はじめに・ご挨拶

はじめまして。よねだひろみといいます。
私は現在鳥取県の中ほどにある三朝町、国宝投入堂で有名な三徳山の麓にある「三徳山 輪光院(みとくさん りんこういん)」というお寺の中で精進料理の提供と「寺カフェ りんつ」をしています。

もともと鳥取県琴浦町で「ウィーン菓子 リンツ」という小さな洋菓子屋を経営していましたが、2015年に輪光院の副住職である夫とご縁いただき、結婚を機に自営していた洋菓子屋は2019年3月31日を以って元従業員に譲りました。

輪光院では江戸時代から精進料理を提供していて、古くは鳥取藩主池田公が、近年では高円宮妃殿下がこちらで精進料理を食されました。輪光院は、昔から現在に至るまで三徳山内では迎賓館的な役割を果たしています。2019年4月からは副住職を務める夫のお寺に入り、現在「精進料理の後継者」となり和食の修行中です。

しかし「修行時代を含めると約25年間洋菓子のみに携わってきて、その技術や知識・経験を生かさないのはもったいない」という夫の言葉に、『お寺という“歴史・文化・伝統”に洋菓子の要素を取り入れたお菓子を提供しよう』と、2019年4月27日から輪光院の一画に「寺カフェ りんつ」を作り、お寺ならではのスイーツを提供するようになりました。特に和の素材「大豆」をメインに使用した「寺ミス(テラミス)」は話題となり、多くのテレビや雑誌に扱っていただき、地元の方々をはじめ多くの観光客の方々にもご来店いただきました。”寺離れ”ということばを昨今よく聞きますが、若い檀信徒さまを始め、今まで三徳山に来たことが無かった県内外の老若男女の方々が、お寺を訪ねて来店してくださるまでになりました。

寺ミス

アップルパイ

いちごイチエ
商品とお店の背景
『これが私が出来る、この地域への恩返し』
ところが2020年からのコロナウイルス感染拡大により訪れる観光客や参拝者は激減。三徳山内も大打撃を受け続ける中で、2021年2月に私たち夫婦に第一子となる息子を出産する事が出来ました。出産時、赤ちゃんの心音が低下し危険な状態となったため緊急手術となりましたが、多くの病院関係者の方々のおかげで奇跡的に命を授かることができました。その時、「この地を守ってきた私の御先祖様のように、いつかこの地を守る私たちの子供たちのために大切な文化や歴史を守り伝えていかなければ!」と思う様になりました。でも、私は僧侶ではありませんし、観光というものにも関わった事もありません。それならば、今までの経験を活かしお菓子を使って、面白お菓子(かし)く発信して、この地域を元気にできないかと考えました。

出来る限り地元の食材も使いネーミングやストーリーをお菓子に使うことで、私なりに三徳山や三朝町、鳥取県、この地域の素晴らしさを盛り込むことで、「守り伝える」という使命が果たせると思い、ここにスイーツショップを築く決心が出来ました。

2016年には鳥取中部地震。そして2020年からのコロナ禍。地元観光地は大変な状況です。スイーツを使って地元の食材や文化を発信し、地域振興に役立てる。これが今の私が出来る、この地域への恩返しだと思っています。

スイーツショップはテイクアウトのみの小さなお店です。しかし将来コロナ禍が収まったらイートインスペースなども整備していきたいと思っています。

こだわり牛乳を作る幼なじみの牧場で、息子と子馬に会いに

店名は、日本遺産第一号である三徳山と三朝温泉をつなげた”白狼”にちなみ『白狼堂-Hakurodo-)』

スイーツショップの名前もこだわりました。地元の名湯”三朝温泉”は、平安末期に源義朝の家臣大久保左馬之祐が源氏再興の祈願のために三徳山におまいりに行き、その途中で白い狼を助けたことにより妙見菩薩という仏さまから教えられたのが三朝温泉の歴史のはじまりと伝わっています。この歴史的ストーリーが認められ三徳山・三朝温泉は日本遺産に登録されています。この三徳山と三朝温泉をつなげた”白狼”にちなみ『白狼堂-Hakurodo-』という名前に決めました。人や食材や歴史などをつなげていけるお店作りを目指します!

名湯 三朝温泉名湯 三朝温泉


私たちの商品・お店のこだわり

このお店の一番売りの商品は、できる限り地元の食材を使用し、地元の文化を活用します。
商品は、神様も仏様も居られる神仏習合のお寺にちなんで名付けた「神住寺」(と書いて”カステラ”と読む)がメインです。その縁起の良い名前を使った商品で「神住寺ラスク」や「神住寺サンド」等展開します。またクッキーや焼き菓子も作っていきます。

鳥取県には日本トップクラスの乳質を誇る牛乳があります。大山など自然の恵みをたっぷり受けた四季折々のフルーツや食材の宝庫です。三朝町にも町木である栃の木の、トチの実を使った“とちもちぜんざい”という独自の食文化もあります。

それらを、私が長年洋菓子屋で培った経験と知識を活かし、そこに地域の歴史や文化をストーリーとして盛り込み、ココ発信スイーツにします。もう唯一無二のスペシャルスイーツです。

カステラプリン


プロジェクトで実現したいこと

地元の食材を使用して、この場所だからこそできるスイーツを提供して地元を元気にしたい!


資金の使い道・スケジュール

店舗販売だけではなく全国発送できるように「急速冷凍庫」購入。その他、業務用オーブン、ミキサー購入費、器具洗浄機購入費、店舗改装費等に充てます。CAMPFIRE手数料。


リターンのご紹介

○ 『応援プラン』応援のみのプランです。お礼のお手紙をお送りします。

○ 『スイーツ好きさんプラン』応援+お菓子の詰め合わせ(もしくは、白狼堂-Hakurodo-の商品購入券)のスイーツ好きさんのためのプランです。

○『ペア スイーツ付きお食事プラン』
江戸時代鳥取藩主池田公も食事をされた三徳山輪光院にて、「精進懐石料理」と「スイーツ」の贅沢なおもてなし。お二人でどうぞ。

○ 『あなただけのためにパティシエールがオリジナルケーキを作りますプラン』応援+お菓子の詰め合わせ(もしくは商品券)+オリジナルケーキをお作りするプランです。


最後に

三徳山は、決して普段から人通りが多い場所でも、住宅地でも、街中でもありません。しかも、今はコロナ禍という未曾有の悪環境です。だからこそ、わざわざでも三朝や三徳山に来ていただける魅力ある商品が必要不可欠です。コロナ禍の中でも、この地域は「縁起の良い」かみ様もほとけ様も居られるお寺(場所)。何か人々の心の拠り所になれる空間でありたいと、古来よりお寺の持つ役割のお手伝いが出来ればと思いスイーツショップを開きます!よろしくお願いします!

          店長 よねだひろみ


店名 白狼堂-Hakurodo-

住所 鳥取県東伯郡三朝町三徳989-3

店長 よねだひろみ

営業時間 10〜16時 定休日 火・水

※営業日時は予定です。

https://hakurodo.com/



■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:みとく茶屋
 ●事業者の住所/所在地:〒682-0132 鳥取県東伯郡三朝町三徳989-3
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください