御菓子処 俵屋につきまして



この度は数あるプロジェクトの中からご覧頂き、誠にありがとうございます。
東京・吉祥寺の自然豊かな井の頭公園を目の前に臨む、安政二年(1855年)創業の御菓子処俵屋と申します。



当店は京都・福知山にて御菓子造処司として発祥し、代々伝統を受け継ぎ、およそ三十年前に東京・吉祥寺に移転して参りました。

季節折々のお品物に加え、十日間かけてお作りする当店の『甘納豆』は、代々口伝によってその製法を守り、水と砂糖と水飴のみで豆を煮付ける伝統ある逸品です。



『井の頭の森 クッキー缶プロジェクト』は、この伝統ある和菓子屋で吉祥寺の新たな御手土産となるような洋菓子を展開する、その足がかりとなるプロジェクトです。

はじまりは現在当店の職人のひとりと、洋菓子職人として迎える新たな人材が、元々は同じ製菓学校で学んだ友人同士であることからでした。


『井の頭の森 クッキー缶』ができるまで

『甘納豆』を始め、ころんとした可愛らしい俵の形をした『俵最中』、最高級大和芋を使用した生地に、豆から丁寧に仕上げた餡子を包んで蒸し上げる薯蕷饅頭『御召列車饅頭』、ひとつひとつ手作業でこしらえる上品な練り切りの数々。

その他にも多様な和菓子を仕上げる当店の職人ですが、暖簾をくぐり和菓子職人となったのはおよそ10年ほど前のこと。

それ以来この店一本で和菓子を作り続けてきました。



洋菓子の分野については、当人同士で数年前より話があり、共に働くこと自体は決まっておりました。和菓子職人と洋菓子職人で新しいことをしようと夢を描いていたのです。



当時はまだ経験の浅い身であったため、確かな実力をつけてからにしようと、少しずつ話をしながら双方修行を積んできました。

かたや老舗の和菓子屋で、かたや都内のパティスリーを転々としながら研鑽を積み、いよいよ本格的な計画を立てようと言うときです。

世界でコロナウイルスが猛威を振るい始めました。

当店も売り上げが落ち、中々計画が進まない時期が続きました。しかし飲食業界の現状を考えると、このまま何もしなければ先は望めません。


そこで、洋菓子の分野で御手土産として魅力的な物を考えたとき、クッキー缶が浮かんだのです。



吉祥寺の井の頭公園には動物園があります。水浴びしたりお昼寝するリスが有名ですね。また、人気のヤマネコやモルモット、地域の方々には思い出深いゾウの花子さんなどもおりました。



当店では動物の形の最中皮に、粒あんや白あんをたっぷり詰めた『どうぶつ最中』や、動物の形を模した可愛らしい『どうぶつ和三盆』などを販売しております。

なので、この動物のシリーズで新たにクッキー缶を作ろうと言う話に至りました。


和やかで癒やされる可愛らしいリスをメインにして、リスたちの暮らす井の頭の森、そしてリスの大好物であるナッツを中心とした木の実を使った素材に、和のテイストを加えたもの。

試作を繰り返し、ようやく完成したこのクッキー缶を皆様にお届けするために、私たちは今回このプロジェクトを立ち上げました。



こだわりの食材と和の素材

当店の和菓子に使用しております着色料はすべて天然着色料です。科学性の食品添加物は使用しておりません。

それはもちろん、クッキー缶と同じく販売予定の焼き菓子たちにおいても同じです。バニラなどの香料も天然香料です。ただし、ベーキングパウダーはアルミフリーのものを選んで使用しております。


国産の北海道バターは通常のものと発酵バターを使い分け、小麦粉は灰分比率にまで数種類に渡ってこだわり、和の素材として和三盆や抹茶、ごまや米粉等を使用しています。


クッキー缶に主に使用しているナッツはアーモンド、ヘーゼルナッツ、くるみ、マカダミアナッツ、ピスタチオ。

パウダーで練り込むものは粒子の細かいものを使用して舌触りが良いように、ホールやスライス、砕いて使うナッツはじっくりと自家製ローストしております。


『井の頭の森 クッキー缶』は見た目の可愛らしさと味のバランス、素材のこだわりを詰め込んだクッキー缶です。

また、クッキー缶以外にも他の種類のクッキーやバターケーキなどの焼き菓子を展開する予定です。



当店自慢の甘納豆『大納言』と一緒に焼き上げた『抹茶と大納言のパウンドケーキ』や、同じく甘納豆の『とろくすん』と柚子を加えた香り高い生地でしっとりふんわりと仕上げた『柚子ととろくすんのパウンドケーキ』など、甘納豆をあまり食べたことがないという方にもおすすめしたい焼き菓子です。



他にも発酵バターときび糖を使用した香ばしいマドレーヌやフィナンシェに加え、『黒ごまと竹炭の米粉クッキー』や『抹茶の最中フロランタン』、きなこや抹茶の『お麩ラスク』など、和素材を使用した多彩な焼き菓子たちをお作りする予定です。


しかし現状、当店にはこれだけの洋菓子を安定的にお作りできる設備がございません。

また、クッキー缶の魅力のひとつである、可愛らしいパッケージの印刷費もかかります。


そのための資金が必要です。多くのお客様へ当店の御菓子をお届けするために、是非皆様のお力をお貸しください。


リターンのご紹介

リターンは配送準備の時間を鑑みて、各種2022年1月頃の発送を予定しておりますが、今回のプロジェクトの目玉である『井の頭の森 クッキー缶』 はクラウドファンディングのみでの先行販売です。

店頭と自社通販サイトでは2022年春頃の発売を予定しております。

井の頭公園は都内有数の桜の名所ですので、心置きなくお花見が楽しめるようになったその際は、お茶会や御手土産に御愛用頂けるようにと思っております。

その他、上記でご紹介しました『和のパウンドケーキ』や『お麩ラスク』、当店の『甘納豆』、『俵最中』、『羊羹』等の詰め合わせのリターンをご用意致しました。

状況により発送時期が前後する可能性があります。その際はすぐにご連絡させて頂きますが、できる限り早くご支援頂いた皆様のお手元に届けられるよう、尽力させて頂きます。


<アレルゲン表記について>

井の頭の森 クッキー缶

(特定原材料7品目:小麦、卵、乳)
(推奨原材料21品目:アーモンド、くるみ、オレンジ)

※フロランタンには蜂蜜を使用しております。

焼き菓子詰め合わせ

(特定原材料7品目:小麦、卵、乳)
(推奨原材料21品目:アーモンド、くるみ、ごま、大豆)

※マドレーヌやフィナンシェ、フロランタンに蜂蜜を使用しております。

和菓子詰め合わせ

※アレルゲン物質特定原材料7品目、推奨原材料21品目は使用しておりませんが、同じ厨房内で上記食材を使用しております。

※他、リターンごとのアレルゲン表記は各リターンの詳細をご覧ください。


資金の使い道につきまして

・スチームコンベクションオーブンの購入費
・工事費
・缶の初期印刷費
・器具代
・CAMPFIRE手数料 等に使わせて頂きます。


最後に

伝統を守りたい。新しいことにチャレンジしたい。地域の活性化に繋がるような何かをしたい。誰かの心を動かすような素敵なものを作りたい。

全てを実現することは難しいかも知れません。実現するための力もありません。今私たちに必要なのは、実現させる力を得るための手段です。

まずはスタートラインに立つこと。私たちにとってそのための手段が、このクラウドファンディングなのです。


ここまでご覧頂き、ありがとうございました。知って頂くことも、スタートラインのひとつと思っております。

井の頭公園に遊びにいらっしゃる際は、ぜひ当店にお立ち寄りくださいませ。


《作り手のご紹介》


御菓子処 俵屋
東京都武蔵野市御殿山1-7-7
営業時間11:00~19:00
定休日 毎週月曜日・火曜日(祝日の場合営業)

営業許可書 許可番号 2府保生食第2108号


公式HP https://tawaraya-kichijoji.shop/


※このプロジェクトで使用している画像に関しまして、権利は全て御菓子処俵屋のものとなっております。

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:御菓子処俵屋
 ●事業者の住所/所在地:〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1-7-7俵屋
 ●事業者の電話番号:Tel:0422-49-5671
 ●送料:送料込み
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください