はじめまして!ACE茶屋coffeeの三柳栄二と申します。

4年前からインドネシアに拠点を置く合弁会社PT. Ace Jaya Indo Investamaと株式会社Ace Jaya Investama Japanの仕事に携わっています。

インドネシア産のおいしいコーヒーを多くの方に届けたい!

インドネシアと聞いて、あまりコーヒーのイメージがわかない方も多いかもしれません。

でも実は、ブラジル・ベトナム・コロンビアに次ぐ世界第4位のコーヒー生産国なんです!

私は仕事でインドネシアを訪れた際、現地で飲むコーヒーの美味しさに感動し、コーヒーの奥深さに魅力を感じるようになりました。

また、現地法人の代表者が大手コーヒー農園の方と交友があるため、日本にコーヒー豆を仕入れる手筈をととのえることができました。

そこで今回クラウドファンディングを立ち上げ、日本でもインドネシアのおいしいコーヒーをたくさんの方に味わってほしい!と考えたのです。

現地から直接仕入れる、高品質のコーヒー豆

私が携わっているPT. Ace Jaya Indo Investamaは、インドネシアのチルボンに拠点を置く会社です。

たばこ事業・ガソリンスタンド運営・レストラン運営など幅広い事業を展開しており、現地の大手コーヒー会社とも太いつながりがあります。

そのため、安全で高品質のコーヒー豆をお届けすることができます。

また、インドネシアのコーヒー豆は、基準量に含まれる欠点豆の数によってG1~G5にランク分けされます。

このうちもっともグレードが高いG1は、300g中に含まれる欠点豆が0~11個という、厳しい基準をクリアしたものです。

今回リターンでご用意させていただきますコーヒー豆は、スラウェシ島サパン地区の「トラジャ」・スマトラ島サリブドロク地区の「マンデリン」・ジャワ島チウィディ地区の「ジャバ チウィディ」で、すべてアラビカ種G1グレードのシングルオリジンコーヒーです。

シングルオリジンコーヒーとは、産地・品種・精製方法など細かな単位のもと販売され、生産者を身近に感じられる安心・安全なコーヒーです。

コーヒーのおいしさは鮮度で決まる!

おいしいコーヒーの条件として、豆の品質と同じように鮮度も重要です。

収穫されたばかりのコーヒー豆はニュークロップと呼ばれ、もっともおいしく飲めるといわれています。お米でいう「新米」のようなものですね。

新鮮な焙煎仕立て・ひきたてのコーヒーの粉は含水率がゼロに近くなり、ドリップすると水分を吸着して膨張します。その上、焙煎仕立てのコーヒーは炭酸ガスも膨張するため粉面が膨らみます。

逆に焙煎後、時間がたったコーヒーは空気中の水分を吸い込み、炭酸ガスも抜けていきます。

成分の分離分解も進行して重たくなり、ドリップすると穴があくように沈んでいきます。酸化も進んでいるため、本来の香りや味わいが落ちてしまいます。

また、コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。このクロロゲン酸も時間がたつと減少してしまうため、栄養面からもやはり新鮮なコーヒー豆を使う必要があります。

コーヒー豆は品質と鮮度が命!コーヒーは生鮮食品であり健康食品でもあることがお分かりいただけたでしょうか?

よりおいしくコーヒーを味わっていただくために

今回のリターンであるコーヒー豆は生豆のほか、より気軽にお試しいただける「焙煎済みの豆」「コーヒー粉」の3種類の状態でご用意しました。

豆は焙煎すると酸化が進むため、できるだけお早めに使い切っていただくのが理想的といえます。

そこで焙煎済みの豆は2週間に1回、コーヒー粉は1週間に1回というように、複数回に分けてお送りする予定です。

新鮮な豆で淹れたコーヒーの味は格別です。おいしく味わっていただくために、手間を惜しまずご提供します!

以下のようなリターンをご用意しています。

・コーヒー生豆
・焙煎済みのコーヒー豆(焙煎度合いが選べます)
・コーヒー粉

・焙煎器
・焙煎器とコーヒー生豆のセット
・企業スポンサー
・個人スポンサー

コーヒー豆について

コーヒー豆はマンデリン・チウィディ・トラジャの3種類です。それぞれの味の特徴は以下のとおりです。

【マンデリン】

スマトラ島のマンデリン族が栽培を進めたことによって「マンデリン」という名前になりました。苦み成分が強くコクのある味が特徴。

深煎りにしても消えないシナモンやハーブのような香り、エグみがやや出にくいところも特徴的です。

スマトラ島の肥沃な土壌や、独特の精製方法、ていねいな手摘みやハンドピッキンによって生産される。

おすすめの焙煎度合いは深煎りです。

【チウィディ】

西ジャワのコーヒーは、インドネシアだけでなく海外でもコーヒーファンのお気に入りになりつつあります。 特に風味と個性あふれるコーヒーをお探しの方に。 シングルオリジンの1つは、Java Ciwideyです。

火山性の土壌が豊富で、最適な標高と微気候に支えられている肥沃なCiwidey地域は、最高品質のアラビカコーヒーを栽培するのに理想的な地域です。

おすすめの焙煎度合いは中煎りです。

【トラジャ】

スラウェシスラウェシ島のトラジャ地方だけで栽培されていることが由来となりその名が付けられました。

コクに強さがある反面滑らかさがあり独特の香りと甘み、軽やかな酸味も感じるのが特徴。

力強いコクが引き立つと同時に、香りをはっきり感じやすい中煎りがおすすめ。

焙煎器について

焙煎器はガスコンロで簡単に焙煎ができます。


詳しくは、リターン一覧をご覧ください!

今回のプロジェクトで集まった資金は、リターンのコーヒー豆輸入にかかる諸経費およびCAMPFIRE手数料として使わせていただきます。

スケジュールは以下のように考えています。

~11月末 クラウドファンディング実施

翌年1月~ リターン商品発送

コーヒー豆はとにかく品質と鮮度が命!生鮮食品と私は考えています。

おいしく飲むには焙煎したて、挽きたてを飲むことが一番です。リターンでは、ご自宅でかんたんに焙煎できるセットもご用意しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。おうち時間のひとときに、インドネシアのおいしい本格コーヒーをぜひ味わってみてください!


■特定商取引法に関する記載
●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/04/26 10:17

    ご支援を頂きました皆様へその節はご支援を頂き誠にありがとうございました。この度、現在取り扱う豆以外のGayo Honey Process豆を輸入致します。6月の初旬から販売予定です。お楽しみにお待ちください。スマトラ島アチェ州ガヨコーヒー豆は化学肥料を一切使わない自然農法栽培でフルーティーなフ...

  • 2022/03/06 12:13

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2022/03/02 13:42

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください