沢山のご支援ありがとうございます!!

皆様から温かいご支援を頂き、目標金額のを達成することが出来ました!!
本当にありがとうございます! 

現在皆様からご支援いただいている20万円については、沖縄県山田小学校の生徒さんとの「サンゴの苗作り体験」に使用させて頂きます。

NEXT GOALは、このみんなで苗作りを行ったサンゴの植付け費用として使用させて頂きます。

植付けの為の追加目標金額が70万円なので、苗作り費用20万円と合わせて合計90万円をNEXT GOALとして達成を目指します!


<資金の使い道>

サンゴの植付け費(100本):約50万円
人件費:約10万円
植付け場所へのボート使用費・人件費:約5万円
クラウドファンディングの手数料:約6万円 (9%+税)

<スケジュール>

サンゴの植付けを行ってから、約2週間ほど漁港内の陸上育成所で育成を行います。

その後、水中中間育成棚に移動させ、水中環境に問題なく適応できるか6ヵ月程度観察します。

環境に適応しているのを確認し、植付けを行います。

今回は10月末に苗作りを予定しているので、2022年4月に植え付けを行います。

※詳細の日時については、サンゴや海況を見ながら、判断させて頂きます。


サンゴの苗作りを行っただけでは、サンゴを海に届けることは出来ません。

苗作りを行い、しっかりと6か月かけて育成したサンゴを海に植え付けて放流することにより、初めて海にサンゴを届けることが出来ます。

皆さんの力をお借りして、今回のプロジェクトでここまで達成できればと思っています。

引き続き、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。




はじめまして!
沖縄県読谷村にあるダイビング・シュノーケルショップ『Natural Blue』です。

この度は本プロジェクトに興味を持っていただきありがとうございます。
以下の文章に私達の想いを込めさせていただきましたので、お読みいただけますと嬉しいです。




私たちナチュラルブルーは、沖縄本島人気No.1ダイビング・シュノーケリングポイント「青の洞窟」をメインにツアーを行っており、訪れた皆さんに沖縄の海を楽しんで頂くツアーを提供しています。

その一方で環境問題にも直面しています。

環境問題だけを考えるなら、海に入らない、ボートに乗らないことが最善かもしれません。
しかし、これから先10年、20年、100年後もこの海を楽しんで頂けるように何が出来るかを日々考えています。

環境保護だけを考えると環境と触れ合うことの楽しさがなくなってしまいます。
そうすると環境への関心が薄れ、環境問題について考えなくなってしまいます。

環境に触れ、楽しみ、好きになるからこそ、大切にするのだと思います。

そこで、未来を担う子供たちが海に触れ、好きになるように、地元の子供たちや修学旅行生への海洋環境・海洋観光についての授業やシュノーケル実習、磯遊び、ビーチクリーンなども行っています。



今回はその一環として、沖縄県恩納村の山田小学校の生徒さんと『サンゴの苗作り』を行うためにプロジェクトを立ち上げました!

どうかご支援よろしくお願いいたします。





今回のプロジェクトを通してただサンゴの苗作りをして終わるのではなく、これをきっかけに地元の子供たちがサンゴや海を好きになればと思っています。

意外に思うかもしれませんが、沖縄の方は海で泳ぐ習慣がありません。そのため、近くにいる人たちが一番沖縄の海の中を知らないのです。

綺麗なサンゴや魚が沢山いること、その環境が失われていること、どちらも知らないのです。

昨年はクラウドファンディングで資金を募り、自社でサンゴの植え付けを行いました。ビーチクリーンも月に1回は行い、イベントにも積極的に参加しています。

ですが、これらの取り組みはあくまで「水が流れ続けるお風呂の水をスプーンですくっている様な状況です」。やる必要はあるのですがそれだけでは環境は変えられません。まずは「水をとめる」、そのような入り口対策が必要となります。

サンゴの危機は一つのプロジェクトで解決するものではありません。それぞれが考え、日々の行動を変えることが必要になってきます。

そのためには、一人でも多くの方がサンゴや海の事を知り、好きになり、自分事として接するようになることが大事だと思います。

そのために、今回のサンゴの苗作りは自分達だけで行うのではなく、地元の子供たちと一緒に行う事により、地元の子供たちがサンゴについて知り、子供たちの話を聞いてそのご家族がサンゴについて知る。

このプロジェクトに興味を持っていただいた方が他の方にサンゴや海の事を伝える。

そのようにしてサンゴの事、海の事を想う方が増えればと思っています。




ここでは、今回なぜ『サンゴの苗作り』を行おうと思ったのかお話しさせてください。

環境省によると、現時点で世界中の58%ものサンゴ礁が過度の衰退、あるいは危機に直面しているようです。(引用元:https://www.env.go.jp/nature/biodic/coralreefs/international/icri.html

沖縄の海も例外ではありません。

『サンゴの絶滅の危機』 『サンゴの白化現象』など耳にする機会も増えてきていますが、実際私たちの生活にどのような影響があるのかピンとこない方も多いのではないでしょうか?

サンゴはなじみのないものかもしれませんが、実は私たちの生活に多くの関りを持っています。



このように、私たちの生活に深くかかわるサンゴですが、以下の危機にさらされています。

これらの影響をうけ、サンゴ礁が過度の衰退、危機に直面しており、これらの危機は今後ますます加速していくと言われています。
こうなってしまうと、私たちが普段何気なく食べている魚が食べられなくなったり、今までダイビングやシュノーケルなどで見れていた魚が見られなくなったり、津波の影響を受けやすくなるなど、多大な影響を及ぼします。

これらを防ぐために、本プロジェクトでは『サンゴの苗作り』を行います。





『サンゴの苗作り』はサンゴ養殖の一工程として行います。

サンゴ養殖は有性生殖で植える方法と無性生殖で植える方法の2通りあります。今回は無性生殖で植える養殖のための苗作りを行います。

無性生殖で植える養殖は、折れたサンゴが新たに岩に固着し成長していくという無性生殖の性質を利用する養殖方法であり、全部で5つの工程で行われます。
①サンゴの苗作り
②サンゴの苗がスティックに固着するまで陸上養殖所で保管
③海中の中間育成棚で育成
④サンゴの植付け作業
⑤継続的なモニタリング


今回は、工程①の『サンゴの苗作り』のみを行います。
サンゴを固定する特性スティックに生徒さんにメッセージや名前を記載して頂いて、その後スティックにサンゴを固定するまでを生徒さんと一緒に行います。

生徒さんの皆さんが作ったサンゴが海に植えられることになります♪♪

※少しでもサンゴが多くのサンゴが育つように、時期・植付けを行う場所の選定は適切に行わせて頂きますが、全部のサンゴが確実に育つというわけではありません。植付け前の育成している段階で死んでしまうサンゴもいます。予めご了承ください。



養殖サンゴとそこに住む魚たちの様子をご覧ください。

『沖縄県恩納村山田ポイント』の映像です。
恩納村の漁師さんをはじめとした諸先輩方が長い年月をかけて育ててきたサンゴと魚が共存している場所です。我々もこちらに植え付けを行っています。

サンゴを住み家にこれだけの魚が暮らしています。このようなサンゴや生物が沢山いる空間を皆さんと作っていければと思っています。






皆さんの支援により用意したサンゴを山田小学校の生徒さんに提供し、自分たちのサンゴとして 『サンゴの苗作り』を一緒に行います!

『サンゴの苗作り』の際に、土台となる特性スティックに生徒さんにメッセージや名前を書いていただく予定です!

サンゴの苗作りだけでなく、サンゴについての授業やビーチクリーン、磯遊びを行う予定です。
楽しむことも重視し、クイズや動画を使った授業に加え、実際に海に行き磯遊びで海の生物を観察予定です♪♪

<授業内容>
①サンゴについての授業(サンゴの生態系、役割、サンゴが抱える問題、養殖についてetc)
②スティックへのメッセージ記入+サンゴの苗作り
③磯遊び
④ビーチクリーン




<資金の使い道>

サンゴの苗作り費(100本):約10万円
人件費:約5万円
中間育成棚移動へのボート使用費・人件費:約5万円
クラウドファンディングの手数料:約2万円 (9%+税)

・募集方式について
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、集まった資金で出来る分の苗作りを行います。


<スケジュール>

10月10日 クラウドファンディング終了
10月29日 山田小学校の生徒さんとサンゴの苗作り
※新型コロナウイルスの影響により、山田小学校の他行事の日程が変更しているため、今後日程変更の場合がございます。
 日程変更の場合も2021年11月中には開催いたします。


<リターンについて>

1,000円 感謝のメール+活動報告書(PDF)を送付いたします。  

3,000円 オリジナルポストカード(1枚)に感謝の言葉を書いて送らせて頂きます。
              活動報告書(PDF)を送付いたします。

5,000円 感謝のメール+活動報告書(PDF)を送付いたします。
              ナチュラルブルーが月に一度行うビーチクリーンにご参加頂けます。

10,000円 感謝のメール+活動報告書(PDF)を送付いたします。
                スタッフがあなたのお名前をスティックに代筆し苗作りを行います。

30,000円 感謝のメール+活動報告書(PDF)を送付いたします。
                スタッフがあなたの名前・メッセージを代筆し苗作りを行います。   

50,000円 感謝のメール+活動報告書(PDF)を送付いたします。
                活動報告書にお名前を記載させて頂きます。

100,000円(企業様用)感謝のメール+活動報告書(PDF)を送付いたします。
                               活動報告書に企業名を記載させて頂きます。



最後に

ここまで読んでくださり誠にありがとうございます!
沖縄の綺麗な海を未来に残せるよう、未来を似合う地元の子供たちと『サンゴの苗作り』を行います!
このプロジェクトを通して一人でも多くの方がサンゴや海に興味を持ち、好きになっていただければ嬉しいです!

株式会社ナチュラルブルー スタッフ一同


________________________________________________________________

 

チーム/団体/自己紹介・活動実績など

Natural Blue』について

ナチュラルブルーは、「人と自然の懸け橋に」を合言葉に、世界中の人が海を好きになってくれることを志し、海で世界をハッピーにしようという想いのもと海の魅力を沢山の方に伝えています。

普段は沖縄本島人気No.1の青の洞窟をメインにダイビング・シュノーケリングのツアーを行っているのですが、地域教育として地元の子供たちへの海洋環境についての授業やシュノーケル実習、磯遊び、ビーチクリーンなども行っています。


<昨年の主な活動実績例>

今回苗作りを行う山田小学校の生徒さんと海洋プラスチックの授業やビーチクリーン、青の洞窟がある真栄田岬に設置するゴミ箱の作成を行いました。
他にも高校生へのシュノーケル実習や専門学校の生徒への海洋観光の授業など、沖縄の子供たちへの授業を多数行っています。


ツアー中に見かけた海中ゴミの回収、修学旅行や海洋実習の際に子供たちとビーチクリーンを行うなど自社でのビーチクリーンだけでなく、ビーチクリーンイベントに積極的に参加し海の保全に努めています。


クラウドファンディングで支援して頂き、昨年はサンゴの植付けを行いました。
今回のプロジェクトで作成したサンゴの苗は4月に同じ場所に植付けを行う予定です。




________________________________________________________________
■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社ナチュラルブルー
 ●代表者氏名:星原貴保
 ●事業者の住所/所在地:〒904-0302 沖縄県中頭郡読谷村喜名193-2
 ●事業者の電話番号:090-9497-7374
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください