はじめに・ご挨拶

はじめまして。YouTubeでロードバイクの情報を発信しています。現在登録者数4万人のリュウスケと申します。今回、36歳からモータースポーツに挑戦してプロを目指すというプロジェクトを始動しました。

モータースポーツに馴染みがある方がご存知だと思いますが、モータースポーツにスポンサーは必須です。しかし36歳のおっさんに企業のスポンサーはつきません。

今回募集するのはレース活動の個人スポンサーです。

みなさんの支援や提供によって、チームが作られ、僕はそのチームで柱えせていただきます。今回スポンサーになっていただいた皆様のお名前を、公式ページリニューアルの際に、スポンサーとしてお名前(アカウント名でも可能)を記載させていただきます。

僕は絶対に有名になりますので、5年後にあいつは俺が育てたと言っていただいて構いません。

このプロジェクトで挑戦したいこと

このプロジェクトではプロレーシングドライバーになる挑戦をします。。
具体的には、スーパーフォミュラ選手権かSUPERGTのドライバーを目指します。

36歳の素人からプロなんて無理でしょ?って思われるかもしれません。
しかしそれなりの根拠が持ってこの挑戦を企画しています。

根拠とは僕のこれまでの経験です。僕はロードバイクのレースにおいて、これまでの30歳からの5年で完全な素人から、才能もないけどアマチュアの最高クラスでレースすることができました。ちなみにロードバイク界というのは、プロがアマチュアでも走っている杞憂なスポーツです。そこで僕は表彰台に乗ったこともあります。


つまり僕は5年で素人からプロと肩を並べる実力を兼ね備えることができました。全ての分野ではありませんが、得意分野に絞ればプロにだって勝てるケースも十分にあり得ます。この経験から人間は個人の能力にそこまで差はないので、5年死ぬ気で努力すれば一つの分野においてはプロと肩を並べるなれると気がついたからです。

これが僕の挑戦したいこと、そして実現の可能性の証明です。

私がこのスポーツを始めたきっかけ

ではなぜ36歳から急にモータースポーツを始めたのかというと、YouTubeでの出会いがきっかけです。ライブ配信を見ていただいていた方から声をかけていただき、フォーミュラマシンに乗せてもらう機会がありました。

実はフォーミュラマシンに乗ること。そしてレースをすることが小さな頃からの夢だったんです。

でも僕は子供時代に諦めて挑戦すらしていませんでした。このままだと死ぬ直前になって「レーシングドライバーに挑戦しておけばよかったな」と後悔するだろうと思ったんです。子供の頃は裕福な家庭でもないし、才能なんてないと思っていました。聞き分けのいい長男でしたから、その夢を心の中にそっと仕舞い込みました。親に迷惑をかけまいと思ったんでしょう。

でも36歳でやっと気がついたんです。夢を叶える方法はいくらでもあるって。スキルなんて努力で身につければいい。シンプルな努力で他人を凌駕すればどんな分野でも上位1%にはなれるってことに。

この時お世話になったディープレーシングの社長からも、「モータースポーツは36歳でもプロになれる可能性がある」と伺い、本気でプロを目指すことにしました。

最終目標

このプロジェクトの最終目標は、僕が影響力を持ち資金を集めて、日本中のどの家庭でもモータースポーツをやりたいと思った子供がいれば親に気を遣うことなく「モータースポーツがやりたい」って親に言えるようにすること。そして才能がある若者がお金が理由で将来を諦めない日本を作ることです。

具体的には、2つのことを実現します

・子供たちが無料で競技用カートに乗る機会を作る
・本当にやりたいと志す子がいれば、サポートできる環境を用意する

この未来を実現したいです。

現状にモータースポーツ挑戦する子供たちは、裕福な家庭でないと挑戦すらできません。実際僕も子供の頃、モータースポーツをやってみたかったのですがお金がかかることを子供ながら理解していたので、両親に言い出すことができずに大人になりました。

才能や努力で結果に差が出るのはいいけれど、お金の問題でチャンスさえ得られないのは悲しい。モータースポーツしたいと思った子が、無料でカートに乗ってレースするチャンスを作ってあげたい。

これがこのプロジェクトの最終目標です。

この目標のために、まずは僕が結果を残し、その道標になろうと思っています。

資金の使い道・実施スケジュール

支援いただいた資金はすべて、モータースポーツへの挑戦の初期費用に使わせていただきます。

そのために車両やサーキットを使っての練習費用や(1日あたり10万円弱)移動費。初期投資などに使わせていただきます。具体的には

・レーシングスーツ 10万円
・ヘルメット 6万円
・HANSデバイス 20万円
・シューズ 3万円
・グローブ 2万円
・車両レンタル初期費用 35万円

などがあります。

今後も車両レンタルには1日あたり、6万円の費用がかかります。

実施スケジュール

プロレーシングドライバーに向けて、1年目(2022年)はSUPER FJというカテゴリーに参戦します。

9年30月 クラウドファンディング終了
11月~ サーキットおよびシミュレータにて練習走行開始
11月下旬~ リターン発送及びイベント開始
2022年3月~ SuperFJへのシリーズ戦に参戦

2022年の年間優勝を目指します。

プロレーシングドライバーになるためには、入門カテゴリー結果を残し、カテゴリーをステップアップする必要があります。同時にプロカテゴリーへの参戦はライセンスを取得する必要がありますが、結果を残せばライセンス獲得の条件を充分に満たすことができます。

※スーパーフォーミュラであれば国際B級ライセンスが必要で以下の要件があります。
「JAF公認レースで10回以上の完走、またはJAFの日本選手権(全日本選手権や地方選手権)レースまたは国際格式レースで7回以上完走」

プロレーシングドライバーになるまでのステップ

毎年カテゴリーをステップアップしながら、5年かけてプロを目指します。

2022年 SuperFJ
2023~24年 F3選手権
2025年 スーパーフォーミュラライツ
2026年 プロになる

という計画で進めていきます。

もちろん僕一人の力では不可能です。

正直ここまで上手くいくかわかりませんが、シンプルな努力で計画を推し進めていきます。

今後の資金獲得方法

今回のクラウドファンディングで支援いただくのは、あくまでも初期費用と最初の1年間の活動費用です。

ですから「資金が続かなくて活動を続けられないのなら意味がない」と思われるかもしれませんので、今後の資金調達方法についても明記しておきます。

初期費用を支援していただいたあと、毎レースや練習風景などを含めYouTubeやブログにその過程をアップしていきます。幸いにも私はYouTuberですので、そのYouTubeを使って⁠動画の広告収入やオリジナルグッズの販売。そして結果を出すことで、オンラインサロンの運営を視野に資金を調達していきます。さらにドライビングスクールとも提携も決まっています。

ご理解の通り、潤沢な資金があるわけではございません。しかしアマチュアドライバーがどうやって活動資金を集めるか。その新しい方法を模索してこれからの若者に伝えていくのもこのプロジェクトの一環です。

リターンのご紹介

リターンを準備しています。ほんの一例であり、今後増えるかもしれませんが

・リュウスケにオンラインでロードバイクの購入相談をする権利
・ロードバイク購入時にショップまでリュウスケを同伴させる権利
・リュウスケとグループライドをする権利(緊急事態宣言など状況を見ながら10人を限度に)
・リュウスケのヘルメットを購入する権利
・リュウスケのレーシングスーツを購入する権利
・リュウスケのレーシングシューズを購入する権利
・1年間のオンラインコーチ
・クラウドファンディング限定ステッカー

などがあります。

最後に

僕は36歳です。若い子からすればおっさんなのかもしれないし、諸先輩方からすればまだまだ若造なのかもしれません。でも現実を受け入れようと思います。僕にとってレーシングスピードに身体と目がついてくる最後の5年間になると思います。

これまでの人生で僕にとって最高の結果を出す予定です。そして根拠はありませんが自信はあります。

クラウドファンディングをすればネット乞食だの、詐欺師だの言われるでしょう。今となってはそんなことどうだっていい。僕はこの道を切り開きます。そしてたどり着いたら若いやつにその道の歩き方を教えてやるんです。

自分で道は切り拓けるんだって。おっさんでもできるんだから、才能のあるお前にできないわけないだろうって。そうやって日本のモータースポーツを盛り上げていきたいと考えています。

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください