のエンターテインメントを目指します。

本編画像

モノクロで描かれる漫画と違い、コミックはほぼ全てのページがフルカラーで構成されています。
今回制作する「インビジブル・レオン:イントリーグ」 では、そんなフルカラーで作るコミックだからこその表現やギミックを、これでもかと詰め込みました。

本編画像

あらすじ

透明人間になれる特殊なスーツを手に入れた貧乏な青年が、世界中のお宝を盗んでお金持ちになるために巨大な美術館に忍び込むケイパーストーリー(強盗小説)です。

コンセプトボード

主人公

キャラクターデザイン

貧乏な青年。ステルススーツを手に入れたので、宝石を盗みまくることにした。いつかお金持ちになって自分のお城を建てのが夢。

スーツ

スーツデザイン

光を捻じ曲げる光学迷彩防弾スーツ。透明人間になって悪用し放題。何に使うかは、その人次第。(※画像は前回の企画のものです。本編ではデザインが変わる可能性があります)



実は、二年前にも同様のプロジェクトを行いました。

https://camp-fire.jp/projects/view/182741

その際には、40人以上の支援者の方々からご支援いただきましたが、残念ながら目標金額には届かず、プロジェクトを断念せざるを得ませんでした。

その時に作ろうとしていたのが、「THE INVISIBLE LEON(インビジブル・レオン)」という、今回の作品の元になったコミックです。

https://dragtiga.com/index.php/the-invisible-leon/

科学者のレオンが親友を殺され、その復讐のために自信の作った光学迷彩スーツを使い、犯人を追い詰めるSFサスペンスコミックです。

この作品のテーマは「技術は使う人間によって、善し悪しが決まる」というものでした。

このテーマラインをそのままに、ストーリーと主人公を一新して1話完結読み切り作品にしたのが今回の「インビジブル・レオン:イントリーグ」です。

前回ご支援いただいた方にも、今回が初めての方にも、必ず楽しんでいただける作品になっています。


いただいた支援金は、以下の用途で大切に使わせていただきます。


資金の使用用途

・印刷発行費:90,000円
 
仕様:A4サイズ/4C(フルカラー)/28P

・装丁、デザイン費:50,000円

・リターン配送料:10,000円

・CAMPFIRE手数料:50,000円
 支援金の10%

・本編製作費の補填:300,000円


目標金額はコミックを製作することができるギリギリの設定なので、今回のプロジェクトは、「All-or-Nothing方式」で実施させていただきます。もしプロジェクト期間中に支援金額が目標に達さなかった場合、ご支援いただいた金額は返還され、プロジェクトは実行されずに終了します。


ここからはリターンのご紹介です。

【ただただご支援コース】 500円
お礼のメッセージと、ネームが全編読める限定サイトURLをお送りいたします。
支援金額は500円から自由に設定してご支援いただけます。

【本編コミックコース】 2,000円
「ただただご支援コース」に加えて、本プロジェクトで制作するコミックブックを1冊お届けいたします。

【お名前クレジットコース】10,000円
「本編コミックコース」に加えて、巻末にお名前をクレジットいたします。
※備考欄に記載するお名前、またはニックネームをご記入ください。

【コミック布教コース】 15,000円
本編コミックを10冊お届けいたします。お友だちにも配ってほしい!

【オーディオコメンタリーコース】 20,000円
本編のコミックとネームや設定資料を見ながら、代表の西村虎次郎とライターの西村龍太郎が制作秘話を振り返る、クラウドファンディング限定公開動画のURLをお送りいたします。

【オリジナルアートブックコース】 30,000円(数量20点限定)
企画段階のラフや設定資料、キャラクターデザインを載せたここでしか手に入らない限定アートブック1冊をお届けします。限定数が20冊しかない、クラウドファンディングだけの特別なリターンです。

【おっきくお名前クレジットコース】 30,000円(数量6点限定)
巻末に大きくお名前をクレジット&ヒーロー風似顔絵イラストを掲載いたします!

【1番おっきくお名前クレジットコース】 50,000円(数量1点限定)
巻末に1番大きいサイズでお名前をクレジット&ヒーロー風似顔絵イラストと、ご自身のキャッチコピーを掲載いたします!

【特別スポンサードコース】100,000円(数量4点限定)
本編コミック内に1ページ広告を掲載できます!


10月:クラウドファンディング期間

12月:本編制作完了

1月:印刷・その他リターンの作成

2月:リターン送付・一般販売開始


前回のプロジェクトで、多くの方々から応援をいただきながらも、自分の実力不足で失敗してしまい、悔しさと申し訳ない気持ちでこの2年間を過ごしていました。

今回こそはプロジェクトをSUCCESSさせて、この日本で「コミック」の知名度を上げたい。
そのために作る今作は、ストーリーも完成度も、これ以上ないほど自信があります。

ぜひ応援・ご支援をお願いします! 必ず良いコミックを作ります!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

DRAGTIGA PROJECT 西村 虎次郎



■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:DRAGTIGA COMICS
 ●事業者の住所/所在地・電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2022/05/20 10:00

    こんにちは! ドラグティガコミックスの西村虎次郎です!ついに、ついについに……!コミックが完成しました!!!製本されたコミックが印刷所から届き、早速「本編コミックコース」と「お名前クレジットコース」をご支援いただいた方への発送が完了いたしました! 到着までもう少々お待ちいただければと思います。...

  • 2022/05/12 16:00

    こんにちは! ドラグティガ・コミックスの西村虎次郎です。今日もプロジェクトの進捗を報告していきたいと思います。原稿が完成!ついに全ページの原稿が完成いたしました!すでに印刷所への入稿も完了し、コミックが届くのを待つばかりというところです。支援者の皆様への発送は、5月20日を予定しております。到...

  • 2022/04/30 10:20

    制作報告5こんにちは。ドラグティガコミックスの西村虎次郎です!お待たせしているコミック制作ですが、全体的な完成度としては87%ほどまで達成しています。 ついに全ページの彩色が完了し、レタリングも半分まで終わりました。長かった道のりも残すところあと少しです!そしてついに……表紙のイラストが完成し...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください