【追記】 皆様に温かいご支援をいただき、目標金額である15万円を達成致しました!

ご支援、ご協力をいただいた皆様、誠にありがとうございました。

いただいた支援金は、オンライン開催の費用のほか、コエテコエの今後の活動費(取材の際の交通費、通信費等)に充てさせていただきます。


■「コエテコエ」について

はじめまして!学生団体コエテコエと申します。私たちは「時代・国境・性別・障がいなどの、ありとあらゆる壁を越えて、届かぬ想いを声にしていく」ことを目的に、今年4月に東京で結成した6人組です。(HP:https://www.koetekoe.com/


私たちは、8/19(木)~8/29(日)に、長野県上田市で《コロナ禍の学生美術展》「止まった時代の主人公たち~1945×2021~」を開催しました。

この美術展は、「私たちが直面しているコロナ禍には、第二次世界大戦中の人々の状況と重なる部分があるのではないか」というアイデアのもと企画され、コロナ禍の画学生の作品18点に加え、戦時下とコロナ禍を対比する展示を行いました。

時代を越えて、戦時下とコロナ禍を重ね合わせることで、新たな視点で今を見直し、歴史を振り返るきっかけになればと思っています。


■オンラインで美術展を届けたい!

このクラウドファンディングによって私たちが実現したいことは、この美術展の【オンライン開催】です。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大は留まるところを知らず、首都圏をはじめ、多くの地域で緊急事態宣言が発令されています。このような状況下では都道府県を跨いだ移動は困難であり、遠方より美術展にお越しいただけるよう呼びかけることが非常に難しい状況です。

しかし、そんな「行きたいところに行けない」「終わりが見えず、不安が募る」世の中だからこそ、私たちには伝えたいメッセージがあります。


■なぜ美術展を開いたのか

私たちの美術展を開催したのは、「槐多庵」という建物です。
「槐多庵」は、戦没画学生慰霊美術館「無言館」に隣接しています。

▽信濃デッサン館別館・槐多庵


みなさんは、「無言館」をご存知ですか。

無言館では、太平洋戦争で志半ばで戦死した画学生97名の遺作、遺品650点を修蔵・展示しています。

▽無言館


第二次世界大戦下、戦地に送られ帰らぬ人となった若者たちが理不尽な世の中でも描き続け、青春を注いだ作品の数々。その空間に足を踏み入れれば、当時を懸命に生きた人々の暮らしが確かにそこにあったことを感じられます。

終戦から76 年を経た今、私たちは「戦争」とどう向き合っていくべきなのかー。

無言館と出会い、私たちと年の変わらない若者の戦争体験に触れたとき、この問に向き合うことが、私たちの使命であると考えるようになりました。


■美術展のテーマは、「戦争×コロナ」 

新型コロナウイルスが猛威を奮い始めてから、早くも2年が経とうとしています。行きたいところに行けず、会いたい人にも会えない。私たちコエテコエは、このような状況が戦時中と共通するものがあるのではないかと考えました。

そこで、戦争で亡くなってしまった画学生と、コロナ禍で思うように制作が出来なかった学生達を重ね合わせ、彼らの「声」を届けることを決めました。

それが、今回開催した「【コロナ禍の学生美術展】止まった時代の主人公たち~1945×2021~」です。

未知のウイルスに怯える若者たちも、戦争で命を奪われた若者たちも、みんなが「主人公」です。

この美術展を通して、それぞれの時代を生きた若者の作品から聴こえてくる「声」に耳を傾けてみませんか?

▽自宅で過ごすことが増えた作者が、キッチンに立つ母親を描いた作品


▽ひめゆりの学徒と作者を重ねわせた作品


▽美術展開催期間中に会場で上映したコンセプトムービーです。 「戦時下×コロナ禍」というテーマを体感していただければ嬉しいです!!
https://www.youtube.com/watch?v=ZX4anSc3RTE&t=74s


■なぜオンライン開催を実現したいのか

美術展の開催中は、信濃毎日新聞やSBC信越放送(8/24放送)など、数々のメディアで取材をしていただき、ご来場のお客様からもご好評の声を頂きました。

▽SBC信越放送から取材を受けました


しかし、このような状況下では遠方にお住まいの方がご来場いただくことが難しいため、今回のオンライン開催を決定しました。実際に県外のお客様からもお問い合わせを多数頂いております。そのような皆様の声を、行きたい場所に行けない今だからこそ、オンラインで実現したいという思いが強まりました。

■オンライン美術展の詳細

① オンライン美術展映像を含むイベント形式

② 動画配信形式(お申込み頂いた方に、美術展映像を録画したリンクを配布予定)

の2つの方法を考えています。
①・②ともに、Zoomを使用します。

どちらの形式でも、展示作品の紹介のみならず、「無言館」に展示されている作品や、コロナと戦争を対比した企画もご覧いただける動画を配信致します。さらにイベント形式では参加者の皆様と「戦争×コロナ」について各回テーマを設け、お話しするというイベントを企画しております。


■実施スケジュール

①オンラインイベント開催日:9/18(土)・19(日)の各日程2回

②美術展映像リンク配布期間:9/19(日)〜9/26(日)

時間等詳細については、近日中に公開予定です。


■資金の使い道

ご支援いただいたお金は以下の通りに充てさせていただきます。

撮影費(カメラマンへの依頼・移動費・滞在費を含む):12万

リターン制作費:1万5千円

手数料:1万5千円

計15万円


◼️リターンについて

5000円以上ご支援いただいた方には、「無言館」の入場チケット(有効期限:2022年10月末)を送付いたします。


■支援していただくみなさまへメッセージ

新型コロナウイルス感染症拡大による自粛生活が始まってから1年半。
地域や世代等の立場を問わず、誰もが思い通りにいかない毎日を過ごしてきたことと思います。私たちも、美術展開催直前の感染者急増とそれに伴う緊急事態宣言地域拡大など、開催が危ぶまれることもありました。しかし、開催方法や感染対策をメンバーで模索し、対面での美術展を開催することができました。

オンラインでの美術展を通して、もっと多くの方々に、時代に翻弄されながらも前に進もうとする若者のエネルギーを受け取っていただけることを願っています。また、無言館を通じ、戦争について今一度考え直すきっかけとなったら幸いです。

このプロジェクトを応援してくださっている方々へ、メンバー一同感謝いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

コエテコエ一同

▽SNS上で、私たちの活動について発信しています。

Twitter: @koetekoe412

Instagram:@koetekoe412

note:コエテコエ 

HP :https://www.koetekoe.com/
 

▽美術展開催期間中に会場で上映したコンセプトムービーです。 「戦時下×コロナ禍」というテーマを体感していただければ嬉しいです!!
https://www.youtube.com/watch?v=ZX4anSc3RTE&t=74s

   

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名
  請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
  請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の住所/所在地
  請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号
  請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/09/17 01:43

    ご支援を頂きました皆様へ鈴虫の合唱が耳に心地よい季節となりました。相変わらず、我慢の日々が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。この度、皆様のお力添えを頂きまして、《コロナ禍の学生美術展》「止まった時代の主人公たち~1945×2021~」を無料でオンライン開催できることが決まりました。目...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください