ごあいさつ

 落語家の三代目・柳家東三楼でございます。

 「日本の落語を世界のRAKUGOへ」という目標のために、2年前にアメリカ、ニューヨークに移住いたしました。これまでにアメリカやカナダで100公演以上の落語の公演を英語と日本語でして参りました。このコロナ禍でも世界に笑いを届けたいと、ボランティアでの活動も数多くし、「世界の子供のための無料オンライン、バイリンガル公演」も成功させました。

日本の笑いで世界を明るくしたい

日本の素晴らしい文化を、落語を通して正しく伝えたい

今後も英語、日本語で落語、RAKUGOを広めるために活動していきたい


 その思いで皆様のお助けをお願い申し上げます。



このプロジェクトで実現したいこと

 アメリカ人を英語の落語「RAKUGO」で笑わせる!

 来年の3月にVISAの更新を控え、またパンデミック後は全米50州ツアーを実現させたいと計画しております。これまでアメリカ、フランスに住む子供、学生に落語のレッスンを提供してきました。

 落語が表現する笑いは日本の素晴らしい文化を含み(歌舞伎や相撲や茶湯、食文化など)、また人を傷つけず、温かい気持ちや人物の交流を描きます。

子供や学生の日本語学習にも最適ですし、国際交流として日本の文化を楽しく伝えることが出来ます。

その「落語」を「RAKUGO」として、北米からスタートし、世界に伝えます

まずは私のVISA更新にかかる費用を捻出し、またアメリカでの活動資金を得て、安定して活動して参ります。

全米で爆笑を取りに行きます‼︎

現在、オンライン全米50州公演を敢行中で、来年以降のリアルツアーのための交流を作ってきました。

今回は来年3月のVISA更新費用をお助けいただくためのプロジェクトになります。



このプロジェクトをやろうと思った理由

アメリカでの表現活動には、アーティスト向けのO1ビザが必要で、私は2019年の3月に取得いたしました。3年の期限で、まもなく更新の準備に入ります。

これまで芸人としてVISAで許される範囲で公演をし、貯金を切り崩しながら資金を得てきました。

しかしながら、このコロナ禍でオンライン以外の公演が難しく、生活資金は何とか稼いでいますが、来年のVISA更新費用、英語での資料や撮影機材の費用の捻出が苦しい状況です。

今後も安定して公演を続け、英語でのRAKUGOの腕を磨き、よりアメリカに住む人を笑わせる活動のために本プロジェクトを実施いたします。

アメリカでのVISAの更新には弁護士費用、移民局への申請、審査費用に加えて、全文が専門用語での英文での書類作成になるため翻訳費用がかかります。本来の予定でしたら全米各地での公演で資金を得る予定でしたが、オンラインでの少ない公演では生活費だけで精一杯です。そこで、VISA更新費用だけでも何とかファンディングいただきたいと、本プロジェクトを考えました。



これまでの活動

 これまでアメリカでは約20の州の皆さまに落語、RAKUGOを披露して参りました。

 フィリピンのセブ島の語学学校を皮切りに、アメリカ、カナダで170ほどの公演を通して、落語を体験していただきました。多くは小学校から大学までの学校施設で若い方に落語の面白さを伝えています。ハーバード大学、タフツ大学に落語クラブ、落研が誕生し、学生さんにボランティアでの実技指導をしています。また今年度より「落語による日本語学習、文化の継承」のため、未就学児から中学生までの落語のグループ稽古を主催し、後進者の育成もしています。現在はRAKUGO Association of Americaを法人登記し、「落語をRAKUGOへ」の合言葉で活動しております。


資金の使い道

今回頂きました資金は、柳家東三楼がアメリカでの活動を継続していくために使います。

ビザ更新の申請料 20万円

弁護士費用    40万円

「落語をRAKUGOへ」宣伝活動費用

CAMPFIRE手数料 17%(弊社掲載手数料12%、決済手数料5%)+税

サポートスタッフ人件費 

いただきましたご支援金を上記の資金として大切に使わせていただきます。


リターンにつきまして

2021年11月27日アメリカ東海岸時間 夜7時(日本時間28日朝9時)

に全編英語の落語公演を行います。

2021年10月24日 本プロジェクト終了

    11月中旬 落語会開催時のリンクをメールで配信

    11月27日(米国東海岸時間夜、日本28日朝) リターン落語会開催

本プロジェクトはALL -IN方式のため、目標金額に達成しない場合も開催いたします。

この配信チケットを全てのリターンにお付けいたします。

3000円

お礼のメール

5000円 

配信チケット 

お礼のメール

10000円 

配信チケット 

お名前を入れたお礼の動画


50000円 

配信チケット 

あなたが作る「柳家東三楼 独演会」30分コース

100000円 

配信チケット 

あなたが作る「柳家東三楼 独演会」60分コース

上記のご支援をいただきました方には、オンラインにてご支援者さまのご希望の日時で「オリジナルの独演会」を実施させていただきます。私のレパートリーの中で可能な限り演目をご相談させていただきます。家族のパーティや会社やグループのご余興にお使いいただければと思います。

30分ですと15分の演目2席、または30分一席、60分ですと様々なパターンにご対応できます。

限定リターン 1 (10名さま限定) 70000円

ご支援者さまのご希望するニューヨーク市内をニューヨーク在住の東三楼が撮影し、ご支援者さまが旅をしている気分になれる動画を編集し、お送りいたします。ご指定の写真や物(お気に入りのぬいぐるみ等)を持参して映しますので、仮想での旅行気分を味わっていただきます。


ニューヨーク市内5区(マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテン島)限定です。

限定リターン 2 (5名さま限定) 150000円

 ご支援者さまやご家族、ご友人など、ご指定いただきました方の「人生のオリジナル落語」を東三楼が制作し、動画にしてお送りいたします。
 オンライン等で人生やエピソードをお聞きし、台本にし、演じた動画をお作りいたします。
 15分から20分くらいの作品になります。
 特別な方へのプレゼント等にご検討くださいませ。


実施スケジュール 

2021年9月 本プロジェクトスタート

2021年10月 英語落語「SHINIGAMI」の稽古初め

2021年11月27日(日本時間28日朝) 全編英語落語会 開催

2021年12月31日までアーカイブをしますので、後日での視聴も可能です。

本プロジェクトはALL -IN方式のため、目標金額に達成しない場合も開催いたします。

皆様に最後のお願い

私は「日本の落語を世界のRAKUGOへ」と人生の使命を持って生きております。

落語は日本の様々な文化や、普遍的な人間の感情を含んでいます。

分断されつつある人と人の間を「日本の笑い」が糊付けして、温かで豊かな感情で人と人をつなげていきたいと考えています。

オンラインが発達した現在、また多様性が重要視される今、日本の文化を落語を通して世界の皆さまに知っていただく重要性を感じています。

しかしながら疫病のパンデミックで会場での落語が思うようにいかず、ぎりぎりの生活の中で表現活動、後進者の育成、RAKUGOの宣伝活動をしています。

ぜひ私の活動や思いをご理解いただき、ご支援をいただけますと幸甚でございます。

三代目・柳家東三楼 拝


■特定商取引法に関する記載

請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。


 その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください