はじめに・ご挨拶

このページをご覧いただきありがとございます。

私は学生の頃アメリカで2年ほどビジネスを学びました。

その後海外に挑戦している日本の企業で働きたい!と思い、

海外展開を行っている買取業の会社で2年ほど働き、その後3年間輸出入に携わる仕事をしていました。

これらの経験の中で海外のビジネスマンの方たちと一緒に学ばせていただく機会もあり、

今まで自分が働いてきた企業は社員に対して働きやすい環境を整えているのか?と疑問を持つようになりました。

そうした思いもあり、いつからか「海外に挑戦している日本の企業で働きたい」から

「海外に挑戦できるようなホワイトな日本の会社を作りたい」と考えるようになりました。

さまざまなビジネスでの起業を模索していくうちに、コロナ渦でのAmazonなどのECコマースの利用者の上昇に伴う返品率の上昇による企業の負担を何とかしたいとの思いから、アメリカで既にあるECコマースの返品商品を対象にしたいくつかのビジネスをモデルに今回の事業を思いつきました。

下記の内容を読んでいただき、こんなサービスがあったらいいな、と共感して頂けた方にご支援いただければ嬉しい限りです。

よろしくお願いします。


事業内容

ECコマースにて返品された商品や再販不可になった商品の販売を代行するオークションサイトの運営。


現状の問題点

上記の画像をご覧いただくと分かるように、ECコマースが発展していくと同時に販売者の顧客への返品サービスの充実が必須になりつつあります。

現状日本では購入者の返品がそこまで問題になってはいません。

それはまだ企業側が購入者の自己都合での返品を認めないケースが多いからです。

ただ、ECコマースにて、新規の顧客の獲得と維持を狙う海外企業が返品サービスの充実を図っていく中で、日本企業のみがそういった施策を取らないことは考えづらく、近い将来ほとんどの企業が返品無料などのサービスを取り入れていく事は確実です。

実際に海外だけでなく日本でも既に返品対応の施策を取っている企業が売り上げを伸ばしている事例もあります。

しかし返品サービスの充実は本来得られるはずであった利益が失われ多大なコストとなり、企業側の負担としてのしかかります。

売上が伸びても実際の利益はあまり出ていないといった事例もあり、企業側にとってそれを助けることのできるサービスが必要です。

そこでそういった施策を取りづらい個人事業主から大企業まで幅広い方々にご利用いただけ、返品により発生するコストの削減と利益の補填が出来るサービスがB-ctionです。

返品過程の変化

B-ctionを利用していただくことにより、従来のように購入者から販売業者へと返品されそこから検品、廃棄の流れではなく、購入者から直接こちらへ返送していただくことでスムーズに再販を進めることができます。

この過程の変化により、本来販売業者の負担となる商品の返品により発生する人件費や廃棄費用、再販にかかる手間を抑えることに繋がります。

それにより販売業者は文字通り販売にリソースを割くことが出来、返品サービスの向上に取り組むことができるようになります。

返品の流れ

返品の流れは大きく分けて4ステップです。

①販売業者様に返送先をB-ctionに設定して頂く

個人ECサイトの場合-発送の際に返送先とQRコードの入った紙を商品に添付していただく。

Amazon FBA利用の場合-返送先住所をB-ction宛に変更して頂く。この場合は自動でステップ④に行き販売業者様に到着のご連絡のみ差し上げます。

②返品希望者にQRコードを読み込んで頂き、webにて返品申請フォームを記入して頂く。

基本的に全ての返品を受け入れます。

返品のルールはしっかりと細かく作る予定です。

送料は自己都合の場合元払い、会社都合の場合着払い。

③返品商品を発送して頂き、B-ctionにて受け取る。

受け取り後、商品の検品を行い問題がないことを確認する。

返品代金は先にB-ctionにてお支払いし、後述の月額料金とともにまとめてご請求させていただきます。

④B-ctionより販売業者様へのご連絡。

返品申請が来た時に一回、商品が実際に到着した時に一回の計二回を想定しています。

「返品の許可を頂く」というよりもあくまで確認、報告のご連絡とする予定です。

この工程を経て返品処理完了後、すぐにB-ctionにて出品、販売の流れとなります。


販売の流れ

返品を受け取るとすぐに出品となります。

●出品日数は3日(サービス開始後の回転率を見て変わる可能性があります。)

●出品価格、即決価格などは事業者様と事前に打ち合わせをさせて頂いて決定。

●商品によって(一つ一つでは利益が取れない場合)はまとめ売り。

●購入確定、入金確認後即日発送

販売が完了すると事業者様へのお支払いとなります。

●お支払金額は販売料金から手数料と送料を引いた額

●支払日は下記に記載している月額金額の請求日と同日

お支払いに関しては下記記載の月額プランに詳しく記載していますのでご確認ください。


ビジネスの大きさに合わせた月額プラン



海外の返品ビジネス、オークションサイトを参考にB-ctionで提供させていただくサービス、メリットを比較して価格付けを行いました。

実際の請求金額は月額金額から一月の売上金額を引いた額になります。

例:スモールでの契約。一カ月の売り上げから手数料を引いた金額が20,000円の場合

30,000円ー20,000円=10,000円

となり10,000円が実際にお支払い頂く金額となります。


環境に配慮した営業

B-ctionでは基本的に返品物として受け取ったダンボールは状態が悪すぎるものを除き、そのまま販売用のものとして再利用させていただきます。

理由は以下の2つです。

①資源の無駄遣いを減らす。

②販売業者様にとって新たな顧客を得るための宣伝となる。

販売業者様のロゴマークを消さないように、B-ctionのロゴシールを張り付け毎回の発送となります。

これは他の企業にはまねの出来ない返品商品を再販するB-ctionならではの取り組みとなると考えています。

廃棄物を減らす、資源の再利用をする、そしてそれが販売業者様の利益ともなる。B-ctionのサービスで社会問題にも同時に貢献できる事を目標にしてまいります。


将来のイメージ

最終目標はショッピングモールなど身近なところに店を構えてECコマースで購入した商品を直接持って行って返品できる場を作ることです。

そしてオークションサイトとも連携を行い、実際に手に取って商品を見ていただいた上で、即決価格で購入を決めてくださったお客様は、商品をキャッシュレスで持ち帰れるサービスを提供したいと思っています。

このサービスのメリット

①販売業者にとって送料の負担が減る。

②返品希望者にとって返品がさらに簡単なものになる。

③店頭に商品を並べることが出来るので再販のしやすさも上がる。

このサービスを行うためには段階的なB-ctionの発展が必要である程度時間をかけていく必要があると考えています。

まずは実際にビジネスを始めることで私自身も想定していないようなトラブルに直面していく事になるでしょう。

そういった事を一つ一つ解決していきサービスの改善を図り、B-ctionの知名度を上げ、ビジネスとして確立したものに育て上げたいと思っています。

さらにビジネスとして大きくなるにつれより多くの事業者の方と取引を行い、内外からのさまざまなアドバイスを頂きながら最終的なB-ctionの完成形を目指していきます。


資金の使い道

サイト構築費用として200万円

サービス開始前準備資金として85万円

サービス開始後運営資金として219万円

CAMPFIRE手数料10%=56万円

準備資金内訳

運営資金内訳

一か月およそ70万円とし、3か月間の運営資金と考えています。

※従業員はプロジェクトスタート時2名雇う予定で、私自身は利益が出るまでは給料を頂くつもりはございませんので初期想定では0円としています。


実施スケジュール

10月15日クラウドファンディング終了。その後すぐ登記手続き。

11-12月の間に取引企業の募集、営業。

10月-1月までの間その他業務と並行してサイトの作成、テスト。

2022年1月にサービス開始。


取引企業への募集、営業について

すでにアパレルの個人事業主である私の友人よりサービス開始の際には契約いただける旨の話を頂いております。

そういったこともあり、まずは日本においても返品率の高いアパレル界隈の個人事業主~中小企業の方を対象に訴求をして行きます。

営業メール、SNS、そしてクラウドファンディングのページを通しての宣伝を行い、取引企業を募っていく予定です。

それらに加え、以前私が働いていた会社で培ったコネクションも用いてサービス開始すぐに利益を出していけるように体制を整えてまいります。


サイトURL

https://b-ction.com

現在作成中となり、随時更新してまいります。

システム構築なども踏まえ完成予定は12月です。


最後に

サービス開始までに何度もサービスの体制を見直して整えていきます。

B-ctionはEコマースの利用者、販売者双方に利益のあるサービスとなると思っているので、ぜひ共感していただいた方、こんなサービスがあったらいいなと思ってくださった方のご支援をお待ちしています。

長くなってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしくお願いします。


■特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名: 遠藤槙二

 ● 事業者の住所/所在地:
   請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ● 事業者の電話番号:
   請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ●送料:送料込み

 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターン品の項目に記載のとおり。

 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing 方式となります。

期間内に目標金額を達成した場合に、支援金を受け取れます。

 目標金額の達成後リターン履行義務が発生します

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください