風雲プロジェクトとは、
「海外に負けない!世界を驚かす!
和製ホラーゲームを作りたい!」
「日本のホラゲ業界を盛り上げたい!」

という想いを掲げ、ホラーゲーム開発を中心に日本で活動するインディーチームです。

過去2020年夏には
「サチ江-死道-」をSteamにて配信

現在はホラーゲーム第二弾として「不知鳥らんど」の開発を進めており、本作企画時のクラウドファンディングでご支援頂きましたおかげで

製品版の過去話として
デモ版「不知鳥らんど 御影 蘭ver」

の配信まで実現する事ができました。
(体験版のダウンロード先はコチラ)

現在もゲーム実況等でご好評頂いており
"今までとは一味違った和製ホラーを"
をモットーに日々尽力しております。

「不知鳥らんど」とは、
いわくつきの廃墟「フェニックスランド」を舞台に個性的な幽霊、悪霊を除霊していく中で物語や登場人物と幽霊達の謎が判明していくサバイバルミステリーホラーです。

廃墟は元々アミューズメント施設という事で、


など、様々なギミック/ゲームが閉店後も残っておりどこか懐かしい空間でプレイを楽しんで頂けます。

そういった様々なギミックもプレイヤーの好きなタイミングでアクションが可能でそれらが霊の成仏/出現の引き金になり適度に枠に囚われない行動と選択で局面が変わるゲーム性を意識しております。

製品版のコンテンツ量は数日かけて遊んで頂けるようなボリュームでゲーム配信サイト"Steam"で配信(Windows版)。

最終的にはアップデートを経て最大4人まで協力可能のマルチプレイ実装を目指して開発を進めております。

本作「不知鳥らんど」がどういったゲームなのか。

それを世間様に示すべくDEMO版「御影 蘭ver」は開発されました。

しかし実況動画等を拝見していますと、開発段階では見えなかった所や悩んでいた部分が明確になり改善するべき点が多いと実感致しました。

特に
【怖さの表現】
【和を意識した幽霊デザイン】
【わかりやすさ】

【オプション面】
等の品質UP、改善は必須であり

【怖さの表現】 に関しては"恐怖演出やバリエーションを増加"”探索中の恐怖”を意識し

【わかりやすさ】という点では"UIと操作性の工夫""テキストの最適化"を意識することでストレス無くストーリー進行やゲーム性を示せるよう努めて参ります。

製品版では以上を踏まえて開発に取り組んで参ります。



今回皆様に支援を募るに至った大きな理由は純粋に開発資金が足りていない現状にあるためです。

開発当初は、蓄えやこれまでの活動で得た資金から工面しておりましたが

より高品質なホラーゲームを意識した結果新しくサポートメンバーを2名追加、途中トラブルがたて続いた等の理由で費用もかかり資金も底をついてしまった状況です。

尚、「不知鳥らんど」製品版では館内全域(全6F)と駐車場、本館外周周りを実装し、DEMO版「御影蘭ver」では行けなかった場所がすべて探索可能になるよう取り組むなど

デモ版と比べ約5~6倍のコンテンツ量の実装と、幽霊デザイン改善、追加も予定している事から開発費用が必要不可欠となっております。

本来であれば、支援を頂く事は大変おこがましく再度自ら資金を貯めながら少しずつ開発を進めるべきかもしれません。

しかしその方法では発売に遅れが生じ海外ホラーの波の速さに飲み込まれ、数年かけてリリースした頃には流行も過ぎ、真新しさすらないゲームで終わる。

その可能性が高いと推測しています。

特にホラーは"新しい恐怖を見ると怖さの免疫がつく"という特殊なゲームジャンルでもありますので


"日本の文化を交えていかに先手をうつか"
が我々のようなインディーチームでも唯一世界で勝負できるポイントだと考えております。

以上を踏まえまして、恐縮ながら

[作品に興味を持った]
[一緒に日本のホラーゲーム業界を盛り上げたい]
[応援してあげてもいい]


という方がいらっしゃいましたら是非ともご支援ご協力お願い申し上げます。皆様のご支援がリリース日の短縮と品質UPに大きく影響致します。

尚、本プロジェクトが仮に目標金額に達しなかったとしても、私達は時間を数年かけてでも納得いく品質の製品版リリースを行う所存です。

本プロジェクトの特定プランで支援して頂いた支援者様には、
完成時「不知鳥らんど」本編
をご提供。
(※本作は多少過激な表現含むため15歳以上を推奨)

また他にも

以上、”不知鳥らんど 御影蘭ver 限定グッズ”のご提供。

そして

[好きなゲーム実況者の方に見てもらえる]
[ゲーム実況のネタ、PRになる]
[スタッフロールに名前が乗る]

などのメリットがある

実際の本作ゲーム内に
支援者様がクレジット出演する
リターンもご用意しております。

しかし本作はホラーというジャンルではございますので、
世界観に準じたデザインでの
実装になる事を予めご了承ください。

以下クレジット出演などその他リターンについてご紹介させて頂きます。

お礼プラン(500円 枠数:無制限)
【感謝のお礼メールのお届け】

支援頂いた皆様に対する感謝のお礼メールをお送りする
"ただ純粋に活動を応援したい!"
という方向けのプランです。

※備考※
月額ではありますが、同額500円で
体験版「不知鳥らんど 御影蘭ver」の
ダウンロード窓口をコチラにご用意しております。
もちろん解約は即座に可能です。

セットプラン(2,500円 枠数:無制限)
【"不知鳥らんど"製品版のご提供】

■製品版は完成予定時期2022/4頃、提供予定

■攻略情報のお届け
・製品版リリース後、
メールアドレスにてPDFファイル形式でお送りさせて頂きます。

■感謝のお礼メール


ミニクレジットプラン(4,500円 枠数:50)
【スタッフロールにお名前を掲載】

■支援時は必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください
※記入無い場合はCAMPFIREのハンドルネームを使用させて頂きますご了承ください

■「不知鳥らんど」製品版のご提供
■攻略情報のお届け
■感謝のお礼メール

楽曲出演プラン(15,000円 枠数:30)
【支援者様の権利楽曲が館内BGMとして流れます】

■本作がゲーム実況で取り上げられる事で宣伝効果にも期待できます。
■館内ジュークボックスギミックから任意で流せる仕組みです


・後ほど別途ご連絡致しますので
その際に使用する楽曲をお借り致します

※お借りした楽曲素材は他コンテンツで一切使用せず、
本作「不知鳥らんど」、ゲーム実況動画内での再生/使用権利は永続的なものとすることをご了承頂きます。

■スタッフロールに楽曲/製作者名/SNSIDを掲載
■感謝のお礼メール

■「不知鳥らんど」製品版のご提供
■攻略情報のお届け
■感謝のお礼メール

 

テキスト出演プラン(30,000円 枠数:20)

【ゲーム内壁に支援者様のお名前が落書きされます】 

・支援時に必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください

※お名前が記載された落書き素材の使用の権利は、本作「不知鳥らんど」において永続的なものとします
※記入無い場合はCAMPFIREのハンドルネームを使用させて頂きますご了承ください

※内訳:デザイン2.5万円 実装0.5万円

■スタッフロールにお名前/SNSIDを掲載
■「不知鳥らんど」製品版のご提供
■攻略情報のお届け
■感謝のお礼メール

イラストプラン (40,000円 枠数:15)
【ゲーム内にイラスト形式でクレジット出演】

■落書き/ポスター/ゴミなど
・支援時に必ず備考欄にお名前とSNSIDをご記入ください。頂いた情報を元にデザイン致します
※ご記入無い場合はCAMPFIREのハンドルネームを元にデザインさせて頂きますご了承ください
※作成されたイラストの使用権利は、本作「不知鳥らんど」において永続的なものとします

※内訳:デザイン3.5万円 実装0.5万円
+
■スタッフロールにお名前/SNSIDを掲載
■「不知鳥らんど」製品版のご提供
■攻略情報のお届け
■感謝のお礼メール

映像出演プラン(55,000円 枠数:10)

【モニター系ギミックに支援者様の著作映像を表示】

■本作がゲーム実況で取り上げられる事で宣伝効果にも期待できます。
※お借りした動画素材は他コンテンツで一切使用せず、本作「不知鳥らんど」の使用権利は永続的なものとします
※後ほど別途ご連絡致しますのでその際に使用する映像素材をお借り致します
+
■スタッフロールにお名前とSNSIDを掲載
■「不知鳥らんど」製品版のご提供
■攻略情報のお届け
■感謝のお礼メール

善霊プラン (120,000円 枠数:3)
【ゲーム内に支援者様をモデルにした善良な幽霊が登場】

■ご本人様のご苦労話等を参考にしたいので可能であれば後日取材させて頂きます
※恐怖を優先したデザインになります
※作成されたモデルの使用権利は、本作「不知鳥らんど」において永続的なものとします
※内訳:デザイン6万円 モーション1万円 ボイス1万円 実装4万円
+
■スタッフロールにお名前/SNSIDを掲載
■「不知鳥らんど」製品版のご提供
■攻略情報のお届け
■感謝のお礼メール

悪霊プラン (220,000円 枠数:3)
【ゲーム内に支援者様をモデルにした悪霊が登場】

■ご本人様のご苦労話等を参考にしたいので可能であれば後日取材させて頂きます
※恐怖を優先したデザインになります
※作成されたモデルの使用権利は、本作「不知鳥らんど」において永続的なものとします
※内訳: デザイン8万円 モーション5万円 ボイス2万円 実装7万円

■スタッフロールにお名前/SNSIDを掲載
■「不知鳥らんど」製品版のご提供
■感謝のお礼メール
■攻略情報のお届け

大スポンサープラン (1,000,000円 枠数:1)
【本作メインスポンサー様として大々的にPR出演!!】

■本作がゲーム実況で取り上げられる事で宣伝効果にも期待できます。
■実装対象:大きな看板+ポスター2枚など。
※設置場所等相談可能。
※後日ご連絡先まで、ご掲載に必要な素材等を伺いにあがります。
※作成されたモデルやデザインの使用権利は、本作「不知鳥らんど」において永続的なものとします

■スタッフロールにロゴを大々的に掲載
※後日ご連絡先に、掲載に必要な素材等をお伺いにあがります。

■「不知鳥らんど」製品版のご提供
■攻略情報のお届け
■大感謝のお礼メール

【2022年中頃~末頃】
Steamにて製品版を配信/ご提供
 (時期は本プロジェクトの総支援額によって変動)

【2022年末頃~2023年頭頃】
マルチプレイ実装

-資金の使用用途/配分-
人件費:70%
リソース購入費:15%
開発環境設備:5%
CAMPFIREの手数料:10%

ここまでご覧いただきまして誠にありがとうございます。

我々風雲プロジェクトは、
「日本のホラゲ業界を盛り上げる!」
「和製ホラーをもっと世界に!」

をモットーに活動しております

しかし、ここ数年の海外のホラーゲームの勢いは本当にすさまじいものがあります。
正直,和製との品質の差は一目瞭然…
我々風雲プロジェクトも足元にすら及んでいない。というのが現状だと思います。

その要因としてはやはり海外は日本と比べ支援文化が浸透しており寄付を募りやすい事による資金力の差というのも理由に挙げられますが…

何より和製3Dホラーゲームにおいては近年、品質とボリュームが充実したホラーゲームが少なくなってるように感じております。

もちろんこれは経済的な理由などから仕方のない事ではあるのですが…

今、市場全体の品質の底上げを行っていかなければ和製ホラゲーの希少価値が無くなってしまうのでは…大げさかもですがそんな危機感を感じております。

私達は 日本の風情のあるホラーゲームが大好きです。

今まで諸先輩方が築きあげてきたホラゲ文化を衰退させないためにも少しでも業界に刺激を与えれればと思っております。

どうか皆様のお力添えを頂ければ幸いです。
以上よろしくお願いいたします。

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
●販売事業者名: 小川 陽平
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名: 小川 陽平
 ●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:ご連絡先にダウンロードリンクをお送りするため不要。
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:
OS:Windows10 メモリ:16G CPU: Corei7 GPU:GeForce GTX 1650

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください